FC2ブログ

プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


全記事表示リンク


上市町議会(9月定例会)の一般質問(後編)

 上市町議会の2015年9月定例会において、町政一般に関する質問(一般質問)を3件いたしました。
 前編として1件(大学生の滞在型プログラムと上市町との関わり)を掲げ、後編として2件(上田市との交流)(地域の伝統文化の記録)を掲げます。

関連記事:上市町議会(9月定例会)の一般質問(前編)
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-1745.html

【上田市との交流について】

 長野県上田市は、真田氏ゆかりの城下町として知られる長野県東部を代表する市であり、歴史小説の舞台や様々な映画の撮影に加えて、近年はアニメーション映画「サマーウォーズ」の舞台モデルとしても親しまれております。
 毎年7月下旬には信州上田の市民まつりとして、わっしょいの歌で中心市街地を練り歩く「上田わっしょい」が開催されます。映画「サマーウォーズ」にこのまつりが登場することもあり、細田守監督作品の舞台モデル同士のご縁で、今年は上市町および上市町観光協会、「花の家」と呼ばれる古民家の有志、そして「つるぎくん」が新幹線あるいは自動車に乗り合わせて、市民祭りに参加しました。まつりの開会式では上田市の母袋(もたい)市長があいさつの中で上市町を紹介し、参加者の拍手と歓声で会場が大いに沸いたとのことです。
 隣県の催しながら富山の地方紙2紙でこの「上田わっしょい」関連記事が掲載され、長野全県に配信される信濃毎日新聞の紙上でも、上市町からの来訪が大きく紹介されております。
 北陸新幹線の延伸によって、上市・上田間は1時間余りで行き来できるようになりました。市民まつりのように、どちらかというと観光客として見物するよりも自ら参加して楽しむことを目的とする催しでは、擬似市民のように気軽に訪れられる交通事情の変化は好機と言えます。
 なお今年行われた相互交流は、富山県の補助事業(男女参画・県民協働課所管)である新幹線開業県民協働事業の採択を受けてはいるものの、来年度以降の見通しは未定とのことです。
 来年1月からはNHKの大河ドラマで「真田丸」が放映予定であり、全国的に信州上田への注目が集まります。私としてはこの機会に、上市町ご出身で妻が上田市ご出身と伺う細田守監督のご縁で、両市町の交流を後押しするのが得策と考えます。上市町としての今後の方針や考えられる方策をお聞かせください。

【地域の伝統文化の記録について】

 今月1日発行の「広報かみいち」2015年9月号の巻頭特集は、「地域の伝統を担う人達」と題した精霊(しょうらい)やぐらやきの特集記事です。上市町の夏の伝統行事を、色刷りで3ページにわたって紹介するもので、主に東町の方々のご協力のもと、広報担当の実地の取材に基づく読みごたえのある記事となっています。
 カラー写真を豊富に用いたり、「やぐら建てに必要なスタッフ」として求められる人的資源を明示するなど、工夫が見られます。その一方で、一般にアーカイブと呼ばれる、重要記録を保存・活用して未来に伝える手法の点では、更に取り組む余地があると考えます。近時は小型の映像機器等が普及しているので、例えば動画での記録や分析も有用と思います。やぐら焼きと同日開催のふるさと観光上市まつりの会場でも、町流しや花火大会の様子を携帯端末で収め、記録と記憶に刻もうとする参加者が多くいらっしゃいます。ちなみに伝統行事に限らず、職人の技と呼ばれる工業分野の特殊技能においても、動画をもとに技能の分析を行い、次世代に技術を伝える取り組みが行われています。
 アーカイブと申しますとちょうど来週末富山市内にて、図書館総合展の一環で地域フォーラムが開催されます。図書館総合展とは、例年横浜市内の展示施設パシフィコ横浜を会場に開催される、図書館に関する役務や技術的動向等を紹介する総合展示会です。今年は富山市の新図書館竣工を記念して、出張フォーラムが行われる次第です。
 さて私は東日本大震災の年の2011年の秋にこの図書館総合展を訪れる機会があり、通常の展示のほかに図書館や資料館の復興支援や郷土史を伝える文物の復元の取り組みを学びました。担い手の高齢化に限らず、自然災害等で伝統行事が突然継続困難になる事態も予測されます。何らかの形で地域の伝統を積極的に記録に収め、地域の方々の協力を仰ぎつつ二次的な活用を図ることが望ましく、新たな担い手の発掘にもつながるのではと考えますが如何でしょうか。町としての考えをお示しください。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pronarikawa.blog.fc2.com/tb.php/1746-9f2667e0

 | ホーム |