FC2ブログ

プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


全記事表示リンク


十日町視察(地域おこし協力隊事業)

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 先週末の農業シンポジウム開催に続いて、上市町議会の産業振興対策委員会(碓井憲夫委員長)にて新潟県十日町市(とおかまち し)に赴いて、「地域おこし協力隊」の取り組みの状況を伺いました。今まで43名の地域おこし協力隊員任用実績があり、ちょうど本日任期満了を迎える協力隊員が本人の意思で隣町の企業就業・市内定住継続を決めているとのこと。
 十日町市で協力隊員を受け入れる地区においては、協力隊を要する具体的なニーズがあること、協力隊と地区住民とをつなぐ世話役的な人材がいること、地区内で協力隊の住居を用意できること、という要件を満たすことが求められます。
 協力隊側の資質としては、朝日町再生会議(富山県朝日町主催)での久繁哲之介さんの指摘のとおりで、漠然とした田舎暮らしへの憧れや都市生活の疲れからの逃避、自尊心が高く市役所担当者や地区長と折り合わない、といった要素があるとうまく行かないようです。

 市庁舎での概要説明の後、地域おこし協力隊員が活動している飛渡(とびたり)地区を現地見学しました。ご対応ありがとうございました。

関連記事:地方創生フォーラム
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-1429.html


十日町市
 十日町市役所(大地の芸術祭の里)

十日町市
 視察・研修

十日町市
 質疑と意見交換

十日町市
 飛渡(とびたり)地区の倉庫

スポンサーサイト



観光未来創造塾(修了式)

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 とやま観光未来創造塾第5期の修了式に臨みました。
 前段の取り組み発表で、飛騨古川にて学びを進めるグローバルコースのお二方の活動の紹介はなかなか聴きごたえがありました。後段はプレゼンテーションと表彰式。私は「アニメーション映画の舞台を生かした観光・地域振興」の主題で発表しました。
 登壇者および同塾関係者の皆さま、半年間ありがとうございました。

中日新聞 2015年11月29日富山欄
「誘客へ 新しい知恵 とやま観光塾 プラン披露」
 http://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20151129/CK2015112902000039.html


観光未来創造塾
 グローバルコースの原井紗友里さんと尾間俊雄さん

観光未来創造塾
 教授・講師陣

観光未来創造塾
 発表者の松田秀明さん

観光未来創造塾
 発表者の株式会社ABGコミュニケーションズ

観光未来創造塾 観光未来創造塾
 修了証書の授与(左)と観光魅力アップコースの奥田哲也さん・太田直さんのあいさつ(右)

観光未来創造塾
 石井隆一名誉塾長(富山県知事)を囲む交流会 

農業シンポジウム

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 上市町議会の産業振興対策特別委員会(碓井憲夫委員長)主催でシンポジウム「若者が集まる農業のために」を開催しました。パネリストとして稲葉農園の稲葉悟さん、メデルケの井原真吾さん、自然栽培に取り組む有澤ゆかりさん、安井ファームの安井実枝子さんの4名と、助言者として小原営農センター(富山市)前代表の三浦直(なおき)さんと上市町農業者協議会会長の稲垣鎌三さんのお二方をお招きし、一般参加の方々を交えてあるべき姿を探りました。
 登壇者および参加者の方々、貴重な機会をありがとうございました。



農業シンポジウム
 パネリストの皆さん(左から安井・有澤・井原・稲葉各氏)

農業シンポジウム
 助言者の三浦直さん(左)と稲垣鎌三さん(右)

農業シンポジウム
 一般参加者の皆さん


富山新聞 2015年11月25日
「若者の就農へ議会がシンポ 上市 特別委、町活性化へ27日」
富山新聞2015年11月25日

北日本新聞 2015年11月28日
「農業活性化策考える 上市 若手農家らがシンポ」
北日本新聞2015年11月28日

富山新聞 2015年11月28日
「若手就農の道探る 上市町議会特別委 地域再生へシンポ」
富山新聞2015年11月28日

広報かみいち2016年1月号より PDF版
 若者が集まる農業を考える ―就農シンポジウム―
広報かみいち

朝活かみいち1周年記念

 早朝の集い「朝活かみいち」に参加しました。上市町役場隣の軽食喫茶M's CLOUD(エムズクラウド)にて。
 今回は朝活かみいちの発足1周年を記念して、富山県上市町出身であり、東京で主にモデル・舞台俳優として活動する来栖梨紗(くるす りさ)さんをお招きしてお話を伺いました。


朝活
 朝活かみいち世話人の富樫豊さん

朝活
 来栖梨紗さん

朝活 朝活
 参加者の方々(左)と立ち姿の来栖さん(右)

朝活
 写真の紹介

朝活
 実演

商店街の柱でお勉強

 上市町の西中町商店街(まちなか交流プラザ「カミール」界隈)で、国語や算数の学習に役立ちそうな掲示が登場しました。
 どちらかというと小学生向けですが、保育園児が文字どおり背伸びしてお兄さん・お姉さんの勉強に触れてみる、といった使われ方もよろしいかと思います。

西中町

西中町 西中町

岩城家文書の世界展

 滑川市立博物館で企画展(「岩城家文書」の世界)が開かれ、滑川出身の堂宮大工(神社仏閣の大工)の岩城家代々の仕事が紹介されています。
 今日は祝日ということもあって、近藤学芸員による大変分かりやすい展示解説(ギャラリートーク)付きでした。企画展を機に滑川市街の建築物マップも作成・配布されています。


岩城家文書
 今日は展示解説日

岩城家文書
 近藤浩二学芸員の解説

岩城家文書
 建築物マップ

パルのちんどん屋さん

 一昨日リニューアルオープンした上市町のショッピングセンター「パル」、ちんどん屋さんが店内を練り歩き、チンドンチンドンとにぎやかです。
 なお富山市街では毎年4月、ちんどん屋さんの全国大会(全日本チンドンコンクール)が開催されて春の風物詩となっております。

パル

パル

パル

晩秋の花の家(じゃがいも収穫)

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 三連休中日の「おおかみこどもの花の家」(ウェブサイト)、今日は「畑で収穫しちゃいます」の催事の一日とのことで、朝から畑のじゃがいも収穫を体験。曇天(どんてん)の空模様ですが、家族連れや山歩きの一行でにぎやかです。


花の家
 古民家「花の家」の主の山崎正美さん

花の家
 じゃがいも畑

花の家
 じゃがいもの収穫

花の家
 じゃがいもの収穫

花の家
 山歩きの御一行

ジオパークフォーラム

 北陸の大地で考えるジオパークフォーラム1日目に参加。新潟・富山・石川・福井のジオパーク、すなわちユネスコ(国際連合教育科学文化機関)が後ろ盾になっている大地の公園として認定された地域の関係者が、生態系や農業の視点を交えて議論を行いました。富山県民会館にて明日11月22日(日)まで。

富山新聞 2015年11月22日
「ジオパークの活用考える富山でフォーラム パネル討論や講演」
 http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/T20151122201.htm


ジオパークフォーラム
 生態系との関わりをお題とするプレゼンテーション

ジオパークフォーラム
 佐渡ジオパークの市橋弥生さんと立山黒部ジオパークの石須秀知さん

学生によるアートマーケット

 富山県民会館1階にて、越中(えっちゅう)アートフェスタの一環で学生アートマーケットが開催中です。会期は11月21日(土)および22日(日)の2日間。

アートマーケット

こども環境学セミナー

 公益社団法人「こども環境学会」主催のセミナーが、富山市民プラザにて開かれたので一般参加しました。
 若者が取り組むまちづくりについて、富山市内の大学生の活動拠点(まちなか研究室MAG.net)や名古屋のユースクエア(青少年交流プラザ)の事例などを題材に、参加者を交えて意見交換しました。


こども環境学会
 富山大学准教授・大西宏治さんの講演「富山で取り組む若者のまちづくり」

こども環境学会
 NPO法人子ども&まちネット理事長の伊藤一美さんの講演「脱優等生的発想の若者がつくるまちのカタチ」

こども環境学会
 パネルディスカッション「若者のまちづくり」

こども環境学会
 富山大学3年の長沖賢志さん

こども環境学会
 MAG.fes 2015

第1回 姫たちのフェスティバル

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県上市町(かみいちまち)の複合施設カミールこと上市町まちなか交流プラザ2階にて、町内外の女性オーナーによる魅力的なショップが大集合する「姫たちのフェスティバル(姫フェス)」が初開催されました。上市町の主催で、女性起業家グループの市姫東雲会(いちひめ しののめかい)が開催協力しています。

関連記事:北陸ウーマンズ・マーケット
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-1741.html

富山新聞 2015年11月22日
「夢の起業へ女性が実践 上市町で初のフェス 店舗運営を体験」
 http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/T20151122204.htm

広報かみいち2016年1月号より PDF版
 女性が起業にチャレンジ! ―第1回 姫たちのフェスティバル―
広報かみいち


姫たちのフェスティバル
 司会の古野知晴(ちはる)さん

姫たちのフェスティバル
 上市町の伊東尚志(ひさし)町長のあいさつ

姫たちのフェスティバル
 萩原扶未子プロデューサーのあいさつ

姫たちのフェスティバル
 出店者の紹介

姫たちのフェスティバル
 テープカット

姫たちのフェスティバル
 会場のカミール2階

姫たちのフェスティバル
 草花苗の体験

姫たちのフェスティバル
 そばがきぜんざい(蕎麦掻き善哉)

姫たちのフェスティバル
 kotori農園の野菜

姫たちのフェスティバル
 Le nail salutのネイル

パルのリニューアルオープン

 上市(かみいち)ショッピングタウン「パル」が、11日間の全館休業を経て本日リニューアルオープンしました。核店舗の大阪屋ショップ(食品スーパーマーケット)を中心に賑わっております。

パル パル

北日本放送 2015年11月20日
「「上市パル」リニューアルオープン」(動画
富山テレビ 2015年11月20日
「上市の「パル」がリニューアル」(動画

ハッピー上市会

 「ハッピー上市会」の集まりに参加しました。同会は今年6月に富山県中小企業家同友会と共に上市町地域活性化フォーラムを開催して以来、小柴順子会長のもと毎月の定例会化を図っています。
 先月は町の将来像を話しあい、今回は我々がコミット(主体的な関わりをもつこと)できる事柄を論点としております。

関連記事:ハッピー上市会×上市町企画課
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-1782.html


ハッピー上市会
 会長の小柴順子さん(左)と司会進行の松井健彰さん(右)

ハッピー上市会
 意見交換

ハッピー上市会
 意見交換

ハッピー上市会
 事務局の谷口さん(左)と地元金融機関の石黒さん(右) 

スカイドーム神岡

 下呂市訪問の道中で、岐阜県飛騨市神岡町の道の駅「スカイドーム神岡」に立ち寄りました。
 神岡はもともと研究施設のスーパーカミオカンデ(神岡宇宙素粒子研究施設)で知られる町ですが、先日ノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章博士に関する展示が追加されています。梶田博士は富山市(旧大沢野町)在住です。受賞おめでとうございます。

スカイドーム神岡

スカイドーム神岡

下呂市役所訪問

 上市町の議会運営委員会で、今年1月に上市町と災害時相互応援協定を締結した岐阜県下呂市を訪問しました。下呂(げろ)市は日本三名泉のひとつ下呂温泉で知られ、市庁舎は温泉街の一角に位置します。温泉は当市の目玉でありますが、市域自体は旧下呂町を含む4町1村で2004年に合併した広大な地方公共団体であり、山林が9割を占めます。
 下呂市議会の議長および議会運営委員長らと、議会運営や防災等について意見交換を行いました。災害対策ではとりわけ、下呂市域に含まれる活断層の危険性を踏まえて対応策を講じているとのこと。


下呂市
 下呂市役所での意見交換

下呂市
 下呂市の野村誠市長のあいさつ

下呂市
 上市町議会運営委員会の伏黒(ふしくろ)日出松委員長

下呂市
 (左から)下呂市議会の中島議長と議会運営委委員会の中野委員長・中島副委員長

【在宅医療】見える事例検討会体験【多職種連携】

 たてやまつるぎ在宅ネットワーク主催の研修会に参加しました。在宅医療推進のための多職種連携研修会と題し、伊東市民病院の八森(はちもり)医師らによって考案された事例検討会の手法を体験する講座です。
 この「多職種による見える事例検討会」は、(1)課題解決、(2)支援者の援助能力の向上、(3)地域ネットワークづくりを目的に考え、八森淳さん(職種 医師)および大友路子さん(職種 社会福祉士)により開発された新しい事例検討会の様式とのこと。1時間弱の講義のあと、八森・大友両氏がファシリテーターとなって、実際の入院患者の事例を参加者で検討しました。
 トニー・ブザンの著書(ザ・マインドマップ)は持っているのですが、このように地域医療連携の現場で活用する講座は初体験です。有意義な研修会でした。


多職種連携
 緩和ケア版 見える事例検討会

多職種連携
 上市町福祉課・高慶(こうけい)主幹の開会あいさつ

多職種連携
 講師の大友路子さんと八森淳さん

多職種連携
 事例検討を行うかみいち総合病院の佐藤幸浩内科部長(右手前)

多職種連携
 「多職種による見える事例検討会」のガイドブック

ヒューマンコミュニケーションフェスタ

 人権擁護が題目のヒューマンコミュニケーションフェスタに参加しました。富山国際会議場にて。
 今年の講演テーマは児童虐待です。大阪のNPO法人虐待問題研究所の上原よう子代表から、「被虐待から考える子どもたちの守り方」と題したお話を伺いました。

人権 人権

 なお今年7月から、児童相談所の全国共通ダイヤルの番号が、従来の10桁から「いちはやく」の語呂で覚えやすい3桁の「189」になっています。
 児童虐待が疑われる際の通告・相談に役立つ全国共通の電話番号であり、189番で最寄りの児童相談所に繋がります。

かみいちの数字めぐり(「議会広報かみいち」掲載)

 上市町議会の広報誌「議会広報かみいち」の第5号が発行されました。主に9月定例会の審議内容をお伝えする内容です。
 視点欄には、下記のとおり「かみいちの数字めぐり」と題した短文を寄せております。

議会広報

【視点(議員コラム)】 成川友仁
――― かみいちの数字めぐり ―――
 映画「劒岳点の記」に登場する点の記とは、緯度・経度や標高の基礎になる基準点の記録を意味します。我が町は、測量や数字に縁のある町です。姉妹都市も「九十九里」町で、日本地図を作った伊能忠敬の生まれ故郷です。
 そんな次第で、我が町では1から順に数字をたどって行くことが出来るのです。
 数字の1は、KAMI・1と書かれた上市Tシャツの背中の1。2はカヌー競技場がある上市川第二ダム。3は上市高校隣の三杉公園。4は新川会の四ツ葉園や団地の四葉台。5は山加積の五位尾。6は大岩山日石寺の六本滝。7は健康科学専門学校近くのため池の七郎の池。8は食事処の八山やそば店の八笑。9は味蔵などで販売している九宝茶。
 9といえば今夏公開の映画「バケモノの子」(細田守監督)では、主人公が9歳の挑戦よろしく9歳で親もとを離れて熊徹に弟子入りし、九太の名前を与えられました。
 かみいちTシャツを着て町内をめぐり、滝に打たれて九宝茶で一服。小説「バケモノの子」を角川文庫でしばし読みふければ、上市町がもっといとおしくなるのではと思います。

味蔵

常願寺川公園の「わんぱく広場」

 立山町・富山市の境を流れる常願寺川(じょうがんじがわ)の河川敷公園の一角を占める「わんぱくひろば」に設けられている遊具群を見学しました。
 立山町総合公園と同じく、10の約束と題した一般的な注意事項と管理事務所の連絡先が掲げられるとともに、3歳から6歳までの幼児には大人の付き添いを求める文言が付記されています。


常願寺川公園
 複合遊具のデザインテーマ

常願寺川公園
 複合遊具

常願寺川公園
 10のやくそく

立山町総合公園の「とりでの丘」

 立山町郊外にある総合公園の一角を占める「とりでの丘」に設けられている遊具群を見学しました。
 10の約束と題した一般的な注意事項(脱げにくい靴を履く,マフラーなど引っ掛かり易い物は取る,上着の前を開けっ放しにしない,ランドセルや鞄は置いて遊ぶ,紐付き手袋をしない,遊具に紐を巻き付けない,濡れた遊具で遊ばない,壊れた遊具で遊ばない,上から物を投げない,飛び降りない)と管理事務所の連絡先が掲げられるとともに、3歳から6歳までの幼児向けの遊具には大人の付き添いを求める文言が付記されています。


立山町総合公園
 児童用コンビネーション紹介

立山町総合公園
 児童用遊具

立山町総合公園
 児童用コンビネーション「10のやくそく」

立山町総合公園
 幼児用コンビネーション紹介

立山町総合公園
 幼児用遊具

立山町総合公園
 幼児用コンビネーション「10のやくそく」

街なか文化祭の市姫さんど

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 上市町の西中町商店街の複合施設で春から秋まで月1度開かれる「市姫さんど」、今年最後の開催で春までしばらくお休みということで、上市高校のぷち(petit)文化祭を兼ねて部活動など各種のパフォーマンスが華やかに披露され、雨天にもかかわらず老若男女で賑わっております。

富山新聞 2015年11月16日
「学校で栽培の野菜販売 上市高生徒会、商店街イベントに参加」
 http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/TH20151116411.htm


市姫さんど
 上市町商工会女性部の飲食テント

市姫さんど
 上市消防署の啓発活動

市姫さんど
 上市高校書道部

市姫さんど
 書道パフォーマンスの作品

フレアール・フェスティバル

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 厚生労働省系の地域の活動拠点「働く婦人の家」の各種定期講座の発表会が、上市町役場隣の北アルプス文化センターにて開催されました。2日目の今日はステージ発表が行われ、雨天にもかかわらず盛況です。


フレアール
 販売コーナー

フレアール
 展示コーナー

フレアール
 相撲甚句の発表

フレアール
 フォークダンスの発表

福祉フォーラム

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県総合福祉会館(サンシップとやま)で開催された福祉フォーラムに一般参加しました。福祉のまちづくり賞の表彰式、鈴木ひとみ氏の講演、パネルディスカッションの3部構成です。富山のまちづくりを先駆する複数の知人が登壇。

北日本放送 2015年11月14日
「福祉フォーラム 安心して暮らせるまちづくりを」
 http://www.knb.ne.jp/news/detail/?sid=9408


福祉フォーラム
 やさしい福祉のまちづくり賞の表彰

福祉フォーラム
 NPO法人くるみの岡本久子代表(右)

福祉フォーラム
 鈴木ひとみさんの講演「人に優しい地域づくり、街づくり」

福祉フォーラム
 パネルディスカッション

福祉フォーラム
 NPO法人ロシナンテの石川真一代表

福祉フォーラム
 NPO法人工房あおの丘の西島亜希代表

つるぎ特産フェスティバル&みのりフェア

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 上市町の農業祭「つるぎ特産フェスティバル」とJAアルプスの「みのりフェア」とが同時開催されている会場(江上5叉路のアルプス農協倉庫)を訪ねました。
 フェスティバル冒頭の品評会表彰式には、上市町のマスコット「つるぎくん」も登場し、受賞者の皆さんだけでなく子供たちも大喜び。また今年のフェアから、名前詩人の西田みのるさん(魚津市)のブースが初めて設けられております。明日11月15日(日)まで開催。


みのりフェア
 表彰式

みのりフェア みのりフェア
 つるぎくん(左)の胴体を占める里芋(右)

みのりフェア
 上市町産業課長による表彰

みのりフェア
 販売テント

みのりフェア
 名前詩人の西田みのるさん

経営研究フォーラム

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県中小企業家同友会のフォーラムに一般参加しました。
 南砺市のエコビレッシ構想や中小企業振興条例を考える分科会で意見交換し、全体会では農業生産法人グリンリーフ(群馬県昭和村)の澤浦代表の講演を拝聴しました。分科会では、富山県内市町の行政職員も、同友会会員に交じって意見を交わしました。


経営研究フォーラム
 分科会「南砺市の未来の姿を語ります!」

経営研究フォーラム
 南砺市の田中幹夫市長

経営研究フォーラム
 南砺市エコビレッジアドバイザーの山崎正治さん

経営研究フォーラム
 パネリストの近江清さん

経営研究フォーラム
 森田昌孝代表理事のあいさつ

陽毬(ひまり)

 上市町音杉コミュニティセンター近くの角に先月開店した陽毬(ひまり)で、お好み焼きと焼きそばを頂きました。お店の名前は、店主の陽恵(はるえ)さんの名と、円満な形のまるいお好み焼きから想起する毬(鞠・まり)にちなむとのこと。
 なお、上市町の空き店舗活用を図る補助金の適用第1号です。開店おめでとうございます。

中日新聞 2015年10月22日富山欄
「空き店舗で夢の飲食店 上市町補助金第1号」
 http://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20151022/CK2015102202000045.html

陽毬 陽毬

陽毬

丸山総合公園の遊具

 上市町郊外にある丸山総合公園の一角に設けられた遊具が、安全性に問題ありとして先月から使用禁止となっています。国土交通省の「都市公園における遊具の安全確保に関する指針」に沿った「遊具の安全に関する基準」に基づくとのこと。

丸山総合公園

丸山総合公園

丸山総合公園 丸山総合公園

丸山総合公園

上市町宮川地区 町議会議員・区長(町内会長)懇談会

 宮川地区(上市町立宮川小学校区)の町議会議員3名(田中・勝戸・成川)と区長(町内会長)10名ほどで、地域が抱える課題について意見交換を行いました。懇談内容を踏まえて、施策の方向付けを図ります。

宮川地区懇談会

クロポッケ

 プレオープン中のコミュニティー・カルチャールーム「クロポッケ」を見学しました。上市町の電気屋さん「クロダ電機」に併設された、多目的交流スペースです。グランドオープンは12月3日(木)の午前11時とのこと。


クロポッケ
 金・土・日プレオープン

クロポッケ
 市姫東雲会の事務局

クロポッケ
 クロポッケの椅子と机

クロポッケ
 店主の黒田直美さん

クロポッケ
 立山連峰の借景


 | ホーム |  次のページ»»