FC2ブログ

プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


全記事表示リンク


開発教育全国集会

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 青年海外協力隊関係の諸団体が主催する開発教育全国集会という催しに参加しました。
 会場は富山大学(五福キャンパス)です。今年で22回目となる歴史のある催しだそうで、副題は「富山発!地域ルネッサンス ― 地域が日本を変える」との意欲的な問題提起。

 以前から面識のある立山町地域おこし協力隊(元青年海外協力隊員・中米グアテマラ派遣)の小島路生さんがパネリストとして登壇すると伺い、駆けつけました。
 基調講演では、私がかつて中小企業診断士の実習で訪れた東京都板橋区高島平で街づくりをしている堀口さん・石田さんのお話と、いわゆる富山型デイサービスの先駆者として全国的に知られる惣万(そうまん)さんのお話を伺いました。地域の実践と着実な成果の蓄積が、国際協力の分野に通じるとの趣旨と拝見します。

 登壇者は皆、異文化コミュニケーション能力に長け、地道な実践を大切にする穏やかな心をお持ちの方々と拝見しました。派手派手しい印象は無いのですが、発言中は各々キリッとした素晴らしい表情をされているのが印象的でした。

 なお会場の参加者を見るに、関係者が大半でした。富山大学の学生たちは、何故かパネルディスカッションを待たずに退席してしましました。
 告知方法、当日の受付や司会進行など、内輪の匂いが強い催しです。テーマ設定や登壇者の顔ぶれは素晴らしいのですから、もっと多くの方々に聴いてもらいたい。


開発教育
 開発教育全国集会の次第

開発教育
 堀口さん・石田さんの基調講演

開発教育
 惣万さんの基調講演

開発教育
 濱谷忠さんの事例発表

開発教育
 コーディネーターの白山さんとパネリストの小島さん

開発教育
 パネルディスカッション


【 第22回 開発教育全国集会 in 富山 】

富山県青年海外協力隊を育てる会・青年海外協力隊富山OB会・JICA北陸・社団法人協力隊を育てる会 主催

日時:2012年6月30日(土) 13:00-17:00
場所:富山大学理学部1号館 A424号室
副題:「富山発!地域ルネッサンス ― 地域が日本を変える」

【 【 【 【 【 プログラム 】 】 】 】 】

【第1部 基調講演】
「高島平に明日はない」
 堀口吉四孝(高島平総研代表)・石田ゆかり(膝楽体操代表)
「NPOが社会を変える」
 惣万佳代子(NPO法人このゆびとーまれ理事長)

【第2部 事例報告】
「越中式定置網を世界へ」
 濱谷忠(氷見地区小型定置網協議会会長)

【第3部 パネルディスカッション】
「青年海外協力隊経験を地域に生かす~地域おこしの取組事例」
パネリスト
 小島路生(立山町地域おこし協力隊) 富山県在住・グアテマラOB
 中川博司(NPO法人このゆびとーまれ) 富山県在住・インドネシアOB
 村上成人(石川県家畜保健衛生所) 石川県在住・ネパールOB
 藤井和代(カメハメハ大農場) 福井県在住・タンザニアOG
コーディネーター
 白山肇(富山県青年海外協力隊を育てる会会長)

スポンサーサイト



上市図書館

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム(1)〕および〔Facebookアルバム(2)〕にて掲載中

 富山県上市町(かみいちまち)の町立上市図書館にて、7月21日全国公開のアニメーション映画「おおかみこどもの雨と雪」の業務用プロモーションビデオを放映しています。
 この映画で監督を務める細田守さんは、ご当地上市町の宮川小学校区の出身であり、映画自体も上市町の里山を舞台としています。美しい映像に思わず足を止めて見入る来館者も少なくありません。うれしいことに、プロモーションビデオには図書館の場面も登場します。
 映画公開からしばらくして、図書館では「おおかみこどもの雨と雪」の絵コンテなどの展示も始めました。

 上市図書館は、富山地方鉄道の上市駅から徒歩5分程度の立地です。生涯学習会館と呼ばれる複合施設の2階を占めます。


上市図書館
 上市公民館および町立上市図書館

上市図書館
 映画のポスターとプロモーションビデオ

上市図書館
 「細田守の世界」紹介コーナー

布瀬南公園

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山市近郊の布瀬(ぬのせ)南公園を散策しました。
 布瀬南公園は、富山市の土地区画整理事業にともない整備された、5ヘクタールほどの広さの公園です。おおむね富山駅と富山空港との中間地点に位置します。

 子ども向けの野外遊具もありますし、大人が佇(たたず)める木陰のベンチもありますので、老若男女の憩いの場となっています。リタ・トヤマから歩いて行け、気晴らしに訪れるのも最適です。
 公園の中ほどには、小規模な生態系を構築したビオトープが設けられていて、街なかでは見かけない蜻蛉(とんぼ)が飛び交っていました。


布瀬南公園
 クスノキ

布瀬南公園
 ビオトープの蓮の花と蜻蛉(とんぼ)

布瀬南公園
 広場

富山地方鉄道・東新庄駅前

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山地方鉄道の東新庄駅の近辺を散策しました。
 東新庄駅は富山市近郊の住宅地の真ん中にあり、小規模な踏切や高架で線路の両側の地域をつないでいます。電鉄富山駅発着の列車が頻繁に行き交い、遮断機の音や走行音など街区の特徴となっています。

 駅の近くには、「薬種商の館 金岡邸」があり、これは富山の市街地で有数の見どころです。
 江戸時代の薬種商(和漢薬の原材料をあきなう商人)の姿を伝える木造建築として、歴史的に製薬業が盛んな富山ならではの資料館となっています。


東新庄駅前
 東新庄駅を発つ電鉄富山行き列車

東新庄駅前
 路傍の花

東新庄駅前
 新川神社

東新庄駅前
 薬種商の館 金岡邸

東新庄駅前
 全福寺

東新庄駅前
 広田用水記念公園の記念碑

星槎国際高校のカルチャーゼミ(植彩セラピー体験)

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 星槎国際高等学校(富山学習センター)で一般社会人が登壇する「カルチャーゼミ」にて、知人が講師を務めたので見学してきました。

 「植彩屋うえる」こと石黒亨(とおる)さんは、フラワーアレンジの素養とカウンセリングの素養を併せ持ち、生花の活け込みから心理相談まで活動に幅があるのが特徴です。富山プロボノカフェ例会での出会いがきっかけとなって、主に星槎国際高校で「自分彩発見プロジェクト」など若者向けの取り組みを進めています。

 今回のカルチャーゼミは、石黒さんの特徴が強く表われた専門役務「植彩セラピー」の体験授業でした。
 植彩セラピーは、小鉢に自由に花を挿し、そのアレンジの様子から心理状態を読み取る試みです。星槎国際高校の市岡先生と見学者の大人3名も参加しました。
 今日は4種の花、すなわち橙色のバラ・桃色のガーベラ・緑色のテマリソウ(手鞠草)・黄色のカーネーションが用意されました。花の色、取捨選択、挿し方、前後左右の配置、などにもそれぞれ意味があるそうです。


植彩セラピー
 市岡先生による講師うえる(石黒)さんの紹介

植彩セラピー
 お花の用意

植彩セラピー
 見学参加者の久保あきさん

植彩セラピー
 お花を手に取って

植彩セラピー
 完成!

植彩セラピー
 星槎国際高等学校 富山学習センター

北陸街道および富山地方鉄道駅前まちあるき

 当ブログ(ひる の なりかわ)の北陸街道まちあるき記事および富山地方鉄道駅前まちあるき記事を一覧します。

【北陸街道まちあるき】

〔記事〕 泊
〔記事〕 舟見
〔記事〕 魚津
〔記事〕 滑川
〔記事〕 水橋
〔記事〕 岩瀬
〔記事〕 福岡
〔記事〕 石動

 舟見城址 入善町舟見の集落

【富山地方鉄道駅前まちあるき】

〔記事〕 富山駅前
〔記事〕 稲荷町駅前
〔記事〕 新庄田中駅前
〔記事〕 東新庄駅前
〔記事〕 越中荏原駅前
〔記事〕 越中三郷駅前
〔記事〕 越中舟橋駅前
〔記事〕 寺田駅前
〔記事〕 越中泉駅前
〔記事〕 相ノ木駅前
〔記事〕 新相ノ木駅前
〔記事〕 上市駅前
〔記事〕 新宮川駅前
〔記事〕 中加積駅前
〔記事〕 西加積駅前
〔記事〕 西滑川駅前
〔記事〕 中滑川駅前
〔記事〕 滑川駅前
〔記事〕 浜加積駅前
〔記事〕 早月加積駅前
〔記事〕 越中中村駅前
〔記事〕 西魚津駅前
〔記事〕 電鉄魚津駅前
〔記事〕 新魚津駅前
〔記事〕 経田駅前
〔記事〕 電鉄石田駅前
〔記事〕 電鉄黒部駅前
〔記事〕 東三日市駅前
〔記事〕 荻生・長屋駅前
〔記事〕 新黒部駅前
〔記事〕 舌山・若栗・栃屋駅前
〔記事〕 浦山・下立口駅前
〔記事〕 下立・愛本・内山・音沢駅前
〔記事〕 宇奈月温泉駅前

〔記事〕 稚子塚駅前
〔記事〕 田添駅前
〔記事〕 五百石駅前
〔記事〕 榎町駅前
〔記事〕 下段駅前
〔記事〕 釜ヶ淵駅前
〔記事〕 沢中山駅前
〔記事〕 岩峅寺駅前
〔記事〕 横江駅前
〔記事〕 千垣駅前
〔記事〕 有峰口駅前
〔記事〕 本宮駅前
〔記事〕 立山駅前

〔記事〕 栄町駅前
〔記事〕 不二越駅前
〔記事〕 大泉駅前
〔記事〕 南富山駅前
〔記事〕 朝菜町駅前
〔記事〕 上堀駅前
〔記事〕 小杉駅前
〔記事〕 布市駅前
〔記事〕 開発駅前
〔記事〕 月岡駅前
〔記事〕 大庄駅前
〔記事〕 上滝駅前
〔記事〕 大川寺駅前

 西加積駅前 西加積駅

立山町元気交流ステーション「みらいぶ」

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山地方鉄道の五百石(ごひゃっこく)駅を複合ビルディングに建て替えた立山町元気交流ステーション(愛称「みらいぶ」)を訪れました。
 先月末に完成式があり、今月から市民の利用に供されています。図書館・保健福祉系の公的機関・会議室

 鉄骨3階建ての立派なビルディングです。五百石は立山町役場の最寄駅であり、立山町の中心部でもあるのですが、賑わいを失った商店街など全般的に鄙(ひな)びているので、周囲から浮き上がって見えます。
 なお、駅・図書館・商工会の複合ビルディングには、富山地方鉄道の舟橋駅に先行例があります。保健福祉系の公的機関・会議室・温泉の複合ビルディングには、滑川市や上市町に例があります。

 館内を一巡して、外観は首都圏郊外の中規模駅、中身は田舎の公民館、との所感をもちました。


みらいぶ
 立山町元気交流ステーション・富山地方鉄道 五百石駅

みらいぶ
 立山図書館

みらいぶ
 最上階からの展望

サンフォルテ フェスティバル

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 男女共同参画の拠点「サンフォルテ」こと富山県民共生センターの年に1度のフェスティバルに赴きました。
 反貧困ネットワークで事務局長を務める湯浅誠さんの講演を聞くのが主目的です。

 「つながりの中で生きるために ~震災と貧困から考える男女共同参画~」と題した湯浅さんの講演は、男女平等の諸制度や社会情勢を解説するような堅苦しいものではなく、かといって個人的な体験談や経験論を延々と開陳するものでもなく、理論的考察と具体的事例とを織り交ぜた明快な語り口がすばらしかった。
 例えば、一見非効率極まる障害者の支援を通じて、家族の社会参加や経済活動が可能となり、その社会経済的な波及効果によって社会の活力がもたらされるとの指摘が特に印象的でした。主旨は「つながりの中で生きる」との演題に合致します。
 講演会の前段として、女性参画の功労者・先進企業の表彰式が組まれていたため、聴衆は関係者や中高年の女性が大半でした。もっと若い世代にも聴いてもらいたかった。

 午後は「シャキット富山35」の、女性の労働訴訟をテーマとした分科会に参加しました。
 こちらも参加者は、中高年の女性ばかり。金沢地方裁判所で進行中の注目するべき取り組みですので、事前・事後の情報発信を充実するとよろしいと思います。

 そのほか、知人が出展する団体紹介の展示コーナーや雑貨・衣類の販売コーナーを見て回りました。
 また、催しの合間に環水公園を散策しました。フェスティバル会場は、環水公園の東端に位置します。


サンフォルテフェスティバル
 サンフォルテ前の広場

サンフォルテフェスティバル
 展示

サンフォルテフェスティバル
 講師の湯浅誠さん

サンフォルテフェスティバル
 湯浅誠さんと「ひとのま」の元島生さん

サンフォルテフェスティバル
 「とやまチャイルドライン」と「こどものその」

サンフォルテフェスティバル
 ワークショップ「どうして女は貧乏なの?」

サンフォルテフェスティバル
 環水公園

サンフォルテフェスティバル
 富岩運河

浄泉寺

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県上市町(かみいちまち)の浄泉寺にて、寺の近隣のグループホーム(高齢者福祉施設)の運営推進会議が開催されたので参加しました。会場の提供は、当該施設の役員を務める住職のご厚意によるものです。

 なお、アニメーション映画監督の細田守さんは、浄泉寺の門徒とのこと(埼玉県吉見町浄泉寺住職談)。施設の役職員一同、応援しています。


浄泉寺
 寺へ続く路地

浄泉寺
 本堂

魚津学び塾(第2回のお題は「学生と社会の接点・つながり方」)

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県魚津市の山手にある新川学びの森 天神山交流館にて開催された、第2回「魚津学び塾(U学塾)」に参加しました。

 第1回U学塾のお題は「コミュニティ」。そして今回のお題は「学生と社会の接点・つながり方」。まちづくり団体AtionOne(エイションワン)代表の島田勝彰さんが、活動を通して得た持論を述べました。
 AtionOneでは大学生を巻き込む形で、街なかイベントの開催、インターンシップの受け入れ、フリーペーパーの発行などをしています。
 何をしたいのか自分でもよく分かっていない学生も昨今多いといいますが、島田さんは丁寧に問いを投げ、対話を重ねることで、彼ら・彼女らの可能性を引き出すことに努めているとのこと。

 街と(学生を含めた)個人との接点については、街の魅力を語れるのが個々人の主体性の表われで、私たちが街の魅力を語ることができる人になるのが地域活性化のカギとのご指摘です。
 街の自慢は観光パンフレットや統計資料を題材にできるけれど、街の魅力を自分のコトバで語るには主体性が不可欠。みずからの参加と体験、発見と掘り起こしで、魅力を語れるようになる。それが社会との接点にもなり、自身の成長をもたらします。

 なお、AtionOneが関わる大学生たちが同じ日時に富山市内でイベントを主催していたこともあり、学生の参加は少なかった。そのなかで、富山ユナイテッドチルドレン元代表の高校3年生が、いち参加者として駆けつけました。


魚津学び塾
 新川学びの森 天神山交流館

魚津学び塾
 話し手の島田勝彰さん

滑川運動公園と田中小学校

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム(1)〕および〔Facebookアルバム(2)〕および〔Facebookアルバム(3)〕にて掲載中

 富山県滑川(なめりかわ)市郊外の運動公園と、旧市街地に建つ田中小学校を訪ねました。
 運動公園には、本丸球場という威勢のよい名前の野球場があります。上市(かみいち)川沿いにあり、土手の散歩途中にスコアボードを望むことができます。

 田中小学校は、現在も教室や校長室が使われている、富山県内で唯一残る木造校舎の学校です。向かいにホールを備えた市のコミュニティセンターがあるので、多くの市民にその美しい外観が親しまれています。
 耐震補強のためやむなく取り壊されるのでは、という話もあったのですが、一部校舎(北校舎)の外観はそのままに工事が行われ得る見通しとなりました。教室のある建物は鉄筋3階建てに改築され、そちらは見納めとなります。
 なお田中小学校は、アニメーション映画「おおかみこどもの雨と雪」の舞台モデルのひとつにもなっています。


滑川運動公園
 滑川運動公園

滑川運動公園
 広場

滑川運動公園
 あじさいの花

田中小学校
 滑川西地区コミュニティセンター

田中小学校
 滑川市立田中小学校

田中小学校
 花菖蒲


北日本新聞 2012年11月26日
「木造校舎の姿胸に 滑川・田中小耐震化 解体前に一般開放」
北日本新聞2012年11月26日

世界の富山人

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 リタ・トヤマで急遽開催された世界の富山人 Vol.1の対談に参加しました。
 話し手はニューヨークで活躍するジャズ・ヴォーカルのASAKOこと高崎安沙子さん。富山県射水(いみず)市(旧新湊市)出身です。
 聞き手はシンガポール経済新聞の岩田弘志さん。東南アジアと日本を行き来する実業家で、シンガポール和僑会の代表理事でもいらっしゃいます。

 富山滞在中の日程を縫って開催された対談企画、告知が急で10名余りの参加者ですが、濃密な対談と対話の時間となりました。

 対談および懇親会(中華料理店での会食)では、話し手のASAKOさんから、アメリカ合衆国に暮らす人々の利他的振る舞いの話、価値観の多様性の話、ボン・ジョビのレストラン事業の話、ASAKOさんを取り巻く駄目な男たちを題材にした出版企画の話、パワーハラスメント裁判を支援したプロボノ弁護士の話、と私が富山で見聞きしているようなテーマと関わる話が次々に飛び出して、何だかシンクロニシティを感じています。シンクロニシティは、「意味のある偶然の一致」のことです。

シンクロニシティ
 リタ・トヤマ
 ダイバーシティとやま
 優農とやま
 My出版プロジェクトfrom北陸。
 富山プロボノカフェ

LiTa Clubで働くスタッフのブログ
 http://ameblo.jp/learnput-staff/entry-11280695899.html


世界の富山人
 ASAKOさんと岩田弘志さん

世界の富山人
 富山経済新聞を創刊する仲悟志さんの決意表明

ママmadeフェスタJAMBO!

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 蜃気楼を意味するミラージュホールこと新川(にいかわ)文化ホールにて開催された、ママmadeフェスタJAMBO!に訪れました。
 子育てママの参加を企図した催しで、手作り雑貨を購入したり、子どもと工作体験をしたり、美容や癒しの簡易施術を受けることができます。

 会場では偶然の出会いから、出展者の知人と取材者の知人とをつなぐことができ、次につながる成果も得られました。


ママmadeフェスタ
 ボディジュエリーアートのJUNKOさん

ママmadeフェスタ
 植彩セラピーのうえるさん

ガイナシティ

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県上市町(かみいちまち)のショッピングセンター「ガイナシティ」の店舗群。24時間営業のスーパーマーケットが核店舗です。

 ちなみに「がいな」は大きいという意味の方言です。香川にはプロ野球の「ガイナーズ」があり、鳥取にはプロサッカーの「ガイナーレ」があります。富山のガイナシティと併せて、京都からほぼ等距離の周縁にあるのが面白い。
 そしてガイナシティはある意味、富山市の「コンパクトシティ」構想とは対極をゆく命名となっております。


ガイナシティ
 ガイナシティ

ガイナシティ
 マックスバリュ(スーパーマーケット)

ガイナシティ
 からしし(焼肉レストラン)

ガイナシティ
 シルク(百円ショップ)とわかくさ医院

ガイナシティ
 水車小屋(精米所)

シェーナウの想い上映会

 ドイツ映画「シェーナウの想い ~自然エネルギー社会を子どもたちに~」の上映会に参加しました。20年前から現在に至る実話に基づくドキュメンタリー作品で、日本語の字幕付きです。
 テーマは、市民(地域住民)による社会的起業。小さな街の市民が設立・経営する電力会社(シェーナウ電力)の役員や職員は地域住民ですが、支援者はドイツ全国各地に渡るといいます。
 事業による課題解決を目指す方向性と、富山の小水力発電の取り組みが適合していることもあり、上映後に活発な意見交換がありました。
 ドイツ人の国民性もあるのかもしれないが、異なる立場や意見をもった人たちと論拠に基づく対話を重ねることが、回り道のようでいて近道のように思えます。

 自然エネルギー社会をめざすネットワーク
 http://www.geocities.jp/naturalenergysociety/


シェーナウの想い
 Das Schönauer Gefühl.(シェーナウの想い)

シェーナウの想い
 司会進行のOtoさん

音饗プロジェクトのカレー食堂

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 立山山麓の自然公園・立山グリーンパーク吉峰にあるよしみね交流館で、日時限定で「カレー食堂」が開店しました。
 これは、音饗プロジェクトの一環で開催された試みです。「音饗」は音響ではなく、もてなしやごちそうを意味する饗応・饗宴の「饗(キョウ・あえ)」の字を用いています。
 立山町の夏野菜を用いたスープカレーは、スープのうまみが絶品でした。
 実行委員を務める石黒さん・嶋田さん(いずれも本業は立山町職員)が、普段から官民の有志と地域活動を共にしているのも注目するべき点です。

 なお、夜には会場を陶農館に移して、ジャズの生演奏もおこなわれました。音饗プロジェクトの「音」に相当します。


音饗プロジェクト
 よしみね交流館

音饗プロジェクト
 スープカレー


読売新聞 2012年6月15日
「カレーとジャズコラボ 立山町職員有志イベント企画 あすグリーンパーク吉峰で」
読売新聞2012年6月15日

関連記事:日本経済新聞 2012年2月27日
「【県庁・役場、人材の宝庫】公務外の地域活動広がる 防犯演劇や難病支援も」
日本経済新聞2012年2月27日

昆虫王国と立山町総合公園

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県立山町の郊外にある施設・昆虫王国立山立山町総合公園を訪れました。

 夏にはカブトムシやクワガタムシ目当てに大勢の親子連れでにぎわう昆虫王国も、6月中旬は来場者もまばらです。展示中の水棲昆虫をじっくり眺めることができました。例えばタガメは、立山山麓でも実物を見る機会はまずありません。タガメ(田鼈)の名のとおり(鼈はスッポンの意味)、鎌のような前肢を構えてじっとたたずむ様子に風格があります。
 総合公園は、間近に迫る立山連峰と、眼下に広がる富山平野が美しい。富山駅から自動車で30分程度で来られるので、森の癒しを目玉にした手軽な保養地としてももっと活用できる余地があると考えます。


昆虫王国
 昆虫王国立山の案内図

昆虫王国
 ヘラクレスヘラクレス(かぶと虫)

昆虫王国
 タガメと金魚

昆虫王国
 水車小屋

立山町総合公園
 立山町総合公園の並木道

立山町総合公園
 テニスコートと立山連峰

2012年6月度 富山プロボノカフェ

 2012年6月14日(木)の夜、ココス黒瀬店(富山市内のファミリーレストラン)にて行ないました。
 レストランでの例会開催は2回目です。成り行き上、二部構成のような展開となりました。

 前半は、由宇デザイナーの紹介でいらっしゃった、今回初参加の富樫さん(建築教育家)が提供する話題を中心に、近時の活動や仕事に絡めて情報交換・意見交換をおこないました。東日本大震災の復興支援への関わりや、飛騨地区の地域活性化につながる催しの進め方について、具体的事例と経験に基づいた話し合いができ、プロジェクトが加速しました。
 後半は(富山における)プロボノ活動のあり方を主題とし、理念的な部分を確認する掘り下げた対話の時間とあいなりました。

http://twipla.jp/events/24459
http://www.facebook.com/events/438807119482434/

富山プロボノカフェ2012年6月例会

あさひの郷公園

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県上市町(かみいちまち)の旭町(あさひまち)と郷柿沢(ごうかきざわ)にまたがる地区に公園などが整備されていて、「あさひの郷公園」と称します。

 植樹された木々の新緑と紫陽花(あじさい)の花が美しい、あさひの郷公園を訪ねました。
 公園の脇にはB&G(ブルーシー・アンド・グリーンランド財団)の体育館もあり、憩いの場となっています。


あさひの郷公園
 あさひの郷公園

あさひの郷公園
 あじさいの花

あさひの郷公園
 上市町新町制50周年記念植樹

あさひの郷公園
 上市川と複合施設カミール(右奥)

行田公園の花菖蒲

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県滑川(なめりかわ)市の行田(ぎょうでん)公園を訪れ、花菖蒲を観賞しました。

 所用で滑川市役所に行ったら、2階の一角に花菖蒲開花状況ボードが掲げられていましたので、誘われるように行田公園へ。
 まだ三分咲きとのことですが、初夏の陽気に恵まれて、爽やかなひと時を過ごしました。


行田公園 (2012年3月)
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-244.html


行田公園
 遊歩道

行田公園
 花菖蒲

行田公園
 花弁

行田公園
 行田公園の眺め

富山地方鉄道・上市駅前および上市町役場・北アルプス文化センター

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山地方鉄道の上市(かみいち)駅から、上市町役場などがある市街地まで歩きました。

 上市駅は富山県上市町の中心駅ですが、駅前交差点から広がる旧市街地と、公共施設や商業施設が立地する役場前交差点の一帯とは、直線距離で500メートルほど離れています。
 かなり昔には役場庁舎も駅前にありましたが、法音寺(ほうおんじ)地区に移転。中学校・コンサートホール(北アルプス文化センター)・ショッピングセンター(パル)が建ち並び、近年は天然温泉・温浴施設(アルプスの湯)を備えた保健福祉の複合施設もできています。なお総合病院が、駅と町役場の中間地点に立地しています。

【 地図 】 (Googleマップ)

関連記事:本気で紹介!富山県上市町(映画「おおかみこどもの雨と雪」公開記念)
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-396.html


上市駅前
 電鉄富山行きの普通列車

上市駅前
 ツバメの巣(上市駅)

上市駅前
 駅前交差点

上市駅前
 駅前中央通りと観光タクシー

上市駅前
 路地

上市駅前
 かみいち総合病院

上市駅前
 菓子処とうどうとサンシャイン通りとショッピングタウン「パル」

上市駅前
 つるぎふれあい館・アルプスの湯

上市駅前
 上市町役場

上市駅前
 北アルプス文化センター・上市町文化研修センター(映画「おおかみこどもの雨と雪」)

星槎国際高校のカルチャーゼミ(ハンドマッサージ体験)

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 星槎国際高等学校(富山学習センター)で一般社会人が登壇する「カルチャーゼミ」にて、知人が講師を務めたので見学してきました。

 講師の放生(ほうじょう)順子さんはメイク一般や、肢体に華やかな装飾を施すボディジュエリーの施術を専門としています。以前からプロボノ活動の一環で、星槎国際高校の教職員や子どもたちとも関わりをもっています。

 今回のカルチャーゼミは、ハンドマッサージの体験授業でした。
 一通り手のマッサージをする側・される側を体験したあと、講師の話はメイクの効用や人生観まで話題が及びました。


ハンドマッサージ
 星槎国際高等学校 富山学習センター

ハンドマッサージ
 市岡先生と放生さん(ボディジュエリーの紹介)

ハンドマッサージ
 ハンドマッサージ体験中

ハンドマッサージ
 人差し指と中指で挟んで(施術の要点)

成川 友仁 News Letter (2012年6月号)

1.連携の試み – Collaboration –

 5月25日(金)、小矢部市の民間施設(印刷会社の一室)にて、インターンシップ(高校生・大学生などの就業体験)の取り組みを生かした企業変革・活性化と地域貢献の可能性につき、企業経営者や学校関係者などと話し合いをもちました。

星槎高校プロジェクト

 6月には当該施設が情報発信基地ELABO(イーラボ)として正式に開設し、6月7日(木)の夜にはオープン記念イベントが開催されました。富山県西部の郷土料理「よごし」(野菜の味噌あえの一種)の試食会も併せておこなわれました。

ELABO

2.地域活性化 – Civic Pride –

 日枝神社の山王まつりに併せて行われた第10回とやま山王市にて、「チーム イマデキ」のテントを設けて出展しました。当該チームは、祭りの会場で感謝の言葉を集めたありがとう新聞を発行するとともに、自分たちが今出来ることに着目した取り組みの継続を旨としています。

山王市

3.会議・会合・催事 – Conference –

6月20日(水) 魚津学び塾(魚津・天神山交流館)
6月22日(金) かみいち福祉の里 運営推進会議出席
6月26日(火) インキュベーション 連絡調整検討会出席
6月29日(金) 百万石ワールドカフェ 設立記念(金沢)
7月7日(土) 富山大学 熟議「災害が起きたらどうする?」

東種地区と上市川ダム

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県上市町(かみいちまち)の山間地に位置する東種(ひがしたね)地区と、同地区を流れる上市川のダムを訪れました。上市川第二ダムの下流に位置します。

 東種地区の隣に西種地区があり、いずれも美しい棚田の景観が特徴です。
 東種・西種を併せて「種の里」と称し、グリーン・ツーリズム(農山漁村に赴いて自然体験などをする滞在型の旅行)を推進しています。

 ところで上市町の役場は富山市寄りの平野部(海抜約40メートル)にあり、そこから7キロメートルほど北アルプスに向かうと東種(海抜約300メートル)に至るのですが、なぜか東種地区に上市町を代表する気象観測点(アメダス観測点)が設けられているので、富山県内でも最低の気温を観測することが多いのです。また、雨や雪の天気になることも多い。平均気温が低い方が、町としても寒冷地対策などでお金が動きやすい面があったりするのでしょうか。
 ちなみに地区の小学校は、生徒数の減少で1997年から休校となっています。

 何であまり人が住んでいない場所を観測点とするのか。
 実は最近になって、半人半獣の子どもたちがこの町の山あいにひっそり暮らしていることが分かり、大きな声では言わないが、上市町の象徴であるその家族を慮ってさりげなく山間地に観測点を設けている、という夢のある解釈ができるようになりました。

 富山県にお住いの皆さんは、テレビニュースなどで県内天気予報(東種の気象情報)を見る楽しみが増えました。
 http://tenki.jp/amedas/pref-19.html (アメダス実況)


東種地区
 グリーンツーリズム種の里

東種地区
 種地区の景観

上市川ダム
 上市川ダム手前の案内表示のない板

上市川ダム
 遊歩道

上市川ダム
 展望公園

上市川ダム
 放流設備

上市川ダム
 隧道(すいどう)

上市川ダム
 上市川湖(ダム湖)

上市川ダム
 ダムの下流

上市川ダム
 山あいから望む富山平野

丸山総合公園

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県上市町(かみいちまち)の山手にある丸山総合公園を訪ねました。

 公園の敷地内には、体育館・野球場・テニスコートなどのスポーツ施設が整備されているほか、小規模な遊歩道もあって散策を楽しむことができます。
 遊歩道はあまり歩く人がいないからか、草が生い茂っていますが、それもご愛嬌。

 野球場ではちょうど小学生の富山県大会(高円宮賜杯 第32回全日本学童軟式野球大会 マクドナルド・トーナメント)が開催されていて、応援団の歓声で大変にぎやかでした。


丸山総合公園
 丸山総合公園

丸山総合公園
 全日本学童軟式野球大会

丸山総合公園
 丸山野球場

丸山総合公園
 遊歩道の階段

おもなプロボノ情報 (雑誌)

〔プロボノ情報一覧〕からの抜粋

日本弁護士連合会「自由と正義」 第55巻第11号 (2004年11月) ピーター・スターン 阪田寿美
 米国におけるプロボノの伝統 ~モリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所のプロボノ・サービス~
  http://www.nichibenren.or.jp/jfba_info/publication/booklet/year/2004/2004_11.html
  http://www.mofo.jp/topics/legal-updates/tlcb/129.html

日本司法書士会連合会「月報司法書士」 2005年4月号 (2005年4月)
 特集 プロボノ活動
  http://www.shiho-shoshi.or.jp/association/publish/monthly_report/detail.php?d=31

中小企業診断協会「企業診断ニュース」 2010年1月号 (2010年1月) 成川友仁
 中小企業診断士の公益活動 ~子どもの権利条約フォーラム2009の実行委員として~
  http://www.doyukan.co.jp/store/item_2010010.html
  http://www.jienology.com/probono.html

Energize, Inc. “e-Volunteerism” 第10巻第2号 (2010年1月) デビッド・ウォーショー (David Warshaw)
 プロボノ急行列車に乗ろう (青木利元 訳)
  http://www.jivri.org/David_Warshaw_Probono.pdf
 Get on Board the Pro Bono Express
  http://www.e-volunteerism.com/quarterly/10jan/10jan-warshaw

国際貿易投資研究所「国際貿易と投資」 第83号 (2011年3月) 長坂寿久
 CSR=企業とNGOの新しい協働(最終回) ―企業の「寄付」と「従業員参加」―
  http://www.iti.or.jp/k83.htm
  http://www.iti.or.jp/kikan83/83nagasaka.pdf

まちづくり情報センターかながわ「たあとる通信」 第33号 (2011年3月)
 特集:プロボノ ~ボランティアのもうひとつのカタチ
  http://www.jca.apc.org/alice/topics/topics.cgi?tid=closeup&equal1=6247

青春出版社「月刊ビッグトゥモロウ(BIG tomorrow)」 2011年7月号 (2011年6月)
 ふるさと納税に住居の無償提供、“プロボノ”で被災地をサポート! いまからでもできる「被災者の力になる支援」
  http://www.seishun.co.jp/magazine/big/big07_2011.html

企業メセナ協議会「メセナnote」 第70号 (2011年9月)
 特集 メセナにおけるプロボノの可能性
  http://mecenat.jugem.jp/?eid=275

日経BP社「日経ビジネスアソシエ」 2012年7月号 (2012年6月)
 ニュース&トレンド 「プロボノ」に参加する会社員が増えている、そのワケは?
  http://ec.nikkeibp.co.jp/item/backno/BA1217.html

日本経済団体連合会「週刊 経団連タイムス」 第3154号 (2013年11月14日)
 企業人の強みを活かした社会貢献手法に期待
  http://www.keidanren.or.jp/journal/times/2013/1114_10.html

ドリームプラン富山の合宿

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 ドリームプラン・プレゼンテーション富山2012に向けた合宿の1日目に参加しました。

 ドリームプラン・プレゼンテーション(通称ドリプラ)は、大人の夢の発表会です。事業説明会ではなく、かと言って夢想を語っておしまいではなく、登壇者は10分間のプレゼンテーションを通して、人々から共感を得て、自分の足りないもの・支援を集め、夢を叶えていくことを目指しています。
 富山では昨年8月に第1回ドリプラが開催され、今年も第2回が8月19日(日)にドリプラ富山2012として開催を予定しています。

 合宿ではドリプラの登壇希望者が夢のあらましを発表し、実行委員でもある参加者が、相互支援の指針のもと助言や意見交換を行ないました。


ドリームプラン
 会場のインテック大山研修センター

ドリームプラン
 ドリームプラン金沢の実行委員長・北島洋一さん

ドリームプラン
 ドリームプラン富山の実行委員

ドリームプラン
 発表者との質疑応答

富山地方鉄道・西滑川駅前

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山地方鉄道の西滑川(にしなめりかわ)駅から漁港のある魚躬(うおのみ)地区まで歩きました。

 西滑川駅は富山県立滑川高校などの最寄駅なので、無人駅ながら朝夕の通学時間帯には高校生で賑わいます。
 平日夕方など部活動の掛け声が聞こえ、近くには小学校や自動車学校もあるのでちょっとした文教地区になっています。

 駅から西方に1キロメートルほど歩くと、漁港のある魚躬地区に至ります。魚躬は魚(うお)の海に由来する古い地名で、弥生時代の遺跡も発掘されています。
 

西滑川駅前
 西滑川駅に到着する電鉄富山行き列車

西滑川駅前
 滑川高校近くの通り

西滑川駅前
 高月漁港と魚躬橋

西滑川駅前
 屋敷林

ヤマシナ印刷2階 Lita Oyabe:ELABO(イーラボ)開設記念

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県小矢部市のヤマシナ印刷株式会社の2階に、プロボノ活動、マイプロジェクトを推進するための情報発信基地「ELABO(イーラボ)」が開設されました。
 去る2012年6月1月の開店を祝って、オープン記念イベントをおこないました。

 ELABOは、地域のラボラトリー(laboratory)すなわち地域活動の実験室(ラボ)を意識する名称であるとともに、Experiment(実験)・Lita(利他の心)・Adapt(適用)・Beta(すべては試作品)・Open(公開)の頭文字を連ねています。
 ヤマシナ印刷専務の山科森(しげる)さんから、ELABO開設に向けた熱い思いを伺いました。また、プロボノ活動とマイプロジェクトの概念および相互の関係性についても説明がありました。

 ELABOは、自利利他の思想に基づきリタ・オヤベ(Lita Oyabe)の愛称を有しています。富山市内で先行してリタ・トヤマ(Lita Toyama)を運営する平木柳太郎さんから、これまでの取り組みを紹介いただきました。
 さらに、実験(エクスペリメント:experiment)と適用(アダプト:adapt)とを繰り返すEAチェーン(実験・適用の連鎖)を提唱している筏井哲治さんから、EAチェーンの要点とELABO活用への手掛かりが示されました。
 そのほか、ヤマシナ印刷の隣にある株式会社マックス(マツタニグループ)のますの寿し事業の紹介、小矢部の営農組織・金屋本江アイリスファームの活動紹介などがあり、これらはELABOの繋がりで想いがカタチになる先行事例となりえる予感。
 
 参加者同士の交流の時間帯は、富山県西部の郷土料理「よごし」(野菜の味噌あえの一種)の大試食会です。
 フードバンクとやまの代表を務める川口明美さんから、よごしの説明に加えて、よごしをテーマとした本格的な催事開催に向けた決意表明がありました。


ELABO
 ELABO(イーラボ)へようこそ

ELABO
 会場のにぎわい

ELABO
 ヤマシナ印刷専務の山科森さんによるELABO開設の趣旨説明

ELABO
 ランプット代表の平木柳太郎さんによる取り組みの紹介

ELABO
 ピアズ・マネジメント取締役の筏井哲治さんによるEAチェーンの説明

ELABO
 フードバンクとやま代表の川口明美さんによる「よごし」の紹介

ELABO
 竹皿の「よごし」

ELABO
 石川宏樹さんのギター演奏

北陸街道・福岡

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 旧 北陸街道の福岡を歩きました。
 2005年に北隣の高岡市と合併するまで福岡町として存在し、現在も「富山県高岡市福岡町何々」と一帯の地名に福岡が残っています。

 駅前でひときわ目を引くのは、三角屋根の駅舎。福岡町観光物産館の建物を兼ねています。
 また、駅から少し歩くと、建築家の安藤忠雄が設計したミュゼふくおかカメラ館の建物が現われます。カメラと写真・映像の魅力を伝える専門美術館であり、現代的な外観とクラシックカメラの展示との対比が見ものになっています。

 福岡町は、野菜や草花を人物などに見立てて五穀豊穣を祝う「つくりもん」の祭りや、菅笠の生産が盛んなことでも知られています。加賀藩の歴史を受け継ぐ旧街道の古い街並みと、駅舎やカメラ館の現代建築、庶民的な祭りや特産品とが混在するのがこの町の特徴です。


福岡
 JR北陸本線・福岡駅

福岡
 「つくりもん」のまち福岡

福岡
 小矢部川に架かる洗心橋と菅笠模様の欄干

福岡
 ミュゼふくおかカメラ館

福岡
 旧北陸街道

福岡
 旧島田邸(矢水苑)の木


 | ホーム |  次のページ»»