FC2ブログ

プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


全記事表示リンク


滑川のネブタ流し

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 滑川(なめりかわ)市の中川原海岸(ほたるいかミュージアムの裏)で毎年7月31日の日没前後に行われる「ネブタ流し」、今年は日曜ということもあり会場の浜が家族連れなど多くの関係者で賑わいました。
 大きなたいまつを海に流すこの祭りは、厄除けや無病息災祈願などを意味する民俗行事とのこと。

富山新聞 2016年8月1日
「夕暮れの海、松明赤々と 滑川でネブタ流し」
 http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/TT20160801711.htm


ネブタ流し
 点火

ネブタ流し
 ネブタ流し

ネブタ流し
 ネブタ流しとふるさと塾の案内

スポンサーサイト



バケモノの子展(富山会場)

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山市民プラザにて開催中の「細田守監督作品 バケモノの子展」を鑑賞しました。原画を見るのは昨年夏の東京会場(渋谷ヒカリエ)以来だか、何度見ても飽きませんね。
 なお本日会場前の通り(大手モール)では、毎月恒例の大手市場のテントが並びます。何だか渋天街(映画「バケモノの子」に登場する街)のバケモノ市場を連想します。

関連記事:バケモノの子展(東京会場)
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-1696.html


バケモノの子展
 越中大手市場

バケモノの子展
 会場の富山市民プラザ

バケモノの子展
 渋天街に立つ熊徹

バケモノの子展
 背景の原画

バケモノの子展
 雪と雨の背くらべ


読売新聞 2016年7月26日富山欄
「子供の成長描きたい…細田守監督」(記事
富山経済新聞 2016年7月26日
「富山で地元出身監督・細田守さん「バケモノの子展」 手描き背景画など約350点」(記事
富山新聞 2016年8月14日
「オオカミになりきって 上市・花の家」(記事

北日本新聞 2016年7月26日-29日【体感!細田ワールド バケモノの子展】
(1) 「バケモノの子」編 「渋天街」忠実に再現 (記事
(2) 「おおかみこどもの雨と雪」編 きょうだいの成長実感 (記事
(3) 「サマーウォーズ」編 クライマックスを再現 (記事
(4) 「時をかける少女」編 ささやきに“胸キュン” (記事

北日本新聞 2016年7月
23日「「バケモノの子展」開幕 細田ワールド体感 富山市民プラザ」(記事)(北陸新幹線ナビ
31日「体験コーナー人気 富山市民プラザでバケモノの子展」(記事)(北陸新幹線ナビ
北日本新聞 2016年8月
4日「奥田中美術部「絵を描く参考に」 富山で「バケモノの子展」鑑賞」(記事
10日「細田監督の直筆に関心 富山市民プラザ「バケモノの子展」」(記事
13日「土台に富山での経験 細田守監督(上市出身)インタビュー」(記事
14日「作品通し古里再発見 県内各地でアニメ・漫画展」(記事

富山駅前の「撰鮮」と「ととやま」

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 北陸新幹線の富山駅前広場に、魚介類や水産加工品の販売および飲食提供を行うさかな屋・富山湾食堂「撰鮮(せんせん)」が先日開店し、また駅前CiCビルディング1階に物産コーナー「ととやま」が開設されました。

富山新聞 2016年7月
13日「富山駅前で鮮魚堪能 「さかな屋撰鮮」の内覧会に100人」(記事
16日「富山駅前に新名所「ととやま」開業 名産、工芸品1300品目ずらり」(記事
17日「さかな屋撰鮮が開業 富山駅前」(記事


撰鮮 撰鮮
 撰鮮の外観と店内

ととやま ととやま
 ととやま店内の様子と「べつばら富山」コーナー

第45回上田わっしょい

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 アニメーション映画「サマーウォーズ」(細田守監督)の舞台・信州上田にて、同映画にも登場する毎年恒例の市民まつり「上田わっしょい」が賑やかに開催されました。長野県上田市は今年放送のNHK大河ドラマ「真田丸」ゆかりの地ということで、真田の趣向が随所に見られました。
 ちなみに私はサマーウォーズ連(連:レンとは町流しを構成する団体のこと)に参加。夏希先輩やキングカズマなど、映画でおなじみのキャラクターが勢揃いしました。

関連:上田おおかみ夏の陣(上田わっしょい)
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-1675.html


上田わっしょい
 玉井フルーツの「サマーウォーズ」自動販売機

上田わっしょい
 信州上田真田丸大河ドラマ館

上田わっしょい
 上田市観光会館のサマーウォーズ関連展示

上田わっしょい
 母袋(もたい)創一市長(左端)の開会あいさつ

上田わっしょい
 アバター

上田わっしょい
 真田幸村の甲冑

【龍馬伝】桂浜と高知城【功名が辻】

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 来年4月から3か月間、四国4県を対象としたJRの観光キャンペーン「四国デスティネーション・キャンペーン」が始まります。ひと足早く、高知県の名所を体験。坂本龍馬ゆかりの桂浜と山内一豊ゆかりの高知城を探訪しました。
 ちなみに北陸デスティネーション・キャンペーンは、北陸新幹線延伸開業の半年後にあたる昨年秋でした。


桂浜
 太平洋を見つめる坂本龍馬

桂浜
 桂浜

桂浜
 海津見(わたつみ)神社前の方位盤

桂浜
 坂本龍馬記念館

桂浜
 高知城の追手門

桂浜
 高知城の天守

高知県梼原町(ゆすはらちょう)訪問

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 上市(かみいち)町議会の議員グループで高知・愛媛県境の山あいに位置する梼原町(檮原町・ゆすはらちょう)を訪ね、自然エネルギーを生かしたまちづくり施策について学びました。同町は四万十川の源流域にあり、2009年に国から認定を受けた環境モデル都市としての取り組みなどで、全国的な注目を集めています。
 建築家・隈(くま)研吾設計の庁舎でお話を伺い、小水力発電所や木質ペレット工場などの現場を見学しました。


梼原町
 JR土讃線の高知駅に停車中のアンパンマン列車

梼原町
 梼原の千枚田

梼原町
 梼原町指定文化財の茶堂

梼原町
 梼原町の中心市街地

梼原町
 維新の門(坂本龍馬ら志士の銅像)

梼原町
 梼原町役場

梼原町
 梼原町環境整備課(環境モデル都市推進室)担当者の説明

梼原町
 梼原学園の木質ペレット焚き冷暖房機・給湯器

梼原町
 梼原川に設けられた梼原町小水力発電所

梼原町
 ゆすはらペレット株式会社の木質ペレット工場

梼原町
 四国カルストに設けられた梼原町風力発電所の風車

梼原町
 須崎駅に到着する高知行き特急列車「あしずり」と高知家・奥四万十博の幟

さいさいきて屋と農業振興

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 上市(かみいち)町議会の議員グループで愛媛県今治市(しまなみ海道の玄関口)を訪れ、JAおちいまばり(越智今治農業協同組合)が運営する農産物直売所「さいさいきて屋」を核とした地域農業振興のあり方を学びました。
 農業を通じて協力する「農協」が、未来の強い農業づくりを目指して「農強」および食と農の大切さを伝える「農教」を実践する一連の取り組みです。


さいさいきて屋
 【彩】さいさいきて屋【菜】

さいさいきて屋
 農産物直売所

さいさいきて屋
 JAおちいまばり直販開発部の木原課長

さいさいきて屋
 農協・農強・農教

珠洲市と輪島市の道の駅

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 2011年に国際連合食糧農業機関(FAO)から日本で初めて「世界農業遺産」に認定された能登地域(石川県北部)を訪れ、自然と調和した農林水産業と人の営みが育んだ能登の里山里海の一端を体感しました。写真は珠洲(すず)市郊外のすず塩田村および輪島市郊外の千枚田ポケットパークです。


奥能登
 連続テレビ小説「まれ」の舞台(道の駅すず塩田村)

奥能登
 塩の資料館「揚浜館」の展示

奥能登
 体験塩田

奥能登
 千枚田ポケットパーク前の千枚田

農林振興の研修(砺波・羽咋にて)

 上市町(かみいちまち)議会の産業振興対策特別委員会(碓井憲夫委員長)の一同で、地域農林業の振興に資する視察・研修に赴きました。
 富山県砺波(となみ)市の農業振興課で同市の鳥獣被害対策について伺い、同行した上市町産業課の担当者を交えて意見交換を行いました。次いで石川県羽咋(はくい)市の農林水産課で同市の自然栽培「聖地」化プロジェクト事業について伺いました。
 羽咋市はローマ法王に献上した神子原(みこはら)米の取り組みで全国的に知られますが、近年「奇跡のリンゴ」木村秋則さんが関与する自然栽培による地域おこしを、地方創生絡みの財源を使いつつ進めております。砺波市・羽咋市ともに、市と地元のJA(農業協同組合)との連携・協力体制の構築が、成功の鍵になっていると拝見しました。


砺波市
 砺波市の紹介

砺波市
 砺波市担当者の説明

羽咋市
 能登の里山里海(世界農業遺産)と自然栽培の紹介

羽咋市
 羽咋市担当者の説明

羽咋市
 上市町議会の産業振興対策委員(手前は碓井憲夫委員長)

二枚目の名刺・夏フェス連動企画「地域と繋がる新しい働き方」

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 NPO法人二枚目の名刺が、きたる8月7日(日)に夏フェス(第3回夏のフェスティバル)を開催します。
 今年は連動企画として、11件の小規模企画を併せてプロデュース。第2弾は本日の《都市×地方》がテーマのトークイベントで、東京・品川駅前のコクヨ社の施設が会場です。
 ETIC.ローカルイノベーション事業部の長谷川奈月さん、京都移住計画の田村篤史代表、ヤマガタ未来ラボの田中麻衣子代表にお話を伺い、参加者同士で意見交換しました。

関連記事:二枚目の名刺 夏フェス2016
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-2195.html


二枚目の名刺
 コクヨのショールーム

二枚目の名刺
 二枚目の名刺 夏フェス2016

二枚目の名刺
 パネルディスカッション(左から田中麻衣子さん・田村篤史さん・長谷川奈月さん)

とやま暮らしセミナー(東京会場)

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 東京・有楽町駅前の交通会館8階「ふるさと回帰支援センター」で、とやま(富山)暮らしセミナーが開催されました。参加自治体の担当者による地勢・施策紹介等と移住者の富山暮らし体験談を伺う第1部(前半の部)に臨席しました。
 今回の参加自治体は富山県および朝日町・黒部市・上市(かみいち)町・射水(いみず)市・高岡市・南砺(なんと)市の4市2町で、移住・定住施策の担当者や地域おこし協力隊員が第2部の個別相談に対応しました。


暮らしセミナー
 東京交通会館

暮らしセミナー
 地方自治体の紹介(ふるさと回帰支援センター内)

暮らしセミナー
 上市町の紹介

暮らしセミナー
 南砺市の紹介

暮らしセミナー
 射水市の紹介

暮らしセミナー
 グリーンツーリズムとやまの帰農塾

大岩山四国八十八カ所霊場

 大岩山日石寺(にっせきじ)の裏山(京ヶ峰)に、大岩山四国八十八カ所霊場の巡礼路が整備されました。短時間で四国の霊場巡礼を疑似体験できる舗装道です。徳島の寺の本尊が並ぶ発心の道場、以下修行の道場(高知)、菩提の道場(愛媛)、涅槃の道場(香川)へと至ります。

 日石寺の第2駐車場から、裏山を見て右手に進めば四国霊場の入り口へ、左手に進めば浅生(あそ)方面に至る県道(険道とも)へ。
 浅生地区にある「おおかみこどもの花の家」では、映画の舞台探訪として雨と雪を疑似体験できます。

富山新聞 2016年7月22日
「上市で四国遍路体験 大岩山日石寺、「お砂踏み」復活」(記事
富山新聞 2016年7月31日
「四国遍路の功徳求め 上市・日石寺」(記事


日石寺
 大岩山日石寺八十八箇所霊場

日石寺
 徳島・発心の道場

日石寺
 太龍寺

日石寺
 香川・涅槃の道場

日石寺
 奥之院(結願所)の弘法大師

かみいち町暮らし交流会

 カミール(上市町まちなか交流プラザ)2階の喫茶amie(あみ)にて、かみいち(上市)町暮らし交流会が開かれました。
 上市町役場の移住・定住担当(企画課)職員の進行のもと、UターンやIJターンの経験者が上市町への移住に至った経緯、日々の生活で得る率直な所見、お勧めの店の紹介などを座談会形式で話しました。

暮らし交流会

 なお明日7月24日(日)は、東京・有楽町のふるさと回帰支援センターで「とやま(富山)暮らしセミナー」が開かれます。富山県の主催で、上市町も担当者が出向いて相談対応を行います。

つるぎの庭の納涼祭

 老人保健施設「つるぎの庭」にて恒例の納涼祭が開催されました。
 ステージ企画の最後を飾る盆踊りでは、地元上市町の堀田力(ほりた りき)さんが熱唱。職員らを交えた輪踊りとあいなりました。

つるぎの庭 つるぎの庭

上市町日中友好協会の総会

 上市町日中友好協会(細川泰郎会長)の総会に出席しました。
 事業計画などを議決する通常総会の後、参加者同士で懇談・意見交換を行なう時間も設けられました。

日中友好協会

銀座の月光荘 since 1917

 東京銀座の画材店「月光荘」を訪ね、月光荘印のかばんとスケッチブックを買いました。
 なお月光荘の創業者・橋本兵蔵は、富山県上市町(かみいちまち)の出身です。(月光荘オンラインショップ「月光荘の歴史」参照)

銀座経済新聞 2011年8月5日
「国産絵の具1号を開発-銀座「月光荘画材店」が95周年」
 http://ginza.keizai.biz/headline/1563/
北日本新聞 2016年12月8日【首都圏スポット 富山ゆかりの地へ 20】
「画材店「月光荘」(東京都中央区)」
 http://webun.jp/item/7331415

大谷製鉄株式会社 OTANIひろば『虹』 2014年9月号
「月を古里と生きた人」 (65) 「月光荘おじさん」の物語
 http://www.e-osc.co.jp/hiroba/gallery/img/1409.jpg


月光荘 月光荘
 オリジナル画材・文具の月光荘

月光荘
 かばんとスケッチブック

月光荘
 月光荘サロン「月のはなれ」

日本橋とやま館

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 東京日本橋の北詰・三越(みつこし)向かいに先月開店した富山県のご当地物産館「日本橋とやま館」を訪れました。当館は展示・販売・飲食提供・情報発信の複合的機能を有します。
 山下館長のもと、富山県観光課(とやま観光未来創造塾事務局)から異動した中嶋女史が店頭でご対応。本日は上市町長および上市町商工会女性部役員らが、上市産生姜(しょうが)の加工品紹介のため当館へ。

北日本新聞 2016年5月31日
「県産品700品目扱う 日本橋とやま館内覧会」(記事
富山経済新聞 2016年6月8日
「日本橋とやま館がオープン2日間で7400人の来客 「銘酒飲み比べセット」が人気」(記事


日本橋とやま館 日本橋とやま館
 日本橋三越(奥)と日本国道路元標(手前)

日本橋とやま館
 日本橋とやま館内

日本橋とやま館
 メグスリノキの九宝茶

日本橋とやま館
 左から山下章子とやま館長・上市町商工会女性部の平井潤子副会長と細川和子会長・伊東尚志(ひさし)上市町長・事務局の堀田宗明さん

パナソニックセンター東京

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 東京・有明(国際展示場の東京ビッグサイト近く)にあるパナソニックセンターを訪れ、高画質の4Kテレビのデモンストレーション、次世代家電に見られる最新の設計思想の紹介、またスマートシティ構想への関わりや各種のビジネスソリューションについてお話を伺いました。


パナソニックセンター
 吹き抜け

パナソニックセンター
 4K映像

パナソニックセンター
 洗濯機

二子玉川のイッツコム(iTSCOM)視察

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 滑川中新川地区広域情報事務組合(滑川市・上市町・立山町のケーブルテレビNet3の事業主体)で東京のケーブルテレビ局を訪問し、お話を伺いました。イッツ・コミュニケーションズ株式会社(iTSCOM)は東急グループのケーブルテレビ局で、東京都南西部(渋谷など)から横浜市北部にかけての東京急行電鉄沿線で事業展開しています。
 二子玉川(東京都世田谷区)駅前の再開発区域に昨年4月開設した多目的ホール「iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川(ふたこたまがわ)ライズ」を見学し、これまでの稼働状況を伺うとともに、事業説明として同社の特徴的な取り組みであるインテリジェントホームの展開手法を学びました。インテリジェントホームは、情報通信技術とケーブルテレビならではの戸別対応を住宅の防犯・防災・高齢者の見守り等に生かす役務です。


iTSCOM
 イッツ・コミュニケーションズ株式会社

iTSCOM
 iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ

iTSCOM
 多目的ホール内

iTSCOM
 自宅周辺の天気と多摩川の河川カメラ(インテリジェントホームのモデルルームにて)

第2回地方創生討論会(移住・定住促進ワークショップ)

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 上市町への移住・定住を促す方策を考える討論会(第2回)が開かれました。抽出した課題を掘り下げます。
 進行役は前回と同じく、内閣府の地方創生アドバイザー派遣制度により今年4月から上市町企画課の参与(非常勤)となった加形(かがた)拓也さん。第3回の討論会(8月1日午後)まで、町の課題・施策を横断的・重層的に捉えるため、先行事例の調査・検討など参加者個々人が取り組むべきアサインメント(課業の割り当て)も求められました。

関連記事:地方創生討論会(移住・定住促進ワークショップ)
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-2160.html

加形拓也参与の覚え書き
「いったりきたり日記:2日目レポート」(記事
「いったりきたり日記:3日目レポート」(記事

地方創生

地方創生

地方創生

北日本新聞 2016年8月2日
「上市らしい移住促進策を 空き家活用し宿泊/町内企業ツアー… 町民と大学生ら討論の成果発表」(記事
北日本新聞2016年8月2日

富山県日韓友好議員連盟の総会と講演会

 富山県日韓友好議員連盟の総会に出席しました。
 総会に併せて、元・駐日本国大韓民国特命全権大使の申珏秀(シン・ガクス)さんが「韓日関係の新しい50年に向けて」と題して記念講演しました。古くて新しい韓日関係を展望する、精神訓話に満ちたお話でした。

日韓友好議員連盟

滑川市街から望む日本海

 今日は国民の祝日「海の日」とのことで、日本海の潮風を滑川(なめりかわ)の街で感じるべく、田中小学校前から雪嶋神社を経由して浜まで歩きました。

 なお、8月11日の「山の日」には、上市町(かみいちまち)の山あいにある「おおかみこどもの花の家」で楽しい催し「おおかみな夏!」が行なわれます。
 アニメーション映画「おおかみこどもの雨と雪」において、田中小学校が雪ちゃん・雨くん(おおかみこどもの姉弟)の通う小学校の舞台モデルとすれば、花の家は一家で暮らす山あいの一軒家の舞台モデルです。


滑川
 滑川市民交流プラザの展望階から望む日本海

滑川
 滑川市立田中小学校(旧校舎)

滑川
 田中川

滑川 滑川
 滑川市コミュニティバス停留所「雪嶋神社前」の堤防から見える滑川の浜

立山黒部ジオパーク展と滑川のマンドウサマ

 滑川(なめりかわ)市立博物館にて始まった立山黒部ジオパーク展を鑑賞しました。

立山黒部ジオパーク 立山黒部ジオパーク

 ジオパークの謂(いい)は大地の公園、とのことで展示のマンドウサマ(万堂様)の一つを早月川扇状地ジオサイトに訪ねました。

マンドウサマ マンドウサマ

 これは道寺(どうじ)マンドウサマで、北陸自動車道の滑川インターチェンジの北東に流れる郷用水の近くにあります。マンドウサマは水神様を意味し、道寺地区のは川原石に碑文が添えられています。

マンドウサマ

味蔵の庭と花木

 里山の駅「つるぎの味蔵」の庭を散策しました。

味蔵
 庭のあずまや

味蔵
 実(ブルーベリー)

味蔵
 蝶(オオチャバネセセリ)

味蔵
 蜂(クマバチ)

地域ぐるみの学校安全推進委員会

 宮川地区(宮川小学校区)地域ぐるみの学校安全推進委員会に出席しました。
 宮田校長らによる現況報告と取り組み紹介の後、PTA役員、民生委員、町内会長、交番所長といった役職をもつ当会参加者で意見交換をおこないました。

学校安全推進委員会

地方自治の勉強会

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 地方議員有志の勉強会に部分参加しました。
 今回は富山県黒部市(旧宇奈月町を含む)が会場で、富山県内のほか福井・愛知・三重・滋賀と広域から市議がご参加。私は2日目の黒部市庁舎(昨年新築移転)議場等の見学とYKKセンターパーク(いわゆる産業観光の施設)の視察に同行いたしたした。


黒部市役所
 黒部市議会の議場

YKKセンターパーク
 YKKセンターパーク

YKKセンターパーク
 展示解説

地方創生討論会(移住・定住促進ワークショップ)

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 内閣府の地方創生アドバイザー派遣制度により今年4月から上市町企画課の参与(非常勤)となった加形(かがた)拓也さんを進行役として、上市町への移住・定住を促す方策を考える討論会(第1回)が開かれました。
 新天地エクスペリエンス・デザイン・ワークショップなる名称の、マーケティング(顧客との関係づくり)や経験デザイン(顧客視点の過程設計)の知見に基づくグループ討論を通して、移住・定住へ至る過程を30名あまりの参加者が“自分事”として捉えます。

地方創生

地方創生

地方創生

地方創生

地方創生

 なお、上市町議会の2016年6月定例会(本会議)にて、移住・定住の促進について質問をおこなっています。本日発足したグループ討論は、下記の問答要旨に対応するものです。

【成川議員】 ― 誰に・何を・どのように伝えるかを明確に ―
 都市部から上市町への移住・定住を促すべく、国から地方創生支援人材を派遣する制度により、大手広告代理店のマーケティング・プランナーを町企画課の参与(非常勤)として受けいれた。
 移住希望者には多くの選択肢があり、あたかもマーケットにあふれる数多くの商品から上市町の生活を選んでもらうかのようだ。
 顧客との関係づくりを大切にするマーケティングの知見に基づき、「誰に・何を・どのように」上市町の価値を伝えてゆくのか、という三つの切り口から移住促進の施策を問う。

【中村企画課長】 ― 討論を通じ戦略立案 ―
 移住・定住や交流施策の展開には、当該三つの切り口を明確にすることが重要である。7月から8月にかけて民間人・学生・町職員が参加するグループ討論会を開催し、戦略としてまとめ、各課で共有し推進する。
 富山県が大都市圏で開く移住希望者向けのセミナーには、今後もできる限り参加する。あわせて町主催のセミナー・イベント・ツアーや、東京のアンテナショップ「日本橋とやま館」を活用した取り組みも進めたい。

関連記事:上市町議会(6月定例会)の一般質問(後編)
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-2122.html

北日本新聞 2016年4月16日
「加形さんに企画課参与委嘱(上市)」
北日本新聞2016年4月16日

北日本新聞 2016年7月15日
「住みやすい町考える 上市 移住・定住促進へ討論 現状や課題を分析」(記事
北日本新聞2016年7月15日

加形拓也参与の覚え書き
「いったりきたり日記:1日目レポート」(記事

ジオカフェ(クロポッケ会場)

 立山黒部ジオパーク協会(ジオパークは“大地の公園”を意味する国際的概念)の有志が富山県東部地域の各所で開催するジオカフェ、今夜は上市・立山の町境にあるコミュニティー・カルチャールーム「クロポッケ」が会場です。
 ジオカフェは、大地の恵みを楽しむ体験型の集いです。地場産食材をふんだんに用いたクロポッケ店主・黒田直美さん謹製のお料理を頂きながら、話題提供者・メデルケ(株式会社上市屋)代表の井原真吾さんの取り組みをを伺いました。


ジオカフェ
 成川正幸さん(黒部市議会議員)の開会あいさつ

ジオカフェ
 メデルケの井原代表

ジオカフェ
 メデルケの活動紹介

ジオカフェ
 クロポッケの黒田店主

ジオカフェ
 クロポッケの料理

ジオカフェ
 メデルケの今後

アニメーション企画展:面白い箱!

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山市の中心市街地に建つ高志の国(こしのくに=北陸地方の古称)文学館の企画展「面白い箱!アニメづくりのスタジオの中へ」の開会式が開かれました。
 石井隆一(たかかず)富山県知事やピーエーワークス(富山県南砺市を拠点とするアニメーション制作会社)堀川憲司社長らがご出席。テープカットの後、同館学芸員による展示解説も行われました。

富山新聞 2016年7月10日
「アニメ制作工程を紹介 富山・高志の国文学館」
 http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/TH20160710411.htm


面白い箱
 石井隆一知事の開会あいさつ

面白い箱
 堀川憲司P.A.WORKS社長の祝辞

面白い箱
 展示解説

面白い箱
 「面白い箱!」と会期が重なる富山市民プラザの「細田守監督作品・バケモノの子展」

市姫姉妹の公募展

 上市町(かみいちまち)商工会の市姫(いちひめ)姉妹キャラクターデザイン公募展が、カミール(上市町まちなか交流プラザ)2階にて7月18日(月)まで開かれます。投票で姉または妹となるキャラクターを選びます。

富山新聞 2016年7月6日
「「市姫」で地域活性化を 上市町商工会、神社で事業成功祈願」
 http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/TH20160706411.htm

カミール

カミール

カミール


 | ホーム |  次のページ»»