FC2ブログ

プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


全記事表示リンク


文学館のおおかみこども展で近藤周吾さんご講演

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山市の市街地にある高志(こし)の国文学館で、富山県上市町出身のアニメーション監督・細田守さんが手掛けた映画「おおかみこどもの雨と雪」の企画展が開催中です。
 今回、富山高等専門学校准教授で近代日本文学を専攻しながら北日本サブカルチャー研究会会長・地域コンテンツ研究会幹事と二つのアニメーション関連団体を運営する近藤周吾さんが、「アニメのふるさと / ふるさとのアニメ ―反転と多層化―」と題して1時間半の講演を行いました。
 近藤さんの話を聴くのは、先日の地域コンテンツ研究会(主な参加者は大学等の研究者)以来です。一部専門的な論説もありましたが、今日は一般参加者向けに平易な表現と身近な事例を用いた講義であり、研究者・教育者を兼ねる近藤さんの懐の深さを実感いたしました。

 「ふるさとのアニメ」といえば、ご当地を舞台にしたアニメーション作品を列挙するお国自慢につながりますが、「アニメのふるさと」という表現は一般的でないとのこと。
 昨今の作品は、全く架空の世界を描いているわけではなく、背景や各種設定と地域との関わりが強い名作・良作が目立つといいます。その点で、アニメーション作品に描かれたふるさとの有りようと相俟って、作品に魂が込められる(アニメーションの語源はラテン語で魂などを意味するanima)と理解しました。個人的にはアイドルグループAKB48(秋葉原との密接な関わり)やキャラクターくまモン(熊本県との密接な関わり)の事例が分かりやすかった。
 アニメーション作品においても、キャラクター(登場人物)やプロット(あらすじ)ばかりに注目するのではなく、背景等に描かれた地域性にもっと着目するのがよいとのご指摘で、近藤さんが提唱する地貌性(土地の具体的な姿・形から地域特性が高度に抽象化された事物まで広く覆う概念)の適用・応用にも要注目です。


おおかみこども展
 高志の国文学館

おおかみこども展
 記念講演会のごあんない

おおかみこども展
 講師の近藤周吾さん

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pronarikawa.blog.fc2.com/tb.php/706-676334a4

 | ホーム |