FC2ブログ

プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


全記事表示リンク


在宅医療フォーラム

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 在宅医療フォーラムに参加しました。富山県上市町(かみいちまち)の保健福祉総合センターにて。上市町福祉課・地域包括支援センター主催。
 福井県若狭地方(旧名田庄村)から名田庄(なたしょう)診療所の中村伸一所長をお招きして、「いきいきと生きて逝くために ~自分の最期を考える~」と題した講演と、地元の医療関係者が登壇するパネルディスカッションの二部構成でした。テーマは「地域・自宅で住み続けられる上市町を考える」です。

 パネルディスカッションでは、わかくさ医院院長の熊木健雄さん、上市町地域包括支援センターの北野厚子さん、上市町訪問看護ステーションの光岡真由美さん、かみいち総合病院家庭医療センター長の佐藤幸浩さんが順次在宅医療の論点提示や事例紹介をおこない、中村伸一さんが解説・評釈を加えました。家庭医療センターに係る在宅での看取りが増加傾向にあり、医療職はもちろん地域の多様な関係者を巻き込んだ取り組みは、特筆するべき成果といえるでしょう。
 続いて行われた中村伸一さんの基調講演は、文字どおり笑いあり涙ありのすばらしいお話でした。1時間があっという間に過ぎてゆきました。著書(『自宅で大往生』および『寄りそ医』)ではなかなか書けないような地域密着の事例を伺いつつ、身近な(上市町内のあるいは近親者・自分自身の)事案と結びつけた想定問答で、深く考える機会とあいなりました。
 専門職の方々にとっても、一般町民の方々にとっても、たいへん有意義なフォーラムであったと思います。参加者は百名以上、急遽椅子を追加で並べ、配布資料(全国国民健康保険診療施設協議会版の生きて逝くノート)が足りなくなるほどの盛況でした。富山大学の医学生も数名駆けつけました。

 福祉課の宮崎課長、地域包括支援センターの高慶(こうけい)センター長、かみいち総合病院の戸島院長が、開会・閉会時など要所で挨拶しました。地域包括支援センターの廣田保健師が総合司会を務めました。

関連記事:「寄りそ医」こと中村伸一医師の講演予定
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-1096.html


在宅医療フォーラム
 いきいきと生きて逝くために

在宅医療フォーラム
 コーディネーターの佐藤幸浩医師(かみいち総合病院 内科部長 兼 家庭医療センター長)

在宅医療フォーラム
 登壇者の北野厚子さん(上市町地域包括支援センター)・光岡真由美さん(上市町訪問看護ステーション)・熊木健雄医師(わかくさ医院院長)と手前右端の「かみいち総合病院」戸島雅宏院長

在宅医療フォーラム
 講師の中村伸一医師

在宅医療フォーラム
 たてやまつるぎ(立山・剱)在宅ネットワークの紹介

広報かみいち
広報かみいち2014年7月号より PDF版
 在宅での医療を考える(在宅医療フォーラム)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pronarikawa.blog.fc2.com/tb.php/1107-cdfaa462

 | ホーム |