FC2ブログ

プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


全記事表示リンク


上市町議会と富山県議会の傍聴

 上市町議会と富山県議会の定例会を傍聴した。

 町議会の一般質問では、映画「おおかみこどもの雨と雪」の舞台モデルとなった古民家(花の家)の保存・活用につき、町としての支援・費用負担の方針は如何という質問があった。町当局の回答は、水回り(便所の汲み取り)など舞台モデルとなったことによる来訪者対応で割り増した経費については一部を町で見ているが、民間所有の他の古民家との均衡・公平性に鑑み、古民家の資産的価値を高めるような大規模修繕などは町が負担することはないとの趣旨。もっともな答弁であった。また答弁の冒頭では、古民家の所有者山崎さんへの感謝の言葉が述べられた。
 質問ではもちろん、去る2月9日に浄泉寺(上市町東江上)で開催された意見交換会や3月5日に花の家(上市町浅生)で開催されたワークショップへの言及もあり、かかるサポーターの活動を受けて町の方針を問うものだった。とはいえ、事実関係に言及する質問文の言い回しは新聞記事そのまま。傍聴人は私1人でまさに意見交換会の主催者代表が目の前の傍聴席にいるわけだけど、質問者は全くお気づきでない様子。ちなみに新聞記事には私の携帯電話番号も載っているのだが、議員から問い合わせは無かった。つまり質問に際して、利害関係者への聞き取りをはじめとする調査・研究をおこなっていないわけで、情報源はもっぱら新聞報道という次第。これじゃあ、そこらへんのおじちゃんやおばちゃんが地元の新聞やテレビを見て、思い付きでしゃべっているのと変わらない。模擬議会の一種である富山県青年議会ですら、関係各位への聞き取りは時間の許す限りやっていますよ。

 県議会では、28歳の新人・平木柳太郎氏が一般質問に初登壇した。昨年末の補欠選挙で私が選対本部を務めたこともあり、大きく育ってほしい政治家の一人。ご家族・ご親戚一同や後援会長も、お忙しいなか傍聴に駆け付けました。岳父は議長の許可を得て、報道カメラマンよろしく熱心に写真撮影をなさっていました。
 さて高校時代のエピソードも踏まえた新人議員の熱い質問でありましたが、それに応対する執行部(知事・局長・部長など)の棒読み答弁は相変わらず。(富山県議会では)事前に質問書・答弁書を作成して本会議ではそれを読み上げるのが大前提だからだけど、実は首長のリーダーシップで、いわゆる答弁調整の度合いは上下することができる(例:前鳥取県知事の片山善博氏など)。一般に、事前の答弁調整が強くおこなわれるほど、本会議は形骸化を強める。
 知事が変わらなければ議会が大きく変わることはないと考えられるが、あのような棒読み答弁を続けている限り、特に熱心な支援者や議員の身内でなければ、好んで傍聴に通おうとは思わないだろう。


上市町議会
 上市町議会の傍聴者出入口

富山県議会
 富山県議会の傍聴者出入口

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pronarikawa.blog.fc2.com/tb.php/623-8c4dc889

 | ホーム |