FC2ブログ

プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


全記事表示リンク


おおかみこどもの花の家の総会

 NPO法人「おおかみこどもの花の家」の定期総会が開催されました。アニメーション映画「おおかみこどもの雨と雪」の舞台モデルとなった古民家(花の家)の保存・活用を図ります。

 山崎正美理事長(写真右端)が冒頭でごあいさつ。

花の家定期総会

 県内外から理事・監事および正会員が駆け付けました。

花の家定期総会

スポンサーサイト



まちなかファーム

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 立山町役場近くの交差点に、ご当地の特産品や米粉パン・コーヒー等の軽食を販売する「まちなかファーム」が開設されました。立山町のマスコット「らいじぃ」も、訪れたお客さんたちをおもてなし。

北日本新聞 2018年4月23日
「まちなかファームがプレオープン 立山」(記事
中日新聞 2018年4月24日富山欄
「「まちなかファーム」お披露目 立山町の魅力発信 30日オープン」(記事
富山経済新聞 2018年4月24日
「富山・立山町の魅力広める交流拠点「まちなかファーム」 オープニングイベントも」(記事

北日本新聞 2018年4月30日
「まちなかファーム開館 立山町の魅力発信 パンや特産品販売」(新聞)(北陸信越ナビ
富山新聞 2018年5月1日
「米粉パンや特産品人気 立山町、まちなかファーム開業」(記事
富山テレビ 2018年4月30日
「立山町まちなかファーム オープン」(動画


まちなかファーム
 ジェラートのふるまい

まちなかファーム
 FLAT COFFEEのコーヒー販売

まちなかファーム
 「地ぱん」の米粉パン

まちなかファーム
 立山町のマスコットらいじぃ(中央)

グラレ講座

 いわゆるグラフィック・レコーディングの講座に初参加しました。講師は本園大介さんです。


グラフィックレコーディング
 会場の協働ステーション中央(旧十思小学校)の案内

グラフィックレコーディング
 講師の本園大介さん

グラフィックレコーディング
 座標軸

グラフィックレコーディング
 受講者が作成したグラレコ

赤羽馬鹿祭り

 東京都北区赤羽(あかばね)の恒例の春祭り「赤羽馬鹿祭り」(公式ウェブサイト)で、JR赤羽駅の周辺がたいへんにぎわっております。

赤羽馬鹿祭り 赤羽馬鹿祭り

荒川知水資料館の視察

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 気象防災といえば、洪水など水害対策は重要テーマのひとつ。そんなわけで、東京都北区(JR赤羽駅などから徒歩圏内)にある荒川「知」水資料館(愛称アモア/amoa)を見学しました。
 土日祝日限定の運営ボランティアの方から、たいへん分かりやすく展示解説いただきました。


荒川知水資料館
 荒川知水資料館と国土交通省荒川下流河川事務所

荒川知水資料館
 荒川知水資料館と国土交通省荒川下流河川事務所

荒川知水資料館
 防災コーナー

荒川知水資料館
 岩淵水門

気象予報士会の案内会

 日本気象予報士会が、新規会員や入会検討者向けに地域別・テーマ別の各種活動を紹介する案内会に参加しました。気象庁の講堂にて。


気象予報士
 はれるんの案内で気象庁へ…

気象予報士
 大西春夫会長の開会あいさつ

気象予報士
 活動紹介

気象予報士
 サニーエンジェルスの子ども向け科学実験

気象予報士
 気象予報士の地方自治体派遣モデル事業に関わった酒井重典さんの講話

気象予報士
 防災気象情報の活用

【文書の向こうに】江戸幕府最後の闘い展【歴史が見える】

 公文書に見る近代化の歩み…ということで、国立公文書館にて開催中の特別展「江戸幕府、最後の闘い ~幕末の『文武』改革~」を見学しました。

毎日新聞 2018年4月25日
「特別展 江戸末期の「動乱」 幕府の対応を考察 国立公文書館」
 http://mainichi.jp/articles/20180425/dde/014/040/024000c


国立公文書館 国立公文書館
 ポスター(左)と国立公文書館ニュース(右)

国立公文書館
 春の特別展「江戸幕府、最後の闘い」

国立公文書館
 昌平坂学問所

国立公文書館
 新たな学問の登場と官学化

国立公文書館
 維新後の徳川家

東京Metro地鐵指南

 まさにインバウンド時代の象徴。首都東京を出る前から地鐵(鉄)電車(ウェブサイト)の乗り方を指南いたします。

地鉄電車

毎日新聞 2018年4月11日富山欄
「立山黒部アルペンルート 部分開通 訪日客ら「最高の銀世界」」(記事
中日新聞 2018年4月17日富山欄
「世界が息のむ白銀 雪の大谷ウォーク」(記事

ソーシャル・テクノロジー・オフィサー(STO)

 LIFULL(ライフル)つながりで千代田区麹町のLIFULL HUBへ。社会課題の解決に情報通信などの技術を生かしたい、との趣旨から有志が集いを開きました。複数の非営利組織に所属して戦略的な技術活用を図るソーシャル・テクノロジー・オフィサー(STO)なる職種普及の第一歩となる、キックオフの集いです。従来から一部企業に存在するチーフ・テクニカル・オフィサー(CTO)ないしチーフ・インフォメーション・オフィサー(CIO)のNPO/NGO版を想定。
 なおSTO育成のスクール開講も目指しているとのこと。私は不動産の分野で先行するリノベーション・スクールの取り組みを事例のひとつとして参考にするとよいと思いました。また、リノベつながりで古民家一棟まるごとスマートハウス、歴史的な街並みそのものがスマートストリート、といった可能性をお話ししました。


STO
 LIFULL

STO
 STO創出プロジェクトキックオフ

STO
 パネルディスカッション(左からカルミナ安藤昭太代表取締役・日本NPOセンター吉田建治事務局長・ETIC.鈴木敦子事務局長・進行役の関治之氏)

STO
 ETIC.の鈴木敦子事務局長とコード・フォア・ジャパンの関治之代表理事

STO
 市川希美(のぞみ)さんのグラフィック・レコーディング

賃貸不動産シンポジウム

 文京シビックホール(文京区役所併設)にて、住宅とまちづくりに関わるシンポジウムに参加。題して、豊かな住生活の鍵を握る「次世代の賃貸住宅管理業」。
 LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)総研の島原万丈(まんじょう)所長などのお話を伺いました。

不動産ニュース 2018年4月27日
「管理士協が設立10周年でシンポジウム。約1,400人来場」
 http://www.re-port.net/article/news/0000055503/

賃貸不動産シンポジウム 賃貸不動産シンポジウム

ゆったりカフェのオーディオ談義

 音杉公民館で開かれたまちなか勉強会・交流会の「ゆったりカフェ」例会に参加しました。
 今日は白萩東部公民館の主事でもある伍嶋伸盛さんが話題を提供。技術者として、また音楽愛好家としての視点から、音響機器の製作と音楽鑑賞の楽しさを大いに語りました。伍嶋さんは高級スピーカーと自家製のアンプリファイヤー(増幅器)をお持ちになって、音楽を体感する例会とあいなりました。

ゆったりカフェ

季節の歌

 福井直秋さんを偲ぶ有志の楽団の活動の一環で、アルプスの湯(上市町保健福祉総合センター)1階ロビーにて、季節の歌数曲が演奏されました。指揮は朝木晴美さん、ピアノ演奏は村上恵子さんです。

関連記事:福井直秋氏を偲ぶ歌コンサート結団式
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-3004.html

福井直秋

ふるさと町民学園の開講

 上市町(かみいちまち)の生涯学習講座「ふるさと町民学園」の開講式が行われました。
 記念講演として、職藝学院(富山市の山手にある大工・庭師の養成校)の上野幸夫(さちお)教授から「上市町と富山県の建築文化、そして夢の復元」と題したお話を伺いました。

北日本新聞 2018年4月24日
「ふるさと町民学園が開講 上市」
 http://webun.jp/item/7456027

ふるさと町民学園

カミールのまちなかキッズランド案内

 ゴールデンウィークの5月3日(木)から6日(日)まで、カミールこと上市町まちなか交流プラザの2階が「まちなかキッズランド」になります。3日(木)には大道芸(一人演奏芸)で知られる作芸人磨心(サウンドマシン)の野尻さんがご来訪とのこと。

カミール カミール

関連記事:カミールのまちなかキッズランド
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-3039.html

花まつりマルシェ

 黒部市宇奈月町の浦山駅前にある善巧寺(ぜんぎょうじ)にて、お釈迦様の誕生日にちなんで花まつりマルシェが開催されました。来月の朝活かみいちで話題提供いただく越中芋騒動の松下さんもご出店。

富山経済新聞 2018年4月12日
「黒部「白雪山善巧寺」で花まつりマルシェ 前日はチューリップの花摘みも」
 http://toyama.keizai.biz/headline/686/



花まつりマルシェ
 本堂

花まつりマルシェ 花まつりマルシェ
 「花」と境内の大銀杏

花まつりマルシェ
 越中芋騒動の販売車

花まつりマルシェ
 HoLo家とHYGGE

花まつりマルシェ
 白雪山善巧寺22代目住職の雪山俊隆さん

ふれあいキャンピング

 今日4月22日はアースデイ(地球の日)。ということで上市川第二ダムがある早乙女湖のほとりの広場で、地球を体感する野外交流の催しがおこなわれていたのでおじゃましました。


ふれあいキャンピング
 巨大テント

ふれあいキャンピング
 ふれあいキャンピング2018

ふれあいキャンピング ふれあいキャンピング
 今日の催し(左)と巨大ろうそく(右)

ふれあいキャンピング
 早乙女湖の埠頭

スポーツフェスタ開会式

 丸山総合公園の体育館にて行われた、上市町スポーツフェスタ(上市町民体育祭)の開会式に臨席しました。競技団体等の紹介のあと、選手宣誓。
 私は本日、松井剣道場で行われた剣道競技を見学しました。翌日は少林寺拳法競技会場の剱(つるぎ)道場を訪ねます。

中日新聞 2018年4月23日富山欄
「上市町民体育祭 熱戦 テニスなど16競技競う」
 http://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20180423/CK2018042302000010.html

上市町スポーツフェスタ 上市町スポーツフェスタ

【消滅可能を】朝日町再生会議講演会【持続可能に】

 朝日町再生会議の講演会にて、小田切徳美さん(明治大学農学部教授)のお話を伺いました。後段は朝日町の笹原町長および南砺市の田中市長を交えたパネルディスカッションとあいなりました。

北日本新聞 2018年4月22日
「地域に関わる人増やせ 朝日で笹原町長と南砺市長ら討論」
 http://webun.jp/item/7455412


朝日町再生会議 朝日町再生会議
 講師の小田切徳美さん「関係人口と創る未来」

朝日町再生会議
 移住・定住に至る関心と関与の座標平面

朝日町再生会議
 パネルディスカッション

朝日町再生会議
 笹原靖直朝日町長と田中幹夫南砺市長

桜クリエショップ

 間野山研究学会のシンポジウムで訪れた南砺市クリエイタープラザ「桜クリエ」の店舗にて、ご当地限定のピーエーワークス小物を買いました。

桜クリエ 桜クリエ

桜クリエ

桜クリエ

間野山研究学会設立記念シンポジウム

 アニメーション「サクラクエスト」に登場する間野山市が、昨年富山県南砺市と姉妹都市になりました。
 今日はこの間野山にちなんで間野山研究学会の設立を記念するシンポジウムが、南砺市城端町の桜ヶ池クアガーデンにある桜クリエ(南砺市クリエイタープラザ)で催されました。アニメーションから観光・地域振興を考えます。

間野山研究学会 間野山研究学会

 冒頭で発起人代表の山村高淑さん(北海道大学教授)やピーエーワークス(P.A.WORKS)社の堀川社長・菊池専務がごあいさつ。これまでの経緯や学会設立にかける思いを語りました。

間野山研究学会

間野山研究学会

 山村教授の趣旨説明のあと、震災復興と漫画・アニメーション・演劇といった切り口で2件の事例発表とパネルディスカッション。「地域の復興と観光・交流~課題と可能性」とのテーマで、おおつちバラエティーショー実行委員会企画プロデューサーの安藤彰紀さん(岩手県大槌町)、PopTownProject代表の佐竹信彦さん(熊本県熊本市)が、相次いで登壇して熱弁をふるいました。

関連記事:サクラクエスト展
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-2812.html

富山新聞 2018年4月22日
「アニメで地域考える 「サクラクエスト」の南砺」
 http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/TH20180422411.htm

宮川小学校の歓送迎会

 宮川公民館で開かれた校区歓送迎会に出席しました。他校から宮川小学校へ転入した教職員をお迎えするとともに、宮川小学校から他校へ転出等した教職員のお見送りをおこなう集いです。
 先生方には今後とも、地域の子どもたちの成長への導きを、よろしくお願いいたします。(写真は廣島校長と川口PTA会長)

歓送迎会

内川の番屋カフェ

 射水市(旧新湊市)の内川地区にある番屋カフェを訪れ、地元の海の幸を用いたお昼ご飯を頂きました。
 地域おこし協力隊の沼尻さんが関わった、ご当地フリーペーパー「うちかわ枡(ます)メディア」の最新号を拝見。枡席のように地域情報が並んでおります。

北日本新聞 2017年10月13日
「新湊の内川訪れて 沼尻・山本さんフリーペーパー創刊」(記事)(北陸信越ナビ
富山新聞 2018年2月3日
「内川テーマのチラシ第2弾 新湊、愛する会発行」(記事
北日本新聞 2018年2月26日
「内川周辺の店紹介 フリーペーパー「枡メディア」2号」(記事)(Yahoo!ニュース
富山新聞 2018年3月7日
「新湊、フリマで活気を 来月28日から開催、運営団体が発足」(記事


番屋カフェ
 内川さんぽまっぷ

番屋カフェ
 番屋カフェ

番屋カフェ
 新湊特産えびコロッケプレート

番屋カフェ
 「うちかわ枡メディア」第3号と「あそびすたin内川」案内

伊能忠敬でつながるマンホールカードと射水を旅した人たち展

 射水(いみず)市の「道の駅」カモンパーク新湊(しんみなと)と言えば、マンホールカードの配布で知られます。

マンホールカード マンホールカード

 マンホールカードと言えば、探訪に役立つ緯度・経度を表面に大きく記載。緯度・経度と言えば地図。地図と言えば、江戸時代の測量家・伊能忠敬に関する新資料の展示が、道の駅に隣接する博物館で始まりました。
 そんなわけで、射水市新湊博物館の企画展「射水を旅した人たち」を訪問。

マンホールカード 新湊博物館

 なお伊能忠敬は、上市町(かみいちまち)の姉妹都市でもある千葉県九十九里町の生まれです。

朝日新聞 2017年12月10日富山欄
「氷見市がマンホールカード配布 寒ぶりと定置網」(記事
INTERNET Watch 2018年4月19日
「【今日は地図の日】4月19日:伊能忠敬が1回目の測量の旅に出発したと言われている日」(記事

北日本新聞 2018年4月20日
「伊能忠敬をおもてなし 新湊博物館が史料発見」(記事
富山新聞 2018年4月20日
「伊能忠敬もてなしに代金の127倍 射水で史料確認」(記事
朝日新聞 2018年4月20日富山欄
「伊能忠敬の新資料発見 射水市新湊博物館」(記事
毎日新聞 2018年4月20日富山欄
「企画展 伊能先生は酒を飲まず 旅のもてなし、古文書発見 射水・新湊博物館できょうから」(記事
富山新聞 2018年4月21日
「伊能忠敬の史料公開 射水市新湊博物館で企画展」(記事
中日新聞 2018年5月11日富山欄
「伊能忠敬さんすごい! 中学生が測量体験」(記事
中日新聞 2018年6月20日富山欄
「到着時に落雁、朝食にはタイ… 忠敬来県 手厚くもてなし」(記事
チューリップテレビ 2018年4月20日
「射水市新湊博物館 伊能忠敬もてなしの史料発見」(動画

仲良く観賞ツルギオリトキクザクラ

 上市町(かみいちまち)の西田美術館の庭に植栽されているツルギオリトキクザクラ(剱折戸菊桜)が満開を迎えています。上市町のマスコット「つるぎくん」も注目。はれるん(気象庁のマスコット)と一緒に仲良く満開のさくらを観賞しました。

剱折戸菊桜 剱折戸菊桜

 なおこの菊桜は上市町で見つかった新品種で、名称は原木のある山あいの集落(折戸地区)に由来します。

剱折戸菊桜

正信偈に学ぶ

 黒部市宇奈月町(うなづきまち)・富山地方鉄道浦山駅前の白雪山善巧寺(ぜんぎょうじ)にて、第7回「正信偈(しょうしんげ)に学ぶ」を聴講しました。

善巧寺

 講師は本願寺派輔教・行信教校講師(浄土真宗本願寺派)の天岸淨圓(あまぎし・じょうえん)先生です。

善巧寺

 なお、きたる4月22日(日)には善巧寺の境内で、花まつりマルシェが開催されます。

善巧寺

富山経済新聞 2018年4月12日
「黒部「白雪山善巧寺」で花まつりマルシェ 前日はチューリップの花摘みも」(記事
北日本新聞 2018年4月29日
「「ほっこり法座」お講一新 宇奈月善巧寺」(記事)(Yahoo!ニュース

気になります!魚津埋没林カフェ

 先日リニューアルしたばかりの魚津埋没林博物館を訪ね、注目のカフェKININALでキウイフルーツケーキとりんごジュースを頂きました。
 今日は昼時に富山湾で蜃気楼が発生。館内のディスプレイ(海の駅蜃気楼のカメラ画像中継)で一部始終を眺めることができました。

北日本新聞 2018年2月28日
「カフェのオリジナルメニュー発表 埋没林博物館で4月オープン」(記事
北日本新聞 2018年4月9日
「来て、にぎわい憩いの場 魚津埋没林博物館、14日リニューアル」(記事)(北陸信越ナビ
北日本新聞 2018年4月14日
「観光拠点 魅力アップ 魚津埋没林博物館リニューアル」(記事)(北陸信越ナビ
富山新聞 2018年4月15日
「魚津埋没林博物館、親しみやすく改装 カフェや遊戯スペース」(記事
北日本新聞 2018年4月19日
「ワニの口のように? 魚津で春型蜃気楼Cランク」(記事)(Yahoo!ニュース


埋没林博物館
 埋没林博物館の入口

埋没林博物館
 キウイフルーツケーキ

埋没林博物館
 魚津埋没林とは

埋没林博物館
 木っずルーム

第94回朝活かみいち

 第94回「朝活かみいち」に参加しました。地元密着で活動していらっしゃる方をお招きする早朝の集いです。上市町役場隣の軽食喫茶M's CLOUD(エムズクラウド)にて。
 今朝は滑川市東福寺野のドッグラン併設カフェ・シュービーンズ(SHU BEANS)の店主として知られる笹尾雅美さんが、「私の知ってる韓国 ~あの記号みたい文字ってどういうこと!?~」と題して、韓国渡航の体験も踏まえつつ話題を提供しました。

朝活

富山市豊田地区のセーフ&環境スマートモデル街区

 富山市の旧豊田小学校跡地で整備が行なわれた、環境配慮型住宅団地の一角に建つ豊田公民館を訪ねました。公民館と地区センター(富山市の出先機関)および市立図書館の豊田分館が、移転前と同じく建物内に同居する形となっています。

豊田公民館

 当該住宅団地は「富山市セーフ&環境スマートモデル街区」なる名称で一連の事業が進められ、民間の資金や知見を活用する官民連携手法(公民連携とも呼ばれるPPP:パブリック・プライベート・パートナーシップの手法)で実現しました。

豊田公民館

新・公民連携最前線 2016年5月13日
「富山市の小学校跡地にゼロエネルギーの街、大和ハウス工業と協定締結」(記事
富山新聞 2017年10月26日
「環境モデル街区完成 富山市旧豊田小跡地で式典」(記事
日本経済新聞 2017年10月30日
「富山市に「ゼロエネ街区」、太陽光+蓄電池+燃料電池」(記事

「食」から学ぶ考古学

 「古代へのとびら2018」と冠する富山県埋蔵文化財センターの企画展として、「食」から学ぶ考古学展が始まりました。

古代へのとびら

 同センターは、富山県立図書館の向かいにあります。図書館脇の八重桜が見ごろを迎えております。

古代へのとびら

カフェテラス万里摩理と高王白衣観音

 呉羽(くれは)丘陵のカフェテラス万里摩理(マリーマリー)でお食事を頂きました。店内はお昼の女子会モード。

万里摩理

万里摩理

 この機会に、店舗近くの観音様を訪ねました。高王白衣(こうおうびゃくえ)観音の看板と、苔むした日本最高齢の高見ナカ刀自像が目印です。

高王白衣観音 高王白衣観音

 「高王白衣観音菩薩」の由緒を記す、呉羽山観光協会による看板も立っています。

高王白衣観音


 | ホーム |  次のページ»»