FC2ブログ

プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


全記事表示リンク


豪農の館 内山邸

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山市郊外にある豪農の館「内山邸」を訪れました。
 内山家は450年続いた越中富山の豪農です。1977年に13代当主から富山県へ邸宅・庭園等が譲渡され、有形文化財として手厚く維持・管理されています。

 風通しのよい邸内で、夏の日差しに照らされた庭園を眺めるのは至福のひと時といえます。


内山邸
 内山邸の表門

内山邸
 屋内から眺める庭園

内山邸
 表座敷

内山邸
 庭園と蔵

スポンサーサイト



上市町保健福祉総合センター(アルプスの湯)から町民体育館まで

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県上市町(かみいちまち)の温泉「アルプスの湯」を併設する複合施設(保健福祉総合センター・愛称「つるぎふれあい館」)から、東に1キロメートルほど離れた町民体育館まで歩きました。
 屋敷林や鎮守の森の深緑、稲の黄緑、夏の終わりの青空、これらの対比が何とも美しい。

【 地図 】 (Googleマップ)


町民体育館
 つるぎふれあい館の一角を占めるコミュニティプラザ

町民体育館
 立派な屋敷林

町民体育館
 田園風景

町民体育館
 上野神社の狛犬

町民体育館
 町民グラウンドと町民体育館

町民体育館
 法律家・政治家・実業家の松岡松平(まつへい)先生像

仰剱の碑(林道伊折千石線)

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム(1)〕および〔Facebookアルバム(2)〕にて掲載中

 富山県上市町(かみいちまち)の山あいには、伊折(いおり)地区(馬場島)と千石(せんごく)地区(上市川第二ダム)とを結ぶ10キロメートル弱の「ふるさと林道伊折千石線」があります。林道から剱岳(つるぎだけ)を間近に望むことができ、林業だけでなく観光やレクリエーションへの活用も期待されますが、土砂の崩落で途中通行止めになっていて、現在通り抜けることができません。(2012年11月時点で復旧完了・全線通行可能)
 とはいえ、伊折側の県道333号線から林道に入って崩落地点手前の「仰剱の碑」までは行くことができ、仰剱(ぎょうけん)の名のとおり、剱岳を望む絶景を楽しむ箇所になっています。
 夏は山々がぼんやりした感じに見えることが多く、紅葉の秋が見頃と思います。


馬場島
 県道333号線とふるさと林道伊折千石線との分岐点

馬場島
 林道伊折千石線の入口

馬場島
 赤谷(あかたに)川に架かる赤谷橋

馬場島
 仰剱の碑

馬場島
 仰剱の碑付近から望む早月川と立山連峰(剱岳)

弥市の神社と東江上の水門

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県上市町(かみいちまち)の北西端に弥市(やいち)という小集落があって、県道沿いにたたずむ小さな神社に趣があります。思わず足をとめて参拝しました。
 神社のすぐ近くには、緑の田園地帯に焦げ茶色の立派な水門があって、目を引きます。弥市の隣の東江上・大永田地区にまたがる水路の水門です。



弥市
 弥市の神社

水門
 水門

富山県青年議会の経営企画委員会(第3回)と県庁訪問

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県青年議会の経営企画委員会の活動(調査・分析・意見交換)をおこないました。富山県民会館にて。
 本日は委員会での話し合いに先立って日中、委員5名で富山県庁を訪問し、関係部署(地域振興課および観光課)の方々に聞き取りと質疑応答の機会をいただきました。

 また午前中には、経営企画委員会・委員長として上市町(かみいちまち)の伊東町長を訪問し、活動報告をいたしました。

第56回青年議会のはじまり
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-403.html
富山県青年議会の経営企画委員会
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-418.html
富山県青年議会の経営企画委員会(第2回)
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-437.html

青年議会

美しい分岐

 富山県上市町(かみいちまち)出身のアニメーション映画監督 細田守さんの作品は、物語の進行の上で「分岐」が重要な意味をもつのが特徴です。(下記は細田守監督作品「時をかける少女」に登場する道路標識)
 指定方向外進行禁止

 このたび細田監督の最新作・映画「おおかみこどもの雨と雪」の公開を記念して、上市にある美しい分岐を私なりの美意識で5件選出しました。

【 地図 】 (Googleマップ)

(1) 富山地方鉄道・上市駅のスイッチバック
 ~富山方面と滑川・黒部方面との分かれ道~
上市駅

(2) 赤浜橋から見た上市川と郷川の合流地点
 ~水源の枝分かれ~
赤浜橋

(3) 県道46号から伸びる県道154号
 ~馬場島と種の分岐点~
立山寺橋

(4) 釈泉寺の円筒分水場
 ~幹線水路の分水~
円筒分水場

(5) 映画「おおかみこどもの雨と雪」花の家の前の道
 ~姉の「雪」が目指す学校と弟の「雨」が目指す山~
花の家

北代縄文広場・縄文館の遺跡展

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山市北代(きただい)にある北代縄文広場の展示館(北代縄文館)で、富山地域の縄文遺跡の企画展がおこなわれているので行ってきました。富山市百塚(ひゃくづか)にある百塚遺跡が紹介されています。

関連記事:富山新聞 2010年7月30日
「呉羽山北部に大規模墳墓群 富山市の百塚遺跡周辺に31基」
 http://toyama.hokkoku.co.jp/subpage/T20100730205.htm


北代縄文広場
 北代縄文館

北代縄文広場
 百塚遺跡の展示

北代縄文広場
 縄文広場の竪穴住居

北代縄文広場
 高床倉庫

富山矯正展

 富山刑務所で開催された第33回富山矯正展に行ってきました。

 富山刑務所は、高倉健(刑務所の指導技官役)主演の映画「あなたへ」(2012年8月25日公開)の撮影がなされたことで注目を集めています。
 矯正展は刑務所作業製品展示即売会が主な内容ですが、催しの一環で施設見学会も行なわれており、高倉健さんが本日講話をし感動のあまり受刑者と共に泣いたという講堂や、工場・運動場・風呂場などを見学することができました。

 なお近時の刑務所には、社会福祉士の資格を有する職員が採用・配属されています(高齢・障害の受刑者の社会復帰を円滑にするため)。機会があれば、そういった業務に関わる方々の話も伺いたい。

矯正展

大庄駅前のリビングアートin大山

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山地方鉄道の大庄(おおしょう)駅前を歩き、駅近くの富山市(旧 大山町)大庄地区コミュニティセンターで開催されたリビングアートin大山に参加しました。

 大庄駅は無人駅ながらも、富山地方鉄道の中では比較的新しい駅舎(旧駅舎が火災で全焼したため)と駅舎の脇に聳(そび)える桜の木が特徴です。小学校・幼稚園・保育所・農協の支店・コミュニティセンターなどが駅の近隣に集積しています。

 リビングアートは、富山市大山地域で展開している木と出会えるまちづくり事業の一環で、毎年8月に開催されています。前衛性に実用性を加えた出展が目を引きました。


大庄駅前
 富山地方鉄道・大庄駅

大庄駅前
 大庄小学校・幼稚園・保育所の案内

大庄駅前
 田畠神社

大庄駅前
 田畠神社と大庄小学校

リビングアート
 富山市大庄地区コミュニティセンター

リビングアート
 LIVING ART in OHYAMA 2012

リビングアート
 木でできた未来の冒険道具

リビングアート
 中庭のリビングアートファクトリー(夏休み工作所)とリビングアートマーケット

第2回とやま東日本盆踊り大会

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山市の中心商店街の一角にある広場(グランドプラザ)で昨年に続いて催された「第2回とやま東日本盆踊り大会」に参加しました。

 これは被災地から富山に避難してきた方々の生活支援を主な活動目的とした支援団体「とやま311ネット」(2012年3月末の団体解散後は催事のみで活動)が主催するものです。福島県や富山県の盆踊りを中心に、民謡の演奏や福島の桃の即売などがおこなわれました。

 基本的な取り組みは昨年と同じですが、昨年に比べて参加者は激減し、メディアの取材もまばらでした。
 この点、阪神淡路大震災をきっかけに今日に至る活動を展開する田村太郎さん(一般社団法人ダイバーシティ研究所代表理事)の「フレームワークをしなければ、根本的な問題は解決しない」との指摘が参考になります。いわく、「ケースワークも大事だが、誰かがフレームワークをしないと、根本的に問題は変わらない。…社会事業家としては両方のバランスが必要で、ケースワークに根差しながらも、社会のフレームワークを変えていくための働きかけをすることが必要」とのことで、個別の支援案件をこなしつつ、社会の枠組みを変える働きかけが不可欠です。

参考記事:社会事業家100人インタビュー(田村太郎氏)
 http://socialbusiness-net.com/contents/news841


とやま東日本盆踊り大会
 福島のももの販売

とやま東日本盆踊り大会
 浪江焼きそばの販売

とやま東日本盆踊り大会
 会場のグランドプラザ

とやま東日本盆踊り大会
 とやま311ネット代表の久保大憲さんの挨拶

とやま東日本盆踊り大会
 やぐら

とやま東日本盆踊り大会
 盆踊り

富山県青年議会の経営企画委員会(第2回)

 富山県青年議会の経営企画委員会・委員長として、委員会活動(調査・分析・意見交換)をおこないました。富山県庁(県議会議事堂)の隣に建つ富山県民会館にて。

 平日の夜、富山市・高岡市・射水市・氷見市・上市町・入善町という県内各地から7名の委員が集いました。
 富山県議会の議事録や各自が持ち寄った資料などを参照しつつ、意見を交換しました。
 副委員長の中塚進悟さんの手堅い会議進行が光りました。

第56回青年議会のはじまり
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-403.html
富山県青年議会の経営企画委員会
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-418.html

関連:富山県議会 会議録と議決結果
 http://www.db-search.com/toyama/

青年議会

かみいち総合病院のナイトスクール

 富山県上市町(かみいちまち)の公立基幹病院「かみいち総合病院」の取り組みの一環で、ナイトスクールと称するタウンミーティングが開催されたので参加しました。
 昨年度から、町内各地の公民館を巡回する形でおこなわれています。
 今回は、図書館・生涯学習会館・公民館を併設する複合施設の研修室が会場でした。

 内容は以下の5部構成で、(1)から(4)までは医師・看護師など病院職員がおこないます。(5)は病院職員と参加者との意見交換です。
(1) 認知症の寸劇
(2) かみいち総合病院の経営状況
(3) かみいち総合病院の救急医療体制
(4) 入院看護体制
(5) なんでも意見交換会

 経営状況や救急医療体制など予想以上に充実した内容で、聴きごたえがありました。登壇者の若手医師やベテラン看護師からは、地域医療に真摯に取り組む姿勢がうかがえ、好印象をもちました。
 もっとも、プロジェクターに次々投影されるスライドはおそらく関係者への配布・説明資料として作成されたもので情報量が多く、各々20分程度で全体を把握するのは困難です。ダイジェスト版を病院のウェブサイトに掲げるとよいと思われます。
 あと、何故か病院ウェブサイトには、過去のナイトスクールについて簡単な開催報告があるだけで、直近分の告知は上がっていません。インターネットや携帯電話・スマートフォンを日常的に用いる世代の参加は想定していないのでしょう。(現に参加者は中高年ばかり)

 タウンミーティングは、医師・看護師らの説明が1時間、参加者との意見交換が30分という時間配分です。
 ちなみに意見交換の時間帯が始まるとまっさきに手を挙げたおじさんが町議会議員で、個人的な入院体験に基づいて10分意見を仰いました。それを受けて病院の事務方が、議会答弁のような応答を10分おこないました。これで意見交換の時間帯の3分の2が費やされました。

ナイトスクール
 広報かみいち総合病院 第37号(2012年6月)より

ナイトスクール事業
 http://www.kamiichi-hosp.jp/index.php?tid=100236

広報かみいち 2009年12月号特集「地域医療を守るため

かみいち総合病院の基本理念
「住民が安心して地域で暮らし続けるための医療の砦として私たちの病院が存在する」

南町の地蔵堂

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県上市町(かみいちまち)の旧市街地・南町(みなみちょう)の地蔵堂を訪れました。
 上市図書館の近くに地蔵堂があり、南無地蔵尊の祈願のぼりが立っています。
 南町の地蔵堂は、弘法大師ゆかりの地蔵堂です。また、木曽義仲(源義仲)が腰かけたとされる石があります。


地蔵堂
 祈願幟

地蔵堂
 地蔵堂

みのわ温泉・松倉城跡

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県滑川(なめりかわ)市の山あいの蓑輪地区にある「みのわ温泉」と、魚津市の山城跡「松倉城跡」を訪ねました。
 早月川のほとりに位置するみのわ温泉にはその名のとおり温泉施設と、テニスコートが整備されています。自然環境保全地域でもあるので、個人的には蓑輪ダム周辺など散策路の案内があるとうれしい。施設に掲げられた「みて歩き案内図」は大雑把で役に立たなかった。

 みのわ温泉近くの廃校を利用した「しらくら山の学校」、白倉トンネルを抜けて角川(かどかわ)沿いの「角川ダム」を見たあと、山あいの道を登って松倉城跡へ至りました。本丸跡の近くまで舗装道が設けられています。
 本丸跡からは、富山平野と富山湾を一望することができました。

関連記事:北山城跡と升方城跡
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-738.html


みのわ温泉
 滑川市蓑輪地区の早月川

みのわ温泉
 蓑輪ダム

みのわ温泉
 みのわ温泉(みのわファミリーハウス)

みのわ温泉
 みのわグリーンハウスとテニス村

みのわ温泉
 用水

しらくら山の学校
 しらくら山の学校(旧・魚津市滑川市組合立 白倉小学校)

角川ダム
 角川ダム

松倉城跡
 松倉城の空堀跡と本丸に至る遊歩道

松倉城跡
 松倉城址

松倉城跡
 本丸跡から望む富山平野と富山湾

成川 友仁 News Letter (2012年8月号)

1.学びと実践 – Learning and Practice –

 7月27日(土)、富山県青年議会(富山県等主催)に出席し、開会式および組織議会(議長・常任委員等の選任をおこなう手続き)に臨みました。私は経営企画委員会の委員長を引き受けました。これから4か月近くにわたって調査・研究と県政の課題検討をおこない、提案を練り上げます。

青年議会

 8月上旬には、経営者・会社員・地方公務員・大学生などの属性をもつ委員8名で、観光戦略や定住促進などの課題について意見交換しました。

青年議会

2.地域活性化 – Civic Pride –

 富山市上滝地区に8月11日(土)開店した駄菓子屋「おらとこ とんとん」を訪れました。NPO法人おらとこ(高齢者デイサービス等の事業者)が運営主体となり、空き家を活用して地域の交流促進にもつなげようという取り組みです。近隣にはフードバンクとやま(商品価値を失った食品の福祉施設等への寄付を支援する団体)の活動拠点と工作教室も開設しました。

おらとこ

おらとこ

3.会議・会合・催事 – Conference –

8月25日(土) とやま東日本盆踊り大会
8月29日(水) かみいち時間(エコツーリズム・セミナー)
8月30日(木) インキュベーション 連絡調整検討会出席
8月31日(金) とやまブランド スタートアップフォーラム
9月1日(土) 富山県青年議会出席

円筒分水場

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県上市町(かみいちまち)の釈泉寺(しゃくせんじ)地区にある円筒分水場を訪れました。
 円筒分水場(円筒分水槽)は農業用水利施設の一種で、上流からの水量に影響されることなく用水を公平に分配するための、水の分岐施設です。
 まるい円筒分水槽を経て、右岸幹線水路に49%、左岸幹線水路に51%の割合できれいに分水されている様子を観察することができます。
 釈泉寺は上市川の上流に位置し、水力発電所が立地しています。発電所から500メートルほど下流の左岸に円筒分水場があります。

 ところで分岐といえば、上市町出身のアニメーション映画監督・細田守さんの作品に特徴的な題材です。いずれの作品においても、物語の進行の上で「分岐」が重要な意味をもつのです。(下記は細田守監督作品「時をかける少女」に登場する道路標識)
 指定方向外進行禁止
 奇しくも円筒分水場の近隣には、映画「おおかみこどもの雨と雪」の舞台モデルになった棚田や売店が存在しています。


円筒分水場
 上市川沿岸土地改良区・円筒分水場の案内

円筒分水場
 上市川に架かる橋と上市川発電管理所

円筒分水場
 上市川合口頭首工と上市川第一発電所

円筒分水場
 円筒分水槽

円筒分水場
 右岸幹線水路と左岸幹線水路への分水

円筒分水場
 円筒分水場

上市川の立山寺橋から釈泉寺橋まで

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県上市町(かみいちまち)を流れる上市川の山手に位置する立山寺(りゅうせんじ)橋から釈泉寺(しゃくせんじ)橋までの約1キロメートルを歩きました。
 途中、馬場島(ばんばじま)方面(県道46号)と種・上市川ダム方面(県道154号)への分岐点があり、剱岳(つるぎだけ)の登山客やトレッキング・キャンプなどを楽しむ人々にとって、交通の要衝になっています。また、早月川の上流に至る馬場島方面の県道は、土石を積んだダンプカーがしきりに行き交います。

 なお立山寺橋を渡って坂道を登ると、「眼目(さっか)の寺」の愛称で親しまれる眼目山立山寺(がんもくざん りゅうせんじ)に至ります。

関連記事
馬場島(剱岳の登山口)
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-410.html
東種地区と上市川ダム
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-355.html
上市川第二ダムとふるさと剱親自然公園
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-384.html
ハゲ山
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-428.html


立山寺橋
 コミュニティバスの眼目寺下のりば

立山寺橋
 立山寺橋

立山寺橋
 上市川の流れ

立山寺橋
 切手・はがき販売店

立山寺橋
 馬場島方面と種・上市川ダム方面への分岐

立山寺橋
 直進:馬場島キャンプ場 右折:上市カヌー競技場・剱親自然公園

立山寺橋
 釈泉寺橋

立山寺橋
 欄干

ハゲ山

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 ハゲ山の名称で親しまれる標高400メートル級の山に登りました。

 ハゲ山は棚田の風景が美しい富山県上市町(かみいちまち)の西種地区に登山口があり、身近なトレッキングコースとして山頂まで遊歩道が整備されています。1時間程度で山頂まで往復することができました。ハゲ山の名称のとおり、頂上に限ってはあまり草木が生えていません。
 なお上市町では「9歳の挑戦」の一環で、小学4年生が例年ハゲ山登山などに挑戦しています。

 遊歩道は、戦国時代の山城跡がある城ヶ平(じょうがだいら)山や、大岩山日石寺(にっせきじ)そばの登山口まで5キロメートルほど続いていて、所々で立山連峰の眺めを楽しみながらの縦走も可能です。

関連記事:看板娘二人が案内する町のプチ名所めぐり(第5弾)
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-409.html


ハゲ山
 ハゲ山の登山口

ハゲ山
 遊歩道

ハゲ山
 種地区

ハゲ山
 上市川ダム方面・富山平野を望む

ハゲ山
 西種・ハゲ山・城ヶ平山の分岐

ハゲ山
 遊歩道

ハゲ山
 ハゲ山の頂上

ハゲ山
 立山連峰

花の家 再訪 ―「おおかみこどもの雨と雪」が暮らす富山県上市町の山里―

 アニメーション映画「おおかみこどもの雨と雪」で、主人公の「花」と二人の子どもの「雨」と「雪」とが母子三人で暮らす家の舞台モデルになった古民家を再び訪ねました。
 お盆ということもあり、県内外から家族連れやいわゆる聖地巡礼風の若者などがご来訪し、探訪者が一言寄せる自由帳には感動と感謝の言葉が次々につづられました。
 今回、家主さんご夫婦ともお話しすることができました。お忙しいところお時間を割いて対応くださってありがとうございました。

 ちなみに細田守作品といえば、物語の進行の上で「分岐」が重要な意味をもつのが特徴です。(下記は細田守監督作品「時をかける少女」に登場する道路標識)
 指定方向外進行禁止
 「おおかみこどもの雨と雪」でも、山への道と小学校への道という分岐が登場し、花の家のモデルになった古民家の前の分かれ道に対応しています。
 大岩から古民家へ至る間にも、日石寺へ至る道や林道など少なくとも10か所の分岐点が存在し、物語に思いを馳せながら県道の坂を登ることになります。

関連記事:花の家 ―「おおかみこどもの雨と雪」が暮らす富山県上市町の山里―
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-387.html


花の家
 大岩山日石寺の百段坂(右)が分かれる県道67号「幅員狭く車両すりかえ困難」

花の家
 県道67号から伸びる千巌峡への小道(左)

花の家
 浅生(あそ)川に架かる浅生橋

花の家
 県道67号(左)と浅生川への分岐

花の家
 中浅生・西種・東種に至る県道67号(左)と下浅生地区への分岐

花の家
 上浅生・西種・東種に至る県道67号(左)と「花の家」への分岐

花の家
 花の家(奥)と納屋(手前)

花の家
 居間からの眺め

白岩川ダムおよび埋蔵文化財センター・岩室の滝

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県立山町の山手にある白岩川ダムを訪れ、その際ダムの比較的近隣にある埋蔵文化財センター・岩室の滝・大観峯(だいかんぼう)自然公園を巡りました。

 お盆の8月15日に、さほど有名でもない白岩川のダム見物に行くのは私だけかと思ったら、二輪車で訪れている人やグループで散策している人々がいました。ダムへの道路が整備されていて、人里に近く、田園風景を望める意外に身近な景勝地でした。
 その後、ダムのやや下流に位置する立山町埋蔵文化財センター(郷土資料館)を訪れ、学芸員に話を伺いました。展示内容は悪くないのに、施設の存在自体があまり知られていないのと、市街地からの距離以上に辺鄙な印象を持たれているとのこと。廃校になった小学校を利用していて趣があるので、隠れ家的な活用はあり得ると考えます。

 山あいにある岩室の滝は、お盆にはむしろ訪れる人が絶えない状況です。
 富山平野が望める大観峯自然公園は、日暮れが近いこともあり来訪者は私1人でした。


白岩川ダム
 白岩川ダム

白岩川ダム
 立山町白岩地区

埋蔵文化財センター
 立山町埋蔵文化財センター

岩室の滝
 岩室の滝・大観峯

岩室の滝
 岩室の滝

大観峯自然公園
 大観峯自然公園からの眺め

陶農館のひまわり迷路

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県立山町郊外の越中陶(すえ)の里「陶農館」の脇にある畑で開催中の「ひまわり迷路」を訪れて、向日葵(ひまわり)の迷路を歩きました。

 ひまわり迷路は、立山町地域おこし協力隊の小島路生(みちお)さんと有志が企画した趣向です。迷路の壁に相当する箇所にだけ向日葵の種を植え、通路に相当する部分の草刈りなど手入れを重ねて迷路づくりが成りました。
 大人の背丈以上もある向日葵の迷路の途中では、4人のかかしがクイズを出題してきました。


ひまわり迷路
 陶農館

ひまわり迷路
 順路

ひまわり迷路
 スタート

ひまわり迷路
 ひまわりの花

ひまわり迷路
 案山子(かかし)

ひまわり迷路
 ひまわり畑

朝の法座(浄泉寺)

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県上市町(かみいちまち)東江上にある浄土真宗本願寺派のお寺・浄泉寺で「朝の法座」に参加しました。

 1日目の今朝は、高岡市の教願寺住職・本願寺布教使の岡西法英さんによる講話「五劫思惟の本願」です。
 平明な語りで、五劫思惟(ごこうしゆい)のさわりをご講義いただきました。


浄泉寺
 清凉山浄泉寺の本堂

浄泉寺
 朝の法座

上市まつり

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県上市町(かみいちまち)の夏祭り「ふるさと観光上市まつり」に参加しました。

 西中町商店街を会場に、納涼夜店、上市音頭の町流し、よさこい、サンバが披露されました。
 会場の一角には、上市町を練習拠点としているプロバスケットボールbjリーグの「富山グラウジーズ」と、上市町の山里が舞台となったアニメーション映画「おおかみこどもの雨と雪」の展示が設(しつら)えられています。
 なお、「おおかみこどものふるさと」なだけに、翌日の「花」火大会は「雨」で流れました。


上市まつり
 上市まつりの会場

上市まつり
 剱風(けんぷう)のよさこい

上市まつり
 プロバスケットボール「富山グラウジーズ」とアニメーション映画「おおかみこどもの雨と雪」の展示テント

上市まつり
 司会のフリーアナウンサー片野優子さん

おらとことんとん・おらとこ楽校の開設

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山市上滝(かみだき)地区に開店した駄菓子屋「おらとこ とんとん」(富山市上滝146)を訪れました。
 近くで高齢者のデイサービス事業などを行なうNPO法人おらとこが運営主体で、空き家を活用して地域の交流促進にもつなげようという取り組みです。

 「おらとこ とんとん」から少し離れた所に姉妹施設として、工作などを学べる「おらとこ 楽校」(富山市三室荒屋233-1)も開所しました。
 開所当日は、おりがみ教室などで賑わっていました。「おらとこ 楽校」は、フードバンクとやまの活動拠点でもあります。

おらとこ おらとこ

富山新聞 2012年8月7日
「空き家再生、遊びにこられ 富山・上滝で駄菓子屋再現、11日に開業」
 http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/TO20120807511.htm
富山新聞 2012年8月12日
「懐かしい駄菓子屋 富山の交流施設に再現」
 http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/TO20120812511.htm


おらとこ
 おらとこ とんとん

おらとこ
 おらとこ とんとんへ ようこそ!!

おらとこ
 ギャラリー

おらとこ
 おらとこ 楽校

おらとこ
 おりがみ教室

おらとこ
 花束と枝豆をもつフードバンクとやま代表の川口明美さん


読売新聞 2012年8月10日富山欄
「古い町並み残る富山・上滝 あす駄菓子屋オープン」
読売新聞2011年8月10日

上滝駅前

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山地方鉄道の上滝(かみだき)駅前を歩きました。
 上滝地区は、2005年に富山市と合併するまで、大山町(おおやままち)の中心部に位置する駅でした。
 町役場(現・富山市 大山総合行政センター)や文化会館・図書館などが駅前に立地しています。竪穴住居跡の展示館もあります。

 上滝地区の特徴は、市姫(いちひめ)神社にちなんで市姫開運通りと呼ばれるかつての大山町中央商店街に、比較的古い街並みが残っていることです。
 空き家も目立ちますが、一方で「おらとこ とんとん」のように昔ながらの駄菓子屋を開いて住民の交流を図る取り組みも見られ、注目を集めています。


上滝駅前
 上滝駅

上滝駅前
 駅舎

上滝駅前
 上滝線・岩峅寺(いわくらじ)行きの普通列車

上滝駅前
 大浦酒店

上滝駅前
 デイサービスセンターおらとこ

上滝駅前
 市姫開運通り(大山町中央商店街)

魚津ご城下の台所「藤吉‐トウキッチン‐」

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 魚津ご城下の台所「藤吉」(とうきちもしくはトウキッチン)を訪れて、コーヒーを頂きました。
 藤吉は、地域のにぎわい拠点を兼ねたカフェ・総菜店として、魚津市中央通り商店街に先月上旬開店しました。
 2012年3月の夜活@東部で熱く語った大野藤吉商店の若旦那・大野慎太郎さんの「藤吉苑(トーキッチン)」構想が、魚津の街なかで実現したものです。


藤吉
 魚津ご城下の台所「藤吉」

藤吉
 藤吉の店内

藤吉
 挽きたてコーヒーと丹波の黒豆

全国高等学校総合文化祭(高総文祭とやま2012)

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム(1)〕および〔Facebookアルバム(2)〕にて掲載中

 全国高等学校総合文化祭(全国高総文祭とやま2012)を鑑賞しました。
 一昨日は美術・工芸部門(富山市会場)を訪れ、今日はボランティア部門(滑川市会場)および吹奏楽部門・書道部門(魚津市会場)を訪れました。

 星槎国際高校などプロボノ活動や地域活動で関わりのある方々を除いて、普段高校生とはあまり接点がないのですが、全国各地から富山に来た活気あふれる高校生の活動に触れて気持ちが高ぶります。とりわけ吹奏楽の生演奏は、都道府県代表の各校の特徴が出ていて、観て聴いて楽しかった。

 課題としては、ホスピタリティが今一つだったこと。教職員や生徒は何となく受付や会場に立っているのではなく、訪れた市民に見所を伝える熱意と工夫が必要と拝見します。
 全般的な印象として、関係者以外の来訪に実に無頓着です。会場で一般市民っぽい人を見かけたら、明るく元気に挨拶すること(生徒だけでなく教職員・役員のおじさんたちも率先して)でも変わってくると思われます。
 また、ボランティア部門では生徒たちのフィールドワーク先として、土遊野やカフェゴッコなど私もよく存じている事業者が登場しました。受入先は個性的なのに、高校生の発表がおしなべて単調でちょっと残念ではありました。

 富山の取り組みおよび反省点を踏まえて、来年の長崎大会および再来年の茨城大会で、改善・躍進されることを期待いたします。


全国高総文祭
 美術・工芸部門の会場・富山県民会館

全国高総文祭
 展示

全国高総文祭
 ボランティア部門の会場・滑川市民交流プラザ

全国高総文祭
 土遊野(どゆうの)でのフィールドワークの発表

全国高総文祭
 吹奏楽部門の会場・新川文化ホール(ミラージュホール)

全国高総文祭
 受付

全国高総文祭
 書道部門の会場・魚津テクノスポーツドーム(ありそドーム)

全国高総文祭
 企画展「とやまを書く」


北日本新聞 2012年8月10日
「ボランティア 社会づくりの視点学ぶ 各地でフィールドワーク」
北日本新聞2012年8月10日

朝日新聞 2012年8月(高総文祭特集)
88人吹いて歌って踊って 浜松湖南(静岡)
朝日新聞2012年8月
筆と紙と全身で格闘 三島(愛媛)
朝日新聞2012年8月
打ち込んだ経験一生の宝 「おおかみこどもの雨と雪」細田守監督
朝日新聞2012年8月

片地の池

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県上市町(かみいちまち)の片地(かたじ)地区にある片地の池を訪れました。
 眼目山立山寺(りゅうせんじ)近くの片地集落の道を登ると、富山平野を望む見晴らしのよい箇所を経て、片地の池に達します。

 片地地区は西瓜(すいか)が名物です。
 同地区の子どもたちが通う南加積(みなみかづみ)小学校の「みなみのかるた」にも、片地の西瓜が登場します。


片地の池
 片地の田畑

片地の池
 片地の池

2012年8月度 富山プロボノカフェ

 2012年8月9日(木)の夜、ココス黒瀬店(富山市内のファミリーレストラン)にて行ないました。
 レストランでの例会開催は4回目です。

 Twitterの告知を見てお越しになった初参加の尾間さんを交えて、夏の夜の例会とあいなりました。尾間さんはウェブサイト制作や情報システム開発がご専門で、東京など都市部での社会貢献熱の高まりを踏まえて、身近な地域でも地域貢献の可能性を共有したいとのこと。ありがとうございます。

 先月下旬に岐阜県飛騨市神岡町で第1回の開催が実現した「飛越(ひえつ)ジャズライブ」(小林ゼミナール主催)につき、振り返りをおこなうと共に、プロボノ的関わりの勘所と今後の活動の見通しにつき、意見交換をおこないました。富山県内でも継続中の、東日本大震災の支援活動についても話し合いました。

http://twipla.jp/events/27120
http://www.facebook.com/events/133725016767259/

富山プロボノカフェ2012年8月例会

富山市ファミリーパーク

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山市郊外の動物園「ファミリーパーク」を訪れた。

 ファミリーパークは午前9時開園・午後4時半閉園。
 今回、閉園30分前のファミリーパークに滑り込んで、オオカミ(北米原産のシンリンオオカミ)を鑑賞。
 日本で飼われているシンリンオオカミ(森林狼)の姿は先日アニメーション映画で見ていたが、予想以上に大きく、堂々と歩く姿に感心。

 閉園5分前となって足早にイノシシ舎付近を歩いていたら、紐のようなものを踏んづけた。
 何と長さ1メートルほどもある蛇であり、波打って草むらに消えていく。びっくりしつつも、すぐに「おおかみこどもの雨と雪」の雪ちゃんが戯れにアオダイショウを腕に巻きつける姿(予告編動画)を思い浮かべた…


ファミリーパーク
 園内案内図

ファミリーパーク
 アムールヤマネコ

ファミリーパーク
 園内の木々

ファミリーパーク
 シンリンオオカミのさすけ(手前・雄)とメリー(奥・雌)

ファミリーパーク
 さすけ

ファミリーパーク
 体を掻くさすけ


 | ホーム |  次のページ»»