FC2ブログ

プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


全記事表示リンク


地域コンテンツ研究会

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 第2回 北日本サブカルチャー研究会・地域コンテンツ研究会に参加しました。富山高等専門学校射水キャンパス(旧富山商船高等専門学校)にて。私は昨年3月に富山大学で開催された例会以来の参加です。
 登壇者は3名の研究者。富山高専(富山県射水市)の近藤周吾さん、藤女子大学(北海道札幌市)の諸岡卓真さん、京都文教大学(京都市宇治市)の岡本健さん。そして甲南女子大学(兵庫県神戸市)の横濱雄二さんが総合司会を務め、釧路高専(北海道釧路市)の大石玄さんが第2部のコーディネーターを務めました。

 第1部は研究発表として、近藤さんの「異類変身譚における地貌性――『おおかみこどもの雨と雪』の位置」のご発表と、諸岡さんの「アニメ『Another』における謎解きと舞台探訪――ミステリ論の立場から」のご発表。いずれも富山県内に実在する場所(前者は上市町・立山町・滑川市/後者は南砺市・砺波市)が舞台モデルとなっているアニメーション作品です。
 近藤さんは地貌性(ちぼうせい)―geomorphic faciality (visagéité)―なる概念を用いて、文学理論の、作品の位置づけを試みました。地貌はもともと地表面の高低・起伏などの様子を表わす用語ですが、地貌性とはそのような土地の具体的な姿・形から地域特性が高度に抽象化された事物まで広く覆う概念です。いわく、「おおかみこどもの雨と雪」は異類変身譚×地貌性に成功した稀有のアニメーション作品である。ゆえに、多文化的な受容を許容するとのこと。
 諸岡さんは本格ミステリー(推理小説など)の研究が専門で、アニメーション作品の舞台探訪を、作中の背景・登場人物などから得られる手掛かりをもとに進める謎解きの視点で捉える発表をおこないました。

 第2部は「コンテンツが地域に「つながり」を創りだす――『n次創作観光』におけるコンテンツと地域」と題した岡本さんの講演です。
 先月刊行されたばかりの岡本さんの著書『n次創作観光 ―アニメ聖地巡礼/コンテンツツーリズム/観光社会学の可能性―』の出版記念講演を兼ねていて、前半1時間は著書の内容の紹介と論点の提示、後半1時間は参加者との質疑応答でした。私も先日の湯涌リアコンで得た知見と問題意識に基づきご質問いたしました。 

関連記事:サブカルチャー研究会
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-251.html


地域コンテンツ研究会
 会場の富山高等専門学校(旧富山商船高等専門学校)

地域コンテンツ研究会
 研究会の次第

地域コンテンツ研究会
 著書『n次創作観光』を手に語る岡本健さん

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pronarikawa.blog.fc2.com/tb.php/631-f0df3b0c

 | ホーム |