FC2ブログ

プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


全記事表示リンク


ハッピー上市会

 「ハッピー上市会」の集まりに参加しました。同会は一昨年富山県中小企業家同友会と共に上市町地域活性化フォーラムを開催して以来、小柴順子会長のもと毎月の定例会化を図っています。

ハッピー上市会

 新町長の公約で発足した朝日町再生会議の委員として、中心的な役割を担った佐渡栄寿さん(佐渡石材社長・写真左)と脇山正美さん(泊漁業協同組合長・写真右)からお話を伺いました。
 富山県の東端(新潟県との境)で高齢化・人口減少が進みながらも前向きな試みを続ける朝日町。再生会議を軸とする取り組みの数々に、参加者が耳を傾けました。

参考:北日本新聞 連載
「消えてたまるか!朝日町 記者の役場体験記」
 http://webun.jp/card/16427

スポンサーサイト



第71回朝活かみいち

 第71回「朝活かみいち」に参加しました。地元密着で活動していらっしゃる方をお招きする早朝の集いです。上市町役場隣の軽食喫茶M's CLOUD(エムズクラウド)にて。
 今朝はに詳しい枡田諧三(ますだ・かいぞう)さんから、「地域共生社会実現のための上市町の福祉計画とは」と題してお話を伺いました。

朝活

 上市町社会福祉協議会会長などを務めた枡田さんは、上市町の第3期地域福祉計画(平成29年度から平成33年度まで)の策定に関与。今後話し合われる行動計画(いわゆる具体的なアクションプラン)に多くの町民の意見が反映されることを願い、上市町の実情と共に地域福祉の可能性を熱く語っていただきました。

飯綱町議会視察

 長野市の北隣・飯綱町(いいづなまち)の議会を訪問しました。議会改革の取り組みの数々を伺い、上市町(かみいちまち)議会の議会運営委員と意見交換を行いました。飯綱町の正副議長に議会運営委員会の正副委員長、お忙しいところご対応ありがとうございました。

参考:ダイヤモンド・オンライン 2015年1月20日【相川俊英の地方自治“腰砕け”通信記】
「地方議会に政策立案能力を求めるのは机上の空論か? ~住民に寄り添う真の議会を創り上げた飯綱町議員の手腕~」
 http://diamond.jp/articles/-/65338

 飯綱町議会は全国的に、議会改革で先進的な取り組みを続ける議会として注目されています。なかでもジャーナリストの相川俊英氏が取材を重ねて、各種媒体で飯綱町議会に関する発信を継続的に行なっています。相川氏の主な著書は、『トンデモ地方議員の問題』『奇跡の村 地方は「人」で再生する』『地方議会を再生する』など。このうち「地方議会を再生する」が1冊まるごと飯綱町の話題となっていて、私も事前に入手して同町の不祥事に係る騒動と議会再生の経緯の理解に努めました。
 視察では町役場を訪れて、主に寺島議長から取り組みを伺ったあと、出席者(上市町の議会運営委委員・議長および飯綱町の議長・副議長・議会運営委員長・議会運営副委員長)で意見交換を行ないました。

 様々な点で上市町議会との違いを実感。とりわけ人事に関して興味深いお話を伺いました。
 例えば議長の選出は多数派の順繰りといった決め方ではなく、自分が議長になったらどのような議会運営を進めたいかを議員の前で所信表明し、それに基づいて投票を行って決めるとのこと。
 議員の大切な資質として、自分自身の言葉で事実と論理に基づき公共の話ができること、が挙げられます。つまり、用意された式典の原稿を読み上げる、あるいは、仲間内で私的なおしゃべりに興じる、というだけでは議員の資質と言えない。飯綱町の寺島議長は、単に話し上手で議長に担がれたわけではなく、全国区で研修講師を務めるなど名実ともに住民代表としての資質十分と窺えました。
 また、議会事務局の人事(職員の任免)につき、地方自治法に基づいて議長が権限を発揮しています。行政(首長部局)の人事異動の一環で、議会事務局の職員が決まっている地方議会が大部分のなかで珍しい。
 もちろん、恣意的に議長の好みで人員を求めるわけでなく、議会の様々な取り組みを事務局として担い、町の予算全般に関わることで職員が大いに成長する、といった効用にも着目して優秀な人員を求め、当局の理解を得ているとのこと。


飯綱町
 飯綱町役場

飯綱町
 開会あいさつ

飯綱町
 飯綱町議会の寺島渉議長と清水滿副議長

飯綱町
 飯綱町の議会だよりと集英社新書の『地方議会を再生する』

平成の写心展

 富山県民会館にて、平成の写心展 PartII を鑑賞しました。富山県写真連盟結成70周年記念の展示会です。

中日新聞 2017年6月18日富山欄
「県写真連盟会員が力作 「平成の写心展」始まる 富山・県民会館」
 http://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20170618/CK2017061802000022.html

写心展

阿蘇

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 昨年4月の熊本地震で被災した熊本県阿蘇山麓および益城町の現況を視察しました。


熊本
 ミルクロードから望む阿蘇市街

熊本
 阿蘇神社

熊本
 東海大学農学部(阿蘇キャンパス)

熊本
 阿蘇大橋跡

熊本
 益城復興市場・屋台村

熊本城

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 昨年4月の熊本地震で被災した熊本城の現況を視察しました。


熊本城
 熊本市役所の展望ロビーから望む熊本城

熊本城
 飯田丸五階櫓

熊本城
 復旧を待つ石垣

熊本城
 宇土櫓

熊本城
 大・小天守

上市町議会(6月定例会)の閉会

 上市町議会の2017年6月定例会が閉会しました。
 昨年度の補正予算承認、今年度の補正予算、条例の一部改正などを行うため、町当局提出の議案10件を可決しました。
 新制度に基づく農業委員12名の選任に同意しました。
 議会広報特別委員会の委員3名が交替し、互選で正副委員長が新たに決まりました。私は委員長(「議会広報かみいち」の編集長)を務めます。

【平成29年6月定例会の追加議案】
議案第44号:上市町農業委員会委員の任命につき認定農業者等が委員の過半数を占めることを要しない場合の同意及び上市町農業委員会委員の任命の同意を得るの件

北日本新聞 2017年6月22日
「県に大岩地区活性化を要望(上市)」「論戦を振り返って 公共交通利便性向上を」
北日本新聞2017年6月22日

富山新聞 2017年6月22日
「補正予算を可決(上市町)」
富山新聞2017年6月22日

産業厚生常任委員会

 副委員長を務める産業厚生常任委員会に出席しました。
 上市町福祉課・町民課・産業課・建設課および「かみいち総合病院」が所管する補正予算や条例改正等につき、審議を行いました。

北日本新聞 2017年6月20日
「学校史や記念誌6冊に破損被害(上市)」
北日本新聞2017年6月20日

富山新聞 2017年6月20日
「切り取り被害の学校史を補充(上市町)」
富山新聞2017年6月20日

竹下和男さんの「弁当の日」講演

 上市町(かみいちまち)児童クラブ創立50周年記念講演会で、「子どもが作る“弁当の日”」の提唱者・竹下和男さん(元香川県内の小中学校長)からお話を伺いました。
 「弁当の日」は子どもの成長を促す教育実践の手法の一つであり、基本は単純明快だか得られる効果が深甚で奥が深い。


児童クラブ
 講師の「弁当の日」提唱者・竹下和男さん

児童クラブ
 上市町児童クラブ連合会・堀田喜久男会長の主催者あいさつ

カヌージュニア選手権大会

 上市川第2ダムの早乙女(さおとめ)湖に設けられている富山県上市(かみいち)カヌー競技場にて、早乙女湖カヌースプリントジュニア選手権大会(北信越高等学校体育大会を兼ねる)が2日間にわたって開かれました。
 同競技場では7月27日(木)から30日(日)までの4日間、中学生の全国大会(全国中学生カヌー大会)が行われます。

 なお上市町では、「9歳の挑戦」なる名称の取り組み(ふるさと学習)の一環で、小学生のときからカヌーに親しむ機会があります。

北日本新聞 2017年6月8日
「「カヌー、楽しい」 上市・ふるさと学習で体験」(記事
富山新聞 2017年6月9日
「カヌー挑戦、湖面すいすい 上市の小学4年生」(記事
北日本新聞 2017年6月19日
「カヌー女子 浦田・中田組(水橋)制す 北信越高校体育大会中心会期最終日」(記事


カヌー選手権
 上市カヌー競技場

カヌー選手権
 埠頭

カヌー選手権
 競技(2人乗りカヤック)

今年初めの市姫さんど

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 上市町(かみいちまち)の西中町商店街およびカミール(上市町まちなか交流プラザ)界隈で、夏から秋にかけて開かれる市姫(いちひめ)さんど。上市おもしろ市やミニイベントの催事群が勢ぞろい。
 ちなみに今年1月舟橋駅のエキナカに開店したお※(おこめ)食堂は、市姫さんど初のお目見えです。

北日本新聞 2017年6月18日
「多彩な企画でにぎわい 上市で「市姫さんど」」(記事)(gooニュース


市姫さんど
 お※食堂(左)と九十九里町産品(右)

市姫さんど
 北アルプス吹奏楽団の演奏

市姫さんど
 上市町商工会女性部の模擬店

岸田文雄外務大臣の講演

 自由民主党富山県支部連合会の定期大会の一環でいらっしゃった、岸田文雄外務大臣の講演を伺いました。

北日本放送 2017年6月17日
「岸田外相が富山で講演 北朝鮮に対話と圧力」(動画
チューリップテレビ 2017年6月17日
「ポスト安倍」岸田外相が来県」(動画

岸田文雄

上市町議会(6月定例会)の一般質問

 上市町議会の2017年6月定例会において、町政一般に関する質問(一般質問)を1件いたしました。

【学生・若者とまちづくりについて】

(1) 上市町に住む学生とまちづくり
 大学や短期大学・専門学校などの学生および生徒が、上市町のまちづくりに関わる可能性を問います。大きく三つに分けて捉えます。
 まずは上市町に住んでいる若者です。ご当地の健康科学専門学校や上市中学・上市高校の生徒たち(類型1)。富山大学など近隣の教育機関に自宅から通う学生たち(類型2)。さらには、いわゆるフィールドワークとして、都市部の大学院生が研究目的で一定期間暮らすことがあります(類型3)。例えば高岡市でゲストハウスの運営実践(東京工業大学の学生)、南砺市でアニメーションの舞台研究(慶應義塾大学の学生)といった事例があります。
 それぞれの類型で、上市町で暮らす学生が、在学中に学んだ成果を生かしてわが町のまちづくりへ関われれば幸いです。取り組みや方策をお聞かせください。

(2) 上市町に通う学生とまちづくり
 もう一つは、上市町に通う若者です。典型的には、電車で上市高校に通う生徒たち(類型4)。また、近頃は大学の地域連携の一環で、ゼミナールの学生が定期的に訪れる取り組みが注目されます(類型5)。例えば滑川市にできたTRIO(トリオ)という施設には、富山県立大学の学生が毎月訪れて、まちの人々への取材を重ねてゆくとのことです。
 高校生や大学生が、商店街や地元企業とコラボレーションを行う事例もしばしば伺います。上市町に通う学生が、わが町のまちづくりに関わる可能性は如何でしょうか、考えをお聞かせください。

(3) 上市町に滞在する学生とまちづくり
 残る一つは、上市町に短期間の滞在を行う若者です(類型6)。
 昨年、地域創生インターンシップとして、全国各地の大学生・大学院生・高等専門学校生が数日間わが町に滞在して、地域活性化につながる施策を提案しました。高い能力を備えた学生たちから意欲的な提案が見られたものの、課題としては、提案内容の実現に向けた継続的な働きかけや地域住民の関わりがまだまだ弱いのではと拝見します。この点を踏まえて、今年度の地域創生インターンシップを一層実り多くするための対策をお示しください。

(4) 各種審議会や協議会の若者枠
 先月、地元の若者が政策提案を競うコンテストが、富山市内で開催されました。地域の身近な課題に対して、若手社会人をはじめ、大学生や高校生も緻密な調査研究を通じて、大人顔負けの発表を行いました。中でも地元の大学4年生が発表した、地方自治体の審議会などにおいて若者枠を創設することを求める提案が、審査員(国会議員など)の注目を集めました。
 若者枠といえば従来は、商工業や農業に従事する若手が所属団体、例えば商工会議所や青年会議所などの地域経済団体を通じて意見を表明する、といった形態が多かったのではと思われます。近年は一口に若者といっても、働き方や地域活動のあり方は多様化しています。様々な背景をもつ若者の考えを汲み取る工夫が求められると考えますが如何でしょうか。
 中学生など10代の若者も、豊かな表現力を備えています。例えば昨年刊行された舟橋村の歴史書(舟橋村史)では、地元の中学3年生から地域の未来に対する思いを伺い、一人一人の言葉を数ページにわたって載せています。審議会や協議会とは異なりますが、近隣市町村の取り組みとして参考になります。
 以上、上市町において、若者枠のような形で意見を反映する仕組みの可能性を伺います。

上市町議会(6月定例会)の一般質問一覧

 上市町議会の2017年6月定例会において、町政一般に関する質問(一般質問)が行われました。9名の議員が質問に立ちました。
 議員(登壇順)の氏名と質問事項は以下のとおりです。

碓井憲夫
1.都会からの移住者促進のために、一戸建住宅の建設を官民共同で
2.車がなくても病院や買い物に行ける町に

田中義則
1.就学援助の入学準備金について
2.時間外労働について

伊東俊治
1.ヘルプカードの周知・普及を
2.「まま子滝」観光名所に
3.中学部活動の教員の負担減について
4.学校の休暇分散化にる「キッズウィーク」について

酒井恒雄
1.あさひの郷公園、周囲の環境整備について
2.イノシシ等の処分について、ため池耐震化進捗状況
3.人口増対策、白萩、大岩地区の空き家リフォーム(滞在含む)
4.機能別消防団について
5.グラウンド保全、弾道ミサイル訓練について

伏黒日出松
1.人口増対策
2.空き家対策は大丈夫か
3.介護事業の厳しさ
4.アスベスト被害は
5.カラス対策
6.上市川河川敷の活用

宝嶋洋子
1.町の病後児保育の現状について
2.「お迎え型」病児保育について
3.子育て援助活動支援事業(ファミリーサポートセンター事業)について
4.インバウンド(訪日外国人)首都圏からの誘客増に向けての事業について

成川友仁
1.学生・若者とまちづくりについて

堀田喜久男
1.丸山総合公園芝生広場をパークゴルフ場として土日利用できないか
2.コミュニティバス路線変更によって利用数に変化はあるのか
3.農業者の所得アップを目論み『立山 森の輝き』の生産に取り組めないか

酒井桂之
1.働き方改革をどう進めていくのか
2.町民へのやさしい施設利用について

北日本新聞 2017年6月17日
「コミュニティバス利便性向上で利用増(上市)」
北日本新聞2017年6月17日

富山新聞 2017年6月17日
「全小中学校にヘルメット 災害時用、全員分(上市町)」
富山新聞2017年6月17日

はれるんとあさひの郷公園

 上市町のB&G体育館の隣にある「あさひの郷(さと)公園」を、気象庁のマスコット「はれるん」と共に訪れました。
 あじさいの花壇は小規模ですが、花は見頃を迎えています。あじさいは漢字で紫陽花と書き、太陽顔のはれるんはじっくり観賞。

あさひの郷公園

 あさひの郷公園の近隣は、旭町(あさひまち)および郷柿沢(ごうかきざわ)という地名です。ちなみに今日訪れたのは朝日ではなく、夕日が差す時間帯。
 いずれにしても、顔が太陽のはれるんは、公園に興味深々。先日あさひの郷公園の一角に屋外遊具が新設されたこともあり、一層親しまれる公園になることを願っています。

あさひの郷公園

第70回朝活かみいち

 第70回「朝活かみいち」に参加しました。地元密着で活動していらっしゃる方をお招きする早朝の集いです。上市町役場隣の軽食喫茶M's CLOUD(エムズクラウド)にて。
 今朝は県内外の神社仏閣めぐりを趣味とする富山市の保江(やすえ)弘文さんから、ステキなご朱印旅のススメと題してお話を伺いました。お話のあとは、保江さんが持参したご朱印帳数冊を回覧し、特徴ある墨跡や印影に感心しつつ参加者同士しばし歓談。


朝活
 講師の保江弘文さん

朝活
 御朱印とは?

朝活
 大岩山日石寺のご朱印

朝活
 会場から望む剱岳の山並み

眼目山立山寺のあじさい

 上市町の眼目(さっか)地区にある曹洞宗の古刹・眼目山立山寺(がんもくざん・りゅうせんじ)の駐車場の縁には、あじさいが植わっています。上市町のマスコット「つるぎくん」が、気象庁のマスコット「はれるん」と連れ立って、あじさいの花の見物に訪れました。

 とんがり帽子のつるぎくんは、とんがり花びらがお気に入りのよう。

立山寺

 太陽顔のはれるんは、漢字で紫陽花と書くあじさいに囲まれてご満悦。

立山寺

上市町議会の6月定例会

 上市町議会の2017年6月定例会が開会しました。
 伊東尚志町長が議案につき提案理由説明を行うとともに、以下の案件について言及しました。すなわち、当町において開催される全国中学生カヌー大会、あさひの郷公園、不育症治療費助成、子育て世代への魅力発信事業、上市中学校ネットルールづくり事業、平成28年度の決算についての言及です。
 6月定例会の一般質問(町政一般に関する質問)は、6月16日(金)の午前10時から、上市町役場議場にて行います。

【平成29年6月定例会の議案】
議案第34号:専決処分の承認を求める件(平成28年度 上市町一般会計補正予算(第6号))
議案第35号:専決処分の承認を求める件(平成28年度 上市町国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号))
議案第36号:専決処分の承認を求める件(平成28年度 上市町病院事業会計補正予算(第5号))
議案第37号:専決処分の承認を求める件(上市町税条例一部改正の件)
議案第38号:専決処分の承認を求める件(上市町国民健康保険税条例一部改正の件)
議案第39号:平成29年度 上市町一般会計補正予算(第1号)
議案第40号:平成29年度 上市町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)
議案第41号:平成29年度 上市町病院事業会計補正予算(第1号)
議案第42号:上市町特定公共賃貸住宅条例一部改正の件
議案第43号:消防ポンプ自動車購入に関する件

北日本新聞 2017年6月14日
「子育て世代に魅力発信 雑誌に特集を掲載(上市)」
北日本新聞2017年6月14日

富山新聞 2017年6月14日
「子育て雑誌で魅力発信 補正提出、不育症治療も支援(上市町)」
富山新聞2017年6月14日

魚津エキナカコンサート

 あいの風鉄道(旧JR北陸本線)魚津駅にて、駅なかコンサートが開かれました。
 オーケストラ・アンサンブル金沢のトロイ・グーギンズさん(ヴァイオリン)と魚津市音楽コーディネーターの大野由加さん(キーボード)が、クラシックの名曲や映画の主題歌などを演奏。魚津市郊外にある学びの森交流館(旧洗足学園魚津短期大学)の試みのひとつです。

 なおJR駅時代(北陸新幹線の開業前)には在来線特急が頻繁に停車して慌ただしかった覚えがありますが、第三セクター駅となって緩やかになった時間の流れが30分あまりの駅中コンサートにぴったり。


魚津駅 魚津駅
 ヴァイオリン奏者のトロイ・グーギンズさん

魚津駅
 エキナカコンサート

魚津駅
 魚津駅の駅名標

まま子滝

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 上市町(かみいちまち)郊外の釈泉寺(しゃくせんじ)地区の山林で流れ落ちる「まま子滝」。この滝へ至る遊歩道が整備されました。
 県道46号線(早月川上流域の馬場島へ至る峠越えの道)と林道の分岐点、林道と遊歩道の分岐点(滝の250m手前)、滝の210m手前・90m手前・30m手前・20m手前にそれぞれ看板が立っています。途中、崖に設けられた水平歩道や急な階段があり、滑りやすい箇所には特に注意を要します。
 なお、釈泉寺の集落から徒歩で向かう場合、集落の神社を経由して、神社の奥に続く舗装道から林道へ合流する経路もあります。

富山新聞 2016年11月5日
「まま子滝、観光名所に 上市町、山道整備の予算化検討」(記事
北日本新聞 2017年6月9日
「上市「まま子滝」を観光資源に 町が遊歩道整備」(記事)(北陸信越ナビ


まま子滝
 林道と遊歩道の分岐点(滝まで250m)

まま子滝
 橋の道(滝まで90m)

まま子滝
 階段(滝まで20m)

まま子滝
 まま子滝

市姫神社の祭礼

 今日は上市町(かみいちまち)の街なかのお宮「市姫(いちひめ)神社」のお祭りの本祭です。露天商が軒を並べるカミール(上市町まちなか交流プラザ)前の通りは、夕方からにぎやかになります。

市姫神社

観光未来創造塾の開講式

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県観光振興室が主催する観光人材育成プログラム「とやま観光未来創造塾」第7期の開講式が、富山駅前の高志(こし)会館で行われました。塾長を務める西村幸夫さん(東京大学教授・都市工学専攻)が、「地域をよく知る」と題して基調講演なさいました。


観光未来創造塾
 石井隆一(たかかず)名誉塾長(富山県知事)のあいさつ

観光未来創造塾
 西村幸夫塾長(右から2人目)を始めとする講師陣

観光未来創造塾
 山田桂一郎主任教授(観光カリスマ・JTIC.SWISS代表)の講義

観光未来創造塾
 修了生として体験談を述べる3期生・大屋さんと2期生・山下さん

ソトコトの移住特集と上市町

 月刊「ソトコト」2017年7月号(ウェブサイト)は【移住】大特集号。富山県上市町(かみいちまち)も「はたらくらすコネクション」の取り組みが注目され、誌上で紹介されております。

ソトコト

ソトコト

 ちなみに同誌の「はじまりの移住ガイド」欄に載った、47都道府県の代表はそれぞれ以下のとおり。

北海道(旭川市)・青森県(十和田市)・岩手県(葛巻町)・秋田県(にかほ市)・山形県(尾花沢市)・宮城県(多賀城市)・福島県(棚倉町)・茨城県(高萩市)・栃木県(益子町)・群馬県(明和町)・埼玉県(秩父市)・千葉県(佐倉市)・東京都(福生市)・神奈川県(清川村)・山梨県(富士川町)・長野県(富士見町)・新潟県(小千谷市)・富山県(上市町)・石川県(加賀市)・福井県(坂井市)・静岡県(牧之原市)・愛知県(南知多町)・岐阜県(各務原市)・三重県(亀山市)・滋賀県(湖南市)・京都府(宮津市)・奈良県(曽爾村)・和歌山県(紀美野町)・大阪府(島本町)・兵庫県(神河町)・岡山県(瀬戸内市)・広島県(庄原市)・鳥取県(米子市)・島根県(大田市)・山口県(宇部市)・香川県(観音寺市)・徳島県(牟岐町)・愛媛県(松山市)・高知県(宿毛市)・福岡県(宗像市)・大分県(竹田市)・佐賀県(基山町)・長崎県(平戸市)・熊本県(菊池市)・宮崎県(延岡市)・鹿児島県(鹿児島市)・沖縄県(うるま市)

 なおきたる7月9日(日)には時宜を得た催しとして、JR山手線・有楽町駅前の東京交通会館にて、とやま移住・転職フェア「暮らす働く富山まるごと相談会」(ウェブサイト)が開催されます。

関連記事:富山まるごと相談会
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-2385.html

行田公園の花菖蒲

 よく晴れた日だから、「はれるん」と共に滑川市の行田(ぎょうでん)公園の名物・花菖蒲(はなしょうぶ)を観賞しました。
 例年6月中旬の東しょうぶ園が壮観です。6月10日(土)から18日(日)まで、園内に臨時観光案内所が設けられるとのこと。

北日本新聞 2017年6月10日
「花しょうぶまつり始まる 滑川・行田公園」(記事
北日本新聞 2017年6月14日
「ハナショウブ開花ピーク 滑川・行田公園」(記事)(Yahoo!ニュース
北日本放送 2017年6月14日
「滑川市行田公園のハナショウブが見頃」(動画

行田公園

行田公園

つるぎ山菜まつり

 恒例の山菜まつりが白萩南部公民館にて開かれました。山菜料理や熊鍋(熊の肉を煮込んだ鍋物)などを販売。私はイワナ(岩魚)の塩焼きをおいしく頂きました。

山菜まつり

山菜まつり

レガートスクエア

 富山市の中心市街地に先日誕生した複合施設群のレガートスクエア、今日は「プレラテンフェスティバル」として昼前から夕方まで催しがおこなわれました。

北日本新聞 2017年3月22日
「健康・福祉の官民施設集結 総曲輪レガートスクエア内覧会」(記事
北日本新聞 2017年3月26日
「まちなか福祉拠点に期待 総曲輪レガートスクエア完成、来月開館」(記事)(Yahoo!ニュース
朝日新聞 2017年4月2日富山欄
「総曲輪レガートスクエアで2専門学校が開校」(記事
富山新聞 2017年5月16日
「シェフ日替わりレストラン 富山の総曲輪レガートスクエア」(記事
北日本新聞 2017年6月4日
「青池学園富山校の誕生祝う 総曲輪レガートスクエア内」(記事)(gooニュース


レガートスクエア
 総曲輪(そうがわ)レガートスクエア

レガートスクエア
 フェスティバルの出店

レガートスクエア
 「まちスポとやま」の運営に携わる皆さん

レガートスクエア
 まちなかサロン(富山市まちなか総合ケアセンター1階)

レガートスクエア
 パティオ(レガートスクエアの中庭)

富山県美術展

 第72回富山県美術展(県展)開催中。上市町(かみいちまち)在住の方々も精力的に出展され、見応えがあります。

北日本放送 2017年6月3日
「県内美術作家の力作ずらり 富山県美術展」(動画
チューリップテレビ 2017年6月3日
「県美術展が開幕、感性豊かな800点ずらり」(動画

富山県美術展

JAアルプスのふれあいフェア

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 JAアルプス(アルプス農業協同組合)主催の感謝祭「ふれあいフェア」にて、地元の上市(かみいち)高校書道部のパフォーマンスを楽しみました。お題は「日向葵(ひまわり)」。ステージでは同校ダンス部の演技も披露され、切れのよいパフォーマンスが人々を魅了。
 明日も朝9時から宮川2号倉庫前(江上交差点の角)で、ふれあいフェアが催されます。農産物の即売や飲食販売、農機具の展示、ステージ発表など。


ふれあいフェア
 書道パフォーマンス

ふれあいフェア
 日向葵(ひまわり)

ふれあいフェア
 富山県警山岳警備隊の紹介

ふれあいフェア
 トラクター

アースデイにいかわ2017

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 魚津市坪野地区の「クリキンディの森」にて開かれているアースデイにいかわ(新川)を訪ねました。
 アースデイ(4月22日)は地球の日を意味し、富山市内(主にファミリーパーク)および魚津市の中山間地域(クリキンディの森)で毎年アースデイにちなんだ催しがおこなわれます。なお新川は、富山市以東新潟県境までを指す富山の古くからの地域名。


アースデイ
 クリキンディの森

アースデイ
 HYGGE(ヒュッゲ)とミユク

アースデイ
 フェアトレード雑貨のmetio(メティーオ)

アースデイ
 ミユクの太陽と地球のお菓子に喜ぶ気象庁マスコットの「はれるん」

市姫東雲会の総会等

 女性向け起業塾(かみいち女性のためのプチ起業塾)出身者で構成する女性グループ「市姫東雲会(いちひめ しののめかい)」の集いが、活動拠点の富山県上市町(かみいちまち)にて開かれました。これまで代表を務めた黒田直美さんに替り、新代表に古野知晴(ちはる)さん(写真左端)が選任されました。
 また本日、会員の事業発展と共に地域貢献を目的に掲げることを明文化し、地域に根ざす団体として新たな歩みを力強く踏み出しました。

市姫東雲会


 | ホーム |  次のページ»»