FC2ブログ

プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


全記事表示リンク


「おおかみこどもの花の家」山崎さんとのおはなし会 開催

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山プロボノカフェ2周年のつどいとして、「おおかみこどもの花の家」山崎さんとのおはなし会を開催しました。
 会場は、富山市二口町にある交流施設「リタ・トヤマ」の1階です。
 忘年会明けの土曜、3連休の初日という集客には向かない日程でしたが、富山県内の熱い面々が集いました。先日の富山県議会補欠選挙で当選した平木柳太郎さんも、いち参加者として熱心に傾聴し意見を交わしていました。

 「花の家」ことアニメーション映画「おおかみこどもの雨と雪」の舞台モデルとなった古民家を所有する山崎正美さんの巧みな話術もさることながら、内容も山崎さんご自身の利他的な振る舞いや支援者のプロボノ的取り組みに話がおよび、リタ・トヤマでの開催および富山プロボノカフェ2周年として開く催しにふさわしい「おはなし会」だったと思います。
 微力ながら今後とも、仕事で培った技術や能力を生かす形でおこなう社会貢献「プロボノ」を、富山において推進してまいります。

おもな関連記事
「おおかみこどもの花の家」山崎さんとのおはなし会
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-553.html
花の家 ―「おおかみこどもの雨と雪」が暮らす富山県上市町の山里―
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-387.html
大岩山日石寺・本気の初詣と「おおかみこどもの花の家」探訪
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-567.html

参加者の林原洋二郎さん(星槎国際高等学校 富山学習センター長)の言葉
「この日のミーティングに参加した皆さんの自利利他の熱い気持ち。本当に勉強になりました。さあ、星槎では何ができるか、私自身何ができるか、同士のみんなと考えて見たいと思います。」

参加者の山科森(しげる)さん(ヤマシナ印刷株式会社 専務取締役)の言葉
「先義後利で動く人には、必要に応じてプロボノな人が集まるんだなと実感しました。そしてそれが、まさに富山商人の大切な極意のような気がしました。花の家を残すためには、映画で表現されている大切なメッセージとリンクできるような取り組みが増えるといいなとおもいました。」


山崎さんとのおはなし会
 おはなし会の様子

山崎さんとのおはなし会
 講師の山崎正美さん

山崎さんとのおはなし会
 質疑応答

山崎さんとのおはなし会
 ランチ交流会


【 開催趣旨 】
 富山県上市町出身の細田守監督が手掛けたアニメーション映画「おおかみこどもの雨と雪」は、この夏一番の話題作といってよく、2012年7月21日の全国公開以来延べ300万人を超える方々が映画館に足を運びました。
 同映画では、上市町(かみいちまち)の山あいに実在する古民家が舞台モデルになり、夏休みや週末など多いときには全国各地から1日100人を超える来訪者・見学者で賑わっています。
 一方で、「おおかみこどもの花の家」こと築100年を超える古民家の維持管理や、地域活性化の取り組みとの連動といった課題も抱えています。
 古民家の所有者である山崎正美さんに今までのいきさつや率直なお考えを伺い、交流を図りつつ皆で考えるきっかけになればと思います。

【 次第 】
第1部 10時から12時まで
 1.主催者あいさつ
  富山プロボノカフェ代表 成川友仁
  (使用スライドPDF版
 2.おはなし会
  話し手:おおかみこどもの花の家 山崎正美様
  参加者による質疑応答と意見交換
第2部 12時から13時まで
 ランチ交流会(お茶・菓子は主催者で用意します)

【 プロボノとは 】
 職能を生かした地域貢献・社会貢献活動のこと。例えばデザイナーがNPO(非営利組織)の公益的取り組みに賛同し、ロゴマークやちらしのデザインを無償等で引き受けるのはプロボノに該当する。
 プロボノという言葉はラテン語で「公共善のために」を意味するpro bono publicoに由来し、社会的弱者の法的救済に携わる米国の弁護士が用いたのが始まりとされる。日本においてもプロボノに相当する活動は以前から行われ、とりわけ富山県では四大公害病のひとつ「イタイイタイ病」の支援活動に萌芽を見ることができる。1970年前後の被害者救済訴訟では全国各地から若手弁護士等の支援者が手弁当で参画し、弁護団長を務めた高岡の正力喜之助氏は正力松太郎氏の甥に当たる名士であるが、いわゆる体制側からの切り崩しにも怯むことなく裁判を貫徹した。一連の支援活動が、国の公害対策をも牽引する取り組みとなっていることは特筆に値する。
 2008年のリーマンショックや2011年の東日本大震災以降の社会情勢は、情報通信環境の飛躍的な向上とあいまって、プロボノがこれまで以上に多彩な職種の人々が参画する場となっている。士業・経営コンサルタント・実業家・デザイナー・情報技術者・教育や医療福祉の従事者等々。上述の公害裁判から窺えるように、プロボノ活動においては未だ法制度なりが整備されていない時代の先端をゆく社会問題に取り組める、普段の仕事では接点のない人々とチームを組める、といった点が自身の成長をも促すプロボノの大きな魅力と言われる。
 「おおかみこどもの花の家」では、ホームページ関連の取り組みやサポーター制度の運営において、県内外の協力者の職能や特技を生かす形(一種のプロボノ)で進められ、地域貢献のあり方としても注目される。

【 富山プロボノカフェの活動実績 】
 2010月10月に発足し、以降富山市内で毎月例会を開催。当初中心市街地の「まちなかサロン」で例会を行い、カフェ(喫茶店)のように和やかにお茶でも飲みながら、気軽に社会貢献・地域活性化の話をして実践につなげてゆこうという集い。意気投合した仲間で随時プロジェクトが発足している。
 2010年12月には発足記念の意見交換会を開催。あそあそ自然学校(上市町浅生)の谷口新一さんなどをゲストに招き、地元紙で大きく紹介された。
 2011年6月には、富山国際会議場にてフォーラム形式の集いを開き、東日本大震災支援団体「とやま311ネット」の久保代表や地域密着の印刷会社「ヤマシナ印刷」の山科専務などを講師に招いた。
 現在、県内教育機関と連携した「自分彩発見プロジェクト」など、有志による地域活性化の取り組みを進めている。


北日本新聞 2012年12月23日
「古民家で世代間交流 映画「おおかみこども―」舞台~富山 山崎さん(上市)体験語る」
北日本新聞2012年12月23日
「きょうの紙面:顔 face 山崎正美さん。」
北日本新聞2012年12月23日

富山新聞 2012年12月23日
「古民家の保存、ファンの手で 映画「おおかみこども」の舞台~上市の山崎さん支援へ100人賛同」
富山新聞2012年12月23日

朝日新聞 2012年12月23日富山欄
「本業生かしボランティア 「プロボノ」2周年」
朝日新聞2012年12月23日

大谷製鉄株式会社 OTANIひろば『虹』 2013年1月号
「みんなの家、花の家」 (45) 古民家は“聖地”になった
 http://www.e-osc.co.jp/hiroba/gallery/img/1301.jpg

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pronarikawa.blog.fc2.com/tb.php/562-80dd5e02

 | ホーム |