FC2ブログ

プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


全記事表示リンク


西田美術館 ART BOX 152

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県上市町(かみいちまち)の郊外にある私立美術館 西田美術館にて開催中の企画展「Season」を訪れました。

 桝田律子

 美術館の2階には約152平方メートルの展示室があり、当展示室を自由な創作発表の空間として提案し、個々のアーティストの生み出す作品を発信してもらおうと始まった連続展を「ART BOX 152」と呼んでいます。
 今回は、富山市の画家 桝田律子さんの四季を捉えた抽象画を鑑賞することができました。


西田美術館
 美術館の正門

西田美術館
 美術館の建屋

スポンサーサイト



ワークショップ:災害が起きたらどうなる?

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山大学が保有する知見を地域との連携に生かす取り組みで開催した災害想定ワークショップに参加しました。とやま311ネット協力のもと、富山大学地域連携推進機構(生涯学習部門)主催。

 前段として、仙台市のNPO法人自閉症ピアリンクセンター「ここねっと」の理事長 佐藤秀明さんの講演「被災地支援活動の中から見えてくるもの ~被災地の真ん中で見えてきた支援者の果たす役割とこどもたちの姿について~」を聴きました。

 小休止ののち、4つのグループに分かれて2時間余りのワークショップ(積極的参加型の意見交換会)を行ないました。
 テーマは「災害が起きたらどうなる?」です。
 ファシリテーター(話し合いを実り多いものにする中立的な促進役)は、久保大憲さん(とやま311ネット代表)、荒木信成さん(とやま311ネット副代表)、藤田久仁子さん(生涯学習部門 副部門長)、仲嶺政光さん(生涯学習部門 准教授)が務めました。

 災害の発生を想定した問いに対して、実体験に基づく問題意識や、文献調査(ウェブ媒体を含む)で得られた知見を持ち寄って、「災害が起きたらどうなる」のか徐々に具体的な姿を共有することができました。
 ファシリテーターは発災の時点、避難所に集まった時点、3か月ほど経った時点…と3つの段階を想定しましたが、ひとつ目の段階(発災の時点)に関する意見交換で盛り上がり、それを深掘りする形になりました。

 なお、一般参加の当ワークショップに先立って行われた大学生限定のワークショップ(テーマは同じ)で出された疑問点(下記)に、県内自治体関係者から寄せられた回答(必ずしも公式回答とは限らない)を共有しました。

【災害発生から非難に関して】
 知らない場所で災害にあったらどうなる?
 富山県内の避難所はどこにどれくらいあるの?
 避難する際の移動手段は?
 避難所に移動するタイミングは?(震災の場合)
 避難ルートの安全性は?
 高齢者・障がい者の避難補助は誰がするの?
 個人情報の取り扱いについて
【避難所について】
 避難場所・避難所の安全性は大丈夫?
 各種学校・保育園・幼稚園・公民館等の役割分担は?
 避難所のトイレはどうなるの?
 避難所での医療はどうなるの?
 避難所生活のストレス対策は?
 安否確認はどうなるの?
 避難所の場所取りについて
【その他】
 ハザードマップについて
 子どもの避難はどうなるの?
 学校の先生の対応について


災害ワークショップ
 ここねっと理事長の佐藤秀明さん

災害ワークショップ
 ファシリテーターの久保大憲さんと藤田久仁子さん

災害ワークショップ
 ファシリテーターの荒木信成さん(右端)と参加者の谷端信夫さん(左端)

パラレルキャリア 長山悦子さん

 富山県南砺(なんと)市の中山間地・利賀(とが)村の地域活性化に「ヤドノマド」代表として関わる長山悦子さんの取り組みが、フジテレビ系の深夜ニュース「ニュースJAPAN」で特集されました。

 ヤドノマドは民宿の情報化支援などをプロボノで行なっている団体で、民宿専門ポータルサイト「宿の窓」を開設・運営しています。
 隔月で利賀村に通い、地元の人々と信頼関係を築きながら、これまでの取り組みがパラレルキャリアに相当するとして注目を集め、東京および富山での密着取材に至ったものです。

 パラレルキャリアとは、本業以外にボランティアや社会貢献など「複数の顔」を持つ活動のこと。
 経営学者のピーター・ドラッカーが提唱した考え方で、「1つの組織に属し、同じ仕事を続けるのではなく、社会活動などに労力や時間を割くことによって、『新たな世界』が手に入れられる」としています。

 私は2011年7月、富山市内でヤドノマドのお仲間と出会ったことがきっかけで、その後東京および富山で長山さんの活動にしばしば触れることになります。

 なお、日本テレビ系地方局(富山)の北日本放送でも、長山さんのもうひとつの取り組み「利賀ゼミ」が紹介されました。


ニュースJAPAN
 フジテレビ・ニュースJAPAN 2012年2月22日放送
 輝け“もう1人の私”―脚光「パラレルキャリア新時代」

とやま近未来
 北日本放送 2012年2月24日放送
 とやま近未来5:「利賀ゼミ」から考える都市と地方の関係


大人合宿
 この夏、大人合宿に出かけようにて
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-174.html

上畠アート2011
 上畠アート2011にて
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-183.html

プロボノバー
 第3回 プロボノバーにて
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-105.html

ボラフェス
 全国ボランティアフェスティバルTOKYOにて
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-197.html

イイネ!Project Award
 イイネ!Project Award 2011にて
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-190.html

販売士協会 平井サトル氏講演

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山販売士協会の2012年2月例会で私が世話人(例会のテーマ決定や講師の確保をおこなう担当者)を務めたことから、デキル!起業家の界隈ではとみに注目を集めるACEPACK代表・魅力包装クリエーターの平井サトル(平井聡)さんに講演を依頼しました。
 演題は「食品容器業界から地域を変える! リユース食器と未来を創るキーワード」。

 食品容器の卸売業 ACEPACK(エースパック)は、食品容器・包装資材・包装機械・店舗備品・厨房関連資材など幅広い商材を扱っていますが、近時力を入れているのはリユース食器(再使用食器)の普及です。プラスティックの容器を溶かして容器に再生するのがリサイクルとすれば、回収した容器を洗って再使用するのがリユース(reuse)です。

 平井さんからは、山王市ありがとうプロジェクト(チーム イマデキ!)、TOKA(サービスの等価交換)、エコラーレとやま(リユース食器の活用)の話をたっぷり伺いました。
 そして、現在の仕事や活動に至った経緯・生い立ちの紹介、「未来を創るキーワード」の提示、と後半になるほど重みを増す講演内容となりました。


平井サトル
 講師の平井サトル氏

平井サトル
 販売士協会の平井隆会長(左から2人目)との意見交換

平井サトル
 富山ラーメンフェスタとリユースカップの関わり

TAINAI KIREI FESTA事例紹介

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 NPO法人グリーンツーリズムとやま主催の胎内市の取り組み事例講演会に参加しました。

 胎内市は2005年新潟県北部の中条町と黒川村が合併してできた市で、名称は市内を流れる胎内川に由来します。
 以前から胎内星祭りなど、豊かな自然環境を生かした催しが知られています。

 事例紹介をおこなったNPO法人もっと胎内応援隊は、市外(東京)にいながら「胎内」の地名に強くひかれた村松代表をはじめとする方々が、胎内市の行政や市民に働きかけて発足した組織です。
 TAINAI KIREI FESTAという、女性を対象に「キレイ」をキーワードとした様々なプログラムを実施する意欲的な取り組みにつき、その背景・経緯や準備段階から事後の分析に至るまで伺いました。もっと胎内応援隊の今後の活動についても伺いました。

 ひとりで聴くのはもったいないと思い、急遽ヒーリング&リラクゼーションサロンを経営する知人を聴講にお誘いしたところ、好評でした。


胎内市
 もっと胎内応援隊の村松眞智子代表理事

胎内市
 講演会の次第

NPO・市民活動アワード

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山国際会議場でおこなわれたNPO・市民活動アワードに富山プロボノカフェとして出展し、夜の部では登壇者の一人として活動紹介をおこないました。NPO法人富山観光創造会議が主催する公的性格を帯びた催しです。

 もともと、優れたウェブサイトやちらしなどを顕彰する企画として考えられ、それに加えて非営利組織や市民活動団体の活動紹介と交流を兼ねた催しとして開催に至りました。
 「ぺちゃくちゃナイト」と銘打った夜の部では、楽団による演奏があり、軽食と会話を楽しみつつ、6つの団体が次々に登壇して日頃の取り組みを示しました。

 ぺちゃくちゃナイトの登壇者 
 NPO法人親と教員の会こどものその
 夢宙人(むちゅうじん)
 NPO法人Bamboo saves the earth
 富山プロボノカフェ
 ひとのま
 越中大手市場


NPOアワード
 Bamboo saves the earthの渋谷さんと越中大手市場の宇津さん

NPOアワード
 富山プロボノカフェの小林さんと斉藤商店・ゆうきの会おやべの齊藤さん

NPOアワード
 夜の部の舞台

NPOアワード
 ひとのま 宮田代表の話

富山パイロットクラブ 「利他のすすめ」講演会

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山パイロットクラブ認証15周年記念式典に参加しました。

 パイロットクラブは、アメリカ合衆国の地域活動に由来する社会貢献団体です。
 知人のご母堂が富山パイロットクラブの会員であることから、お誘いを受け講演会(昼の部)と祝賀会(夜の部)に出席しました。

 講演会では、日本理化学工業株式会社の大山泰弘会長が、「知的障害者から導かれた企業経営から みんなが働ける共生社会への提言」と題して講話しました。
 大山会長の取り組みは、著書『利他のすすめ ~チョーク工場で学んだ幸せに生きる18の知恵~』などで広く知られています。日本理化学工業は、障害者雇用を積極的に進める「日本でいちばん大切にしたい会社」として一躍有名になりました。

 祝賀会では、普段なかなかお会いできない方々とお話しすることができ、また富山県射水市出身のオペラ歌手 澤武紀行さんの歌を聴く機会となりました。


富山パイロットクラブ
 記念講演会

富山パイロットクラブ
 チョークの実演

富山パイロットクラブ
 記念祝賀会・牛塚和子会長のあいさつ

富山パイロットクラブ
 オペラ歌手 澤武紀行さんの歌

エクセレントNPOセミナー

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 エクセレントなNPOを目指すための自己診断入門(NPOの組織評価セミナー)に出席した。
 たいへんな雪が降り積もるなか東京から訪れたエクセレントNPOをめざそう市民会議理事の片山信彦さんが講師を務め、前半はエクセレントNPOの背景と内容の説明、後半は模造紙などを使った話し合いの時間となった。

 私はちょうど先日、田中弥生さんの『市民社会政策論』を読んでいた。この本は、彼女らが提唱するエクセレントNPOが一貫したテーマになっている。

 エクセレントNPO・33の評価基準をざっと見た限りでは、富山のNPOは客観的・分野横断的な基準に則って経営・運営しているところはあまり思い当たらず、理事や施設長の個人的な資質や熱意によって(たまたま)エクセレントNPOの基準を満たしていたりそうでなかったりであろう、との所感をもった。

 たまたまであるが、エクセレントNPOセミナーに先立って、私は名古屋で社会的責任に関する国際規格(ISO26000)のセミナーを受けてきている。
 ISO26000をエクセレントNPOの評価基準と併用すれば、他のセクター(企業・行政など)とも共通の指針で組織のよしあしを計ることができる。


エクセレントNPO
 講師の片山さん

エクセレントNPO
 課題を発表する旅活倶楽部の久保田さん

2012年2月度 富山プロボノカフェ

 2012年2月14日(火)の夜、リタ・トヤマ2階の一室にて行ないました。

 主な話題として、プロジェクトの進め方のこつ、創造的な共同の仕事場コワーキング(co-working)スペースでプロボノ活動が促進される可能性、北陸三県(富山・石川・福井)の連携催事「親と子のリレーションシップ北陸」への関わり、取り組みの水平展開、プロボノフォーラム2012でできること、といった事柄について意見交換しました。

 実践志向の参加者ラスコット小林さんこと小林寛賀(ひろのり)さんが、ファシリテーターの役割を果たしてくださって、実のある話し合いになりました。
 すぐに取りかかれることは、速やかに行動を起こすのが正解です。
 会場のホワイトボードも記録であふれました。

http://twipla.jp/events/18650

富山プロボノカフェ2012年2月のつどい

プロボノに対する考え

 私は「富山プロボノカフェ」という、プロボノ活動支援の世話人をしています。
 「プロボノ」とは一般に、仕事で培った専門的知識や技能を生かして行なう公益活動や社会貢献活動のことです。ラテン語の pro bono publico(公共善のために)に由来します。

 プロボノは客観的な公共善に適うことを意味し、必ずしもボランティア活動のように個人の内心の自発性を求めるものではありません。
 あまり内心を問わない、主観的な動機や自己満足度などで価値が上下しない、それだけに専門的能力の裏付けと行動規範の保有が求められます。(私の場合は職能団体の倫理規定などに立脚)

 また、自分が何者であるか、何ができるか、何をしたいか、を等身大に明示することが求められると考えます。
 プロジェクトや案件に応じて求められる知識や経験の切り売りでは、うまくいかないと思う。

 ちなみに、プロボノ活動に専門性を要すると聞いて、プロボノを自己の識見を披露する場や思想信条の体現の場としてとらえ、(富山プロボノカフェのつながりの緩さや参加者の等身大のできること実践に物足りなさを感じるのか)批判的意見をおっしゃる方もいます。しかし、私はそのような考え方にはくみしません。

 客観的な公共善
 → ゆえに自己開示が必要
 (公共善だから傍観者でよいとはならない)
 → しかも識見や思想信条のひけらかしにあらず
 (そんなことは個人後援会でやればよい)
…という関係性はプロボノならではの特徴であり、私は可能性を感じています。

東北AID ~東日本大震災復興チャリティー上映会~

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山市の商店街にあるコミュニティシネマ フォルツァ総曲輪で催された東北AID主催の自主上映会に参加しました。

 東日本大震災のあと継続的に被災地入りしているNGOアジア子どもの夢が母体となって、支援団体「東北AID(トーホクエイド)」が結成され、少なくとも今後2年間の支援活動を継続すると表明しています。
 活動の一環で、チャリティーフェスティバルをときどき開催しています。

 上映会は「大津波のあとに」「槌音」(公式ウェブサイト)の2本立てで、いずれも宮城県や岩手県の被災地の生々しい映像と証言をもとに構成した作品です。


東北AID上映会
 上映会の看板

東北AID上映会
 会場のフォルツァ総曲輪

剱岳雪のフェスティバル

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県上市町(かみいちまち)の役場前広場で催された「第25回 剱岳(つるぎだけ)雪のフェスティバル」に行ってきました。
 熊の肉を煮込んだ「くま鍋」を目当てに、毎年多くの人々が訪れます。クマー!

 今年は上市町のご当地キャラクター「つるぎくん」のお披露目があり、それを祝うべく富山県内のご当地キャラクターが集合しました。
 ちなみにつるぎくんの名前は、立山連峰の名峰 剱岳(つるぎだけ)にちなんでいる。

 見たところ、子どもたちには牛のメルギューくんとメルモモちゃんの人気が高く、やはりカワイイ系のキャラクターには鉄板の強さがありますね。

 メルヘンの街(小矢部市)からやってきた牛 メルギューくんとメルモモちゃん、それに山の妖精 つるぎくんの3名が並ぶと、茶色(土)・桃色(花)・緑色(葉)で大地の草花を思わせます。
 つるぎくんとメルギューくん・メルモモちゃんとを絡ませることで、絵本が1冊つくれそう... まさにメルヘン(Märchen:おとぎ話)の街とのコラボレーションの実現です。


剱岳雪のフェスティバル
 司会の片野優子さん

剱岳雪のフェスティバル
 上市町の姉妹都市・千葉県九十九里町の特産物

剱岳雪のフェスティバル
 「つるぎくん」のお披露目

剱岳雪のフェスティバル
 メルギューくん・メルモモちゃん・つるぎくん 子どもたちに大人気

成川 友仁 News Letter (2012年2月号)

1.起業家交流会 – Entrepreneur –

 1月28日(土)、富山大学を会場に開催された、交流会「みんな起業家、集まらんまいけ!」に参加しました。
 高岡市出身の鳥内氏による「『共創』時代のマーケティング」と題した講演は、実体験に基づいた“虎の威を借る”有効性を示すと共に、商道徳観から「愛」への言及も熱く語られました。パネルディスカッションの部でも当意即妙の意見交換が行なわれました。

起業家交流会

起業家交流会

2.地域活性化 – Civic Pride –

 1月27日(金)の夜、滑川市の旧街道沿いに建つ旧宮崎酒造(国登録有形文化財)にて開催された第1回滑活(なめかつ)交流会に参加しました。
 「滑川宿まちなみ保存と活用の会」事務局の廣橋和親さんが、北陸街道滑川宿の歴史と同会の取り組みについて述べ、意見交換を行ないました。
 滑活は異業種交流の一種であり、滑川の面白い人・物・場所の再発見と体験・交流に重きをおき、地域密着の活動を旨とすることが示されました。

滑活

滑活

3.会議・会合・催事 – Conference –

2月17日(金) エクセレントNPO組織評価セミナー
2月17日(金) かみいち福祉の里 運営推進会議出席
2月21日(火) 富山販売士協会 2月度例会出席
2月25日(土) 富山大学 災害ワークショップ
2月28日(火) インキュベーション 連絡調整検討会出席

インターネット市民塾の先達

 昨日、富山インターネット市民塾の「I Love 南砺」ふるさとコミュニティ・中間発表会に参加。ちなみに私はI Love 井波プロジェクトメンバーとして参画している。

 インターネット市民塾の十余年に及ぶ取り組みを振り返って事務局長の柵(サク)さんが、“新しい取り組みにはとかく反対が付き物で、たとえ目の前に壁が立ちはだかっても、壁をじっと見据えていると、壁を登るための縄がするすると垂れてきたものだ”との言葉を寄せた。「縄」とは協力者だったり内外環境の変化だったりする次第。

 壁と縄といえば、「富山プロボノカフェ」の活動も、まさにそんな感じ。
 たとえば今春ヤマシナ印刷2階にできるプロボノ活動支援拠点(一種のコワーキングco-working)も、壁を登る縄となるだろう。

 主に東京のプロボノ支援団体がもっぱら補助金等で運営する“NPOへの人材派遣業”になっている一方で、地域リーダーが中心となって共に動く本気の人々を巻き込み、自身のプロジェクトとして活動を遂行する自分発信型の活動が当地域の特徴であり、このような富山の動きに大いに注目している。

 なお、自分発信型の活動で注意するべきは、自分よりすぐれた人間と繋がること。
 市民団体でも政治経済団体でも、中心メンバーが自分より小粒な人間(自分を絶対に追い抜かない人間)ばかりを集めている例がよくみられる。あるいは、メンバーに優れた資質をもつ人間がいても、力を引き出すことができていない。
 それでは単なるお山の大将である。

I Love 南砺(なんと) 福野編

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山インターネット市民塾の講座をきっかけに生まれた地域づくりの試み「I Love 南砺(なんと) ~ふるさとコミュニティ~」につき、地域の魅力を発掘する小旅行企画の中間発表会がありました。
 会場は南砺市(旧 福野村)の「福野文化創造センター(ヘリオス)」です。

 前回の集まりでたまたま同席した4,5人で結成したプロジェクトチーム(全6組)が、次々に発表しました。

 私は「I LOVE 井波」プロジェクトの一員です。
 南砺市外からの参加者として、地域を鳥瞰してとらえ、歴史のある門前町(旧 井波町)の街歩きを行なう思想的背景まで踏み込んだ概念図の作成に努めました。

 1.I LOVE 井波 : 市長にうん!と言ってもらおう ‐ 結ステ継続
 2.チーム japan : 南砺の手仕事
 3.轍(わだち) : 自転車
 4.万華鏡 : 万華鏡を訪ねる旅
 5.こうじーず : 鯖寿しの秘密を知る
 6.熊と南斗六星をながめる会 : 裸で星をみよう with 子供


福野
 福野文化創造センター「ヘリオス」

福野
 富山インターネット市民塾 柵富雄事務局長のあいさつ

福野
 「I Love 井波」の山科さんの発表

福野
 井波観光ガイド「井波の風」の楠順子会場による質疑

南砺市・旧 福野町

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 「I Love 南砺」ふるさとコミュニティの集まりが南砺市中心部(旧 福野町)であった際、一足はやくJR城端線で福野入りして、街なかを歩きました。

 福野町では「ギャラリー市の里」という取り組みがおこなわれていて、街なかの空き店舗などを気軽に立ち寄れる市民の工房・画廊として再生しています。
 ギャラリーのひとつ「樫亭」は雅環境造形(造園業)の私設ギャラリーですが、近ごろは朝活(社会人の早朝勉強会)の会場としても用いられていて、注目を集めています。


福野町
 中越鉄道の歴史を示す案内板

福野町
 ギャラリー市の里 3号館

福野町
 夜高あんどんの壁画

福野町
 樫亭

井波町を題材にした可視化・言語化と見立て

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県南砺(なんと)市の地域活性化を目的とする「I Love 南砺」ふるさとコミュニティの新規プロジェクト(南砺マイナーツーリズム)において、南砺市の旧井波町の街歩きを題材にして概念図をつくりました。
 飛騨古川の街歩き、小布施の街歩き、善光寺から長野駅までの散策、といった体験からも着想を得ています。

 ヒューマンウェアに意識を近づけるための「内省体験」(聖三角形の頂点から底辺への導き)と、暗黙知として共有することができた事柄を視聴覚等でとらえられる形で外部に情報発信することを促す「異文化体験」(底辺から俗三角形の頂点への導き)、という導線が鍵になっています。

 私が (・∀・)b デキル!ことは、(1)真の強みの発見‐聞き取りに基づく事業の実態の可視化と言語化,(2)公共善の追求‐職能を生かした地域貢献の促進,(3)美意識の共有‐見立ての指南、といった事柄です。
 プロムナードは(1)の「可視化と言語化」および(3)の「見立て」を存分に発揮した作例かと思います。
 なお、私たちは当初プロボノで関わっているので、(2)も実践していることになります。

 プロムナード

 プロムナード

 プロムナード

 プロムナード


 | ホーム |