FC2ブログ

プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


全記事表示リンク


北アルプス吹奏楽団の定期演奏会

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県上市町(かみいちまち)を活動拠点とする「北アルプス吹奏楽団」の第21回定期演奏会を鑑賞しました。
 北アルプス文化センターにて。文字どおり北アルプス(飛騨山脈の通称)のふもとの町で、美しい山並みのごとく市民に親しまれる楽団です。

 第1部(曲目:音楽祭のプレリュード,アヴェンテューラ,コンサートマーチ「青葉の街で」,月光波濤)、第2部(青春 ♪思い出のリクエスト♪)、第3部(曲目:ハリウッド万歳,ニュー・シネマ・パラダイス,魔女の宅急便コレクション,ダンシン・メガヒッツ)とそれぞれ衣装を替えて、趣向も変えて、見ごたえ・聴きごたえがありました。要所要所で披露される独奏も印象に残りました。アンコール(曲目:レット・イット・ゴー~ありのままで~)もよかった。


北アルプス吹奏楽団
 第1部

北アルプス吹奏楽団
 第2部

北アルプス吹奏楽団
 第3部

スポンサーサイト



自民党富山県連の第3回政策コンテスト

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 自民党富山県連青年局・青年部が主催した公募提案型の政策コンテスト「とやまの未来を拓く元気な明日創造プラン」につき、富山駅北のタワー111(トリプルワン)で開催された公開プレゼンテーションを聴きに行きました。
 一次審査を経て登壇者となった7者の政策提案は、以下のとおりです。

(1) 清水智紀 「富山県・観光とスポーツの融合推進プラン」
(2) 浅地隆佳 「2020東京オリンピックを目指せ!」
(3) 堀内仁志 「伝統工芸弟子雇用促進事業」
(4) 舎川智也 「子ども投票」
(5) 大塚康平 「市町村大運動会」
(6) 久保田瞳 「部活動の遠征・大会もご縁!富山の味の魅力発信」
(7) 藤田哲朗 「カジュアル投票―『まちなか投票所』と『投票所のクラウド化』」

 全般的に、提案内容は悪くはないのですが、小粒になっているような気もいたします。どこかで聞いたような着想も、先行研究や先進事例への言及やそれらを乗り越える提案も乏しいように感じられました。
 やはり政党色が強く出て来ると、間口も絞られ、器に収まる政策提案が前提となるのはやむを得ません。今秋自由民主党本部での全国大会の開催に向けて、地方発の取り組みを3年続けて実績を積み、興行的にも成功裡といえるでしょう。その反面、例えば反原発のような特定の傾向をもった政策提案は、本戦には出てこないし、応募もされないでしょう。
 ちなみに私も昨年当該政策コンテストに応募しているのですが、書類審査を通りませんでした。その後地方議員となって、微力ながら議会の場で政策提案をつつがなく行っていることを踏まえると、実務的知見に立脚したものは華がなく(コンテスト向きではない)、主催者的にもあまり好まれないのだろうと思います。

 なお午後からは、富山駅北のオーバードホールにて、自由民主党富山県支部連合会(自民党富山県連)の定期大会が盛大に開催されました。

関連記事:自民党富山県連の政策コンテスト
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-337.html

政策コンテスト
 田畑裕明代議士(自由民主党青年局次長)の挨拶

政策コンテスト
 発表者の久保田瞳さん

政策コンテスト
 最優秀賞の堀内仁志さん

政策コンテスト
 記念撮影

北アルプス横断道路構想に関する勉強会

 上市町議会の「アルプス縦貫トンネル促進特別委員会」と滑川市議会の「北アルプス横断道路推進研究会」とが合同で、勉強会をおこないました。いわゆる北アルプス横断道路構想に関する勉強会です。富山県議会議事堂にて。
 富山県庁から担当の道路課長・道路課計画係長などが出席し、滑川選挙区選出の神田真邦県議もオブザーバーとして臨席し、適宜説明や助言を頂きました。

 横断道路の構想は20年以上前から存在するものの、優先順位が低いと見えて、具体的な調査も未着手です。また、ルートの候補が少なくとも3つあって、各々のルートの玄関口を抱える関係市町同士が綱引きしている状況かと思います。
 トンネルの相手方の長野県としても、北アルプスを抱えて富山県に近しい自治体(大町市・白馬村など)はともかく、多くの市町村は政治経済的にも東京を向いている(背後に位置する富山は存在感が乏しい)のが現状とのこと。
 近隣県・市町村で新幹線のルート選定や駅の候補地を争った時代とは異なり、中国などへの国際便を有する富山空港や、日本海の拠点港たる伏木(ふしき)富山港の活用を踏まえた、大局的・地政学的な視点が不可欠とのことです。
 また、北アルプス・ゴールデンルート(富山・新潟・長野・岐阜の県際周遊ルート)の提案を生かすべく、県際で人・物・金・情報の流れを生み出す取り組みが求められ、各県・各市町村の盛り上がりと交流が前提になる旨理解しました。

 この点、いわゆる鳥の目・虫の目と相対的な視点を取り込むなら、例えばPrezi(プレジー)のような拡大・縮小・回転が自由自在なプレゼンテーション・ソフトウェアを活用すれば、我々の理解も進み、関係機関を説得的に巻き込みやすいのでは…とふと思いました。

北アルプス横断道路構想

北アルプス横断道路構想

北アルプス横断道路構想

新宮川駅の花壇

 富山地方鉄道本線・新宮川(しんみやかわ)駅の駐車場の花壇、よく見ると「心」の文字の形に花が植わっています。
 この駐車場はパーク・アンド・ライドの目的で整備されましたが、もしかしたら、心を込めて乗客を送り迎えする、といった趣旨なのかもしれませんね。

新宮川駅

新宮川駅

極小ソーラーシステムの体験

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 「銀河電力」を主宰し、「独立型太陽光発電」のインストラクターとして全国に知られる早川寿保さんが行う、極小ソーラーシステムの体験会に参加しました。のらでん(野良電)こと富山県舟橋村の松下邸にて。
 早川さんが提案する独立型の太陽光発電は、屋根などに載せられ電力会社の送電線に繋がる形式(系統型)の太陽光発電とは違って、送配電の系統から独立しているのが特徴です。30ボルト未満の電圧ならば、電気事業法の規制を受ける電気工作物には当たりません。数万円程度の出資で叶う、いわば俺様電力とも言うべき自由度と身の丈感覚が魅力で、老若男女に人気とのことです。

 早川さんは、太陽光発電で得た電気で動くノートPCとプロジェクターでひとしきり熱弁をふるった後、軒先に出て車載の機材を取り出しワークショップをご指導。
 太陽電池パネル、バッテリー(蓄電池)、コントローラー(管理系)、インバーター(直流交流変換器)を順次相互に接続して、電気が生み出されるさまを目の前で体験することができました。

 北海道は道央の町・夕張郡由仁町(ゆにちょう)から東北・関東経由ではるばる富山に訪れた早川さんの体験会ですが、参加者は松下邸の主・松下兼久さんと私の二人だけでした。日本一小さな面積の村(舟橋村)にて、おそらく日本一小さなワークショップの開催とあいなりました。
 早川さんは秋頃にはまた北陸を訪れる可能性があるとのことで、再会を期しました。

greenz.jp 2013年9月6日
「「ベランダで野菜を育てるように、電気をつくろう!」“あるものいかす”独立型太陽光発電インストラクター、早川寿保さんインタビュー」
 http://greenz.jp/2013/09/06/hayakawatoshiyasu/


太陽光発電
 講師の早川寿保さん

太陽光発電
 独立型太陽光発電(オフグリッド・ソーラー)のすすめ

太陽光発電
 構成要素4点(太陽電池パネルなど)の相互接続

太陽光発電
 点灯式

宮川小学校の運動会

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 上市町立宮川小学校の運動会に臨席しました。
 従来初秋に運動会を開催していましたが、このところ酷暑が続く夏場の準備や練習の負担を考え、今年から春に行うよう日程変更とあいなった次第。
 今日は雲一つない快晴で、気温もぐんぐん上がり、水分補給を呼び掛ける放送が繰り返し行われました。

 NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」のテーマ曲が競技のBGMに使われるあたりが今どきの運動会らしい。ちなみにご当地が舞台モデルの映画「おおかみこどもの雨と雪」の劇中曲は、組体操で登場しました。

 児童や保護者は参加して楽しい、演じて楽しい、そして地域住民も眺めつつ声援を送って楽しい、関わる皆が楽しめる運動会が理想です。競技種目の選定や赤白青黄4組の実力均衡、保護者の参加形態(PTAリレー・親子二人三脚等)、児童の安全対策といった各所で工夫が伝わってきます。

 ちなみに応援合戦で最優秀となった赤組は、着想の視座の高さ(努力などの人的要素と時の運の如き超越要素の表現)に加えて、他の組へのリスペクト(敬意を表すること)が率直に伝わったことが勝因と思います。
 なお、教職員はお揃いの紅色のTシャツ(かみいちTシャツ)を着ていたのでたいへん分かりやすいし、見た目にも鮮やかでした。


宮川小学校 宮川小学校
 開会のことばを述べる郷田千秋校長と優勝旗

宮川小学校
 PTAリレー

宮川小学校
 綱引き

ベタ踏み坂

 ダイハツ工業株式会社の軽自動車のテレビCM(タント「坂」篇)で一躍有名になった「ベタ踏み坂」こと江島大橋を見学しました。
 これは鳥取県境港市と島根県松江市(江島)との間に架かる橋で、橋の下を大きな船が通れるよう勾配が設けられ、眺める場所によっては、非力な車がアクセルを最大限踏み込まないと登れない大変な急坂に見えるわけです。
 橋の特徴と車の強みを同時に伝える見せ(魅せ)方が大いに参考になります。橋詰の看板も、技術的な説明と観光客向けの案内表示とを兼ね備えております。

ベタ踏み坂

ベタ踏み坂

米子市役所

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 上市町議会の行政視察で、鳥取県の米子市役所を訪れました。(のちほど追記)


米子市役所
 市庁舎

米子市役所
 ふるさと納税のご案内

米子市役所
 米子市民体験パック

出雲大社

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 上市町議会の広島・山陰方面への行政視察の際、一同で出雲大社に参拝しました。
 昨年、60年ぶりとなる「平成の大遷宮」を終えた本殿は、誠に立派な社殿でありました。

 出雲大社は、縁結びにご利益ありと広く親しまれているところ、ちょうど私どもの参拝の翌週、出雲大社の千家国麿氏と高円宮家の典子さまとのご婚約が発表されました。おめでとうございます。
 幸縁むすびストラップの絵柄を髣髴とさせる、麗しいお姿です。私も若くて麗しい女性と幸縁のあらんことを…


出雲大社
 出雲大社の標石

出雲大社
 大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)

出雲大社
 本殿案内

出雲大社
 幸縁むすび

出雲大社
 神楽殿前の日の丸

せら夢高原(広島県世羅町)の六次産業化

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 上市町議会の行政視察で、広島県世羅町(せらちょう)を訪れました。
 世羅高原6次産業ネットワークの橋川正治会長および世羅町産業振興課担い手支援係の和泉さんにお話を伺いました。(のちほど追記)


せら夢高原
 せら夢公園

せら夢高原
 ひと・まち・未来のリレーション

せら夢高原
 質疑応答(手前は上市町議会の勝戸議長と碓井副議長)

せら夢高原
 せらワイナリー

せら夢高原
 せら高原夢マップ

岡山後楽園

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 中国地方の広島(県東部の世羅町)と島根・鳥取(出雲・松江・米子方面)に、上市町議会の2つの常任委員会(総務教育委員会および産業厚生委員会)が合同で2泊3日の行政視察に赴きました。
 1日目は、日中の大半を移動にあてました。そして雨の中、岡山城のそばにある名勝・後楽園を訪ねました。後楽園の名称のもとは「先憂後楽(せんゆうこうらく)」で、中国は北宋時代の政治家・范仲淹(はんちゅうえん)が著した「岳陽楼記」にある「天下の憂えに先んじて憂え、天下の楽しみに後(おく)れて楽しむ」、すなわち為政者の心得を述べた言葉に由来します。

後楽園 後楽園

後楽園

薬用植物指導センターの芍薬(シャクヤク)

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県上市町(かみいちまち)にある富山県薬用植物指導センターを訪れ、シャクヤク園(圃場の一角)の芍薬の花々を観賞しました。さまざまな品種の芍薬が、見頃を迎えています。
 同センターは、富山中部広域農道(いわゆるスーパー農道)を広野交差点で、山側に曲がって500mほど進んだところにあります。

富山新聞 2014年5月27日
「シャクヤク1万1千株華やか 上市の薬用植物指導センター」
 http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/TT20140527711.htm

薬用植物指導センター

薬用植物指導センター

薬用植物指導センター

薬用植物指導センター

富山グラウジーズのパネル展

 プロバスケットボール「bjリーグ」の富山グラウジーズが練習拠点としている上市町の中心市街地にある「カミール」こと「まちなか交流プラザ」2階にて、グラウジーズのパネル展が開催中です。
 プレーオフに至るまで快進撃を続けるグラウジーズを応援するべく、当初の予定を延長して展示をおこなっております。

富山グラウジーズ

富山新聞 2014年4月の記事
「グラウジーズ、プレーオフへ上々10連勝 富山でプロバスケットbjリーグ 」 (27日
「富山グラウジーズ11連勝 リーグ制覇へ勢い」 (28日
富山新聞 2014年5月の記事
「初のリーグ制覇誓う グラウジーズ」 (9日
「グラウジーズ、日本一へ全力 bjリーグ、きょう、あす魚津で新潟戦」 (10日
「初の地区決勝へ王手 富山グラウジーズ」 (11日
「富山グラウジーズ、初の東地区決勝進出 プレーオフで新潟下す」 (12日
「「日本一つかむ」 富山グラウジーズ交流会」 (19日
「日本一へ守備磨く 富山グラウジーズ」 (22日
「絆の強さ「歴代最高」 グラウジーズが富山で今季終了報告」 (28日
「来季もファイナルズへ グラウジーズ、富山市役所を訪問」 (31日
富山新聞 2014年6月の記事
「「来季は優勝」 富山グラウジーズ選手ら知事に飛躍誓う」 (3日
「「経験生かし、次は優勝」 富山グラウジーズ」 (12日

アースデイとやま2014

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山市ファミリーパークで催されたアースデイとやま2014を訪れました。
 アースデイ(地球の日)はその名のとおり、地球環境に関わる事柄を通して地球のことを考える日です。
 快晴の空に恵まれ、素晴らしい陽気の一日となりました。
 バンブー・セーブ・ジ・アースの渋谷代表、合掌の森プロジェクトの荒井さん(合掌の物語りん社長)・由宇さん(デザイナー)、メデルケの井原代表、東北AIDの酒井さん(浪江焼きそば)、北陸三県ありがとうプロジェクトの山科さん、といった知る人ぞ知る有為の方々に、アースデイ会場でお会いすることができました。天空のお日さま以上に輝いていらっしゃいました。


アースデイ
 ポスター

アースデイ
 会場

アースデイ
 浪江焼きそばの販売

アースデイ
 合掌の森プロジェクトの赤かぶと手漉き和紙名刺

アースデイ
 自然農こうちあきお(河内聰雄)さんとten-nenデザイン由宇(五十田由子)さんの対談

富山政治学校の第2回講座

 自由民主党の富山県支部連合会が主催する「富山政治学校」の第2回講座に参加しました。
 前半は石田真敏代議士(和歌山県議3期・海南市長2期を経て衆議院議員5期)による「国と地方のあり方を考える(地方分権・道州制)」と題した講義と質疑応答、後半は前回に続いて豊本治教授が講師を務め、「地方自治の法としくみ」をテーマとした講義でした。

富山政治学校

 自由民主党の道州制推進本部の幹事長も務める石田代議士は、理路整然とした喋りとテンポのよいプレゼンテーションが素晴らしく、首長経験者の国会議員たるやかくあるべしと感銘を受けました。
 道州制には賛否両論ありますが(ちなみに私が町議として研修に参加する町村議会議長会は絶対反対派)、賛成・反対をただただ唱えるのではなく、論点を知情意に適う形で伝える能力が不可欠と考えます。

関連記事:富山政治学校の開校
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-1044.html

ココマルシェ13

 ココマルシェ13(CoCo Marche.13)を訪れました。
 ヨーロッパの蚤の市を思わせる、ココマルシェの空間。
 ここには感度の高い人々が集まってきている。ここで手応えをつかめば、次の段階が見えてくる。何となく、「ここが市場だ、ここで跳べ!」なる格言(?)が頭に浮かびました。

ココマルシェ

ココマルシェ

日本海学の研究成果発表会

 日本海学研究グループ支援事業の研究成果発表会に参加しました。
 全9件の発表のうち、はじめの2件を聴きました。
 和船建造技術を後世に伝える会の廣瀬直樹さんの「富山湾周辺地域の漁業用具の基礎的研究」、そして滑川(なめりかわ)高等学校の海洋クラブの生徒および澤田和之教諭の「滑川の里海を守るための海洋環境調査および海藻を利用した食品開発」です。
 滑川高では、海洋環境の調査に加えて、海藻を利用した加工食品の開発も進めていますが、特産品として販売してゆくには保健所の許可などが壁になって、一筋縄では行かないとのこと。地道な取り組みと異業種(教育機関・行政機関をも含む)の連携が鍵になると思われます。

関連記事:日本海学シンポジウム
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-911.html

日本海学

日本海学

「とくいの銀行」座談会

 富山まちなか研究室MAG.netにて、「とくいの銀行」の座談会に参加しました。
 「とくいの銀行」は特技を融通し合う試みで、引き出しても減らない残高を記した通帳が、人々の理解と参加・参画を促す仕掛けのひとつとなっています。
 このたび“頭取”の深澤孝史さんが富山にいらっしゃって、“富山支店長”の松井遼子さん、富山大学医学部キャンパスでの展開(支店の開設)を模索している医学生などが参加し、意見交換をおこないました。

とくいの銀行

とくいの銀行 とくいの銀行

成川 友仁 News Letter (2014年5月号)

1.講演会 – Seminar –

 4月29日(火)、イタイイタイ病資料館の企画展「萩野昇の生きた時代」を見学し、あわせて研究発表・鼎談の集いに参加しました。イタイイタイ病支援は富山におけるプロボノの先駆けと言え、支援活動に携わった(携わっている)方々に注目するこのような催しは、実に有意義な試みと思います。

萩野昇

2.政治活動・議員活動 – Political Activity –

 4月27日(日)、上市町議会の一同で、大岩山日石寺にて林野庁の沼田正俊長官を囲む懇談会に出席しました。5月13日(火)、上市町議会の一同で、富山県東部消防組合を視察しました。
 4月19日(土)、富山政治学校の一期生として、開校式に臨みました。

3.会議・会合・催事 – Conference –
5月17日(土) 富山政治学校 出席
5月18日(日) アースデイとやま(富山)
5月18日(日) かみいち福祉の里 総会出席
5月31日(土) 政策コンテスト 公開審査会(富山)
6月1日(日) 剱岳山開き・山菜まつり(上市)
6月6日(金) かみいち時間フォーラム(上市)
6月10日(火)・13日(金)・19日(木) 上市町議会 本会議

映画「WOOD JOB!」の鑑賞

 映画「WOOD JOB!ウッジョブ ~神去(かむさり)なあなあ日常~」を鑑賞しました。富山市内の映画館「シアター大都会」にて。
 先日の森林関係のシンポジウムで、農林水産省・林野庁も制作に特別協力と伺い、期待に違わぬ良質なエンターテインメント作品と拝見しました。

 以下、物語をかいつまんでご紹介いたします。
 「緑の研修生」の表紙の写真に惹かれて大都会を離れ、ひとり三重県の山村に赴き林業研修に1年間従事する主人公。大きな都会を去って主人公が目にしたものは、神去村の杣人(そまびと)が伝える、すごく大きい御神木であった…

ウッジョブ

 なお映画では、要所要所で蛇(マムシ)が登場し、原作の続編とも言える夜話編(神去なあなあ夜話)へのオマージュが伝わってまいります。

おもな関連記事
木で未来をつくろう!シンポジウム
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-1052.html
林野庁長官を囲む懇談会
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-1055.html

氷見市役所の見学

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 旧有磯(ありそ)高校の体育館を改装した氷見市役所の新庁舎が、5月の連休明けから業務を開始しました。早速見学に訪れました。
 総合案内で特に身分を明かすことなく見学に訪れた旨を告げたら、新庁舎をひととおりご案内しましょうか?とわざわざ担当の方を呼んでくださって、1階・2階とご説明に付き添ってくださいました。ありがとうございます。

 新庁舎の概要については各紙で報じられているとおりですが、旧庁舎に比べて延べ面積は3割増し程度にもかかわらず広く感じられたこと、また殺風景であろうとの予想を軽く裏切ってまったりできる空間であることが印象に残りました。
 案内表示などは、費用対効果から見ても合理的でありなおかつ美しいあり方が追及されていました。また、日がな一日庁舎で過ごす一般職員にとっては、居住性と効率性とを共に満たす環境づくりが肝要と心得ました。

富山新聞 2014年5月8日
「防災、サービスを充実 氷見市、新庁舎開庁に2300人」
 http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/T20140508205.htm
富山新聞 2014年5月20日
「氷見新庁舎視察が次々」
 http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/TH20140520411.htm


氷見市役所
 新庁舎の外観

氷見市役所
 庁舎1階(各種窓口)

氷見市役所
 氷見市出身の漫画家・藤子不二雄(A)さんの「忍者ハットリくん」が出迎える庁舎2階

氷見市役所
 ワークショップに用いられる区画

e-messeとMEXとビジネス創造フェア

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 石川県が後押しする三つの展示会をまとめて訪れました。石川県産業展示館にて。
 石川県情報システム工業会の第29回「いしかわ情報システムフェア」(e-messe金沢)、石川県鉄工機電協会の第52回「機械工業見本市」(MEX金沢) 、石川県産業創出支援機構(ISICO)の「ビジネス創造フェアいしかわ」(旧・石川県中小企業技術展)です。いずれも5月17日(土)まで三日間にわたって開催されます。


情報システムフェア
 e-messe

情報システムフェア
 ハピログを紹介するピアズマネジメント社

機械工業見本市
 MEX

機械工業見本市
 展示会場

機械工業見本市
 出展者から話を伺う谷本正憲知事

ゆっくりカフェ(埋蔵文化財編)

 建築や文化財への造詣が深い工学博士・富樫豊さんが主宰する懇談会「まちなかゆっくりカフェ」の例会が、弓の里歴史文化館にて行われました。
 大学院で考古学を修め現在富山県上市町の教育委員会で文化財行政に携わる三浦知徳さんから、町内の遺跡で実際に発掘された石器・土器などを教材に、縄文・弥生時代や古墳時代の人々の暮らしに関わるお話を伺いました。

ゆっくりカフェ ゆっくりカフェ

富山県東部消防組合の視察

 上市町の議員一同で、富山県東部消防組合の消防本部(魚津消防署内)を視察しました。
 同消防組合は、魚津市・滑川市・上市町・舟橋村の2市1町1村で消防の広域化に対処するため設立された組合(地方自治法上の特別地方公共団体)で、今年度から消防本部としての業務を開始しています。昨年秋「魚津学び塾」の一環で、一般住民として魚津消防署の方々にお話を伺いましたが、今日は組合を構成する自治体の議員として、市町村消防本部統合後の状況を伺う次第となりました。

 同消防組合のハードウェアおよびソフトウェアの目玉は、2市1町1村の消防活動を支援する情報を一元的に処理することが可能な高機能消防指令センターの新設です。
 これにより2市1町1村の区域での災害通報を受信すると発生場所を即座に特定し、部隊編成から出動指令までの一連の処理を自動的に行い迅速な活動を実現。また各消防署からの同時出動が可能となるなど、限りある人員や設備・資機材を効率的かつ有効に活用できる広域的な体制が整い、救命率の向上や災害による被害の軽減など、一層の消防力の充実・強化が期待できるとのこと。

関連記事:魚津学び塾(大人の社会見学~消防の仕事を学ぼう~)
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-809.html


東部消防組合

東部消防組合

武豊散策

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 愛知県の知多半島に位置する武豊町(たけとよちょう)を散策しました。
 JR武豊線の終点・武豊駅で降り、駅近くの観光案内所にて散策マップなどを手に入れ、貨物運送で重要な役割を担った停車場跡地や、今なお味噌蔵が立ち並ぶ武豊の街並みを堪能。
 名古屋鉄道(名鉄)河和(こうわ)線の知多武豊駅から電車に乗って、一駅先の富貴(ふき)駅まで移動。浦島太郎伝説が伝わる富貴地区を歩きました。

 ちなみに、「愛知」県の「知多」郡の「武豊」町の「富貴」と来れば、佳字・好字の連続でおなか一杯。ところが散策マップでも大きな存在感を示す「知多娘。」の武豊乙姫さんは、いわゆるツンデレです。


武豊
 ぎゃらりぃ夢乃蔵(武豊町観光案内所)

武豊
 ポケットパークの散策路案内板

武豊
 武豊停車場跡地の転車台

武豊
 南蔵 青木弥右衛門

武豊
 富貴駅に停車中の名鉄特急

武豊
 たけとよ歴史と蔵の街&伝説と偉人ゆかりの地

武豊
 富貴ヨットハーバー

武豊
 浦島神社

熱田神宮と名古屋港の南極観測船

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 熱田神宮と名古屋港を訪れました。
 神宮は鎮守の森が素晴らしい。名古屋港には、引退した南極観測船が見学可能な形で繋ぎ置かれ、広場には映画「南極物語」に登場した樺太犬の兄弟の銅像が建っています。
 地下鉄名城線・名港線で行き来でき、いわば「熱」と「寒」とを一度にまとうことができる名所です。


熱田神宮
 メダカが住まう熱田街園

熱田神宮
 熱田神宮の神楽殿

熱田神宮
 神符授与所

名古屋港
 名古屋港に鎮座する南極観測船ふじ

名古屋港
 タロ・ジロの像

児童陸上競技記録会

 富山県上市町の小学校5・6年生を対象とした児童陸上競技記録会が、丸山総合公園にて開催されました。上市町教育委員会・上市町小学校長会主催。
 競技種目は、全員参加の100m走と50mハードル走、選抜児童によるソフトボール投げと走り幅跳びと1000m走、あわせて5種目です。

陸上競技会

 天候が不安定な一日であり、とりわけ昨晩は雷雨となって運動場の状態が危ぶまれましたが、開会式の頃には水たまりなどもなく状況は概ね良好で何よりでした。

陸上競技会

ART/X/TOYAMA(富山国際現代美術展)

 富山発信 ART/X/TOYAMA(アートエクストヤマ) in 魚津(公式ウェブサイト)こと、第7回富山国際現代美術展を訪れました。富山県東部・魚津市の新川文化ホールにて。

 富山市内で開催した1993年・1994年・1997年の催し、魚津市内で開催した2002年・2006年・2010年の催しに続く7回目の試みです。
 出展者が手弁当で関わる催しながら、実行委員会と富山県文化振興財団(新川文化ホール)の主催、富山県・魚津市・魚津市教育委員会・地方新聞社の共催、文化庁・県市の文化関係諸団体・出展者が所属する国の大使館・国際交流団体・NHK富山放送局その他の富山の放送局が後援に名を連ねる重厚な現代美術展です。

 なお鑑賞に先立って、昨日入手した「500円でいいちゃ!」の魚津市内唯一の掲載店「焼肉のバーンズ魚津店」を訪れて、お昼をいただきました。

関連記事:朝活@富山の「500円でいいちゃ!」
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-1063.html


アートエクス
 会場入口

アートエクス
 開催趣旨

アートエクス
 野外ワークショップ

アートエクス
 東日本大震災復興モニュメント

石焼ビビンバ
 焼肉のバーンズ魚津店の「石焼ビビンバ」

朝活@富山の「500円でいいちゃ!」

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 第358回 朝活「500円でいいちゃ!」に参加しました。
 http://asakatsutoyama.blog51.fc2.com/blog-entry-566.html
 国道8号線と国道41号線の立体交差付近にある、喫茶シルバージョーとやま店の貸し会議室にて。
 留学支援を手掛ける株式会社アットワールドの新規事業「500でいいちゃ!」編集部の藪岡嘉子さんに1時間あまりお話を伺いました。

 この事業は、アットワールド社が発行する季刊誌「500円でいいちゃ!」を書店などで購入することで、掲載されている各種料理(700円以上の価格のもの)を、それぞれの飲食店にて一律500円で注文することができる(3か月間限定・料理ごとに3回まで)という仕組みで成り立っています。
 「いいちゃ」とは、「いいですよ」「結構です」などを意味する富山の方言です(関連:ねまるちゃ)。まず石川県版として「500円でどや」(ドヤとはどうだの意味)を昨年創刊し、次いで新潟県版の「500円でなじら」を先月創刊、富山県版の「500円でいいちゃ」が本日創刊とあいなりました。
 藪岡(やぶおか)さんの熱意とお人柄が伝わってくる、苦労話もにこにこ笑いながらお話しになる制作秘話が、かなり興味深かった。

 ちなみに藪岡さんとは先日金沢市の「学生のまち市民交流館」にて、ソーシャルビジネス(社会貢献型の事業活動)でメシを食うことを目指す「ソーシャルメシCLUB」の事例検討会で一度お会いしています。このたび、現実のメシ(ごはん)すなわち飲食店をテーマに、最前線の取り組みの一端を伺う貴重な機会となりました。
 目下、料理の掲載自体は無料とのことで、飲食店にとっては、500円を上回る料理の価格の値引き分が実質的な経費となります。図らずも、これまで広告宣伝に縁の無かった地場の飲食店と新規顧客(地元住民・学生・ビジネスパーソン・観光客など)とをつなげる触媒となって、地域の活性化にも寄与しているようです。
 アットワールド社の収益は、「500円で~」各誌の(書店などへの)売り上げとなりますが、費用(印刷費など)がかさむので軌道に乗るまでが大変です。いわゆる売り手・買い手・世間良しの「三方良し」の方策を模索しています。


朝活
 朝活@富山の永吉隼人代表

朝活
 500円でいいちゃ!編集部の藪岡嘉子さん

みどりの日の花の家

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 アニメーション映画「おおかみこどもの雨と雪」の舞台モデルとなった古民家「花の家」に半日滞在して、来訪者をお迎えしました。
 遠方(関東・近畿など)からいらっしゃった方の割合が高く、また昨年同時期に比べて、既に映画をDVD・Blu-rayなり地上波放送(金曜ロードSHOW!)なりでご覧になった方がほとんどでした。
 地元のケーブルテレビNet3の取材もありました。


花の家
 県道沿いの早瀬

花の家
 花の家の玄関

花の家
 おおかみこどもの登場人物をあしらった将棋

花の家
 畑のチューリップ越しに望む花の家


 | ホーム |  次のページ»»