FC2ブログ

プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


全記事表示リンク


滑活交流会

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 第1回滑活(なめかつ)交流会に参加しました。

 滑活は異業種交流の一種であり、滑川(なめりかわ)の面白い人・物・場所の再発見と体験・交流に重きをおきます。
 滑川市在住の下村豪徳さんが中心となって発足しました。

 第1回は、滑川市の旧街道沿いに建つ旧宮崎酒造(国登録有形文化財)が会場に選ばれました。
 「滑川宿まちなみ保存と活用の会」事務局の廣橋和親さんが、北陸街道滑川宿の歴史と同会の取り組みについて述べ、意見交換を行ないました。
 同会の方向性につき、廣橋さんは以下のとおり明快な方向性を打ち出しています。

 方向:文化財を活かしたまちづくりの考え方を明確にする。
 共有:基本的な考え方を多くの人と供給する。
 実行:良いと思ったことは小さいことでも直ぐ実行する。
 事業:イベントは認知行動、事業として自立する。
 理解:活動の理解者を増やす。

 なお私は、取材に訪れた記者にコメントを求められ、比較的若い年代は仕事に家庭に忙しくなかなか「まち」に関わることができないのではという問いかけに対し、職能を地域で生かすプロボノ的な関わりも有効ではと答えました。
 マイプロジェクト(自分自身の想いからプロジェクトを創って活動する)との組み合わせもよいでしょう。


滑活
 旧宮崎酒造の入口

滑活
 講師の廣橋和親さん

滑活
 「旧宮崎酒造の歴史とまちの魅力」

滑活
 旧宮崎酒造の展示

スポンサーサイト



社会的責任の国際規格 ISO26000セミナー

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 社会的責任の国際規格ISO26000のセミナーを名古屋で受講しました。一般社団法人SR連携プラットフォーム主催。

 産業界代表として規格策定に関わった関正雄さん(株式会社損害保険ジャパン CSR統括部長)から、3時間にわたってお話を伺いました。
 社会的責任向上のためのNPO/NGOネットワークが刊行した小冊子『策定に関わったNPOが読み解くISO26000』も入手しました。

 ISO26000の強みは、多様なセクター(企業・行政・NPOなど)が共通の指針で組織のよしあしを計れることです。
 自転車じゃんけん宅配便・はちどりBank・ダイバーシティ・コワーキングなど北陸地域の複数の動きに絡めつつ(このような異分野・多地域の取り組みに国際基準で横串を刺せる)、例えば集客力のあるイベントで趣向・味付け的にISOのイメージを展示して浸透を図るといったやりかたもよいのではと考えました。


ISO26000
 SR連携プラットフォーム代表理事 関戸美恵子さんの挨拶

ISO26000
 講師の関正雄さん

ISO26000
 G-net代表理事 秋元祥治さんの司会進行でおこなう質疑応答

ISO26000
 「策定に関わったNPOが読み解くISO26000」

名古屋駅前

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 社会的責任の国際規格ISO26000のセミナー受講で名古屋を訪れた際、会場のウインクあいち近辺を散策しました。

 JR名古屋駅から徒歩5分圏内ですが、海外ブランドの店舗群のすぐ裏に中央市場が立地するなど独特の街並みとなっています。


名古屋駅前
 大名古屋ビルヂング

名古屋駅前
 棚橋中央市場

名古屋駅前
 名古屋綜合市城門

名古屋駅前
 尾毛多セコ代

I Love にいかわ(新川) キックオフ

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山インターネット市民塾の講座をきっかけに生まれた地域づくりの試み「I Love にいかわ(新川) ~つながれ故郷~」の発足を祝う集いが開かれました。
 富山地方鉄道の電鉄黒部駅の待合室を借り(貸切ではなく一般客も出入りする)、3人の発表者がそれぞれの立場から地域への愛を語りました。

 発表者は、富山インターネット市民塾の水上敦子さん、富山地方鉄道の品川政仁さん、I Love にいかわ主宰の成川正幸さんです。(富山県ロケーションオフィスの宮崎一郎さんは急用により不参加)

 いわゆるマイプロジェクト(「社会がもっとこうなったらいいな」という自分自身の想いからプロジェクトを創って活動する自分発信型の活動のこと)の実践として、注目してゆきたい。


I Love 新川
 I Love にいかわ 主宰の成川正幸さん

I Love 新川
 富山インターネット市民塾の水上敦子さん「つながりから見えてくるもの」

I Love 新川
 待合室のにぎわい

I Love 新川
 富山地方鉄道の品川政仁さん(映画「RAILWAYS」の撮影裏話)


北日本新聞 2012年1月20日
「新川の魅力発信を 黒部の成川さん、コミュニティ設立」
北日本新聞2012年1月20日

北陸街道・滑川

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 旧 北陸街道の滑川宿を訪れました。
 滑川宿は、「おくのほそ道」で松尾芭蕉が宿泊した地として知られ、句碑も建っています。

 国登録有形文化財の旧 宮崎酒造で開催される第1回滑活(なめかつ:滑川市内で開催されている勉強会)の会場の下見を兼ねて、旧街道を西から東へ歩きました。夕暮れ時に訪れる水辺の町並みは、昼間とはまた違った趣があります。
 暗くなった道に迷いながらも、街あるきの起点 滑川市役所にたどり着きました。


滑川
 上市町の大岩山日石寺への道を示す大岩道しるべ

滑川
 旧・宮崎酒造の外観(国登録有形文化財)

滑川
 水辺の家並み

滑川
 旧・北陸街道

2012年1月度 富山プロボノカフェ

 2012年1月17日(火)の夜、リタ・トヤマ2階の一室にて行ないました。

 星槎国際高校・富山学習センターの“筋肉先生”こと林原さんが久々にご参加し、富山学習センターでのプロボノ活動の受け入れ状況や、大人のプロボノ参加を促す職業体験に絡めた街なか活性化の可能性について、意見交換することができました。

http://twipla.jp/events/17205

富山プロボノカフェ2012年1月のつどい

富山プロボノカフェ2012年1月のつどい

東北BOOK AID ~東日本大震災復興チャリティー古本市~

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山市民プラザで催された東北AID主催の古本市に参加しました。

 東日本大震災のあと継続的に被災地入りしているNGOアジア子どもの夢が母体となって、支援団体「東北AID(トーホクエイド)」が結成され、少なくとも今後2年間の支援活動を継続すると表明しています。
 活動の一環で、チャリティーフェスティバルをときどき開催しています。

 なお、古本市の開催にあたって、富山の(元)スーパー高校生こと渡辺慎之介くんの取り組み「ブックドライブ」を参考にしています。


東北BOOK AID
 古本市の看板

東北BOOK AID
 古本市の様子

成川 友仁 News Letter (2012年1月号)

1.インキュベーション – Incubation –

 12月16日(金)、富山市民プラザのアトリウムにて開催された、インキュベータ自慢大会(起業家の展示会)を訪れました。市内のインキュベーション施設に事務所を構えて飛躍を目指す意欲的な起業家(株式会社・個人事業・NPO法人など形態は様々)の、熱意あふれる説明が印象的でした。

自慢大会

2.参加型研修会 – Workshop –

 12月30日(金)の朝、スターバックス環水公園店にて2011年最後の「朝活」に参加しました。あさかつは、出社前の時間を利用した社会人の早朝勉強会であり、富山・射水などで毎週開催されています。

朝活

3.公益活動 – Pro Bono Publico –

 12月23日(金)、「イイネ!Project Award 2011」の発表パーティに出席しました。これは2011年を振り返り、震災支援・地域活性化・芸術振興などの民間有志の良質なプロジェクトを顕彰する試みです。会場は東京ドーム近くのサイボウズ社。
 60件以上のプロジェクトが寄せられるなか、利賀村の地域活性化に関わる「利賀ゼミ」が最終審査にノミネートし、注目を集めました。「Youth for 3.11」がグランプリを獲得しました。

4.会議・会合・催事 – Conference –

1月19日(木) I Love 新川~つながれ故郷(黒部)
1月27日(金) 滑活交流の会(滑川)
1月28日(土) みんな起業家、集まらんまいけ!
1月29日(日) コミュニケーションフォーラム北陸(高岡)
1月31日(火) インキュベーション 連絡調整検討会出席

飛騨古川

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 ふるさとコミュニティ「I Love 南砺」の取り組みの参考にしようと、岐阜県北部の飛騨古川の街を歩きました。

 古川は、飛騨高山の陰に隠れてやや目立たないが、市街地の規模が小さく凝縮されていて、旧城下町ながらも寺社を軸にした祭りや町興しを図っているのが魅力です。

 円光寺・真宗寺・本光寺の三つの寺を巡る伝統行事「三寺まいり」は毎年1月15日の開催です。
 三寺まいりの1週間前、雪の降るなか静かな山あいの町を楽しみました。


飛騨古川
 JR高山本線の飛騨古川駅

飛騨古川
 瀬戸川

飛騨古川
 飛騨コロッケ本舗

飛騨古川
 三嶋和ろうそく店

飛騨古川
 真宗寺の門

飛騨古川
 吉城橋

小布施&善光寺

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 ふるさとコミュニティ「I Love 南砺」の取り組みの参考にしようと、長野の小布施町と善光寺門前を歩きました。

 小布施は、「小布施ッションの考え方」に要注目です。
 善光寺から長野駅までの散策から、ひとつの着想を得ました。


小布施
 長野電鉄・小布施駅

小布施
 おぶせガイドセンター

小布施
 北斎館界隈の景観

小布施
 栗の小径

小布施
 小布施堂正門

善光寺
 善光寺参道の土産物屋

善光寺
 本堂

善光寺
 ぱてぃお大門

富山県立図書館

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 呉羽(くれは)丘陵のふもとにある富山県立図書館を訪れた際、周囲を散策して木々の表情を楽しみました。


県立図書館

県立図書館

県立図書館

稲荷町駅前

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山地方鉄道の稲荷町駅の近辺を歩きました。

 稲荷町の地名は、稲荷神社に由来します。商売繁盛をこいねがう人々にとって、参拝は欠かせません。

 稲荷町駅には車両基地があり、近時は映画「RAILWAYS」関連の催しでも活用されています。


稲荷町駅
 稲荷町駅に到着する上滝線の列車

稲荷町駅
 稲荷神社の本殿

稲荷町駅
 稲荷町駅の車両基地

大岩山 日石寺

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 2012年の初詣に、真言密宗大本山 大岩山日石寺を訪れました。

 日石寺(にっせきじ)は「六本滝」に打たれる滝行の名所として知られ、2011年末のNHK「ゆく年くる年」でもその様子が全国に生中継されています。

 ところで大岩山(おおいわさん)には、平成17年(2005年)建立の比較的新しい建物に「愛染堂(あいぜんどう)」があります。
 日石寺-真言密宗-愛染明王-愛染堂-縁結び、とつながるわけですが、あまり知られていない事実ではと思います。
 愛染明王といえば、「天地人」直江兼続の「愛」の兜で知られる軍神。荒々しい滝行と縁結びの愛との接点になり得るような。

 なお、日石寺の参道の脇の山道を1キロメートル余り登ってゆくと、もうひとつの名所「あそあそ自然学校」に到達します。

日石寺
 初詣の幟(のぼり)

日石寺
 六本滝

日石寺
 三重の塔

日石寺
 うどんを召し上がれ

富山地方鉄道・電鉄黒部駅前

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山地方鉄道の電鉄黒部駅から約1キロメートル圏内にある市街地を歩きました。

 三島の大ケヤキや重厚な八心大市比古(やごころおおいちひこ)神社など、電鉄黒部駅前ならではの魅力的な見所がありました。
 また、ちょうどショッピングセンターでは、黒部市三日市の地名にちなんだ「三日の市」の幟(のぼり)が立っていて、年始の1月3日に当地を訪れることができうれしく思います。


電鉄黒部駅前
 電鉄黒部駅を発車する宇奈月温泉ゆきの普通列車

電鉄黒部駅前
 駅前の三島町商店街

電鉄黒部駅前
 三島の大ケヤキ

電鉄黒部駅前
 ショッピングセンター「メルシー」・三日の市の幟

NPO(非営利組織)相談

 2011年末から、富山県民ボランティア総合支援センターのNPO相談員派遣に従事しています。私は中小企業診断士として、NPO法人・ボランティア団体・市民活動団体の経営面が担当です。

NPO相談員

 無料派遣ではなく、少なくとも相談料の半額はNPO等事業者に負担いただく仕組みです。(タダはよくない!)
 例えば、時間当たりの相談料の相場30分5000円として、2時間で2万円いただくところ、1万円はボランティア総合支援センターから補助が出ます。

 年度末の時期ですと、例えば【来年度の事業計画づくり】が現実的かつ効果的なテーマですね。

 相談料の一部であっても、お金の支払いを伴う場合、事業者の本気の現われとみて、担当士業者はかなり真剣に応対します。
 ちなみに私は、雑談的な無料相談や、NPO等(財団法人・商工会議所などの公的機関を含む)主催のイベント主席の際には、事業者に対して厳しいことは決して言いません。よかれと思って耳に痛いことを言って嫌われ者になるのでは、馬鹿馬鹿しいので。
 対価をきっちり頂くから、たとえ嫌われようが直言できるんです。

 なおプロボノ活動については、私の場合、客観的な公益目的(例えば国際条約)とリーダーの本気のコミットメント(主体的関わり:例えば「ぱれっと」の明橋大二さんや「降りてゆく生き方」の森田貴英さん)を活動の要件としています。


 | ホーム |