FC2ブログ

プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


全記事表示リンク


第36回 朝活かみいち

 第36回「朝活かみいち」に参加しました。地元密着で活動していらっしゃる方をお招きする早朝の集いです。上市町役場隣の軽食喫茶M's CLOUD(エムズクラウド)にて。
 今朝は介護の仕事に従事しながら音楽療法を実践する久次(きゅうじ)弘泰さんから、「音楽療法との出逢い ~これからの超高齢社会に向けて~」と題してお話を伺いました。日本音楽療法学会認定の音楽療法士としての活動の一端を伺いました。
 久次さん愛用のキーボードによる実演も好評でした。


朝活
 参加者の山口さんによる紹介

朝活
 朝活かみいち主宰の種井さん(左から2人目)

朝活
 久次さんのキーボード演奏

スポンサーサイト



縄文かみいち展

 上市町に所在する縄文遺跡の出土品を紹介する「縄文かみいち展」が、弓の里歴史文化館にて行われています。3月19日(土)から5月15日(日)まで。

縄文かみいち展

 なお当館看板の後ろに見える胸像は、コシヒカリの父・杉谷文之の銅像です。上市町(旧柿沢村)出身の杉谷(すぎたに)先生は、「かみいちのヒキダシ」第2号にて特集されております。

縄文かみいち展

カミール前の花壇

 きたる4月3日(日)のカミール(上市町まちなか交流プラザ)3周年祭に向けて、花を植えたプランターがお出迎え。今年はマックスマムの花です。

カミール カミール

カミール

カミール

関連記事:カミールのサフィニア・マックスの花
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-1577.html

富山新聞 2016年3月30日
「上市の西中町商店街に花 カミールのプラザ3周年」
 http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/TH20160330411.htm

次世代モビリティセミナー(東京大学ITSセミナー)

 東京大学の「ITSセンター」こと生産技術研究所次世代モビリティ研究センターが富山市内で開催した、次世代の交通のあり方を技術的・政策的に考えるセミナーに参加しました。ライトレールなど富山の公共交通の取り組みが注目されています。


ITSセミナー
 会場の富山大学総合教育研究棟(五福キャンパス)

ITSセミナー
 サステイナブルな交通システム(講演)

ITSセミナー
 講師の須田義大教授(ITSセンター長)

ITSセミナー
 公道での実証実験

Net3の勉強会

 滑川市・上市町・立山町の1市2町で視聴するケーブルテレビNet3(ネットスリー)の勉強会に参加しました。
 Net3は一部事務組合(特別地方公共団体)たる滑川中新川地区広域情報事務組合を運営主体とする公的性格をもち、慎重な意思決定が求められることから、将来的な市場動向や設備更新等を見据えて状況分析を先行するものです。

Net3

 政策投資銀行の100%子会社である日本経済研究所が調査を受託しています。政投銀(DBJ)はケーブルテレビ開設のための融資を各地で行ってきた実績があります。

Net3

哲学カフェ in 朝日町 第2弾

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 哲学カフェ in 富山(公式ウェブサイト)を主宰する野末雅寛さんの地元・富山県朝日町(富山・新潟県境の関所の町)にて「哲学カフェ」が開催されました。
 講師は前回に続いて、ブータンや中南米にて青年海外協力隊(外務省系事業)等として活動し、現在朝日町の地域おこし協力隊(総務省系事業)を務める神谷桂二郎さん。神谷さんが前職で関わった中央アメリカ(メキシコの東南)に位置する小国ベリーズの国情を題材に、朝日町におけるダイバーシティ(多様性)を考察しました。
 前半1時間は神谷さんの講話で、後半は参加者同士の意見交換です。

北陸中日新聞 2014年12月6日
「【哲学】哲学カフェ 自分の頭で考える楽しみを 野末雅寛」(記事


哲学カフェ
 喫茶こみち(哲学カフェ会場)店主の塚田夫妻

哲学カフェ 哲学カフェ
 講師の神谷桂二郎さん(左)と地球儀上のベリーズ(右)

北陸オーディオショウ

 オーディオ文化の普及啓発と業界活性化を目的に、北陸オーディオショウが富山市内で初開催されました。富山国際会議場2階にて今日・明日の2日間、音響機器の数々を実体験できます。

富山経済新聞 2016年3月25日
「富山国際会議場で「北陸オーディオショウ」 国内外71ブランドが集結」
 http://toyama.keizai.biz/headline/179/

北陸オーディオショウ 北陸オーディオショウ

在住外国人の視点で発見!富山の魅力発表会

 富山在住外国人を介して富山の魅力を海外へ発信する趣旨で開催された懇談会に参加しました。NGOダイバーシティとやま(宮田妙子代表)の主催です。

中日新聞 2016年3月27日富山欄
「富山は「シゼン イッパイ」 県内在住外国人 魅力を発表~母国語でSNS発信も」
 http://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20160327/CK2016032702000027.html


ダイバーシティとやま
 富山定住外国人による富山の魅力を海外へ発信!

ダイバーシティとやま ダイバーシティとやま
 開会あいさつを行う宮田妙子代表(左)と趣旨説明を行う柴垣禎(ただし)副代表(右)

ダイバーシティとやま
 当会の狙い

ダイバーシティとやま
 定住外国人の皆さん

宮川保育所の卒所式

 社会福祉法人若杉児童福祉会・宮川保育所の卒所式に臨席しました。ご卒園おめでとうございます。

宮川保育所

 なお宮川保育所は新年度から、幼保連携型の認定こども園として新たな園児を迎えます。(写真は今年度卒所児への言葉を贈る永森智子所長)
 
宮川保育所

バイオマス熱供給事業と林業の学習と実践

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 高岡市内の公民館を会場に開催された「フィンランドにおける小規模なバイオマス熱供給事業と林業」を主に学ぶ集いに参加しました。越の国(こしのくに)自然エネルギー推進協議会の主催で、ペレットクラブと高岡フィンランド協会が協力団体に名を連ねます。
 第1部は北欧フィンランドから来日したマルック・パーナネン(Markku Paananen)さん(ユバスキラ応用科学大学所属)の講義。第2部は富山と長野の民間事業者による取り組み紹介として、富山県氷見市の岸田木材株式会社・岸田毅社長と長野県佐久市の佐久森林エネルギー株式会社・小島健一郎専務の講話。第3部は見学会で、高岡市内で実践する竹平家の薪・ペレット併用ボイラの見学と、横田建具木工のペレット工場の見学でした。
 国内外の木質バイオマス(木材由来の有機性資源)活用実践者の本音が聞けて、有意義な集いでした。


バイオマス
 高岡市立西条公民館前のペレットストーブ展示

バイオマス バイオマス
 講師のマルック・パーナネンさんと英語・日本語の逐次通訳をおこなう小島健一郎さん(佐久森林エネルギー専務取締役)

バイオマス バイオマス
 竹平家の薪と竹平政男さん(左)と横田建具・木工の工場(右)

くじら堂の駐車場

 ベーグルのお店「くじら堂」(上市町野島地区)の駐車場が増設されました。お行儀よく車をとめて、お行儀よくお店の行列へと並びます。

くじら堂 くじら堂

 なお駐車場の向こうには、「スタジオじゆう」(ウェブサイト)の緑色の看板が見えます。

関連記事:ベーグルの店「くじら堂」
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-1940.html

富山経済新聞 2016年2月26日
「富山「ベーグルの店 くじら堂」が上市町に移転 口コミで評判に」
 http://toyama.keizai.biz/headline/160/

【持続的森林経営】自伐林業シンポジウム

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 いわゆる自伐型林業を推進するNPO法人自伐協(正式名称:持続可能な環境共生林業を実現する自伐型林業推進協会)が主催するトークイベントに参加しました。早稲田大学環境総合研究センターが後援し、新宿文化センターが会場です。
 持続可能な森林経営のあり方を学びました。林業を所管するのは林野庁ですが、総務省事業の「地域おこし協力隊」やUIJターン人材が、数種のなりわいが複合する森林経営のきっかけになっている事例は興味深く拝聴しました。

新建ハウジング 2016年3月22日
「「支持得られれば社会を変える動きに」、自伐協シンポジウムが都内で開催」(記事
日本農業新聞 2016年2月28日論説
「自伐型林業 中山間地農業の切り札」(記事


自伐型林業
 清光(せいこう)林業株式会社・岡橋清隆さんの基調講演「持続的森林経営をどう展開するか」

自伐型林業
 若手による現場報告

自伐型林業
 パネルトーク「師匠から若手への継承」

自伐型林業
 月尾嘉男さん(東京大学名誉教授)と中嶋健造理事長(自伐型林業推進協会)

戸山公園

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 東京都立戸山(とやま)公園を散策しました。天気がよいので、高田馬場駅から戸山公園を経て新宿駅まで歩きました。


戸山公園
 都立戸山公園

戸山公園
 記念植樹のタカトオコヒガンザクラ(高遠の桜)

戸山公園
 椿の花と早稲田大学の西早稲田キャンパス
 
戸山公園
 プレイパークであそぼう!

戸山公園
 戸山プレーパーク

文部科学省の地方創生シンポジウム

 「地方創生に資する日本型イノベーション・エコシステムの構築に向けて」と題する文部科学省主催のシンポジウムが、東京一ツ橋の学術総合センター(一橋講堂)にて開かれたので参加しました。
 登壇者は知事・市長や行政機関の幹部、地方大学の学長・副学長、経済団体の役員です。持論の一端を伺いました。


地方創生シンポジウム
 岩手大学・岩渕明学長の事例紹介「岩手大学における震災復興から地方創生への取組」

地方創生シンポジウム
 パネルディスカッション(坂本修一 文部科学省産業連携・地域支援課長 / 岩渕明 岩手大学長 / 榎本政規 鶴岡市長)

地方創生シンポジウム
 パネルディスカッション(笹野尚 中部経済連合会審議役 / 永里善彦 日本経済団体連合会産学官連携推進部会長 / 西村訓弘 三重大学副学長 / 袴着賢治 福岡市特区部長)

地方創生シンポジウム
 閉会あいさつ

女性起業家を志向するウーマン・ミーティング

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 女性向けの新事業創出セミナーが東京日本橋にて開催され、支援者の一人として一般参加しました。
 「ウーマンミーティング in Tokyo ~先輩起業家に学ぶ!事業成長に必要なこと~」とのお題目。 第1部はゲストプレゼンテーションとパネルディスカッション、第2部は軽食付きの交流会です。
 経済産業省・関東経済産業局の主催で、知り合いは一人もいないだろうと考えて交流会にも参加したら、富山から東京の支店へ異動した政府系金融機関の支店長と再会しました。


ウーマンミーティング
 女性起業家支援施策ガイドブックとウーマンミーティング案内

ウーマンミーティング
 ファシリテーターの横田響子さん(株式会社コラボラボ代表取締役)

ウーマンミーティング
 株式会社エニタイム代表取締役の角田千佳さん

ウーマンミーティング
 パネルディスカッション

横浜市会図書室を考える

 横浜の新市庁舎の市会図書室(議会図書室)を考える勉強会に参加しました。関内(かんない)駅前にて。
 富山市の新図書館構想にも関与したことで知られるARGことアカデミック・リソース・ガイド社(岡本真代表)が、自由民主党横浜市支部連合(市連)に所属する市議団から依頼を受けて、議会図書室整備に係る調査を進めたとのこと。


横浜市会
 配布資料(「ライブラリー・リソース・ガイド」別冊の表紙を飾る富山市立図書館)

横浜市会
 開会あいさつを行う横浜市会議員の鈴木太郎氏(市連政務調査会長)(左)とARGの岡本真氏(右)

横浜市会
 国立国会図書館の塚田洋氏の講義「議会図書室とはどんな場所か」

横浜自然観察の森

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 横浜市郊外の「横浜自然観察の森」を訪ねました。映画「おおかみこどもの雨と雪」に登場する、新川(にいかわ)自然観察の森の舞台モデルとして知られています。


横浜自然観察の森
 横浜自然観察の森の入口

横浜自然観察の森
 自然観察センター

横浜自然観察の森
 館内

横浜自然観察の森
 映画「おおかみこどもの雨と雪」と「花の家」の紹介

とやま暮らしセミナー(大阪会場)

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 大阪市内で開催された、富山への移住を考えるセミナーを見学しました。富山県(観光地域振興局)・大阪ふるさと暮らし情報センターおよび小矢部市・上市町・朝日町(いずれも富山県の市町)とのコラボレーションで実現しています。
 大阪府八尾(やお)市から上市町に移住した小林さんの体験談や、自治体担当者との個別相談の時間も設けられました。


暮らしセミナー
 会場のシティプラザ大阪

暮らしセミナー
 富山県地域振興課(定住・交流促進担当)の説明

暮らしセミナー
 上市町(かみいちまち)の紹介

暮らしセミナー
 富山県定住コンシェルジュの竹内真理子さん

暮らしセミナー
 大阪ふるさと暮らし情報センターの掲示

宮川小学校の卒業式

 宮川小学校(上市町)の卒業式に臨席しました。
 卒業生32名の一人ひとりに、宮田校長から卒業証書がゆっくりと、そしてしっかりと手渡されました。涙なみだの卒業式でした。ご卒業おめでとうございます。


宮川小学校 宮川小学校
 宮田正起校長の式辞

宮川小学校
 福井直秋(上市町出身の武蔵野音楽大学創設者)作曲の校歌

NPOによる地域活性化セミナー

 富山県民会館にて、NPO(非営利組織)による地域活性化セミナーに参加しました。NPOと自治会や自治振興会とのコラボレーションがテーマです。
 登壇者は、NPO法人ひろしまね(広島・島根の県境地域)の安藤周治理事長、NPO法人夢未来くんま(浜松市天竜区)の大平展子副理事長、NPO法人まちづくり山岡(岐阜県恵那市)の原田知典事務局長の3名。県外の取り組みを紹介する講演の後、富山県内で活動するNPO関係者を交えてパネルディスカッションが行われました。

地域活性化セミナー

上市町議会(3月定例会)の閉会

 上市町議会の2016年3月定例会が閉会しました。
 新年度の予算、今年度の補正予算、そして各種条例の制定および一部改正を行うため、町当局提出の議案46件を可決しました。
 6月末で任期満了となる人権擁護委員の藤縄豊子さんの後任として、酒井京子さんを推薦することに同意しました。
 また、議員提出議案として、上市町議会会議規則および上市町議会傍聴規則の一部改正を行いました。議員の出産による欠席届を明文化し、傍聴席への杖の持ち込みを認める改正で、時代に即した規定に改めたものです。

【平成28年3月定例会の追加議案】
議案第46号:人権擁護委員の推薦の件

北日本新聞 2016年3月18日
「白萩西部・陽南小で合同宿泊学習実施(上市)」「「市のまち」活気つなげて」
北日本新聞2016年3月18日

富山新聞 2016年3月18日
「新年度予算を可決(上市町)」
富山新聞2016年3月18日

第35回 朝活かみいち

 第35回「朝活かみいち」で例会講師を務めました。朝活かみいちは、地元密着で活動していらっしゃる方をお招きする早朝の集いです。上市町役場隣の軽食喫茶M's CLOUD(エムズクラウド)にて。
 お題は「見立て入門」で、項目は以下のとおりです。

1.はじめに
2.見立てを考える上で参考になる書籍や事物
3.見立ての手掛かり
 (1)数字 (2)形状 (3)名称 (4)集合(セット)
4.集合による見立ての実例
 かみいちの数字めぐり
 上市町の偉人の価値を生かす地域振興
 公共交通と上市町の位置付け
 立山黒部ジオパークと五行思想
5.未解決の応用編

 ある物の形や呼び名から別の物事を連想する表現法を「見立て」と言います。例えば立山連峰において、硫黄が吹き出す谷間を鬼の住む地獄に見立てる地獄谷は、地形の特徴に着目した表現です。石川県の羽咋(はくい)市では、山あいの神子原(みこはら)地区を神の子キリストの丘と見立てて、そこで収穫されされた米をローマ法王に献上して話題になりました。
 見立ては物事の本質的特徴を抽出することから、美しさを伴います。近ごろは神子原の米のように地域おこしに一役買っている例もあり、知恵も使います。見立ての面白さを、実例と共に紹介しました。

産業厚生常任委員会

 副委員長を務める産業厚生常任委員会に出席しました。
 先日の予算特別委員会では新年度の予算を審議したところ、当委員会では補正予算等を審議し、併せて委員会所管の施策の取り組み状況を質しました。

北日本新聞 2016年3月15日
「放課後学習室に電子黒板を導入(上市)」
北日本新聞2016年3月15日

北日本新聞 2016年3月16日
「森林セラピーツアー 特産品開発を推進(上市)」
北日本新聞2016年3月16日

上市中学校の卒業式

 上市(かみいち)中学校の卒業式に臨席しました。
 卒業生188名の一人ひとりに、大坪校長から卒業証書が手渡されました。ご卒業おめでとうございます。

富山新聞 2016年3月16日
「9960人が学びやに別れ告げる 富山県内の中学校で卒業式」
 http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/T20160316202.htm

上市中学校 上市中学校
 大坪剛(つよし)校長の式辞

上市中学校
 上市町教育委員会・藤縄太郎教育長の告辞

上市中学校
 福井直俊(上市町出身の武蔵野音楽大学創設者・福井直秋の息子)作曲の校歌

漁業・観光の連携談義

 氷見市役所で開かれた観光勉強会に参加しました。
 前段として、氷見市内で観光に関わる事業者を対象に調査を進めた公益財団法人日本交通公社の分析結果の紹介。その結果を踏まえつつ、三重県鳥羽市内でエコ・ツーリズム(自然・歴史文化体験型の旅行)事業を展開する江崎貴久(きく)さんが1時間あまり講義しました。

 江崎さんは鳥羽の旅館海月(かいげつ)の女将であると共に、海島遊民(かいとうゆうみん)くらぶの代表としてエコ・ツーリズムを牽引しています。富山県観光課が開講する「とやま観光未来創造塾」の特別講師としても親しまれる論客です。漁観連携(漁業と観光との連携)の観点から、今後の取り組みの手がかりを示しました。
 なお環境省選定の第11回エコツーリズム大賞(2015年度)において、海島遊民くらぶは特別継続賞を受賞しております。


氷見市 氷見市
 氷見市役所の玄関にある郵便ポスト

氷見市
 氷見市の観光を考える勉強会

氷見市
 講師の江崎貴久(きく)さん
 
氷見市
 氷見×鳥羽:漁業と観光が連携した地域再生の展開

住まいの見学会

 高岡市街の古民家の活用を考える市民有志のグループ「高岡まちっこプロジェクト」が主催する住まいの見学会に途中参加しました。建築・不動産の専門家などと共に5件の空き家を見学し、賃貸等希望者との接点を設ける試みです。
 私は空き家1件の見学とゲストハウス「ほんまちの家」での意見交換会に臨席しました。


ほんまちの家
 ほんまちの家

ほんまちの家
 参加者による意見交換会

はんぶんこと山町筋のひなまつり

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 高岡市の山町筋(やまちょうすじ)伝統的建造物群保存地区にある伝統工芸体験型店舗の「はんぶんこ」を訪れ、また昨日から2日間にわたって同地区の商家等で開催中の「ひなまつり」(雛飾りの展示をはじめとする一連の催事)を鑑賞しました。

北日本新聞 2016年3月12日
「山町筋のひなまつり始まる 高岡」
 http://webun.jp/item/7258376


山町筋
 山町筋のひなまつり

山町筋
 はんぶんこの店内

山町筋
 塩崎商衡

山町筋
 筏井(いかだい)家の雛人形

クロポッケの出張メルト

 北陸自動車道・立山インターチェンジに至る道路沿いに立地するクロダ電機併設の「クロポッケ」にて、出張メルトが開店しました。
 メルトは普段、砺波市内の「みやの森カフェ」内で営業していますが、本日限定で上市町に出張出店。店主の「みやび」さんがメイド姿でご対応です。

関連記事:喫茶メルト
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-1277.html


喫茶メルト 喫茶メルト
 喫茶メルトのみやびさん(手前)

喫茶メルト 喫茶メルト
 窓から望む剱岳(つるぎだけ)にクロポッケ店主なおみさん(左)とみやびさん(右)

富山県議会関係の葬儀

 富山県議会の定例会中、3月8日の夜に急逝した高平公嗣(こうじ)議員(中新川選挙区)(享年69歳)の葬儀が行われたので参列しました。富山市西番(にしのばん)のセレモニーホール富山にて。
 宮腰光寛衆議院議員(自由民主党富山県支部連合会会長)、石井隆一富山県知事、横山栄富山県議会議長および舟橋貴之立山町長が弔辞を述べました。
 謹んでご冥福をお祈りいたします。

高平家葬儀

防災講演会

 魚津市の新川文化ホールで開催された防災講演会に参加しました。5年前の東日本大震災において、魚津市職員が被災自治体支援で宮城県塩竈(しおがま)市に派遣されたことから、今回塩竈市の防災担当部長をお招きして取り組みを伺いました。
 なお私は昨年、塩竈市街にある陸奥一の宮・鹽竈(しおがま)神社を参拝する機会に恵まれました。


防災講演会
 塩竈市市民総務部・神谷部長から魚津市企画総務部・四十万(しじま)部長への感謝状贈呈

防災講演会
 講師の塩竈市防災担当部長・神谷統(はじめ)さん

防災講演会
 全国各地から塩竈市へ派遣された自治体職員


 | ホーム |  次のページ»»