FC2ブログ

プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


全記事表示リンク


ワークショップ:災害が起きたらどうなる?

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山大学が保有する知見を地域との連携に生かす取り組みで開催した災害想定ワークショップに参加しました。とやま311ネット協力のもと、富山大学地域連携推進機構(生涯学習部門)主催。

 前段として、仙台市のNPO法人自閉症ピアリンクセンター「ここねっと」の理事長 佐藤秀明さんの講演「被災地支援活動の中から見えてくるもの ~被災地の真ん中で見えてきた支援者の果たす役割とこどもたちの姿について~」を聴きました。

 小休止ののち、4つのグループに分かれて2時間余りのワークショップ(積極的参加型の意見交換会)を行ないました。
 テーマは「災害が起きたらどうなる?」です。
 ファシリテーター(話し合いを実り多いものにする中立的な促進役)は、久保大憲さん(とやま311ネット代表)、荒木信成さん(とやま311ネット副代表)、藤田久仁子さん(生涯学習部門 副部門長)、仲嶺政光さん(生涯学習部門 准教授)が務めました。

 災害の発生を想定した問いに対して、実体験に基づく問題意識や、文献調査(ウェブ媒体を含む)で得られた知見を持ち寄って、「災害が起きたらどうなる」のか徐々に具体的な姿を共有することができました。
 ファシリテーターは発災の時点、避難所に集まった時点、3か月ほど経った時点…と3つの段階を想定しましたが、ひとつ目の段階(発災の時点)に関する意見交換で盛り上がり、それを深掘りする形になりました。

 なお、一般参加の当ワークショップに先立って行われた大学生限定のワークショップ(テーマは同じ)で出された疑問点(下記)に、県内自治体関係者から寄せられた回答(必ずしも公式回答とは限らない)を共有しました。

【災害発生から非難に関して】
 知らない場所で災害にあったらどうなる?
 富山県内の避難所はどこにどれくらいあるの?
 避難する際の移動手段は?
 避難所に移動するタイミングは?(震災の場合)
 避難ルートの安全性は?
 高齢者・障がい者の避難補助は誰がするの?
 個人情報の取り扱いについて
【避難所について】
 避難場所・避難所の安全性は大丈夫?
 各種学校・保育園・幼稚園・公民館等の役割分担は?
 避難所のトイレはどうなるの?
 避難所での医療はどうなるの?
 避難所生活のストレス対策は?
 安否確認はどうなるの?
 避難所の場所取りについて
【その他】
 ハザードマップについて
 子どもの避難はどうなるの?
 学校の先生の対応について


災害ワークショップ
 ここねっと理事長の佐藤秀明さん

災害ワークショップ
 ファシリテーターの久保大憲さんと藤田久仁子さん

災害ワークショップ
 ファシリテーターの荒木信成さん(右端)と参加者の谷端信夫さん(左端)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pronarikawa.blog.fc2.com/tb.php/195-aae97d6d

 | ホーム |