FC2ブログ

プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


全記事表示リンク


上市町議会(3月定例会)の一般質問(前編)

 上市町議会の2017年3月定例会において、町政一般に関する質問(一般質問)を2件いたしました。
 前編として1件(公園のにぎわい創出)を掲げ、後編として1件(県庁所在地隣町の存在感を高める取り組み)を掲げます。

関連記事:上市町議会(3月定例会)の一般質問(後編)
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-2453.html

【公園のにぎわい創出について】

(1) あさひの郷公園の遊具整備
 私は一昨年12月の定例会で、丸山総合公園の芝生広場に設けられていた遊具の状況を伺いました。当時遊具は国の安全基準を満たさないということで使用禁止になっていて、その後撤去されました。幸い昨年11月には、カミール2階の広場に新たな室内遊具が設けられました。さらに今年の春には、上市川の堤防脇のあさひの郷公園に屋外遊具が整備見込みとのことです。
 カミールは近時1階に飲食店なども出店し、2階の取り組みとの相乗効果も期待できるのではと考えます。
 まずは、カミールの室内遊具の活用状況を伺います。
 次いで、あさひの郷公園の遊具設置の見通しを伺います。
 さらにカミールでは、室内遊具のお披露目の日が、ちょうど女性起業家の見本市「姫たちのフェスティバル」と重なって、大いに賑わいました。あさひの郷でも遊具の整備にあわせた催しなどが出来ないか、お尋ねします。

(2) 公園や広場を生かした催しの後押し
 公園は、老若男女に親しまれる可能性をもつ公共の空間です。
 例えば富山駅北の環水公園は、市民の憩いの場としてすっかりお馴染みになると共に、毎月のように催しが行われる街なかの賑わいの拠点でもあります。
 立山・舟橋・滑川といった近隣の市町村でも、公園を生かした催しが盛んです。
 立山町総合公園では昨年・一昨年と、手作り雑貨などをあきなう「立山クラフト」という見本市が開催され、多くの来場者で賑わいました。仕掛け人は立山町地域おこし協力隊の女性であり、今年も開催が予定されています。
 滑川市の東福寺野自然公園では昨年、同様の見本市が「ひかり」という名称で開かれ、これは地元(滑川から上市へ移転)のパン屋さんが主催する感謝祭のような形で、以前から試みられております。
 また滑川駅前の中央公園では、有志グループの企画する公園活性化の催し「滑川パークデイ」が今年初めて行われました。
 そのほか、舟橋村の京坪川公園では毎年春に行われる桜まつり(サクラ・ミーツ・ザ・ファイアー)が有名です。
 ここで注目したいのは、環水公園なり立山や滑川の公園の催しで、上市町在住の若者が出店をしたり、実行委員ないし主催者として企画・運営に携わっている例がしばしば見られることです。このような試みを後押しては如何でしょうか。またできれば、上市町内の公園や広場を生かした催しが出来ればとも思いますが、可能性は如何でしょうか。あわせてお尋ねします。

(3) 民間企業・団体と協力した公園活性化
 公園の活性化といいますと、隣の舟橋村では村を挙げた取り組みを進めています。造園事業者をはじめとする民間団体や地元の大学と連携して、子育て支援の観点から京坪川公園一帯の活用を図っているとのことです。公園内にはあえて使い方を限定するような構築物を設けず、民間の自由な発想に委ねているとも伺います。上市町としても学べる点があるはずですが、如何でしょうか。
 また舟橋村には昨年、駅北の竹内地区に芝生公園が整備されました。こちらも地元住民による利活用が図られているとのことで参考になります。
 上市では街なかや駅前に町の象徴となるような公園は乏しいようですが、あさひの郷公園は商店街にも比較的近いですし、上経田中央公園は新相ノ木駅から徒歩圏内にあります。街なかの公共空間としては公園以外にも、例えばカミールや上市駅があり、まちづくり公社や鉄道事業者などの民間企業・団体と連携した取り組みが可能と考えます。
 以上の観点から、民間と協力して公園の活性化を図る方策につき、町の考えを伺います。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pronarikawa.blog.fc2.com/tb.php/2452-6a55305a

 | ホーム |