FC2ブログ

プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


全記事表示リンク


ふるさと町民学園の閉講

 上市町(かみいちまち)の生涯学習講座「ふるさと町民学園」の今年度の活動を締めくくる閉講式が行われました。式に併せて企画された記念講演では、富山近代史研究会の会長を務める竹島慎二先生が、富山県誕生(明治維新後の近代史)をテーマに熱弁をふるいました。

ふるさと町民学園

スポンサーサイト



学生のフィールド研究成果発表会

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県内7つの大学・短期大学・高等専門学校(高専)で構成する「大学コンソーシアム富山」(コンソーシアムは共同事業体を意味する言葉)の発表会が、富山県民会館で行われたので参加しました。コンソーシアムの公開催事の一つであり、地域フィールドワーク研究(野外調査や現地探訪が特徴)に対する助成(採択率は3分の1程度の狭き門)を受けた学生らによる成果発表です。
 ちなみに富山大学の学生による1件目の発表は、いわゆるコンテンツ・ツーリズムが主題で、アニメーションの舞台になった南砺市城端(じょうはな)や上市町(かみいちまち)での聞き取りなどに基づく考察でした。


大学コンソーシアム
 学生による地域フィールドワーク研究助成事業 成果発表会

大学コンソーシアム
 発表「富山のこれからのコンテンツ・ツーリズムのために」

大学コンソーシアム
 調査研究に基づく提言(継続性がコンテンツ・ツーリズムの鍵)

小泉進次郎さんの講演会

 小泉進次郎代議士(神奈川11区)の学生・若者向け講演会が、富山市内で開催されました。自由民主党富山県連学生部の試みで、地元の大学生・専門学校生・高校生らが多数来場。未来志向で好奇心・向学心に満ちた質疑応答も含め、私も小泉さんの語りを全身で受けとめました。

 小泉流の解釈によると、政治は「職業」ではなく「生き方」である(決まった労働時間や休日があるわけではないので)とのことです。政治と職業といえば、ウェーバーの『職業としての政治』が古典的な著作です。同書には次のような一節があります(日経BPクラシックス版)。
 ―― 政治という仕事は、情熱と判断力を同時に使いながら、堅い板に力をこめて、ゆっくりと穴を開けていくような仕事です。(中略)現実のうちで貢献しようとしているものと比較して、世界がどれほどに愚かで卑俗にみえたとしてもくじけることのない人、どんな事態に陥っても、「それでもわたしはやる」と断言できる人、そのような人だけが政治への「召命(ベルーフ)」〔天職〕をそなえているのです。 ――

 小泉氏の話や学生とのやりとりを聞いていて、日々の活動を生き方と捉える政治観とは裏腹に、“職業としての政治”が似合う代議士の一人と思いました。

朝日新聞 2017年2月26日
「小泉進次郎氏「日本は既存勢力に甘く、挑戦者に厳しい」」(記事
富山新聞 2017年2月27日
「砺波、南砺の農業視察 石井知事、生産拡大へ支援検討」(記事


小泉進次郎
 永森直人富山県議の開会あいさつ

小泉進次郎
 祝辞を述べる田畑裕明代議士(富山1区)

小泉進次郎
 講師の小泉進次郎代議士

小泉進次郎
 小泉進次郎さん(左)と学生部長の畑龍人(りゅうじん)さん(右)

公民館フェスティバル

 上市町の公民館活動(各種講座)の発表会が、公民館文化交流フェスティバル(第26回)として2日間にわたり開催されます。先日の「朝活かみいち」では、時宜よく公民館談義を伺いました。

公民館フェスティバル

 書道・手芸・クラフト・ハンドメイド・パッチワーク・アートフラワーの展示は今日午後から明日夕方の閉会まで。ステージ発表は明日2月26日(日)の午後1時から午後4時頃までです。介護や消費者問題をテーマにした寸劇で定評がある「小杉爆笑劇団」が特別出演します。

ステージ発表の内容
小杉爆笑劇団 (特別出演) 13:30頃
大正琴 (上市・弓庄公民館合同) 14:20頃
カラオケ (南加積公民館) 14:35頃
民謡 (上市公民館) 14:45頃
カラオケ (柿沢公民館) 15:00頃
剣詩舞 (宮川公民館) 15:10頃
カラオケ (相ノ木公民館) 15:25頃
民舞 (音杉公民館) 15:40頃
大正琴 (白萩西部公民館) 15:50頃

関連記事:第61回朝活かみいち
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-2439.html

第61回朝活かみいち

 第61回「朝活かみいち」に参加しました。地元密着で活動していらっしゃる方をお招きする早朝の集いです。上市町役場隣の軽食喫茶M's CLOUD(エムズクラウド)にて。

朝活

 本日は上市町で長年にわたって公民館(地域によってはコミュニティーセンターなどと呼ばれることも)の利用促進に尽力していらっしゃる桝田寛昭さん(現・上市町立柿沢公民館の館長)から、公民館談義を伺いました。

朝活

 今朝は地元で社会教育(学校教育と対になる概念で生涯学習等が含まれる)に携わる方々も集い、社会人の早朝勉強会として社会教育の一翼を担っている、とも言い得る「朝活」との連携可能性も窺(うかが)える有意義な例会となりました。

 なお、きたる2月25日(土)と26日(日)には、北アルプス文化センター(朝活会場の並び)にて公民館文化交流フェスティバルが開催されます。土曜日の午後1時から日曜日の夕方まで作品展示が行われ、各公民館講座のステージ発表は日曜日の午後1時開演となっております。

滑川中新川地区広域情報事務組合の定例会

 ケーブルテレビNet3(ネットスリー)の運営主体である滑川中新川地区広域情報事務組合の定例会に出席しました。
 Net3は、滑川市・上市町・立山町の1市2町で視聴することができるケーブルテレビです。ケーブルテレビ事業を行うため組合(地方自治法上の特別地方公共団体)を設立し、1市2町の議員で組合の議会(議員定数10名)を構成しています。

 来年度の一般会計予算(総額7億6207万円)を議決しました。歳入では市町の分担金及び負担金1億6402万円、契約者の使用料及び手数料5億8041万円が主なもので、歳出では総務費5億8241万円、公債費1億7389万円が含まれます。

徳島県神山町からのご来訪

 上市町企画課参与のご紹介で徳島県からいらっしゃった遠来の客人が、町内の空き家などを視察しました。株式会社えんがわの隅田徹さんと株式会社神山神領の樋泉聡子さん、ご来訪ありがとうございます。

神山町

 なお、夕方には第1回「まちづくりトーク」として小規模な勉強会も開かれたとのこと。このような学びの機会の継続が望まれます。

加藤博和さんの公共交通論

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 在来線等対策連絡協議会(魚津市)主催の講演会に参加しました。鉄道・バス・タクシーをはじめとする地域交通問題に詳しい名古屋大学准教授の加藤博和さんが、「公共交通網をみんなで『守り』『育て』『生かす』ことが『いきいきわくわくなまち』を生み出す」と題して講演しました。
 加藤博士の話を伺うのは、福井駅前の複合施設AOSSA(アオッサ)で行われた催し(全国路面電車サミット2008…富山市の森市長も登壇)以来です。相変わらずの切れの良い加藤節。人口減少と向き合う2010年代において、本気の取り組みで成果を挙げている事例もいくつか伺うことができました。


加藤博和
 冒頭のあいさつ

加藤博和
 講師の加藤博和さん

加藤博和
 地域公共交通会議とは

地方創生・地方議会研修

 富山県市町村会館にて、議会関係者向けの研修会に参加しました。富山県町村(ちょうそん)議会議長会主催。

議員研修

 毎日新聞論説委員の人羅格(ひとら・ただし)さんが、「地方創生と地方議会の役割~住民に身近な議会へ~」と題して講義しました。人羅さんは講義中でみ・ち・こをキーワードとして挙げ、見える・近づく・行動するの三要素がこれからの時代、地方議会の存在意義を示す手がかりになるのことです。

創業パネル展

 「カミール」こと上市町まちなか交流プラザ2階の一角(交流サロン)にて、創業パネル展を行なっています。創業支援に関わる展示と小冊子の無料配布が同展の内容で、2月14日(火)から3月2日(木)まで。

カミール

君の名は。展

 JR高山線・飛騨古川駅前の飛騨市美術館で開かれている「君の名は。」展を鑑賞しました。
 新海誠監督のアニメーション映画「君の名は。」は、東京の市街地と共に岐阜県飛騨市などが舞台モデルとして物語が進行。今日は企画展最終日ということもあり、展示会場は多くの老若男女で賑わっていました。

 ちなみに、映画「君の名は。」ではほうき星(彗星)が物語で大きな意味をもちますが、飛騨古川といえば“クールな田舎をプロデュースする”株式会社ちゅらぼし(美ら地球)が注目されています。私は一昨年、ちゅらぼしが提供する里山サイクリングを体験しました。

関連記事:観光未来創造塾(飛騨研修)
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-1663.html

朝日新聞 2017年1月6日
「「君の名は。」展、岐阜の「聖地」で開催へ」(記事
岐阜新聞 2017年1月7日
「「君の名は。」展開幕 飛騨市美術館」(記事


君の名は。
 JR高山本線の飛騨古川駅に停車中の「ひだ号」

君の名は。
 飛騨古川駅前

君の名は。 君の名は。
 飛騨市美術館の「君の名は。」展

君の名は。
 主人公の三葉(みつは)と瀧(たき)

君の名は。
 岐阜県飛騨市は「君の名は。」を応援しています。

日中友好団体連合会の講演会

 富山県日中友好団体連合会の講演会に参加しました。中国事情に詳しいジャーナリストの中島恵(けい)さんが、「中国人エリートは日本をどう見ているのか?」と題して講演しました。
 表題とはうらはらに、富裕層でもなく貧困層でもない、(煽情的な報道では注目されることのない)日常を暮らす多くの中国人たちに話を伺って理解を進める、という一貫した取材姿勢が印象に残りました。

日中友好団体連合会

地域ぐるみの学校安全推進委員会

 宮川地区(宮川小学校区)地域ぐるみの学校安全推進委員会に出席しました。
 宮田校長、岩田教頭、生徒指導主事による現況報告と取り組み紹介の後、PTA役員、民生委員、町内会長、交番所長といった参加者の方々で、地域の子どもたちの安全に資する情報および意見の交換をおこないました。

まちエネ大学(最終講)

 今日はまちエネ大学(富山黒部スクール)の一同で集まる最終回であり、5件のプロジェクトの発表会です。今回初めて黒部市国際文化センター「コラーレ」が会場に。
 小水力発電や木質バイオマスの活用と絡めて、生活様式の提案と移住の促進、園芸農業の振興、魚介類の養殖、森林保全といった切り口で、再生可能エネルギーの事業化に向けた企画を発表しました。私は森林資源活用を探る「うなづき(宇奈月)キッコリーズ」の一員として、堺リーダーの発表を補佐。
 第2講から参加して適宜助言を行なってきた北陸銀行産業調査部の安富伸一部長と、東京を拠点に幅広く活動するロハス・ビジネスアライアンス共同代表の大和田順子さんが審査員を務めました。このスクールでの学びを足掛かりに、事業の具体化に向けて連携を図りながら取り組みを進めることが期待されます。

 なお「まちエネ大学」は、地域で再生可能エネルギー事業を進めるための公的勉強会です(経済産業省・資源エネルギー庁系)。

関連記事:まちエネ大学(第4講)
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-2406.html


まちエネ大学
 まちエネ大学の事務局青木さんの開会あいさつ

まちエネ大学
 資源エネルギー庁再生可能エネルギー推進室の金子浩明室長補佐(左)

まちエネ大学
 発表者の山本健太郎さん

まちエネ大学
 審査委員の大和田順子さん(中央)

まちエネ大学
 発表者の堺勇人さん

第60回朝活かみいち

 第60回「朝活かみいち」に参加しました。地元密着で活動していらっしゃる方をお招きする早朝の集いです。上市町役場隣の軽食喫茶M's CLOUD(エムズクラウド)にて。
 今朝は上市町郊外の養鶏農家・安井ファームの安井実枝子さんから「たまご屋が思う良いたまごと、たまごから見えてくる農業と地域」と題してお話を伺いました。


朝活
 里山の駅「つるぎの味蔵」の山下店長(左)による講師紹介

朝活
 講師の安井実枝子さん

朝活
 「朝活かみいち」の会場から望む朝焼けの山並み

上市町の予算大綱

 富山県上市町の平成29年度(2017年度)の予算大綱が公表される、上市町議会の全員協議会に臨みました。

上市町の平成29年度プロジェクト事業(案)
【にぎやか・上市 ~力強い産業・基盤~】
 道路新設改良事業
 移住交流事業
 創業支援事業
 観光推進事業
 登山道整備事業
【すくすく・上市 ~育ち、輝く地域人材~】
 こども医療費助成事業
 学校給食費助成事業
 学校施設整備事業
 上市黒川遺跡群保存整備事業
 放課後児童等対策事業
 町民スポーツ振興事業
【あんしん・上市 ~安全・安心な暮らし~】
 地域包括支援センター事業
 町営住宅改修事業
 下水道整備事業
 水道改良事業
 病院事業

北日本新聞 2017年2月16日
「上市中体育館を改修 小学校給食費 陽南にも半額補助 上市町新年度予算案」
北日本新聞2017年2月16日

富山新聞 2017年2月16日
「スマートIC用地費を計上 上市町当初予算案 一般会計3.5%増」
富山新聞2017年2月16日

政策アイデアコンテスト

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 RESAS(リーサス)こと国がインターネットで提供する地域経済分析システムを用いた政策アイデアを競うコンテストが、富山市内で開かれました。

 「デジタルファブリック×データドリブンでつくる県民観光参加基盤」を提案した富山国際大学付属高等学校のチームが最優秀賞を受賞。
 富山湾の海上観光船運行を提案した社会人と自動車交通の実態から捉える環境対策を提案した富山大学のチームが優秀賞(2組)をとり、観光と交通が今回のコンテストの注目点と拝見しました。

 発表者に選ばれた5組の皆さん、受賞した3組の方々、改めておめでとうございます。

政策名および提案者
「Sea Bus構想」
 射水市世界一挑戦塾塾長 加治宏規さん
「デジタルファブリック×データドリブンでつくる県民観光参加基盤」
 富山国際大学付属高等学校 メディア・テクノロジー部
「富山マラソンによる地域活性化の可能性」
 富山大学経済学部 中村ゼミ青木班
「自立型コンパクトタウン構想」
 大門(だいもん)良輔さん
「富山県内での自動車利用を考える~車社会でのCO2排出量削減法~」
 富山大学経済学部 山本ゼミ3年班

北日本放送 2017年2月12日
「ビッグデータで県に政策提案のコンテスト」(動画
富山テレビ 2017年2月12日
「ビッグデータを活用して政策提案」(動画


政策アイデアコンテスト
 富山国際大学付属高等学校メディア・テクノロジー部の発表

政策アイデアコンテスト
 発表者の大門良輔さん

政策アイデアコンテスト
 富山大学経済学部の岩田真一郎教授の講評

政策アイデアコンテスト
 最優秀賞の高校生から話を伺う取材陣

政策アイデアコンテスト
 記念撮影に臨む優秀賞の加治宏規さん

第30回剱岳雪のフェスティバル

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 第30回剱岳(つるぎだけ)雪のフェスティバルが、上市町(かみいちまち)役場前の駐車場にて盛大に開催されました。
 雪フェスは「熊鍋まつり」の通称のとおり、熊の肉を煮込んだ鍋料理の販売が目玉となっています。姉妹都市の千葉県九十九里町の魚介類をはじめ各種飲食物を扱うテントのほか、観光大使の大西さん&来栖さんと吉本興業(富山に)住みます芸人2人の掛け合いで進むステージも見もので、町内の特徴的な企業や団体が相次いで登壇しました。

北日本新聞 2017年2月10日
「11日に「剱岳(つるぎだけ)雪のフェス」 名物・くま鍋販売」(記事)(北陸信越ナビ
北日本新聞 2017年2月11日
「くま鍋・海の幸に列 上市で剱岳雪のフェス」(記事)(gooニュース


剱岳雪のフェスティバル
 上市町観光協会・坂井穂悦(ほえつ)会長の開会あいさつ

剱岳雪のフェスティバル
 九十九里町のマスコット「くくりん」

剱岳雪のフェスティバル
 くま鍋の販売テント

剱岳雪のフェスティバル
 上市町女性起業家グループ市姫東雲会(いちひめしののめかい)のみなさんと「つるぎの味蔵」の茶木さん(左端)

剱岳雪のフェスティバル
 吉本興業の富山に住みます芸人(左2人)とかみいち観光大使(中2人)と上市町のマスコット「つるぎくん」(右端)

剱岳雪のフェスティバル
 「ムヒ」でおなじみ池田模範堂社員の皆さんの歌と踊り

剱岳雪のフェスティバル
 かみいち観光大使の大西杏奈さん(左)と来栖梨紗さん(右)

剱岳雪のフェスティバル
 ブラック大王(左)とエネルギーマン(右)の対決で盛り上がるエネルギーマンショー

剱岳雪のフェスティバル
 KAMI-1グルメグランプリ3連覇の上市町商工会女性部

成川ともひと活動指針と実績

 富山県上市町(かみいちまち)の議会議員を務める成川友仁(なりかわ・ともひと)の活動報告です。
 2013年発行の後援会討議資料に、「私のめざすこと」として次の4項目を掲げました。

1.対話を多く持ち、町政の課題解決に努めます。
2.町のよいところを見つけて、情報を広めます。
3.優れた地域資源を活用します。
4.安心して住める明るい社会を造ります。

 この活動指針に則っておこなった取り組み、議会質問、および提案の具体化につき、下記のとおり取りまとめました。ご覧いただければ幸いです。

成川ともひと

結婚祝賀会

 代議士田畑裕明さんと女優内田もも香さんとの結婚祝賀会が富山市内で催されました。ご結婚おめでとうございます。

田畑裕明

田畑裕明

田畑裕明

田畑裕明

国会議員を囲む新春の集い

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 カミール(上市町まちなか交流プラザ)にて、地元選出の国会議員を囲む新春の集いが開かれました。衆参両議員や県議・町長のあいさつに続いて参加者で歓談。
 氷見市から駆けつけた堂故(どうこ)茂参議院議員の妻・裕美さんが美声を披露し、めでたい歌で新春をことほぎました。


宮腰光寛
 宮腰光寛衆議院議員と妻の雅子さん

野上浩太郎
 野上浩太郎参議院議員

リベンスキーとブリフトヴァの作品展

 富山市ガラス美術館で、会期末まで残すところ3日となったリベンスキー&ブリフトヴァの抽象ガラス作品展を鑑賞。プラハ国立美術工芸博物館の所蔵品が鎮座しています。

 ガラス美術館

富山新聞 2016年10月16日
「光の透過生かした作品 富山市ガラス美術館で企画展」
 http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/TO20161016511.htm

第59回朝活かみいち

 第59回「朝活かみいち」に参加しました。地元密着で活動していらっしゃる方をお招きする早朝の集いです。上市町役場隣の軽食喫茶M's CLOUD(エムズクラウド)にて。

朝活

 今朝は山崎宗良さんから「日本の誇り~歴史からひも解く日本の古き良き精神~」と題してお話を伺いました。上市町在住の山崎さんは山崎コンクリート工業の社長を務め、富山県議会議員でもあります。

朝活

地方創生・国土強靭化の研修

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県上市町(かみいちまち)の保守系議員グループで東京に赴き、地方創生および国土強靭(きょうじん)化に関する勉強会の機会をもちました。
 野上浩太郎参議院議員・内閣官房副長官(富山市出身)のご紹介により、内閣府と国土交通省の担当官から施策説明と質疑応答の機会も頂きました。お忙しいところ誠にありがとうございます。ここで得た知見を当町の施策推進に生かしたいと思います。

 勉強会後は東京日本橋に移動し、昨年開店した富山県の物産館「日本橋とやま館」を視察。今般は入善町のチューリップで華やかな店頭です。上市町商工会などの働きかけもあり、カウンターのメニューに当町特産の生姜(しょうが)を用いたジンジャーエールが加わっております。


東京
 国土交通省担当官(左側)の施策説明に臨む上市町議会の松谷議長・酒井議員および富山県議会の山崎議員(右側)

東京
 地方創生に関する取り組み事例

東京
 野上浩太郎内閣官房副長官

東京
 日本橋とやま館の店頭を彩るチューリップ


 | ホーム |