FC2ブログ

プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


全記事表示リンク


滑川図書館の喫茶コーナー

 滑川(なめりかわ)市立図書館の2階の一角に、喫茶コーナー(図書館カフェ)があります。耐震補強工事に併せたリニューアルで設けらました。
 YKKグループ(滑川市内に工場あり)がブラジルに保有する農園でとれたコーヒー豆(カフェ・ボンフィーノ)を用いた本格コーヒーを頂くことができます。

滑川図書館 滑川図書館

 ところで、滑川図書館は駅前中央公園の中に建っているのですが、年明けの2017年1月7日(土)・8日(日)の両日、冬の公園を楽しむ「滑川パークデイ」なる催しがこの公園で行われるとのことです。滑川のまちづくりを考える「N+d=!プロジェクト」実行委員会の主催。

滑川パークデイ

スポンサーサイト



舟橋駅のエキナカ食堂

 来月の今日、つまり2017年1月27日(金)の午前11時27分、富山地方鉄道の越中舟橋(えっちゅうふなはし)駅1階のエキナカ(駅中)に、お米食堂(お※食堂)が開店するとのことです。

舟橋駅

 富山県舟橋村は日本一面積の小さい市町村ですが、図書館や商工会と複合した使い勝手のよい駅舎に注目が集まります。パーク・アンド・ライドを促進する駐車場も備えています。日本一ちっちゃな村の大きな試み。

 考えてみると富山でエキナカ食堂のある駅は、北陸新幹線の富山駅、在来線の高岡駅、富山地方鉄道の上市駅と立山駅ぐらいではと思います(写真は上市駅構内の剱茶屋=つるぎぢゃや)。県庁所在地でなければ、新幹線の駅でも飲食店が無かったりします。

上市駅 上市駅

 富山地方鉄道にはフリー切符(乗り放題切符)が何種類かあるので、とりあえずフリー切符で舟橋や上市のエキナカ食堂などを巡るのも良いかと思います。
 ちなみに現在販売中の年末年始フリー切符なら7日間乗り放題。宇奈月温泉や立山駅、そして路線バスで八尾(やつお)や高岡にも行けます。

四谷尾の埜の家

 立山町郊外の四谷尾(しだにお)地区。昆虫王国立山などの施設がある自然環境に恵まれた地区です。

埜の家

 この四谷尾の新名所とも目される古民家再生ギャラリー「埜の家(ののいえ)」にて本日、薬膳(やくぜん)カフェなる催しが行われました。築100年を超える立派な古民家が、町内外から集った方々で賑わいました。

埜の家

まちエネ大学(林業談義)

 まちエネ大学(富山黒部スクール)の、第3.5講とも言える自主勉強会を開きました。富山県立大学の堺さんをリーダーとして、宇奈月地区の森林資源の活用を模索しています。本日南砺市を拠点に林業家として活動するKINOWA代表の海老澤さんに黒部市宇奈月温泉までご足労いただき、お話を伺いました。
 「まちエネ大学」は、地域で再生可能エネルギー事業を進めるための公的勉強会です(経済産業省・資源エネルギー庁系)。

関連記事:まちエネ大学(第3講)
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-2371.html


まちエネ大学
 富山地方鉄道の宇奈月温泉駅

まちエネ大学
 宇奈月温泉の観光案内所

まちエネ大学
 大高建設と新川荘

まちエネ大学
 まちエネ大学の堺さん(左)・本多さん(中)と林業家の海老澤さん(右)

まちエネ大学
 大高建設社長の大橋さん

まちエネ大学
 KINOWA代表の海老澤潤さん

教職国際シンポジウム

 富山大学の教職大学院(大学院教職実践開発研究科)主催の国際シンポジウム、題して「21世紀型グローバル教育とチーム学校」に一般参加しました。当シンポジウムは今年度の富山大学学長裁量経費採択事業とのこと。

富山新聞 2016年12月21日
「米国の教員招きシンポ始まる 富大・教職大学院」
 http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/T20161221202.htm


教職国際シンポジウム
 遠藤俊郎学長の開会あいさつ

教職国際シンポジウム
 Marcia Sidney-Reed校長(アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス統一学校区186通り小学校)の基調講演

教職国際シンポジウム
 座長の岡崎浩幸教授(右)

教職国際シンポジウム
 橋爪和夫教授(左)をコーディネーターとする討議「21世紀に生きるこどものグローバル教育」

地域ケア会議(合同研修会)

 医療・介護・福祉の専門職と地域の協力者との合同研修会に参加しました。上市町の保健福祉総合センター(温泉施設アルプスの湯の2階)にて。
 富山県社会福祉協議会の池田浩一郎さん(地域福祉・地域ボランティア振興課主幹)から「ふれあいコミュニティケアネット21」に係る県内の状況説明、および上市町内のケアネット活動員による体験発表を伺い、地域包括支援センター職員からの事例提供(地域住民の見守りを要する高齢者の事例)をもとに参加者で意見交換をおこないました。

地域ケア会議

地域ケア会議

選挙レコメン文化祭

 18歳選挙権を契機に政治&社会参加を啓発する催し「選挙レコメン文化祭(若者フォーラム2016)」に参加しました。会場は東京都立芝商業高等学校の体育館。


選挙レコメン文化祭
 東京都立芝商業高等学校

選挙レコメン文化祭 選挙レコメン文化祭
 選挙レコメン文化祭「みんなで創るセカイ」の案内(左)
 活動紹介を行うグリーンバード代表の横尾俊成さん(東京・港区議会議員)(右)

富山まるごと相談会

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 東京交通会館にて開催された「暮らす働く富山まるごと相談会」を訪ねました。
 わが上市町(かみいちまち)からは、先行移住者の坂本さんと川和(かわわ)さん、地域おこし協力隊の小林さん、企画課参与の加形(かがた)さん、企画課職員の深川さんと白井さんが有楽町駅前の会場に集結し、積極的に相談対応やセミナー対応を行いました。
 富山県定住コンシェルジュの大村さんによる参加レポートがもご参照ください。


富山まるごと相談会
 とやま移住・転職フェア「暮らす働く富山まるごと相談会」

富山まるごと相談会
 総合相談コーナーの「富山県定住コンシェルジュ」竹内・大村両氏

富山まるごと相談会
 朝日町コーナー

富山まるごと相談会
 石井隆一富山県知事と歓談する筏井哲治さん(右端)

富山まるごと相談会
 子育て環境紹介セミナーで体験談を話す坂本龍生さん(左)と西田美樹さん(中央)と長谷川泰彦さん(右)

富山まるごと相談会
 立山町コーナーと上市町コーナー

第2回いいね!地方の暮らしフェア

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 東京国際フォーラムにて開催された「地方の暮らしフェア」を訪ねました。開場前から大行列ができていました。

2016年12月19日付の新聞記事
河北新報「首都圏の若者に地方暮らしPR 宮城知事ら」(記事
朝日新聞(長野版)「AKB新メンバーさやりん登場 移住イベでPR」(記事
日本海新聞「平井知事、鳥取の魅力アピール 東京で移住促進フェア」(記事
徳島新聞「移住促進 都内で訴え 徳島など13県知事」(記事
宮崎日日新聞「本県の食や環境PR 都内で移住推進イベント」(記事
東京スポーツ「各県の知事から驚きの声が続出したAKB48「チーム8」の集客力」(記事
サンケイスポーツ「AKBチーム8の長野県新代表・高橋彩香がお披露目「信州そばが絶品」」(記事
スポーツ報知「AKB48佐藤朱「え、本当ですか」サプライズで宮城観光大使就任」(記事


地方の暮らしフェア
 会場MAP

地方の暮らしフェア
 AKB48 Team 8 応援ライブ

地方の暮らしフェア
 トークショー「地方で暮らす・地方で子育て」

地方の暮らしフェア
 スザンヌの体験談

地方の暮らしフェア
 山口県コーナー

かみいちプチ起業塾の納会

 女性のためのプチ起業塾の納会(萩原コーディネーターによる実地研修含む)に出席しました。同塾4期生のご修了まことにおめでとうございます。

関連記事:プチ起業塾(富山を愛する男~平木柳太郎編)
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-2377.html


プチ起業塾 プチ起業塾
 開会あいさつを行う上市町の中川行孝副町長(左)とプチ起業塾の萩原扶未子コーディネーター(右)

プチ起業塾
 4期生の幹事あいさつ(左端は幹事長の小林さん)

プチ起業塾
 花束贈呈(上市町の竹田産業課長と中川副町長)

上市町議会(12月定例会)の閉会

 上市町議会の2016年12月定例会が閉会しました。
 補正予算など10議案を可決しました。今月21日に任期満了となる固定資産評価審査委員の土肥正彦さんの後任として、酒井重人さんを選任することに、議会として同意しました。
 また、議員提出議案として、議員が本会議や委員会に出席した際の費用弁償(交通費等に相当する)を廃止するための条例一部改正を行い、地方議会議員の厚生年金制度への加入を求める意見書を可決しました。前者は地方議会改革の一環であり、後者は時代に即した制度設計により人材確保を図る目的を有します。

【平成28年12月定例会の追加議案】
議案第88号:上市町固定資産評価審査委員会委員選任に関し同意を得るの件

北日本新聞 2016年12月16日
「費用弁償廃止を可決 改正条例来年4月施行(上市)」「論戦を振り返って 日常の議員活動注視を」
北日本新聞2016年12月16日

富山新聞 2016年12月16日
「費用弁償の廃止を可決 追加提出、全会一致(上市町)」
富山新聞2016年12月16日

第57回朝活かみいち

 第57回「朝活かみいち」に参加しました。地元密着で活動していらっしゃる方をお招きする早朝の集いです。上市町役場隣の軽食喫茶M's CLOUD(エムズクラウド)にて。
 今年最後の例会となる上市朝活は、年末にふさわしく整理・収納の話題。《お片付けアドバイザー みゆ起》こと稲村美由起さん(富山市在住)から、私を変えた「整理収納」との出会い…と題してお話を伺いました。


朝活
 講師の稲村美由起さん

朝活
 朝活かみいち参加者の皆さん

朝活
 M's CLOUDのカウンター

富山大学の環境塾

 循環型社会のあり方、とりわけ廃棄物の発生抑制と再資源化をテーマとした第10回環境塾を聴講しました。
 鹿児島工業高等専門学校の丁子(ちょうじ)校長と富山県環境政策課の八田(はった)主査がそれぞれ講義を行い、後半はパネルディスカッションとあいなりました。

環境塾

環境塾

環境塾

産業厚生常任委員会

 副委員長を務める産業厚生常任委員会に出席しました。
 所管事項に関する主な質疑は以下のとおり。(Q:委員の質問,A:当局の回答)

【福祉課】
Q 放課後児童クラブの運営状況は。
A 保護者が就労等で日中家庭にいない児童につき、小学校1年生から6年生までを対象に受け入れている。今年度から長期休業(冬休みなど)期間中の受け入れ開始時刻を、午前8時からと早めた。
【町民課】
Q 個人番号(マイナンバー)カードを持つ必要性や利便性がもっと高まらなくては、カードの交付希望者が増えないのでは。
A 現在は身分証明書としての用途が主で、既に運転免許証を保有する方々にはあまり使う機会がない。将来的には保険証などして使える複合的な用途が想定されている。
【産業課】
Q 働く婦人の家の耐震工事の進捗状況は。
A 12月いっぱいに工事完了の予定。
Q 上市駅の観光案内所の改善に役立てるため、県内12市町の観光案内所を見学してきたとのこと。学ぶべき点や取り入れる点は。
A 必ず建物や窓口に、インフォメーションマーク(「i」や「?」の記号)が掲げられている点。すっきりしたデザインで、ガラス窓などを通じて中の様子がよく分かる点。とりわけ城端駅の観光案内所は、狭い空間を有効活用しており好印象。
【建設課】
Q 下水道の森尻処理区を中新川公共下水道へ接続する計画は。
A 平成29年に測量・設計し、平成30年から工事に着手。3か年での完成を見込む。
Q 補正予算に計上した道路改良の場所は。
A 白萩西部小学校の北側道路と広野新地区の道路で拡幅を行う。
Q 都市計画の用途地域見直しの内容は。
A 住宅地における工場の増減を踏まえて見直しを行うもの。
【かみいち総合病院】
Q 補正予算に計上した防犯カメラの設置場所は。また、既存の防犯カメラの設置状況は。
A 南病棟3階の乳児室に設置する。主に建物外部に10か所設置済みであるほか、精神科病棟に設置している。

富山新聞 2016年12月15日
「観光案内所を改善」
富山新聞2016年12月15日

まちづくりセミナー

 富山県商業まちづくり課主催のまちづくりセミナーにて、アフタヌーンソサエティ社の清水義次さんから遊休不動産を活用してエリア価値を向上させるリノベーションまちづくりの要諦を伺いました。

まちづくりセミナー

まちづくりセミナー

 清水さんが関与した福岡県北九州市の小倉家守(やもり)プロジェクトや岩手県紫波町(しわちょう)のオガールプロジェクト、いずれも成否の鍵となったエリア再生事業の勘所は共通とのこと。

富山新聞 2016年12月14日
「遊休施設の活用学ぶ 県民会館でセミナー」
 http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/T20161214205.htm

上市町議会(12月定例会)の一般質問(後編)

 上市町議会の2016年12月定例会において、町政一般に関する質問(一般質問)を3件いたしました。
 前編として1件(外国人誘客と催しの国際化の可能性)を掲げ、後編として2件(小中学生の英語教育)(上市黒川遺跡群の活用)を掲げます。

関連記事:上市町議会(12月定例会)の一般質問(前編)
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-2373.html

【小中学生の英語教育について】

 黒部市では隔年で、市内小中学校の英会話の授業がおよそ2か月間にわたって公開されます。今年の10月・11月がその授業公開月間に当たり、私も黒部市教育センターが示す日程を参照して、小学校と中学校各1校の英語科授業を見学しました。
 授業は日本人の教諭とALT(アシスタント・ランゲージ・ティーチャー)と呼ばれる英語の母語話者との掛け合いのような形で進み、小学校ではさらに日本人の助手が付きます。
 その授業内容たるや、実践的な会話を演習形式で進め、私が幼い頃とは隔世の感があります。今般大学などへの入学試験にも英語の聞き取り問題が多く取り入れられているので、試験対策としても有用と思われます。また、物怖じしないで意思疎通を図る黒部の子どもたちなら、1週間程度の海外旅行でも案外困らないのではと感じました。
 中学校の授業では、例えば1年生は黒部を訪れた外国人旅行者を想定し、簡単な観光案内を対話で行い、3年生ともなると、寸劇仕立てで黒部の名所を紹介する試みを行っていました。外国語の学力を底上げするうえ、ご当地の魅力を外国語で伝えるふるさと学習の事例としても参考になります。
 上市町の初等・中等教育における、外国語おもに英語の学習状況を伺います。学力向上の方策、意思疎通を図る会話、ふるさと学習との連動といった点で特徴があればお聞かせください。
 また先ほど申し上げましたフォトロゲイニング大会など、町内で開かれる催しの国際化が進めば、子どもたちが学びを生かす機会ともなります。今年は黄色の腕輪で大会サポーターを募りましたが、町民の関わりという点では、外国人など多様な参加者への対応という点でも可能性を有しています。その点に関しても、考えをお聞かせください。

【上市黒川遺跡群の活用について】

 去る11月6日、黒川フェスティバルの一環で記念フォーラムが開かれました。今年は黒川遺跡群が国の史跡に指定されてから10周年を記念して、あるべき史跡の姿をさぐる討論形式の集いとなりました。
 フォーラムには九州から、福岡市の隣に位置する久山町の担当者が遠路お越しになって、同町内に有する遺跡の保存と活用を図る取り組みの数々を紹介し、上市町教育委員会の担当者や黒川地区の方々と意見交換を行いました。
 黒川フェスティバルは毎年秋の目玉として盛大に開催されるものの、黒川地区の方々の負担が大きいと伺いました。飲食の準備・販売や交通整理などに追われて、史跡そのものの考古学的な価値を知る機会が乏しくなっているとも伺いました。有識者の文化講演会や遺跡群の見学会は、もっぱら余所から訪れた方々の楽しみとなっているようです。
 一方で福岡県久山町の事例では、町ぐるみで盛り上げようとの機運があり、考古学的な価値を町民で共有しつつも、地元住民の協力もあって、学術を超えたおもしろさを訴求しているように拝見しました。
 黒川地区や山加積・南加積校区に留まらず、上市町全体に関わる史跡として捉える機運を育て、そして今後は地元黒川地区の方々に過大な負担となることのないよう、町としてどのような取り組みが求められるか伺います。
 ちなみに先ほどの質問で申し上げた普遍性と固有性の視点を生かすなら、地理情報や設計情報のように標準化が担保されれば、電子媒体での表現(例:仮想空間を築くアプリケーション)や三次元の造形表現(例:積み木やレゴブロックや3Dプリンター)を行っても、考古学的な価値を損ねることがないように思います。一方で上市町でしか体験できない固有の価値は、徹底的に掘り下げることです。
 以上、フォーラムにて有識者の先生方から頂いた指摘事項も踏まえ、上市黒川遺跡群のあり方と一層の活用に向けた方策を伺います。

上市町議会(12月定例会)の一般質問(前編)

 上市町議会の2016年12月定例会において、町政一般に関する質問(一般質問)を3件いたしました。
 前編として1件(外国人誘客と催しの国際化の可能性)を掲げ、後編として2件(小中学生の英語教育)(上市黒川遺跡群の活用)を掲げます。

関連記事:上市町議会(12月定例会)の一般質問(後編)
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-2374.html

【外国人誘客と催しの国際化の可能性について】

 去る11月18日、私ども上市町議会の産業振興対策特別委員会の主催で青年起業家シンポジウムを開きました。昨年は若者と農業をテーマに意見交換を行うシンポジウムを初開催し、今年は上市町の若手経営者の起業・創業や事業承継をテーマにパネルディスカッションを試みました。私は副委員長として、碓井委員長以下6名の委員と共に企画段階から携わりました。シンポジウムに登壇したパネリストの方々からは様々な取り組みや熱い思いを伺いましたが、時代を象徴する取り組みとして、大岩の「旅館だんごや」の若女将から伺った、外国人宿泊客を積極的に受け入れているお話が印象に残りました。
 2020年の東京オリンピック開催を見据えて、日本国では官民挙げて外国人旅行者への対応強化を図っております。また富山県においても、昨年3月の北陸新幹線開業が好機となって、受け入れ体制の充実が進んでいます。我が町においては、商工会が中心となって剱岳の里・誘客調査事業の一環で、首都圏や外国から訪れる観光客の実態把握に努めているところと伺います。いずれも、外国人の訪問・滞在から、新たな事業機会を見いだそうとする機運の高まりです。
 外国人旅行者への対応といいますと、近隣では例えば飛騨高山が先進地として知られ、また富山市が各種国際会議の誘致実績をもち、首長をはじめ行政機関が積極的に仕掛けている点が注目されます。一方上市町では、観光協会や商工会のような公的団体の取り組みと並行して、民間企業の活動にも特徴があります。旅館だんごやの取り組みはもちろん、同じくシンポジウムに登壇した松井エネルギーモータースの社長が今年初めて企画した産業見本市「メイド・インかみいち」において、町内のプラスティック製造会社に勤めるインドネシアの方々が舞台でパフォーマンスを行い、拍手喝采を浴びました。そのほか、細田守監督作品の映画公開をきっかけに非営利組織として活動する「おおかみこどもの花の家」が早くからホームページの英語化を進め、外国人旅行者の訪問・見学に対応しています。
 ここで我が町の進む方向性を考えますに、外国人をお招きする誘客の鍵となるのは、「普遍性」をもっていることと「固有の価値」を備えていることの2点であると考えます。第1点の普遍性としては、事実上の国際共通語たる英語での情報発信や顧客対応ができていること、あたかもISOのように規格やルールの標準化や国際化が進んでいること、が挙げられるでしょう。第2点の固有の価値としては、大岩山日石寺の門前のたたずまい、剱岳のふもとで暮らす人々の営み、といった事柄が相当するかと思います。このような視点で外国人誘客を戦略的に捉えると、比較的新しい取り組みで大いに可能性をもつのが、フォトロゲイニング大会とアグリ運動会です。
 まずは、フォトロゲイニング大会。昨年北陸地域では初の試みとなる「フォトロゲイニング上市まちのわ」第1回大会が、上市町内にて開催されました。これは地図と写真を組み合わせたオリエンテーリング類似の競技であり、県内外から多くの参加者が集いました。今年は地鉄(富山地方鉄道)電車の利用を認めるルールなどが加わり、コスチューム部門賞をねらって狼のかぶり物を身につけたチームが登場するなど、上市ならではの大会要素が増えました。
 私は今年3月の定例会で、地図および地理情報の活用につき問題提起しています。国土地理院の地形図にみられるように、地図の表現には国ごとの特徴が現れるものの、技術的な面では国際化が著しく、とりわけインターネットを介して提供される電子地図は汎用性を備え、幅広い活用が想定されています。また写真についても、ディジタル端末で扱う画像は標準化が進んでいます。
 一方で、オリエンテーリングのごとく町じゅうを巡る競技であることから、現地に赴かなくては体験することができない要素が多くあります。ここに、外国人誘客の大いなる可能性を見いだします。その際、案内表示やルールの説明などに外国語対応が必要となります。また住民のご理解や、チェックポイントとなる店舗や民間施設のご協力も、より一層求められるでしょう。幸い第2回大会の冒頭で伊東町長から、フォトロゲイニング大会継続の旨ご宣言がありました。今のうちから対策を練ってゆけば、十分に対応可能と思います。必ずしも海外から呼び寄せるとは限らず、まずは町内や県内に住んでいる方々の参加を促しては如何でしょうか。
 さて、もう一つの可能性は、今年初めて開催されたアグリ運動会です。アグリカルチャーは農業を意味する英語で、その名も農業運動会の試みです。今回南加積地区の農家の協力のもと、収穫作業を運動会の競技に見立て、応援その他のパフォーマンスも採点対象として、臨場感たっぷりに企画したとのことです。一定のルールのもと、選手らが心・技・体を競い合う光景は、オリンピックを始めとする国際競技会でもおなじみです。一方で、学校の運動会という日本の文化、実際に商品作物を栽培している里山の畑、地区の方々とのコミュニケーションや参加者同士のチームワーク、といった現地に来なくては体験できない物事も満載です。こちらも大いに、外国人誘客の可能性を見いだす次第です。
 以上の視点を踏まえ、外国人旅行者の訪問・滞在の後押し、フォトロゲイニング大会およびアグリ運動会を始めとする催しの国際化の可能性につき、町としての考えをお聞かせください。

上市町議会(12月定例会)の一般質問一覧

 上市町議会の2016年12月定例会において、町政一般に関する質問(一般質問)が行われました。11名の議員が質問に立ちました。
 議員(登壇順)の氏名と質問事項は以下のとおりです。

酒井桂之
1.平成29年度予算編成方針について
2.地方創生の取り組みについて

伊東俊治
1.児童の登下校の安全について
2.大岩地区のバイパスの延長について
3.無電柱化について
4.ホストタウン事業について“わが町に五輪選手を”

勝戸謙
1.生産調整廃止後の上市町農業対策は
2.全国植樹祭に対する上市町の取り組みは
3.交通安全について

平井妙子
1.スマートインター建設と産業・観光について
2.町の活性化について
3.小学校プールの現状について

堀田喜久男
1.高齢者の免許証自主返納に対する対応、特典は
2.花の名所づくりで観光PRを
3.公共施設点検・管理はどうなっている

田中義則
1.国際学力調査について
2.全国学力テストについて
3.教育機会確保法について

宝嶋洋子
1.上市町観光案内所について

碓井憲夫
1.ツキノワグマが町部におりてこない対策について
2.卒業したら故郷に戻る、給付型奨学金制度について
3.大岩の旅館・店舗の経営者募集について

成川友仁
1.外国人誘客と催しの国際化の可能性について
2.小中学生の英語教育について
3.上市黒川遺跡群の活用について

伏黒日出松
1.人口増対策について
2.いじめ対策、対応は
3.前立腺肥大がんの検査について
4.病院の発電システムは大丈夫か
5.橋、橋梁は大丈夫か
6.ため池の耐震不足は

酒井恒雄
1.平成29年度の予算編成、重点事業について
2.本町の防災、減災対策、関連について

北日本新聞 2016年12月13日
「年間5世帯増目指す 移住・定住を促進(上市)」
北日本新聞2016年12月13日

富山新聞 2016年12月13日
「大岩の旅館復活支援(上市町)」
富山新聞2016年12月13日

プチ起業塾(富山を愛する男~平木柳太郎編)

 第4期「かみいち女性のためのプチ起業塾」の第5講(最終回)です。
本日は青年起業家&青年議員として活動する平木柳太郎さん(ランプット代表取締役・富山県議会議員)が進行役として登場。経営者としての限界突破道場、と題して事業を牽引し未来を切り開くための要諦を伝えました。

関連記事:プチ起業塾(萩原コーディネーター編)
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-2343.html


プチ起業塾
 女性のためのブチ起業塾(第5講)開講

プチ起業塾 プチ起業塾
 コーディネーターの萩原扶未子さん(左)と講師の平木柳太郎さん(右)

プチ起業塾
 言葉にチカラがこもる平木講師

プチ起業塾
 1分間プレゼンテーション

まちづくりワークショップをまなぶ

 富山大学の地域連携部門で催された、まちづくりのワークショップを学ぶ集いに参加。職業的ファシリテーターの先駆けとして知られる青木将幸さんが来訪し、当学習会の文字どおりファシリテーター(進行役)を務めました。

青木将幸 青木将幸

 第1部はワークショップ体験会のような形で進められ、第2部は富山大学の准教授らを交えた対談(ワークショップ談義)でした。

青木将幸

まちエネ大学(第3講)

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 まちエネ大学(富山黒部スクール)の三度目の集まりに参加。前回に続いて宇奈月温泉街の国際会館「セレネ」が会場です。
 本日は前半、東京を拠点に宮城や岩手で地域エネルギー事業を展開するサステナジー株式会社代表取締役の山口勝洋さん、および高知県で地域密着の発電事業を行う地域小水力発電株式会社代表取締役の古谷桂信さんからお話を伺いました。後半は再生可能エネルギープロジェクト6件を立案した各リーダー(富山県民が主だが首都圏在住者も)を中心に、事業構想の要所を固めてゆきました。

 なお「まちエネ大学」は、地域で再生可能エネルギー事業を進めるための公的勉強会です(経済産業省・資源エネルギー庁系)。

関連記事:まちエネ大学(第2講)
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-2349.html


まちエネ大学
 講師の山口勝洋さん

まちエネ大学
 講師の古谷桂信さん

まちエネ大学
 事業構想例を紹介する事務局の木村さん

まちエネ大学
 富山県立大学の堺勇人さん(プロジェクトリーダー)

朝日町笹川

 富山・新潟の県境に位置する富山県朝日町の笹川地区に立ち寄りました。天気のよいとき、時間のあるときにじっくり巡りたい。


笹川
 神々の里笹郷(諏訪神社)

笹川
 ナチュラルスイーツぽんぽん

笹川
 さゝ郷(ささ郷)ほたる交流館

今日の山並み(剱岳・つるぎだけ)

 上市町(かみいちまち)の平野部から撮った1枚と、山あいの種(たね)地区から撮った3枚。
 平野部で手前に見えるのは稲刈り跡の田圃で、種地区で山際に見える3階建ての建物は白萩南部公民館(旧小学校)。

上市町役場 白萩南部公民館

白萩南部公民館

白萩南部公民館

上市町議会の12月定例会

 上市町議会の2016年12月定例会が開会しました。(写真は本日上市町役場3階から望む剱岳の山並み)

剱岳

 伊東尚志町長が議案につき提案理由説明を行うとともに、以下の案件について言及しました。すなわち、「かみいち ひとの輪」創り、上市町の魅力を発信する施策、かみいち総合病院における病院機能評価の認定の更新、平成28年産米の状況、新年度予算編成方針についての言及です。
 12月定例会の一般質問(町政一般に関する質問)は、12月12日(月)の午前10時から、上市町役場議場にて行います。

【平成28年12月定例会の議案】
議案第78号:平成28年度 上市町一般会計補正予算(第3号)
議案第79号から第81号まで:平成28年度 上市町各種事業特別会計補正予算(第1号ないし第2号)
議案第82号:平成28年度 上市町水道事業会計補正予算(第2号)
議案第83号:平成28年度 上市町病院事業会計補正予算(第3号)
議案第84号:上市町職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例制定の件
議案第85号:上市町税条例等の一部を改正する条例制定の件
議案第86号:上市町国民健康保険条例一部改正の件
議案第87号:上市町体育施設条例一部改正の件

北日本新聞 2016年12月8日
「横越荒田線の整備推進(上市)」
北日本新聞2016年12月8日

富山新聞 2016年12月8日
「都市計画道整備を推進 スマートICへアクセス向上(上市町)」
富山新聞2016年12月8日

越中アートフェスタの巡回展

 美の祭典・越中(えっちゅう)アートフェスタの巡回展が、魚津市内の北日本新聞・新川(にいかわ)支社ギャラリーにて行われています。12月3日(土)から8日(木)まで連日午後2時から、審査員らがギャラリートーク形式で進める講評会が催されます。本日は当フェスタ実行委員でもある写真家の堀田信一さんが解説をご担当。

北日本新聞 2016年
11月19日「越中アートフェスタ開幕 県民会館」(記事
11月26日「越中アートフェスタ・高岡巡回展開幕 入賞作34点そろう」(記事
12月4日「多彩な創作ファン満喫 越中アートフェスタ新川巡回展開幕」(記事
12月10日「砺波巡回展が開幕 越中アートフェスタ」(記事

北日本新聞 2014年3月22日【けさの人】
「県写真連盟委員長に就いた、堀田信一(ほりた・しんいち)さん~若い仲間を増やしたい」(記事

越中アートフェスタ

高岡圏域地域福祉フォーラム

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 高岡駅前で行われた地域福祉フォーラムに一般参加しました。
 いわゆる富山型デイサービス(高齢・障害など多様な属性を一か所で受け入れ)の普及啓発とソーシャルアクション(立法・行政機関などへの働きかけ)を目的に開かれ、一昨年は滑川市内で滑川・魚津・黒部の3市をフィーチャーして開催、今年は高岡市内で高岡・射水・氷見の3市をフィーチャーして開催(ちなみに昨年は富山市内で全国大会「地域共生ホーム全国セミナー」が隔年開催される年)。
 当事者発表(デイサービス利用者)、パネルディスカッション(施設経営者や医療福祉従事者)、放談(3市長対談)の三部構成でした。

北日本放送 2016年12月4日
「富山型デイサービス施設の役割を知って」
 http://www.knb.ne.jp/news/detail/?sid=13271


地域福祉フォーラム
 高岡圏域地域福祉フォーラム「お互いさまの暮らしをめざして」とNPO法人にぎやか20周年記念セミナー「富山の女が始めた現代の世直し」

地域福祉フォーラム
 当事者発表の阪井由佳子コーディネーター(NPO法人にぎやか代表)

地域福祉フォーラム
 パネリストの浅野高子さん(高岡市手をつなぐ育成会事務局長・NPO法人Jam相談支援専門員)と柴田芳之さん(小杉南地域包括支援センター主任介護支援専門員・小杉爆笑劇団団長)

地域福祉フォーラム
 パネリストの宮袋季美(としみ)さん(NPO法人ふらっと代表)と喜多春樹さん(エスエイチ株式会社・春日の家代表)

地域福祉フォーラム
 夏野元志射水(いみず)市長と本川(ほんがわ)祐治郎氷見(ひみ)市長

地域福祉フォーラム
 惣万(そうまん)佳代子さんと村田芳朗高岡市副市長

地域福祉フォーラム 地域福祉フォーラム
 主催・富山ケアネットワークの惣万佳代子会長(左)と氷見市の本川祐治郎市長(右)

青い山脈

 本日は山並みが間近に見え、北アルプスの名峰・剱岳(つるぎだけ)も青々と美しい。

舟橋駅

 富山地方鉄道の越中舟橋(えっちゅう・ふなはし)駅からの眺めです。

舟橋駅

上市町役場の木製地球儀

 上市町役場1階に木製地球儀が登場しました。来年5月に開催予定の全国植樹祭(富山大会)のシンボルを、いわば“聖木リレー”のように市町村でつないで巡回展示を重ねます。上市町の展示期間は11月29日(火)から12月8日(木)まで。

関連記事:全国植樹祭のプレ大会(富山県魚津市)
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-2075.html

富山新聞 2016年6月28日
「木製地球儀を展示 富山市、全国植樹祭PR」(記事
富山新聞 2016年7月12日
「植樹祭の地球儀、砺波に 県内全市町村を巡回へ」(記事
富山新聞 2016年7月27日
「植樹祭シンボルの地球儀、15年ぶり南砺に「里帰り」」(記事

木製地球儀


 | ホーム |