FC2ブログ

プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


全記事表示リンク


NPOと企業の協働セミナー

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 NPO(非営利組織)と企業の協働(コラボレーション)セミナーに参加しました。
 第1部として、名古屋のNPO法人パートナーシップ・サポートセンター代表理事の岸田眞代さんが「NPOと企業の協働によるあらたな地域社会の創造」と題して1時間半話し、第2部では埼玉県の株式会社OKUTA社長の山本拓己さんが「企業がNPOと協働したことにより何が変わったか」と題して30分程度の事例発表を行ないました。第2部では短時間ながらも、参加者同士で交流を図る時間帯も設けられました。
 岸田さんの話は以前名古屋の諸催事で聴いておりますが、富山で聴くのは初めてです。

 会場はNPO関係者が多数派で、民間企業や行政機関(市役所・県外郭団体など)の名札を下げている方々はいかにも動員で来ましたという様子です。加えて、目先の成果というか、すぐに得られる答え(例:今日からできる節約術!みたいな)を目当てにセミナーを聴いた方々には期待はずれの内容だったかもしれません。異主体のコラボレーションは漢方薬のようなもので、効き目があらわれるのは時間がかかります。
 一方NPO側はというと、どんなに規模が小さくてもお山の大将では駄目で、長(理事長など)の器を超える主体ときちんと組むことができるかが鍵になると見ました。イベント開催などで手足となる人員を求めることに終始するような団体は、協働の糸口がつかめないのではと考えます。あと、当セミナーの企画団体(市民活動サポートセンターとやま)と活動内容上競合する団体(いわゆる中間支援団体)とは、協働の掛け声とは裏腹にあまり連携していないように思われます。まずは富山に官民あわせて複数存在する中間支援団体同士で、旧態に囚われず鮮やかに連携いただきたい。

 また、先日のボランティア・NPO大会に関して指摘したような事柄が、まさにNPOのダメダメな部分であるとの思いを強くする機会となりました。
 要するに他分野の取り組みに興味がない、という点が典型で、いわば頭の中が「縦割り」になっている。そういえばセミナー冒頭のあいさつで、富山県知事政策局の吉田修局長が「県庁も巨大な非営利組織である」と仰いました。セミナー第2部の交流時間帯で、ある自治体職員の振る舞いに「他分野の取り組みに興味がない」目先の成果や答えを求める様子がうかがわれ、その点ではNPOも民間企業も行政機関も変わらないなと思いました。


協働セミナー
 講師の岸田眞代さん

協働セミナー
 講師の山本拓己さん

協働セミナー
 100年先を見据えて

協働セミナー
 NPOが双方の通訳者として仲介

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pronarikawa.blog.fc2.com/tb.php/528-c15ee595

 | ホーム |