FC2ブログ

プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


全記事表示リンク


隠し文学館「花ざかりの森」

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山地方鉄道の越中荏原(えばら)駅から歩いて5分程度の住宅地にある私設文学館「花ざかりの森」を訪れました。

 駅前から文学館付近に至る県道は車輛の通行量が多く、高校生などの通学路にもなっているので賑やかです。対照的に、県道から50メートルほど奥まった所に立地する「花ざかりの森」には、実に静かな空間が広がっています。
 隠し文学館「花ざかりの森」は三島由紀夫専門の文学館であり、杉田欣次館長(元富山市役所職員)が私財を投じて建設した、全国的にも珍しい取り組みです。現在、年に一度の企画展「新資料でよみがえる三島由紀夫 展 VI」を開催しています。


荏原駅前
 越中荏原駅

荏原駅前
 富山県技術専門学院・富山市職業訓練センター

荏原駅前
 隠し文学館 花ざかりの森

荏原駅前
 新資料でよみがえる三島由紀夫 展 VI

スポンサーサイト



常願寺川公園から三郷(さんごう)駅まで歩く

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 一級河川の常願寺(じょうがんじ)川に寄り添うように整備されている常願寺川公園の北端から、富山地方鉄道の越中三郷駅まで歩きました。常願寺川は古くは新川(にいかわ)と呼ばれ、新川郡(富山市以東新潟県境まで)の由来になっています。

 公園付近からは、雄大な北アルプス立山連峰を背景に富山地方鉄道の列車が走る様子を眺めることができます。
 公園から駅方面に向かう県道は、はじめは田園地帯をゆきますが駅に近づくと住宅地になり、立派なお寺や食堂を目にすることになります。無人駅の三郷駅は、駅員室もあってかつて多くの乗降客で賑わっていたことを偲ばせます。駅は映画「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」の終盤の印象的な場面で登場しています。


三郷駅前
 常願寺川公園

三郷駅前
 田園地帯を走る列車

三郷駅前
 常願寺交差点

三郷駅前
 ふくやま食堂

三郷駅前
 三郷駅構内の踏切

三郷駅前
 電鉄富山行き列車

2013年2月度 富山プロボノカフェ

 2013年2月21日(木)の夜、ココス黒瀬店(富山市内のファミリーレストラン)にて行ないました。
 参加者同士で、アニメーション映画「おおかみこどもの雨と雪」の舞台モデルとなった古民家(おおかみこどもの花の家)の保存・活用について、立山町で模索している地域づくりの勉強会について、地元の農家が手掛ける米の販売手法について、こどものそので試みるワイヤーアートや竹細工のワークショップについて、旧神岡町(岐阜県飛騨市)で開催予定のジャズライブの段取りについて、2時間あまり意見交換しました。
 なお一昨日、北日本新聞(富山の地方紙)に私どものプロボノ活動が大きく紹介されています。

http://www.facebook.com/events/210133595792580/

富山プロボノカフェ2013年2月例会


北日本新聞 2013年2月19日
「専門知識・能力生かし社会貢献 「プロボノ」の輪広がる 人との出会い喜びに」
北日本新聞2013年2月19日

大岩意見交換

 アニメーション映画「おおかみこどもの雨と雪」の舞台モデルとなった古民家(おおかみこどもの花の家)に国内外から訪れる方々を適切に受け容れるため、大岩山日石寺・旅館・上市町役場・上市町観光協会・おおかみこどもの花の家、各々の関係者10名ほどが一同に会して意見交換の機会をもちました。大岩山日石寺の信徒会館にて。

日石寺

 古民家は、大岩山日石寺から県道を2キロメートルほど山あいに登った地区にあり、来訪者の受け容れには一帯の連携が鍵になります。

魚津学び塾(今どきの高校生と語ろう!~将来の夢に向けて~)

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 第9回「魚津学び塾(U学塾)」に参加しました。
 今回はいつもの会場・天神山交流館を飛び出して、魚津市吉島の新川(にいかわ)高校にて初開催しました。お題は「今どきの高校生と語ろう!~将来の夢に向けて~」です。

 高校生・社会人あわせて40名ほどが、共通のテーマに沿って語らいました。ワールドカフェと呼ばれる話し合いの方式で、(1)将来の夢、(2)将来の夢に向けて、(3)将来の夢に向けてできること、と問いを深化させつつ席替えをおこなって多彩な切り口で言語化を図りました。
 高校生の直球の問いかけに、真摯に言葉を紡(つむ)ぐ参加者の姿が印象的でした。限られた時間ながら、本質に迫る話ができたと思います。


魚津学び塾
 ファシリテーターの杉林先生(荒井学園新川高等学校)

魚津学び塾
 アドバイザーの島田勝彰さん(エイションワン合同会社)

魚津学び塾
 高校生の発表

おもなプロボノ情報 (新聞)

〔プロボノ情報一覧〕からの抜粋

神奈川新聞:記事 (2010年3月5日)
 社会貢献の新たな形「プロボノ」の入門講座を開催へ/神奈川

朝日新聞:社説 (2010年7月26日)
 プロボノ―自分と社会と会社にも利

日本経済新聞:生活面記事 (2010年8月10日)
 「プロボノ」で若手育成、職場経験生かし社外ボランティア

中日新聞・東京新聞:記事 (2010年9月17日)
 仕事の技能で社会貢献 関心集める『プロボノ』

読売新聞:記事 (2010年10月7日)
 広がるプロボノ 本業生かして社会貢献 若手社員NPOで手応え

富山新聞:記事 (2010年12月12日)
 専門知識で地域貢献 県内のデザイナー、経営者、診断士ら プロボノ交流組織が発足
  http://www.jienology.com/img/toyama20101212probono.jpg

山陽新聞:記事 (2011年1月4日)
 専門家がNPOや市民団体を支援 ボランティア組織「プロボノ岡山」発足
  http://probono.blog51.fc2.com/blog-entry-7.html

朝日新聞:連載記事 (2011年2月8日・15日・22日・3月1日)
 【名刺をもう1枚(1)】やりがい社外にも 仕事の知識で社会貢献/「プロボノ」で達成感
 【名刺をもう1枚(2)】「プロボノ」企業も支援 社員に自信と喜び、若手も育つ
 【名刺をもう1枚(3)】学校や寺で結ぶ縁 生徒と菓子作り/命語るブログ
 【名刺をもう1枚(4)】都会から地方に元気 「ふるさとプロボノ」各地で産声
  http://www5e.biglobe.ne.jp/~aal/probono.htm

読売新聞:記事 (2011年4月19日)
 「プロボノの輪」広げたい ~岡本祥公子さん(NPO法人「サービスグラント」)~

共同通信:記事 (2011年6月13日)
 女子は社会貢献へ 肩肘張らず「スキル磨き」も

富山新聞:記事 (2011年6月27日)
 プロボノに理解 富山でフォーラム
  http://www.jienology.com/img/toyama20110627probono.jpg

読売新聞:関西発記事 (2011年8月9日)
 仕事の技能をボランティアに、プロボノに関心高まる

毎日新聞:東京欄記事 (2011年9月15日)
 フェア:働きながら社会貢献 NPO7団体、25日に渋谷で

日経産業新聞:記事 (2011年9月22日)
 社会貢献自分も成長 仕事のスキル使いNPO支援 プロボノ30~40代活躍

読売新聞:記事 (2011年9月30日)
 【みなおす働き方(3)】職能生かし社会奉仕 広がる「プロボノ」本業の励みに

産経新聞:記事 (2011年10月10日)
 企業がノウハウを伝授 起業家やNPOを支援

日本経済新聞:PLUS1記事 (2011年11月12日)
 【エコノ探偵団】名刺もう一つ持つ人増えてるの? 専門生かし社会貢献 会社勤めも、自己実現も

日本経済新聞:記事 (2012年2月6日)
 別の自分は社会活動家 「パラレルキャリア」若者に広がる 人脈やスキル本業にも一役

日本経済新聞:記事 (2012年2月27日)
 「プロボノ」企業法務生かす 復興ファンドやNPO… 公共性高い事業に助言
 県庁・役場、人材の宝庫 公務外の地域活動広がる 防犯演劇や難病支援も

日本経済新聞:記事 (2012年3月12日)
 【40代 惑いの10年 一歩前へ】仕事と社会活動を両立 働き方変え時間作る 複数の顔持ち、豊かな人生

読売新聞:九州発記事 (2012年4月9日)
 自分磨くプロボノ 専門技術生かしてボランティア

佐賀新聞:記事 (2012年4月22日)
 期限付き社会貢献 「プロボノ」めぐりフォーラム

日刊ゲンダイ:記事 (2012年5月9日)
 これを知らないと“ゆとりOL”は扱えない…最近ちょくちょく耳にする「ノマド」と「プロボノ」って何?

毎日新聞:福岡版記事 (2012年5月25日)
 かつぎて:NPO支援、県の計画が始動 広報や運営ノウハウを経験者、専門家が助言~現在27人登録 企業の社会貢献にも

朝日新聞:コラム (2012年6月1日)
 漫画偏愛主義:プロの「本気」を見た 僕らの漫画(「僕らの漫画」制作委員会)

佐賀新聞:特集 (2012年6月3日)
 広げよう協働 みんなでCSO応援
  http://probono.sagafan.jp/e515178.html

佐賀新聞:記事 (2012年6月6日)
 「プロボノ」参加・利用を 仕事の技能を街の力に

朝日新聞:富山欄記事 (2012年6月17日)
 社会貢献 ネット発 異業種集う富山プロボノカフェ ~フラワーアレンジで若者明るく~
  http://www.jienology.com/img/asahi20120617.jpg

産経新聞:記事 (2012年6月19日)
 社会人のスキル生かして社会貢献 「プロボノ」 関西でも広がる

山梨日日新聞:記事 (2012年6月22日)
 市立動物園もっと楽しく 甲府JC、技術生かして改修

佐賀新聞:記事 (2012年7月18日)
 社会貢献活動「プロボノ」事前ミーティング 佐賀市

毎日新聞:記事 (2012年8月27日)
 東日本大震災:広がる「プロボノ」支援 被災地に企業人が技術や情報提供

日本経済新聞:生活面記事 (2012年11月26日)
 【会社員 次の生き方―ロングライフ見据えて】プロボノで専門生かす 「会社人」よりも「社会人」を志向
 目指す方向性決め行動を 達成までの期間区切る

毎日新聞:記事 (2012年11月27日)
 プロボノ:企業も後押し、社会人のボランティア NPOにプロの知恵提供

毎日新聞:富山欄記事 (2012年12月20日)
 古民家:映画で人気、上市町の古民家 管理や活用、考える集い-22日・富山
  http://www.jienology.com/img/mainichi20121220.jpg

朝日新聞:富山欄記事 (2012年12月23日)
 本業生かしボランティア 「プロボノ」2周年
  http://www.jienology.com/img/asahi20121223.jpg

北日本新聞:記事 (2012年12月23日)
 古民家で世代間交流 映画「おおかみこども―」舞台~富山 山崎さん(上市)体験語る

毎日新聞:佐賀欄記事 (2013年1月8日)
 難病患者就労支援:「プロボノ」がクラブ結成へ 企業や行政に連携促す

中日新聞:記事 (2013年1月11日)
 「プロボノ」中部に広がれ 社員のNPO支援後押し

北日本新聞:記事 (2013年2月19日)
 専門知識・能力生かし社会貢献 「プロボノ」の輪広がる 人との出会い喜びに

中日新聞:特集 (2014年1月24日)
 【さぷり仕事にプラス】駆け出せ!プロボノ

中日新聞:滋賀欄記事 (2014年4月16日)
 専門知識活かす「プロボノ・滋賀栗東」発足

滋賀報知新聞:記事 (2014年5月22日)
 培ったスキル、社会へ還元 ~栗東に県内初のプロボノ団体「元気シニアの活躍の場に!」~

神奈川新聞:記事 (2014年7月15日)
 プロボノ事業スタートへ 横須賀の市民センター NPOとの橋渡し役に

繊研新聞:特集 (2014年7月22日)
 【繊研教室】女性の活躍応援「プロボノ」の可能性

日本経済新聞:記事 (2014年11月2日)
 多様な働き方、企業の活力に 「プロボノ」課題も

神奈川新聞:記事 (2014年11月12日)
 NPOと社会人つないで支援 プロボノ準備着々/横須賀市

ばんどり騒動の記念碑が建つ塚越八幡社

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 明治時代の農民一揆「ばんどり騒動」の記念碑が建つ塚越八幡社を訪れました。
 ばんどりは蓑(みの)を意味し、農民が大凶作年(明治2年秋)の重い年貢に耐えかねて蜂起したものです。ばんどり騒動を率いた中心的人物・宮崎忠次郎の記念碑および顕彰碑が、立山町塚越地区の八幡社に建っています。

 なお富山地方鉄道の越中舟橋駅前には、ばんどり騒動の集合場所となった無量寺が今でもあり、義人の遺徳を偲ぶことができます。

関連記事:コンパクトヴィレッジ・越中舟橋
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-298.html


塚越八幡社
 塚越八幡社

塚越八幡社
 義人宮崎忠次郎記念碑

塚越八幡社
 記念碑と顕彰碑

フードバンク活動フォーラム

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 フードバンク活動フォーラムとして開催された、NPO法人セカンドハーベスト名古屋理事の本岡俊郎さんの講演会とパネルディスカッションに参加しました。富山市エコタウン交流推進センターにて。
 フードバンクとは、包装の傷みなどで品質に問題がないにもかかわらず市場で流通できなくなった食品につき、企業から寄付を受けて生活困窮者などに配給する活動およびその活動を行う団体を意味します。

 冒頭で主催者のフードバンクとやま代表の川口明美さんが挨拶と経緯説明をしたあと、「フードバングの現実と今後(名古屋での活動を通じて)」と題した1時間弱の基調講演となりました。
 講師の本岡さんは国内外のフードバンク活動の歴史や現状を紹介し、今後の課題として(1)フードロス発生量とフードバンク消化能力のギャップ、(2)配布先(生活困窮者)のニーズに応える、(3)新たな生活困窮者層への対応、(4)運営を支える組織と資金調達、という4点を挙げました。
 パネルディスカッションでは、活動に関わるキーパーソンとして駅北食堂(炊き出し)の堀江節子さんと富山ダルクの覚王信介さんが登壇しました。


フードバンク
 司会の永吉隼人さん

フードバンク
 フードバンクとやま代表の川口明美さん

フードバンク
 基調講演をおこなうセカンドハーベスト名古屋の本岡俊郎さん

フードバンク
 パネルディスカッション

フードバンク
 コーディネーターの土屋佳瑞さん

フードバンク
 パネリストの堀江節子さん

岩瀬浜

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山ライトレール(路面電車)の終着駅・岩瀬浜駅から県道1号線を経て浜まで歩き、富山市岩瀬地区にあるエコタウン交流推進センターに赴きました。
 岩瀬は旧北陸街道の浜街道が通り、加賀藩が参勤交代に用いた街道として、黒松の並木から往時の賑わいを偲ぶことができます。近時はエコタウンとして、一帯に環境調和型の都市開発をおこなう産業団地が整備されています。


岩瀬
 富山ライトレール(ポートラム)のPORT LOVE 2013

岩瀬
 岩瀬浜海水浴場方面

岩瀬
 古志の松原記念碑

岩瀬
 サロン古志

岩瀬
 日本海

下段駅前

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山地方鉄道の下段(しただん)駅前を訪れました。
 下段駅は、木造の駅舎が特徴的です。かつては駅員が常駐していたことを偲ばせる重厚なつくりになっています。待合室には座布団が1枚置かれていました。
 近隣には体育センター、スーパーマーケット、ドラッグストア、ホームセンターなどがあり、スーパー農道と呼ばれる広域道路が走っています。古い駅舎とは裏腹に、便利な地区となっています。


下段駅前
 下段駅

下段駅前
 待合室

下段駅前
 地蔵堂

下段駅前
 立山町中央体育センター

日中経塚遺跡

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県立山町日中(にっちゅう)地区に経塚遺跡があります。経塚(きょうづか)は、経典を土中に埋納した塚です。未来永劫に仏典を伝えようとの思想の表われです。
 近隣では上市黒川遺跡群(上市町黒川地区)の円念寺山経塚が、規模の大きな経塚として知られています。


日中経塚遺跡
 日中経塚遺跡の石仏

日中経塚遺跡
 日中経塚遺跡の概説

放生津八幡宮と内川六角堂

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県射水(いみず)市(旧 新湊市)の海岸近くにある放生津(ほうじょうづ)八幡宮と、内川のほとりに建つカフェuchikawa六角堂を訪れました。
 放生津八幡宮は、万葉の時代の越中国司・大伴家持(やかもち)ゆかりの神社です。
 uchikawa六角堂は、かつて畳屋として営業していた建物を改装したものです。先月開店し、地域の方々が訪れてお茶やお昼を楽しむほか、県内各地から地域活性化に関心をもつ人々が集う賑わい拠点となりつつあります。今日も2階席では、古民家に関する集まりが開かれていました。


放生津八幡宮
 放生津八幡宮

放生津八幡宮
 本殿

六角堂
 東橋

六角堂
 六角堂

六角堂
 サンドイッチ

田添駅前

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山地方鉄道の田添駅前を訪れました。
 田添駅は、木造の小さな駅舎が特徴です。北陸自動車道の高架が迫っていて、付近に立山インターチェンジ(IC)があります。

 立山ICは富山県立山町および上市町の玄関口として道路交通の要衝に当たり、田添の静かな無人駅とは好対照になっております。


田添駅前
 田添駅

田添駅前
 小川と高架

田添駅前
 北陸自動車道の立山インターチェンジ付近

成川 友仁 News Letter (2013年2月号)

1.起業家交流会 – Entrepreneur –

 2月2日(土)、富山大学を会場に開催された、交流会「みんな起業家、集まらんまいけ!」に参加しました。
 とやま起業未来塾の講師も務める山口俊介さんの熱い話しぶりに、会場の多くが引き込まれました。企業PRの部では、私も急遽プロボノ活動(職能を生かした社会貢献)について5分間プレゼンテーションを行いました。

起業家交流会

2.地域活性化 – Civic Pride –

 2月9日(土)富山県上市町の浄泉寺で、アニメーション映画「おおかみこどもの雨と雪」の舞台モデルとなった築百年超の古民家につき、今後の保存・活用に向けた意見交換会を初めて開催しました。同映画は上市町出身の細田守監督が手掛け、作中で主人公の親子が住まう古民家は上市町の山あいに実在し、県内外から多くの人々が訪れる憩いの場となっています。

意見交換会

 なお翌日には、有志で古民家の雪おろしを行いました。

雪おろし

3.会議・会合・催事 – Conference –

2月20日(水) 魚津学び塾(魚津・新川高校)
2月22日(金) かみいち福祉の里 理事会出席
2月28日(木) インキュベーション 連絡調整検討会出席
3月7日(木) NPOと企業との協働事例報告会
3月9日(土) 地域福祉フォーラム(高岡)
3月11日(月) 東北AID3(エイド3)
3月16日(土) 地域コンテンツ研究会(射水・富山高専)

剱岳雪のフェスティバル(ゆるキャラ&おおかみこどもの雨と雪なりきり)

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県上市町(かみいちまち)の役場前広場で催された「第26回 剱岳(つるぎだけ)雪のフェスティバル」に行ってきました。
 熊の肉を煮込んだ「くま鍋」を目当てに、毎年多くの人々が訪れます。クマー!

 今年の趣向として、いわゆるゆるキャラ(緩いキャラクター)として親しまれる富山県内各地のご当地キャラクターの人気投票が「ご当地きゃらグランプリ」として開催されるとともに、上市町の山里を舞台モデルとしたアニメーション映画「おおかみこどもの雨と雪」の登場人物(動物を含む)になりきる「おおかみこどもの雨と雪 なりきりコンテスト」が初開催されました。

 ご当地きゃらグランプリでは、日頃の地道な営業活動の甲斐あってか、富山信用金庫のキャラクター「とみたん」が優勝しました。
 なりきりコンテストは、富山県内のほか、遠方(神奈川県・愛知県・大阪府)からの出場もあって予想以上に盛り上がりました。上市町役場からは、細田守監督の同級生で映画「おおかみこどもの雨と雪」にも町の職員として登場している黒田さんご本人が出場しました。審査の結果、花と雪と雨(主人公の母子3人)を多彩な小道具も交えて演じた上市町在住の碓井(うすい)さん親子が優勝しました。

 なお本日は、「おおかみこどもの花の家」こと映画の舞台モデルとなった古民家(町役場から大岩方面に8kmほど)が「雪のおひろめ会」として日中の一般開放とおもてなしを行なっていて、剱岳雪のフェスティバルの冒頭で「花の家」サポーターズの川端英徳さんが取り組みを紹介しました。


剱岳雪のフェスティバル
 出展者のテント

剱岳雪のフェスティバル
 上市町の伊東尚志町長の挨拶

剱岳雪のフェスティバル
 司会の片野優子さん

剱岳雪のフェスティバル
 「おおかみこどもの花の家」サポーターズ広島事務局の川端英徳さん

剱岳雪のフェスティバル
 射水市の「ムズムズくん」の紹介

剱岳雪のフェスティバル
 「彼」のなりきり

剱岳雪のフェスティバル
 「花」と「雨」のなりきり

剱岳雪のフェスティバル
 町の職員「黒田さん」ご本人

剱岳雪のフェスティバル
 「韮崎のおじいさん」のなりきり

剱岳雪のフェスティバル
 「花」と「雪」と「雨」のなりきり

剱岳雪のフェスティバル
 「雨」のなりきり

剱岳雪のフェスティバル
 狼のなりきり

剱岳雪のフェスティバル
 審査員の山崎正美さんによる審査結果発表

剱岳雪のフェスティバル
 優勝賞品の細田守監督サイン入りポスター

剱岳雪のフェスティバル
 ゆるキャラ集合

「おおかみこどもの花の家」有志の皆さんで雪おろし

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 「おおかみこどもの花の家」ことアニメーション映画「おおかみこどもの雨と雪」の舞台モデルとなった古民家の雪おろしを有志でおこないました。
 古民家で生まれ育った山崎和子(よりこ)さんを筆頭に、建設業関係者の指導のもと、支援者など6名が屋根に登りました。
 雪おろしには地元2紙のほか、ケーブルテレビNet3の取材もいただきました。

おもな関連記事
花の家 ―「おおかみこどもの雨と雪」が暮らす富山県上市町の山里―
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-387.html
「おおかみこどもの花の家」山崎さんとのおはなし会 開催
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-562.html
「おおかみこどもの花の家」保存・活用に向けた意見交換会と有志の皆さんで雪おろしのご案内
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-596.html
「おおかみこどもの花の家」保存・活用に向けた意見交換会
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-601.html

リモデル・コラボ通信:「花の家」雪おろし!
 http://spacio272.blog.fc2.com/blog-entry-78.html


雪おろし
 花の家

雪おろし
 梯子

雪おろし
 足場づくり

雪おろし
 雪おろし

雪おろし
 雪おろし

雪おろし
 雛人形と兜


北日本新聞 2013年2月11日
「全国のファン有志古民家の雪下ろし 上市「おおかみこども」舞台モデル」
北日本新聞2013年2月11日

富山新聞 2013年2月11日
「古民家維持へ雪おろし 「おおかみこども」舞台のモデル 上市、ファンが汗」
富山新聞2013年2月11日

「おおかみこどもの花の家」保存・活用に向けた意見交換会

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 「おおかみこどもの花の家」保存・活用に向けた意見交換会を開催しました。富山県上市町(かみいちまち)東江上(ひがしえがみ)の浄泉寺にて。

 昨年末富山市内で開催した「おおかみこどもの花の家」山崎さんとのおはなし会を受け、山崎正美さん(アニメーション映画「おおかみこどもの雨と雪」の舞台モデルとなった古民家「花の家」の所有者)と川端英徳さん(「花の家」の広島事務局)が話題提供者として出席しました。
 15名ほどの出席者の顔ぶれは、上市町・富山市・黒部市・高岡市(以上富山県内)在住者のほか、愛知県・広島県と遠方からの参加もあり、年代は20代(大学生)から70代までと多彩、男性の割合が高く建築・金融・情報技術などの職能をもつ有志に恵まれました。

 今後の見通しとして、地域活性化・観光と保存との両立が鍵になり、地域(上市町および古民家のある浅生・大岩地区)との連携が肝要であるとの意見が交わされました。

おもな関連記事
花の家 ―「おおかみこどもの雨と雪」が暮らす富山県上市町の山里―
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-387.html
「おおかみこどもの花の家」山崎さんとのおはなし会 開催
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-562.html
「おおかみこどもの花の家」保存・活用に向けた意見交換会と有志の皆さんで雪おろしのご案内
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-596.html
「おおかみこどもの花の家」有志の皆さんで雪おろし
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-602.html

富山新聞 2012年12月23日
「古民家の保存、ファンの手で 映画「おおかみこども」の舞台」
 http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/TH20121223411.htm
富山新聞 2013年1月25日
「映画「おおかみこども」のモデル、上市の古民家納屋を再生」
 http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/TO20130125511.htm
富山新聞 2013年2月1日
「主人公に節句人形 富山・上市、映画モデルの古民家に届く」
 http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/TH20130201411.htm


意見交換会
 浄泉寺

意見交換会
 山崎正美さん(右端)と川端英徳さん(右から2人目)

意見交換会
 意見交換会の案内


【 開催趣旨 】
 富山県上市町出身の細田守監督が手掛けたアニメーション映画「おおかみこどもの雨と雪」は、昨今一番の話題作といってよく、2012年7月21日の全国公開以来延べ300万人を超える方々が映画館に足を運びました。2月20日にはDVDの発売も予定されています。
 同映画では、上市町浅生(あそ)地区の山あいに実在する古民家が舞台モデルになり、週末などを中心に全国各地からの来訪者・見学者で賑わっています。
 去る2012年12月22日(土)、地域貢献活動団体「富山プロボノカフェ」2周年のつどいとして、「おおかみこどもの花の家」山崎さんとのおはなし会を富山市内で開催しました。講師の山崎正美さんは、映画「おおかみこどもの雨と雪」の舞台モデルとなった古民家への来訪者との交流を振り返るとともに、「花の家」こと築100年を超える古民家の所有者として、今後の保存・活用のあり方に向けた問題提起もおこなわれました。
 このたび、「おおかみこどもの花の家」のホームページを作成するなど熱心な支援者として知られる川端英徳さん(広島在住)が、明後日開催の「剱岳雪のフェスティバル」にあわせて富山県上市町を訪れる機会をいかし、意見交換の機会をもつ運びとなりました。
 今後の取り組みに向けた、有意義な話し合いと未来像の共有ができればと思います。

【 次第 】
13時半から15時半まで
 1.主催者あいさつ 成川友仁(富山プロボノカフェ代表)
 2.古民家「おおかみこどもの花の家」の経緯紹介および参加者による意見交換
   花の家 所有者   : 山崎正美さん(上市町稗田)
   花の家 広島事務局 : 川端英徳さん(広島県府中町)


北日本新聞 2013年2月10日
「活性化と保全両立へ 映画「おおかみこども-」舞台のモデル 古民家花の家 上市で意見交換会」
北日本新聞2013年2月10日

富山新聞 2013年2月10日
「観光と保存両立へ 「おおかみこども」の古民家 上市 ファンが意見交換」
富山新聞2013年2月10日

北日本新聞 2013年2月19日
「専門知識・能力生かし社会貢献 「プロボノ」の輪広がる 人との出会い喜びに」
北日本新聞2013年2月19日

ローマ法王に米を食べさせた男

 高野誠鮮さんの講演会「ローマ法王に米を食べさせた男 ~限界集落からの脱却~」に参加しました。魚津地域職業技能開発協会および魚津市の主催で、天神山交流館(旧洗足学園魚津短期大学)が会場です。
 高野さんは石川県羽咋(はくい)市の職員 兼 日蓮宗妙法寺の住職であり、同市神子原(みこはら)地区の少子高齢化を食い止めた立役者として広く知られています。私は2010年2月に富山県民会館で開催された「とやまNPO協働チャレンジセミナー」の分科会で高野さんにお話を伺って以来です。さらに研ぎ澄まされた内容となっていて感銘を受けました。

 巷の公的機関の事業といえば、補助金がもらえる間だけやって、補助金がもらえなくなったら終了、といったものが実に多いわけです。高野さんの発想はこれと対極をゆくもので、官・民問わず傾聴し取り入れるべき事柄が多くあります。

高野誠鮮

看板娘二人が案内する町のプチ名所めぐり(第10弾)

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県上市町(かみいちまち)の広報2013年2月号の裏表紙に、町役場の看板娘とともに登場している「身近な魅力再発見」マップに沿って、町のお店やちょっとした観光名所を巡ってみました。
 著名ではないが地域に根ざしてしっかり営業や活動をしているお店や神社仏閣が、今回のマップでいくつも取り上げられました。なかでも木彫仏師12代目の住吉聖雲・13代目の住吉太雲親子による彫房は、上市町の街なかで異彩を放っています。彫房(工房)の建物も素晴らしく、住吉聖雲さんのお話は尽きることがありません。

【参照】広報かみいち2013年2月号 PDF版


上市町
 四季料理 華生(はなしょう)

上市町
 茂平爺(もへじ)

上市町
 熊野神社

上市町
 住吉聖雲彫房

上市町マップ
 2013年2月号の街歩きマップ(Vol.3)

稚児塚

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県立山町にある円墳「稚児塚(ちごづか)」を訪ねました。
 富山地方鉄道・立山線の稚子塚(ちごづか)駅から北に500メートルほどの場所にあります。田園風景の中に木々が生い茂っている丘が目印です。
 高さ7メートルほどの小高い丘に階段が付き、葺石(ふきいし)で覆われた頂には、祠(ほこら)がまつられています。


稚児塚
 稚子塚駅

稚児塚
 農道の先に見える稚児塚

稚児塚
 稚児塚の案内板

稚児塚
 稚児塚を登る階段

稚児塚
 稚児塚の頂

稚児塚
 葺石

みんな起業家交流会とプロボノPR

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 みんな起業家、集まらんまいけ!交流会に参加しました。公的機関などで構成する実行委員会が主催するもので、富山大学工学部の教室が会場です。
 創業者などを対象とした富山県営の勉強会「とやま起業未来塾」で県外講師を務める有限会社かほり堂の店主・山口俊介さんによる講演「本当に儲かった話は表に出ない」で始まり、参加企業・団体等14者による各5分間のプレゼンテーションを経て、懇親会になだれ込むという構成でした。

 山口さんの講義は、起業未来塾で毎回お話している基本事項の再確認といった内容でしたが、熱い話しぶりに会場の多くの参加者が引き込まれていました。
 起業の失敗を招くキーワードとして「戦術ばかりでビジョンや戦略がない」を挙げ、独自性が創造出来ない・市場性が見えて来ない・優位性が確立出来ないの3要素を示すとともに、起業の成功につながるキーワードとして「自らリスクを負える人」を挙げ、志が高い人・やり切る力を持つ人・支援者が多い人の3要素を示しました。
 ちなみに成功した起業家の3つの志は、「功は、人に譲れ」「憎は、水に流せ」「恩は、胸に刻め」とのこと。

 今回、富山プロボノカフェとして5分間プレゼンテーション(PDF版)をおこないました。私は淡々と物語を表現し、プロボノ活動への理解が深まったと好評をいただきました。
 総じて民間企業・団体の登壇者は、熱いプレゼンテーションを繰り出し印象的でした。
 例年に比べて途中退席者が少なく、懇親会は100名近くが歓談する盛況となりました。

富山プロボノカフェ
 富山プロボノカフェの5分間PR

富山プロボノカフェからの
起業家交流会ご参加の皆さまへのメッセージ
1.【参加者全般】 (やらないか&うけたまわります)
 各種プロジェクトへの参画
 新たにプロジェクトを立ち上げる際の相談・援助
2.【企業・組合・公的団体など】 (うけたまわります)
 職能を生かした社会貢献に関する助言・講演・執筆
 CSR・ISO26000(企業・組織の社会的責任)の推進支援
3.【県内各地のNPO・地縁組織など】 (うけたまわります)
 プロボノ例会などの共催(出張例会)
 プロボノを生かした組織活性化のコンサルティング


起業家交流会
 講師の山口俊介さん

起業家交流会
 (左から)司会の長谷川泰彦さん・平木柳太郎さんと高辻則夫実行委員長

起業家交流会
 タイム・プランニング・ジャパンの福井康佑さんの企業PR

起業家交流会
 ノエビアコスメティック富山中部販売の渋谷秀樹さんの企業PR

起業家交流会
 懇親会


 | ホーム |