FC2ブログ

プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


全記事表示リンク


未来創造フォーラム

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 上市町雇用創造協議会主催で「未来創造フォーラム2013 in かみいち」が開催されたので、参加しました。同フォーラムの副題は「活気ある町に 活気ある企業にするために」です。

 第1部では、上市町商工会会長・ドライブイン金龍代表の坂井穂悦さんと、株式会社池田模範堂代表取締役社長の池田嘉津弘さんが相次いで講話しました。
 坂井会長は、大岩山日石寺門前の名物「そうめん」の商いに至る経緯と現状をお話しなさいました。販売対象の絞り込みと、地元の資源(水)と県外の資源(麺)の強みを組み合わせることが、大岩そうめんの勘所と伺いました。
 池田社長は、ムヒ(MUHI)のブランドで知られる製薬会社の経営者です。上市町を代表する企業のひとつであり、上市町の本社・工場にてムヒの全製品を作っているのが自慢です。無比(むひ)に由来する基本理念は保ちつつ、ロゴマークに見られるCI(コーポレート・アイデンティティ)を時代にあわせて一新したとのこと。不易流行の極意を伺いました。また池田模範堂は、地域になくてはならない企業を目指すべく、社員個々人がCIに絡めた自主的活動を楽しんでおこなうこと(いわゆるマイ・プロジェクト)を推進するとともに、会社として町とのコラボレーションの可能性を模索しているとのことです。

 つづいて、高橋晋介さん(有限会社たかはし新聞店代表取締役)と小柴雅信さん(株式会社コージン代表取締役社長)との対談です。お二人は保育園からの幼馴染(同級生)であり、今では経営者仲間として親交を続けているとのこと。ちなみに高橋・小柴両君は、私の中学の同級生でもあります。
 お二人とも地元愛が強く、高橋社長は新聞販売店のほか、株式会社ガスラ代表として地元の里芋を用いた焼酎「ガスラ」のプロデュースも行っています。小柴社長は、本業のプラスティック事業をインドネシアでも展開し、国際的視野を備えているのが強みです。老若男女が読む地方紙の商いから、幅広い世代間の交流の必要性を、海外市場を見据えた事業展開から、内と外(県内外・異業種の連携など)の必要性を読み取りました。

 第2部では、グループディスカッションとして、4・5名ずつに分かれて意見交換を行ないました。適宜模造紙や付箋を利用しました。お題は「上市町の資源で何ができるのか皆で考えよう」。知人の福井信英さん(株式会社プロジェクトデザイン代表取締役)が、ファシリテーター(意見交換の促進者・進行役)を務めました。
 私のグループでは、上市町は著名な学者や音楽・美術界の偉人(「上市町誌」およびウィキペディア参照)を輩出していることから、「学びの場」を際立たせる地域づくりを企図し、研究拠点としての地域計画や、豊かな自然環境と情報通信技術を組み合わせた県内外・国内外の大人向け教育プロジェクトの試みなどが提案されました。
 限られた時間ではなかなか実効性のある結論は出ませんが、共通の視点として、小さな取り組みから地域を大きく変える連鎖を生み出す「好循環」という視点はよいと思いました。
 また、私のグループには池田模範堂の社員さんが1名いらしゃったのですが、機会があれば同社の幹部・中堅・若手社員20名程度と一般市民(名前だけの団体役員や名誉職ではなく「まちづくり」に主体的に関わる思いをもつ方々)20名程度とで、コラボレーションの可能性を探るワークショップをしてみたいと思いました。


未来創造フォーラム
 池田社長の講話

未来創造フォーラム
 進行役の福井さん(左端)と対談者の高橋さん・小柴さん

未来創造フォーラム
 意見交換

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pronarikawa.blog.fc2.com/tb.php/798-18920d73

 | ホーム |