FC2ブログ

プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


全記事表示リンク


男女共同参画のためのパートナー会議

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 男女共同参画社会の実現を目的とする「女と男のパートナー会議」と称する催しに参加しました。
 富山県庁の男女参画・ボランティア課担当者による施策説明、男女共同参画推進員の上市町連絡会による替え歌(男女参画のありようを分かりやすく歌詞にしたもの)の披露、コミュニケーションを主題とする講演と体験会が主な内容でした。
 替え歌は、推進員の年代もあるかと思いますが、中高年の夫婦を想定するものが多かった。
 講演の部では、知人でもあるHAPPY COACH 52の南雲公子さんが「地域をひとつにするコミュニケーション」と題して1時間あまり登壇し、2人組や4人組になってのコミュニケーション体験(個々人の成功体験や地域の特長・強みの聞き取りと共有)で会場が沸きました。


パートナー会議
 会場の上市町文化研修センター

パートナー会議
 地域をひとつにするコミュニケーション

スポンサーサイト



初夏の花の家

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 アニメーション映画「おおかみこどもの雨と雪」の舞台モデルとなった古民家「花の家」を、1か月ぶりに訪れました。
 奥大岩の源流湧水に寄り道したら、県道と合流するY字路で奇遇にも、富山市などに在住する知人の見学隊3名と遭遇しました。
 初夏の日差しが心地よく、時間が過ぎるのを忘れそうなひと時になりました。

 なお先日観光庁が、いわゆるアニメーションの聖地を外国人にも訴求する行動計画を発表しました。ちなみに花の家のウェブサイトは以前から英語対応しています。


花の家
 菖蒲

花の家
 花の家

花の家
 おおかみこどもの絵

花の家
 納屋の窓と蔓


北日本新聞 2013年6月21日
「アニメ聖地 世界へPR ~観光庁など行動計画~」
【おおかみこどもの雨と雪/上市】
【トゥルー・ティアーズ/城端】
北日本新聞2013年6月21日

蜆ヶ森貝塚と小竹貝塚

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山市呉羽(くれは)地区のJR呉羽駅近くに、蜆ヶ森(しじみがもり)貝塚と小竹(おだけ)貝塚があります。
 いずれも縄文時代の遺跡であり、蜆ヶ森貝塚からは名前のとおりシジミが出土し、小竹貝塚は日本海側最大級の貝塚とのこと。

 同地区の富山県埋蔵文化財センターでは、県内各地の出土品などを展示する「古代へのとびら」展が開催中です。県内遺跡の人気投票もやっていて、ご当地呉羽地区の小竹貝塚が1位になっています。
 なお同センターでは、「とやまの歴史まるかじり ~遺跡から富山の歴史を知り尽くす~」を作成・配布していて、30ページ弱の小冊子ながら情報量が豊富です。


蜆ヶ森貝塚
 蜆ヶ森貝塚と白鬚神社

蜆ヶ森貝塚
 白鬚神社

小竹貝塚
 小竹貝塚と水門

小竹貝塚
 小竹貝塚

とやまの歴史
 小冊子「とやまの歴史まるかじり」

ライオンズの森公園と雄山神社中宮祈願殿

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 大辻山へ登った帰りに、立山町芦峅寺(あしくらじ)にある富山県ライオンズの森公園と雄山神社を訪れました。
 ライオンズの森公園は、社会奉仕団体のライオンズクラブが青少年健全育成および自然環境保全を目的に、LFHことライオンズ・フォレスト・ヒル(Lions Forest Hill)として整備したものです。
 芦峅寺の雄山(おやま)神社は、中宮祈願殿として知られています。映画「劔岳(つるぎだけ)点の記」の撮影も行われました。雄山神社は立山頂上の峰本社と芦峅寺の中宮祈願殿と岩峅寺の前立社壇の3つの主要拠点があり、広く信仰を集めています。
 公園と神社の共通点は、いずれも人々の祈念の思いを受け止める施設であること。末永い加護を願います。


ライオンズの森公園
 富山県ライオンズの森公園

ライオンズの森公園
 トーテムポール

ライオンズの森公園
 あずまや

雄山神社
 雄山神社(中宮祈願殿)

雄山神社
 岩清水と映画「劔岳(つるぎだけ)点の記」

雄山神社
 境内

大辻山

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 標高1300メートル台の大辻山に登りました。
 上市町の早乙女湖(上市川第二ダム)と立山町の立山青少年自然の家とを結ぶ林道大辻山線に、大辻山の登山口があります。登山コースはいくつかあって、今回、上市町・立山町の町境にある鳥越峠に設けられた登山口から町境の尾根道を登ってゆく「北尾根コース」を登りました。のぼり約1時半、くだり約1時間でした。
 標高が上がるにつれて霧が強くなって、山頂の展望は五里霧中。「白岩コース」との合流地点あたりから、カエルの鳴き声が徐々に強くなってきます。山頂付近はカエルの大合唱でした。そして山頂にはトンボが飛び交っていました。
 登山口に降りてくるとカエルの鳴き声は一切しなくなり、徐々に薄くなっていった山霧と共に、何だか神秘的な体験とあいなりました。

 なお、林道大辻山線は上市町側の奥部が工事中のため、8月末まで通り抜けできません。大辻山の登山口には、立山町側から向う必要があります。


大辻山
 大辻山線林道越のやまなみ案内図

大辻山
 大辻山登山口

大辻山
 珍木・抱かれ杉(夫婦木)

大辻山
 北尾根 第8番(白岩コースとの分岐点)

大辻山
 遊歩道

大辻山
 北尾根 第9番(本道コースとの分岐点)

大辻山
 案内板

大辻山
 大辻山の頂上

あさひの郷公園のあじさい

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県上市町(かみいちまち)の旭町(あさひまち)・郷柿沢(ごうかきざわ)地区にある「あさひの郷公園」の紫陽花(あじさい)が見頃です。

あさひの郷公園

あさひの郷公園

あさひの郷公園

成川ともひと後援会の設立総会

 成川ともひと(なりかわ ともひと:成川友仁)後援会の設立総会を開催しました。
 上市町(かみいちまち)中江上(なかえがみ)地区の公民館にて、夕方5時から1時間程度の集いでした。

 はじめに、中江上区長(町内会長)の深美修一さんから開会の言葉を頂きました。深美(ふかみ)さんは、同町内で会計事務所を営む税理士でもいらっしゃいます。
 次いで、成川ともひと後援会の石川博明会長から、ご丁寧なあいさつを頂きました。

 地元の同級生を始めとして、友人からも次々と激励の言葉を頂きました。
 また、富山市議会議員の成田光雄さんと魚津市議会議員の浜田泰友さんさんが駆け付けてくださいました。激励の言葉を頂いた平木県議と併せて、富山県議会・富山市議会・魚津市議会のそれぞれ最年少議員が志で集う、たいへん貴重な機会となりました。
 応援弁士の激励の後、成川ともひとが登壇し、皆さまに感謝の言葉と思いの丈を語りました。

 町内の皆さまへのお披露目を兼ねたこの度の設立総会は、出席者60名を超える盛況となりました。
 中江上副区長の吉岡秀行さんによる閉会の言葉の後、参加者一同で「頑張ろうコール」をおこなって散会しました。

設立総会の登壇者
石川博明(いしかわ ひろあき)
 成川ともひと後援会 会長
嶋作勝行(しまさく かつゆき)
 親族代表・成川ともひとの従兄(いとこ)
平木柳太郎(ひらき りゅうたろう)
 富山県議会議員
松井大樹(まつい だいき)
 宮川小学校および上市中学校の同級生
成川正幸(なりかわ まさゆき)
 県内地域活動の同志
中塚進悟(なかつか しんご)
 富山県青年議会 実行委員
成川友仁(なりかわ ともひと)
 成川ともひと後援会 被推薦者

成川ともひとリーフレット掲載の「ごあいさつ」
 このたび、わたくし「成川ともひと」は、地元上市町の発展のため、地域に根ざす政治活動をしてまいります。
 上市町は剱岳を始めとする悠久の自然に恵まれた町です。それと共に近年は、映画の舞台になるなど歴史・文化的にも県内外から熱い注目を集めております。
 私はこの尊い郷土を未来の世代に受け継ぐため、各種活動で培った経験や諸先輩方から頂いた学びを、地域に生かしてゆきます。
 一人ひとりの力は微力ですが、志を共に力を合わせることで、道が切り開かれるものと確信しております。
 なにとぞ、皆さま方の一層のご指導ご鞭撻をたまわり、力強いご支援を心よりお願い申し上げます。

成川ともひとのめざすこと
【話】 対話を多くもち、町政の課題解決に努めます。
【町】 町のよいところを見つけて、情報を広めます。
【活】 優れた地域資源を活用します。
【住】 安心して住める明るい社会を造ります。

関連記事:事務所開きのご案内
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-808.html


中江上公民館
 会場の中江上公民館

石川博明
 石川博明会長の挨拶

平木柳太郎
 友人でもある富山県議会議員・平木柳太郎さんの激励

成川ともひと
 成川ともひと(成川友仁)の挨拶(撮影:成川正幸氏)

成川ともひと会報
 成川ともひと会報『かけはし』準備号

成川ともひと会報 成川ともひと会報
 8月発行・総会報告号と9月発行・事務所開き号

生き活き健康フェスティバル

 上市町の保健福祉総合センターで、「伝えていきたい健康づくり」をテーマとした生き活き健康フェスティバルが開催されたので行ってきました。
 富山健康科学専門学校の学生が提供する脳活性化ワークショップなどを体験しました。
 生物学者の池田清彦さんの講演もありました。

 来場者への記念品として、上市町のマスコットキャラクター「つるぎくん」が印刷されたトートバッグを頂きました。当フェスティバルのために作られた非売品とのこと。
 目下つるぎくんを用いた商品は極めて少なく、しばしば当マスコットキャラクターのグッズやおみやげを切望する声を聞きますし、私自身もつるぎくんの縫いぐるみなどが欲しい。
 このような機会に、商品化する段取りを進めるとよいでしょう。


健康フェスティバル 健康フェスティバル
 フェスティバル会場

健康フェスティバル
 つるぎくんのトートバッグ

魚津学び塾(愛犬との生活)

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 第12回「魚津学び塾(U学塾)」に参加しました。お題は「愛犬との生活を豊かにする方法」です。
 犬のしつけインストラクター(Happy Life代表)の曳田勝哉さんと、鷹休建設(タカケンホーム)の建築士・鷹休大樹さんが講師を務めました。
 曳田(ひきた)さんの話は、犬の適切なしつけを通じて、飼われる犬にとっても快適で理に適った日々の暮らしになり、飼う人間にとっても豊かな日々が実現する、という専門家の視点が印象的でした。
 また鷹休(たかやすみ)さんの話からは、犬との生活に適した愛犬家住宅が普及することで、やはり犬・人間ともに生活が充実することが納得できました。

 個人的には知人宅の玄関先で、(番犬としての)必要以上に犬に吠えられることがままあります。住宅の造りを愛犬家住宅として工夫することで、犬・飼い主と家族に加えて、来客にも一層快適な住宅になるのではと思いました。


魚津学び塾
 講師の曳田勝哉さん

魚津学び塾
 講師の鷹休大樹さん

第2回「かみいち・まち語り」

 まちづくり勉強会「かみいち(上市)・まち語り」を主催しました。富山県上市町の宮川公民館にて。

 おおかみこどもの花の家における外部人材と地元人材の協力、いわゆる男女共同参画の状況、上市図書館と舟橋図書館に見る運営方針と蔵書構成、地域防災マップの活用、富山市の総合行政センターの事例、かみいち総合病院のタウンミーティングの取り組み、ウェブサイトによる町の情報発信、などが話題にのぼりました。

西中町商店街の市姫さんど

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県上市町の西中町商店街の賑わいを企図する定期的な催しに行ってきました。同商店街にある市姫神社にあやかって、「市姫さんど」と呼ばれています。
 もちつき大会、チンドン屋の演技、特産品の生姜シロップ販売、おおかみこどもの雨と雪のパネルを用いた記念撮影、商品券が当たる抽籤会などなど、盛りだくさんの内容でした。
 上市町商工会の女性部・西中町おかみさん会がテントで販売する「白ネギちゃんのいち姫サンド」がおいしそうだったので、ひとつ買い求めました。


市姫さんど
 市姫さんど案内板

市姫さんど
 チンドン屋

市姫さんど
 白ネギちゃんのいち姫サンド

2013年6月度 富山プロボノカフェ

 2013年6月13日(木)の夜、ココス黒瀬店(富山市内のファミリーレストラン)にて行ないました。
 参加者の尾間さんが進める地域の自主ゼミナール構想や、婚活支援事業の組織化、農家のプロデュースと米の直売、移住・定住型芸人の実績づくり、市内空き事務所の活用などについて、意見交換をおこないました。

http://www.facebook.com/events/260566437421650/

富山プロボノカフェ2013年6月例会

 高岡市の尾間さん(写真中央)は取り組みの一環で、「現役官僚と語る、本当はどうなってるの?福島の復興と原発事故」と題した意見交換会を、きたる7月6日(土)の午後2時半から、JR高岡駅前のウイング・ウイング高岡にて開催します。
 経済産業省の官僚(現在 福島県原子力災害現地対策本部にて活動)にふさわしい、被災地支援・住民支援の現状から復興の本質論、あるべきリーダー像に至るまで、率直な話をなさるとのこと。
 私はこのような意見交換会の企画立案も、お金や物の寄付に留まらない地域貢献活動と認識しています。ご参加をお待ちしております。

 なおプロボノそのものについては先般、北日本新聞(富山の地方紙)に私どもの活動が大きく紹介されました。

北日本新聞 2013年2月19日
「専門知識・能力生かし社会貢献 「プロボノ」の輪広がる 人との出会い喜びに」
北日本新聞2013年2月19日

エコツアーガイド受講者の座談会

 先日開催されたエコツアーガイド養成講習会への参加者のうち、上市町在住または在勤の方々による座談会がおこなわれました。参加者有志のご発案とのこと。

 郷土愛に溢れ各人の思いが強いということもありますが、めいめいが各自のしゃべりたいことを一方的にしゃべる傾向があるので、あまり親しくない参加者からも話を引き出して対話を有意義に進めるファシリテーションを意識するとよいと思いました。
 また、これまでのボランティアガイド活動などの成果物(レポート・マップ・勉強会資料など)が既に取りまとめてあるならば、速やかに知見の共有を図ることで、いわゆる形式知と暗黙知の活用が進む(ナレッジマネジメントにおける連結化と内面化)と思われます。

働く婦人の家

立山軽便鉄道展と立山町市姫神社の祭礼

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山地方鉄道の五百石駅の複合施設・立山町元気交流ステーション「みらいぶ」の2階にて、立山軽便鉄道の写真展が開催中です。立山軽便(けいべん)鉄道は、富山県滑川(なめりかわ)市と上市町(かみいちまち)・立山町(たてやままち)とを結んだ鉄道で、今から100年前に開通しました。20年間ほど営業したのち、路線の一部は現在の富山地方鉄道に受け継がれています。
 写真展では、過去および現在(廃線跡)の写真のほか、当時の時刻表など鉄道の歴史を伝える貴重な資料が展示されています。

 また、立山町の五百石界隈では、ちょうど市姫(いちひめ)神社の祭りがおこなわれ、通りが露店で賑わっていました。
 市姫神社のお祭りは隣の上市町でも日程を前後する形で開催され、市の街にふさわしく商売繁盛を願う神社の祭礼となっています。


立山軽便鉄道展
 立山軽便鉄道100周年記念写真展(立山町制60周年・みらいぶ開館1周年)

市姫神社
 露天

市姫神社
 天満社(奥の鳥居)と市姫神社(右手の鳥居)

市姫神社の祭礼

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 市姫(いちひめ)神社の祭りが、今年もおこなわれました。富山県上市町の市街地にある、市姫神社から熊野神社に至る通りが3日間、車輛通行止めとなります。

 露天では、富山名物の「あんばやし」(味噌だれの串刺しコンニャク)が健在です。
 1回200円程度で、ルーレットのような回転式のくじを回して出た数字の分だけ「あんばやし」がもらえることが一般的です。一説によると、餡(あん)かけコンニャクが林立する様子が名前の由来とか。

 市姫神社は上市町を代表する神社ですが、比売神(ひめがみ)を祭る比売神社は各地にあり、富山市では姉倉比売神社が有名です。
 なお姫と言えば、おおかみこどもの姉弟が住まう「花の家」の一姫二太郎です。映画「おおかみこどもの雨と雪」の舞台モデルになった古民家が、上市町の山あいにあります。


市姫神社
 市姫神社

市姫神社
 露天

北山城跡と升方城跡

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県魚津市にある山城跡の北山城跡と升方城跡を訪ねました。
 いずれも、富山県を代表する山城である松倉城の支城(出城)の跡です。

 北山城跡は金山城跡(金山谷城跡)とも呼ばれ、多数の曲輪(くるわ)や竪堀が残っています。城跡の近隣には北山鉱泉(温泉旅館群)が立地します。
 升方(ますがた)城跡は人里に近く、林道や散策路が整備されています。曲輪内に土塁や井戸や石積みが残っていて、往時を偲ぶことができます。

関連記事:みのわ温泉・松倉城跡
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-434.html


北山城跡
 金山谷郷土文化保存伝習館

北山城跡
 小菅沼の棚田

北山城跡
 松倉城址と中部北陸自然歩道の標柱

北山城跡
 北山城址

北山城跡
 魚津市街の眺望

北山城跡
 北山鉱泉前停留所

北山城跡
 少彦名社

升方城跡
 魚津もくもくホール(魚津市上中島多目的交流センター)

升方城跡
 遊歩道

升方城跡
 升方城址

成川 友仁 News Letter (2013年6月号)

1.参加型研修会 – Workshop –

 5月20日(月)から22日(水)まで、エコツアーガイド養成講習会に参加しました。座学は上市町の旅館「つるぎ恋月」にて、野外ワークショップは上市町の名刹・大岩山日石寺の境内にて。町内外の方々と連携しつつ、地域の経済循環に資する取り組みで、是非とも学んだ事柄を生かしたい。

エコツアーガイド

2.講演会 – Seminar –

 5月25日(土)富山市内で、農業開発技術者協会・農道館主催の「日本学」公開セミナーに参加しました。「草刈り十字軍」の提唱・実践者として知られる足立原貫さんのお話から、現代史を捉える視座を頂きました。

日本学

3.式典 – Ceremony –

 6月1日(水)、馬場島の剱岳登山口前にて、剱岳の山開きが行われたので一般参加しました。山開き安全祈願祭および鎮魂祭では、富山県警山岳警備隊のやや後方に直立し、過去の遭難犠牲者の冥福を祈りました。

剱岳山開き

4.会議・会合・催事 – Conference –

6月13日(木) 富山プロボノカフェ 例会主催
6月18日(火) 上市まち語り 例会主催
6月20日(木) かみいち福祉の里 運営推進会議出席
6月22日(土) 生き活き健康フェスティバル(上市)
6月22日(土)・23日(日) サンフォルテフェスティバル
6月23日(日) 成川ともひと後援会 設立総会(上市)

上市町の農産物直売所

 富山県上市町では、町内数か所で農産物直売市が定期的に開催されています。
 町の広報誌の今月号では、「おらっちゃの店」「フリーファームかきざわ」「音杉農産物直売組合」「広野直売所」が、地図と共に紹介されています。

【参照】広報かみいち2013年6月号 PDF版

【 地図 】 (Googleマップ)

フリーファーム柿沢
 フリーファームかきざわ(柿沢)

上市町直売所
 広報かみいちの農産物直売所案内

魚津市東山の円筒分水槽

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県魚津市の東山地区にある円筒分水槽を訪れました。
 円筒分水槽は農業用水利施設の一種で、上流からの水量に影響を受けることなく、公平に水を分配できる施設です。
 この円筒分水槽では、東山地区の青柳用水・天神野用水・東山用水の3つの用水に水を分配しています。外観が美しく、その落差がもたらす水流の力強さから、近時はいわゆるパワースポットとしても注目されています。分水槽自体は無生物ですが、何だか生命力を感じるようでしばし佇(たたず)みました。

 なお魚津市から、「魚津の水循環 ~“水の恵み”を守り 育み 活かすために~」と題した小冊子が刊行されていて、水環境全般を学ぶことができます。


円筒分水槽
 遠景

円筒分水槽
 全景

円筒分水槽
 青柳用水(左)と東山用水(右)

円筒分水槽
 円筒分水槽の水面

円筒分水槽
 小冊子「魚津の水循環」

滑川市堀江の帝釈天

 滑川市堀江地区を通る県道61号線は、滑川(なめりかわ)から上市(かみいち)を経由して立山に至る立山登拝の旧道「立山道」に当たります。
 上市川に架かる交観橋近くの県道の路傍に地蔵堂があり、ここには元々、滑川市指定文化財の帝釈天が安置されていました。鯛喜なる堀江出身の人物が、江戸時代に夢のお告げに従って探し求めた銅像とのこと。
 帝釈天の銅像は現在、滑川市立博物館にて保管されています。


帝釈天
 地蔵堂

帝釈天
 由緒

剱岳山開き

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 北アルプスの名峰・剱岳(つるぎだけ)の登山口で、毎年恒例の山開きが行われたので参加しました。
 山開きでは馬場島(登山口が設けられた上市町最奥部の一帯)の剱岳鎮魂社前にて、安全祈願祭および鎮魂祭が執り行われました。
 次第は修祓(しゅばつ)の儀・降神の儀・献饌の儀・祝詞奏上・玉串奉奠・撤饌の儀・昇神の儀です。遭難者の冥福を祈るとともに、登山の無事を祈念しました。
 山開きのあと、参加者に豚汁が振る舞われました。


剱岳山開き
 剱岳山開き会場

剱岳山開き
 剱岳

剱岳山開き
 玉串奉奠

剱岳山開き
 テープカット

桑首谷を歩く

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 上市町蓬沢地区の桑首谷を、大倉山の登山口まで歩きました。

 県道333号線(剣岳公園線)の沿道にある岩魚料理店「はやつき」近くの分岐から、林道の坂道を桑首谷沿いに登ってゆきます。林道坪野蓬沢線との交差点まで1.5キロメートル余り、そこから未舗装の林道をさらに400メートルほど上がってゆくと、大倉山の看板が立つ広場(駐車場)に出ます。看板の30メートルほど先、左手の草むらに大倉山の登山口があり、赤い紐が目印になります。
 林道は谷川の流れの音が常に聞こえ、堰堤も数多くあり、目と耳を楽しませてくれます。

関連記事:大倉山
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-765.html


桑首谷
 県道からの分岐点

桑首谷
 堰堤

桑首谷
 林道

桑首谷
 林道坪野蓬沢線との交差点

桑首谷
 林道

桑首谷
 登山口近くの広場


 | ホーム |