FC2ブログ

プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


全記事表示リンク


SDGsダイアローグ総括シンポジウム

 地域のミライをSDGs(持続可能な開発目標)でカタチにしよう…を合い言葉に金沢市内で開催されたシンポジウムに参加しました。国連大学サステイナビリティ高等研究所 いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット(略してUNU-IAS OUIK)の主催。

 第1セッションは地域でのSDGs推進における自治体の役割を考える対談で、金沢市・珠洲市・白山市・長野県の職員4名がパネリストとなり、慶応義塾大学の高木超(こすも)さんが進行役を務めました。
 第2セッションはSDGsパートナーシップのデザインを考える対談で、市民団体(コード・フォー・カナザワおよびEMPOWER Project)・教育機関(石川県立大学)・国際機関(UNU-IAS OUIK)から4名が登壇し、株式会社エンパブリックの広石拓司さんが進行役を務めました。

北陸中日新聞 2018年7月4日
「「金沢はSDGsの中心地」 中部経産局長、活動語る」(記事
北陸中日新聞 2019年2月27日
「持続可能な開発 支える県内企業 車解体や森林整備 途上国支援」(記事
中日新聞 2019年3月30日石川欄
「SDGs もっと理解を 金沢でシンポ 助け合い活動など紹介」(記事
テレビ金沢 2019年3月23日
「金沢市独自のSDGs目標の共同宣言」(動画


SDGsシンポジウム SDGsシンポジウム
 開催趣旨を説明する永井三岐子さん(UNU-IAS OUIK事務局長)

SDGsシンポジウム
 ファシリテーターの高木超(こすも)さん

SDGsシンポジウム
 地域でSDGsを推進する自治体のパネリスト

SDGsシンポジウム
 想像してみよう金沢のミライ

SDGsシンポジウム
 ファシリテーターの広石拓司さん

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pronarikawa.blog.fc2.com/tb.php/3593-0e23ada9

 | ホーム |