FC2ブログ

プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


全記事表示リンク


手帳術(朝活)

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 第163回 朝活「みんなでワイワイ!手帳術朝食会!」に参加しました。
 http://asakatsutoyama.blog51.fc2.com/blog-entry-307.html

 冒頭で、仕事で文具やオフィス用品の販売に関わっている魚谷(うおたに)徳彦さんから、手帳に関する知見を伺いました。
 その後、参加者がそれぞれ自分の使っている手帳の紹介や、手帳に対する思いや工夫を述べ、最後には手帳の記念撮影会!

 ちなみに私は、システム手帳を使いつつ、広く情報共有したい催しの日程などについてはTwitterに載せ、という使い分けをしています。


手帳術
 魚谷さん(右)によるミニセミナー

手帳術
 十人十色となった朝活参加者の手帳

スポンサーサイト



立山連峰

 立山連峰がきれいに見えます。

立山連峰

東アジアとともにいきる富山県の未来

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 東アジアとともにいきる富山県の未来と題した研究会に参加しました。
 一般財団法人ダイバーシティ研究所笹川平和財団の主催で、富山大学・NGOダイバーシティとやまNPO法人多文化共生マネージャー全国協議会の三者が共催の形をとります。

 田村太郎さん(ダイバーシティ研究所代表理事)による基調講演「多文化共生から始まる地域の未来」の後、柴垣禎さん(多文化共生マネージャー全国協議会)をモデレーターとして「地域経済を支える外国人住民と富山県の未来」と題したパネルディスカッションがおこなわれました。


東アジア
 会場の富山大学経済学部

東アジア
 田村太郎さんによる基調講演

東アジア
 パネルディスカッション・モデレーターの柴垣禎さん

東アジア
 パネルディスカッションの様子

大阪中之島

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 あきない総合研究所の大阪本社を訪れた際、同社近隣の中之島を散策した。


大阪中之島
 ウワサの大阪市長選挙

大阪中之島
 大阪市庁舎脇の並木道

大阪中之島
 大阪府立中之島図書館

大阪中之島
 木々の紅葉

プロボノフォーラム OSAKA

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 大阪・中之島のデザインミュージアムで開催されたプロボノフォーラム OSAKA 2011に参加しました。NPO法人サービスグラントおよびパナソニック株式会社の主催です。

 堂島川(旧淀川)沿いのお洒落な会場に、プロボノ活動(仕事で培った知識や技能を生かす社会貢献活動)に関心をもつ100名を超える参加者が集い、会場の中之島デザインミュージアムが熱気で満ちあふれました。
 ビデオメッセージやスカイプ中継を含めて10名以上の登壇者が次々に事例発表をおこない、密度の高い3時間となりました。

 夜の部の、会場1階のデザインカフェで開かれた懇親会で、登壇者とともにプロボノ活動に参加した当事者の方々にお話を伺うことができました。
 プロボノとNPOが一方的に支援する側・される側という関係に立つのではなく、非営利組織の役職員とプロボノチームとが一緒になってプロジェクト(ウェブサイトの新装など)を遂行している、というご指摘が印象的でした。

 遠方(近畿以外)からの一般参加者はほぼ私一人かと思われます。
 大阪らしい本音話とともに地場の企業の社会貢献に対する考えが聞け、見聞を広める貴重な機会です。このような(東京の催事などにはない)特徴を大切にしたいと思いました。

サービスグラントの開催レポート
http://www.servicegrant.or.jp/event/index.php?id=35

パナソニック社の開催レポート
http://panasonic.co.jp/cca/pnsf/probono/2011_probono/


プロボノフォーラム大阪
 京阪電車・中之島駅と会場のデザインミュージアム

プロボノフォーラム大阪
 書籍『プロボノ ―新しい社会貢献 新しい働き方―』

プロボノフォーラム大阪
 サービスグラント代表理事の嵯峨生馬さん

プロボノフォーラム大阪
 トークセッション#1「2011プロボノ総括」

プロボノフォーラム大阪
 トークセッション#2「NPOの悩みとは?プロボノの価値とは?」で登壇した宮口智恵さん(NPO法人チャイルド・リソース・センター 代表理事)

プロボノフォーラム大阪
 懇親会

大阪駅

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 大阪ステーションシティとして装いを新たにした大阪駅を探検しました。

 「広場」を活用した巡回をうながす仕掛け“RAINBOW CHRISTMAS”が楽しく、ピンク(カリヨン広場)・レッド(風の広場)・オレンジ(太陽の広場)・イエロー(和らぎの庭)・グリーン(時空の広場)・ブルー(アトリウム広場)・ホワイト(南ゲート広場)の7色の広場をすべて巡りました。


大阪駅
 JR大阪駅・南ゲート広場

大阪駅
 コンコース

大阪駅
 時空(とき)の広場

大阪駅
 風の広場

富山カレーフェスタ 2011

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山市の中心市街地にある屋根付き広場「グランドプラザ」を会場に、富山カレーフェスタ2011が開催されました。
 統計上、富山の本格カレー店舗数が世帯数の割に多い(全国3位)ことが判明し、実行委員会を組織して開催に至ったものです。

 \カレー!/

カレーフェスタ
 看板

カレーフェスタ
 受付

カレーフェスタ
 「ビスト&ネギ」インディアンレストランのチキンカレー

カレーフェスタ
 すごく…おいしいです…

カレーフェスタ
 実行委員のいなりん

カレーフェスタ
 カレーちゃん塗り絵

カレーフェスタ
 インド料理「デリー」の早川久嘉さんが『デリーのあゆみ』を語る

カレーフェスタ
 会場の全景


読売新聞 2011年11月18日富山欄
「「カレーフェスタ」初開催~県内外10店食べ比べ 19・20日」
読売新聞2011年11月18日

親と子のリレーションシップ北陸

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 「親と子のリレーションシップ北陸」という民間団体の例会に出席し、当団体を構成する「とやま子どもの権利条約ネット」の事務局として活動紹介をおこないました。富山県射水市の小杉社会福祉会館にて。


 「親と子のリレーションシップ北陸」は、北陸三県(富山・石川・福井)の、非行・不登校・発達障害など子どもに関わる悩みについて考える団体が連携するものです。
 従来は、県別のまとまり、あるいはCAP(子どもへの暴力防止プログラム)など同系列の団体の横のつながりはありましたが、地域横断・分野横断的な連携を求める取り組みとして2011年6月発足しました。

リレーションシップ

富山の参加団体
NPO法人子どもの権利支援センター ぱれっと
富山CAP
とやま子どもの権利条約ネット
とやまチャイルドライン愛ランド
とやま“非行”と向き合う親たちの会

石川の参加団体
あかりプロジェクト
あゆみ療育の会
いしかわ県民教育文化センター 親と子の教育相談室
子ども夢フォーラム
いしかわ“非行”と向き合う親たちの会
NPO法人ワンネススクール
おーぷんはうす
CAPのと
KHJひきこもり家族の会
子どものけんり CAPいしかわ
発達障害者支援センター Path
やすやぎの会

福井の参加団体
つるがCAP
福井県子どもNPOセンター
ふくい“非行”と向き合う親たちの会

街づくりサロン

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 NPO法人富山観光創造会議主催の「街づくりサロン」に参加しました。
 講師は日本政策投資銀行 富山事務所所長の亀森和博さんで、「産業として見た富山観光の課題」とのお題で富山の現状に切り込みました。

 地域産業政策の視点として、以下の3点が挙げられること。
(1) 市場の創造(需要の開拓)
(2) 事業基盤の強化(供給力の向上)
(3) 上記を支援する社会インフラやルール(規制)などの環境整備
 また観光政策の要諦として、広告効果を計測しないやりっぱなしの観光施策は無駄であること、等々の鋭い指摘の連続でした。

街づくりサロン
 会場の堤町まちの駅ビル(池田屋安兵衛商店)

街づくりサロン
 富山観光創造会議・山下隆司さん(株式会社シー・エー・ピー社長)のあいさつ

街づくりサロン
 講師の亀森和博さんのあいさつ

成川 友仁 News Letter (2011年11月号)

1.全国大会 – National Conference –

 10月22日(土)・23日(日)の両日富山国際会議場にて、いわゆる富山型デイサービス(高齢者・障害者・児童の一体的受け入れ事業)の全国大会が「地域共生ホーム全国セミナー」として催され、一般参加しました。

地域共生ホーム

 11月12日(土)・13日(日)の両日には、東京で開催された「全国ボランティアフェスティバル」に参加し、2日目の分科会では登壇者となりました。イタイイタイ病裁判にさかのぼる富山のプロボノ活動(専門ボランティア)の歴史を踏まえて、現在の活動事例を紹介し、全国各地から訪れた分科会の参加者に訴求しました。

ボラフェス

ボラフェス

2.企業の社会的責任 – CSR –

 11月11日(金)日本財団にて、市民が選ぶCSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)大賞の表彰式および講演会に出席しました。東日本大震災の取り組みに関し、「一人一人にひとつひとつの支援の実施」という言葉が印象的でした。

CSR大賞

3.会議・会合・催事 – Conference –

11月17日(木) 中部知財フォーラム(金沢)
11月22日(火) 夜活@東部(魚津)
11月23日(水) プロボノフォーラム(大阪)
11月29日(火) インキュベーション 連絡調整検討会出席
12月1日(木) 6次産業化プランナー等人材育成

プロボノで貢献 東北AID

 2010年5月に「プロボノ」をテーマに私と高才弘(コウ・ジェホン)デザイナーを取材した富山テレビの村井さんのつながりで、高さんが事務局長を務める東北AIDがANAホテルで講演の機会をいただいている。

 同志社校友会 富山県支部のブログ
 http://blogs.yahoo.co.jp/takuo1951/52265385.html

 当時はウェブ記事でいくらかプロボノの概念が紹介されていたのと、テレビ東京の深夜ビジネス番組で特集が組まれた程度の頃だったので、富山テレビの嗅覚はすごかったと思う。(プロボノについて取材している・ついては県内のプロボノ活動例を成川さん以外に1,2名紹介してほしいという電話が最初の接点)

 富山テレビ BBTスーパーニュースの動画
 「プロボノ」で貢献 新しいボランティアの形

2011年11月度 富山プロボノカフェ

 2011年11月15日(火)の夜、リタ・トヤマ1階にて行ないました。ランプット社のはからいで、自利利他の思念あふれる広々とした1階の空間を使用できたことに、感謝いたします。

 富山発のプロボノ活動「自分彩発見プロジェクト」のリーフレットがついに完成し、そのお披露目と今後の取り組みについての意見交換をおこないました。
 また新規企画として、参加者の新村さんから(店舗に関する)ありがとうプロジェクトが提案され、ブレインストーミングの形で可能性の発掘や課題の洗い出しをすることができました。

http://twipla.jp/events/14946

富山プロボノカフェ2011年11月のつどい

富山プロボノカフェ2011年11月のつどい

リタトヤマ

東京滞在・6日目

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 株式会社あきない総合研究所の東京本社(汐留オフィス)を久々に訪れました。
 あきない総研の汐留オフィスのように、決まった座席のないオフィスに起業家などが集いめいめい仕事をしている形態は、コワーキング(co-working)として近時注目されています。

 汐留イタリア街・浜離宮恩賜庭園・カレッタ汐留・日本テレビタワーなど汐留界隈を散策し、新幹線で帰途につきました。


汐留
 東新橋の一角にある あきない総研東京本社

汐留
 受付の梯(かけはし)さん

汐留
 katanaオフィス

汐留
 汐留イタリア街の街並み

汐留
 汐留イタリア街の街並み

汐留
 浜離宮恩賜庭園はこちら

汐留
 宮崎駿デザインの大時計

汐留
 JR東京駅で出発を待つ上越新幹線Maxとき

汐留

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 あきない総合研究所の東京本社を訪れた際、新橋駅まで遠回りする形で浜離宮を鑑賞しつつ汐留地区を散策した。


汐留
 汐留イタリア街(がい)の街並み

汐留
 浜離宮恩賜庭園の入口

汐留
 池の水鳥

汐留
 日本テレビタワー

東京滞在・5日目

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 第20回全国ボランティアフェスティバルTOKYOの2日目です。
 昨日は下町の両国国技館が主会場でしたが、今日は渋谷の青山学院大学が会場です。

 午前中は分科会の登壇者として、分科会「社会人ボランティアやプロボノを広げる仕組みを考える」に臨みました。
 昼は分科会スタッフと東南アジア料理を楽しみました。
 午後は青山界隈を散策し、国連大学で週末開かれているファーマーズマーケットの見物、環境ボランティア見本市の見学、青山学院大学の講堂で執り行なわれた全国ボランティアフェスティバルのクロージングセッションへの臨席とあいなりました。


ボラフェス
 会場の青山学院大学

ボラフェス
 大学構内の並木

ボラフェス
 分科会「社会人ボランティアやプロボノを広げる仕組みを考える」の受付

ボラフェス
 参加者の熱気であふれる会場

ボラフェス
 拍手で散会を迎えるスタッフ一同

ボラフェス
 分科会スタッフとの昼食

ボラフェス
 国際連合大学 本部

ボラフェス
 ファーマーズマーケット

ボラフェス
 富山県黒部市の専業米農家の出店

ボラフェス
 こどもの城児童合唱団

子どもの権利条約フォーラム2011 in 広島

 2011年11月12日(土)・13日(日)の両日、広島市内で開催された「子どもの権利条約フォーラム2011 in 広島」に、富山の子どもたち約十名が参加しました。

 広島平和記念資料館で行なわれた1日目の全体会では、「子どもの権利条約フォーラム2009 in 富山」の元子ども実行委員として、子どもの権利条約(児童の権利に関する条約)と子どもの参加に関する率直な意見を述べました。

 1日目の午後、参加者で平和記念公園から広島市街をパレードし、その際、富山の子どもたちは夏合宿で制作した横断幕を掲げて注目を集めました。

 1日目夜の交流会および2日目の分科会でも、子どもたちの主体的な参加が光りました。


中国新聞 2011年11月13日
「子どもの権利条約理解へ集い」
中国新聞2011年11月13日

全国ボランティアフェスティバルTOKYO(2日目)

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 青山学院大学が会場となった第20回全国ボランティアフェスティバルTOKYOの2日目に臨みました。
 私は午前中の分科会「社会人ボランティアやプロボノを広げる仕組みを考える」の登壇者の一人となりました。

 錚々たる顔ぶれの登壇者が次々に切れ味鋭い分析や持論の開陳をおこなうなか、6名の登壇者の中では唯一の地方在住者である私は、プレゼンテーションも独特(視覚・聴覚障害者にも対応)であり、「仲間づくりと地域貢献」と題して76枚のスライドを使い切りました。

 今回のような講演時間の限られたライトニングトークでは物語の組み立てが肝心と考え、高度経済成長期に人々を苦しめた四大公害病のひとつ「イタイイタイ病」裁判の弁護団や対策協議会の取り組みにさかのぼる富山のプロボノ活動(専門ボランティア)の歴史を紹介しつつ、地方の社会人ボランティアやプロボノ活動に求められる要素を抽出し、現在の活動事例につながる理論的・精神的支柱を示しました。

 グループワークの時間帯は、当分科会でお披露目された枠組み「ASCES(アセス)の段階」、すなわち「Attention 知る → Sympathy 共感する → Contact 参加してみる → Engagement メンバーになる → Share 周りの人に広げる」の5段階を踏んで社会人ボランティアやプロボノを広げる仕組みを考えました。
 会場は、参加者の熱気であふれました。

 午後は単独行動となり、環境ボランティア見本市の見学、クロージングセッションへの出席をもって、全国ボランティアフェスティバル2日間の日程を終えました。

NPOコミュニケーション支援機構(a-con)のブログ
ボラフェスTOKYOで社会人ボランティア意識調査結果発表!
「社会人ボランティア調査」結果発表&「ASCES」フレーム発表
分科会ありがとうございました

二枚目の名刺のブログ
11月13日(日)午前開催:第20回全国ボランティアフェスティバル


ボラフェス
 会場の青山学院大学

ボラフェス
 分科会「社会人ボランティアやプロボノを広げる仕組みを考える」の受付

ボラフェス
 登壇者(手前からYahoo!ボランティア宮内俊樹さん・ヤドノマド長山悦子さん・a-con原文子さん)

ボラフェス
 参加者の熱気であふれる会場

ボラフェス
 ASCES(アセス)の5段階

ボラフェス
 グループワークの振り返り

ボラフェス
 環境ボランティア見本市

ボラフェス
 クロージングセッション

東京滞在・4日目

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム(1)〕および〔Facebookアルバム(2)〕にて掲載中

 午前中は、東京ドーム近くのサイボウズ社にて開催された第3回プロボノバー(プロボノ活動を促進する事例紹介・交流の集い)に参加して、見聞を広めました。
 明日のボランティアフェスティバル分科会でご一緒するNPO法人二枚目の名刺の方々とも、面識を得ることができました。

 プロボノバーの余韻が残るなか、午後は両国国技館が主な会場となった第20回全国ボランティアフェスティバルTOKYOに駆け付けました。
 シンポジウム、分科会「NPO・ボランティアだからできるお金の集め方と助成(使い方)」、交流会まで通して参加し、いち参加者として国技館ならではの規模と趣向を楽しみました。


プロボノバー
 サイボウズ社のある後楽森ビル

プロボノバー
 プロボノステップの牛堂(うしどう)さん

ボラフェス
 ボランティアフェスティバル会場の両国国技館

ボラフェス
 シンポジウムに登壇した加雅屋拓さん

ボラフェス
 国際ファッションセンター

ボラフェス
 分科会「NPO・ボランティアだからできるお金の集め方と助成(使い方)」

ボラフェス
 交流会では両国国技館ならではの紙相撲の趣向

ボラフェス
 関取の番付

全国ボランティアフェスティバルTOKYO(1日目)

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 第20回全国ボランティアフェスティバルTOKYOに参加しました。
 シンポジウムなど主な式典の会場は両国の国技館であり、場所中は土俵が据えられるアリーナに千人以上の参加者が集い、会場の巨大スクリーンに登壇者が映し出されました。

 シンポジウム「市民がつくる、強くしなやかな社会」では、明日の分科会でもご一緒するNPO法人NPOコミュニケーション支援機構(a-con)代表のシンポジスト加雅屋拓が登壇し、分科会の紹介とプロボノに関する言及もなさいました。

 その後、分科会「NPO・ボランティアだからできるお金の集め方と助成(使い方)」に参加し、一般市民からお金を集めて運用し科学研究や震災支援に活用する市民基金のあり方について話を伺いました。

 交流会では、一般的な料理のほか東北の地酒が振る舞われ、国技館ならではの紙相撲の趣向や、来年の開催地三重からやってきた伊賀忍者の演技などを楽しみました。


ボラフェス
 会場の両国国技館

ボラフェス
 がんばろう東北 応援セットの販売

ボラフェス
 シンポジウムに登壇した加雅屋拓さん

ボラフェス
 分科会「NPO・ボランティアだからできるお金の集め方と助成(使い方)」

ボラフェス
 高木仁三郎市民科学基金・事務局の菅波(すげなみ)完さん

ボラフェス
 配布資料

ボラフェス
 交流会でふるまわれた東北の地酒

ボラフェス
 来年の開催地三重から伊賀忍者(くノ一)が登場

第3回 プロボノバー

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 任意団体プロボノステップが主催する「プロボノバー」に参加しました。
 http://kokucheese.com/event/index/20346/

 プロボノバーは、プロボノ活動に関わる個人や団体の事例の紹介や、参加者同士の意見交換および交流を目的とした集いです。交流の時間には軽食も提供されます。
 第3回となる今回は、土曜日の午前、東京ドーム近くのサイボウズ株式会社の会議室にて開催されました。

 プロボノステップ代表の牛堂雅文さんによる挨拶のあと、スリール株式会社の堀江敦子社長による取り組み事例の紹介、アミタ株式会社でマーケティングに従事する渡邉文隆さんの体験談と見解の提示、NPO法人二枚目の名刺の共同代表 廣優樹さんによる団体紹介と活動実績の紹介、と内容豊富な発表が続きました。
 サイボウズ社の長山悦子さんからも、プロボノ活動を支援する自社のウェブサービスについての紹介がありました。

 限られた時間でしたが、企業経営者、会社員、NPO法人という異なる立場の三者から率直な意見が聞けたのは有意義でした。
 散会後、JR総武線(中央線)の列車に飛び乗って、全国ボランティアフェスティバルの会場・両国国技館へ向かいました。


プロボノバー
 サイボウズ社の「ボウズマン」がお出迎え

プロボノバー
 プロボノステップの牛堂(うしどう)さん

プロボノバー
 スリールの堀江社長

プロボノバー
 アミタの渡邉(わたなべ)さん

プロボノバー
 二枚目の名刺の廣(ひろ)代表

プロボノバー
 サイボウズの長山さん

東京滞在・3日目

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 東京・赤坂の日本財団にて、市民が選ぶ第5回CSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)大賞の表彰式および講演会に出席しました。
 http://blog.canpan.info/csraward_2011/archive/3

 そのあと横浜に向かい、横浜市西区みなとみらいのパシフィコ横浜にて、図書館総合展を見物しました。
 時節柄、クイーンズスクエア横浜のクリスマスツリーが美しかった。


CSR大賞
 日本財団 笹川陽平会長の挨拶

パシフィコ横浜
 クイーンズスクエア横浜

パシフィコ横浜
 クリスマスツリー

パシフィコ横浜
 パシフィコ横浜

パシフィコ横浜
 図書館総合展

パシフィコ横浜
 5社による共同出展

パシフィコ横浜
 読売新聞のヨミダス歴史館クイズ

パシフィコ横浜
 ポスターセッション

CSR大賞

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 11月11日(金)の午後、東京・赤坂にある日本財団にて、市民が選ぶCSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)大賞の表彰式および講演会に出席しました。
 http://blog.canpan.info/csraward_2011/archive/3

 グロービス経営大学院の田久保善彦さんによる講演「経営の視点で考える震災復興」を聴き、その後表彰式に。
 CSR大賞グランプリのヤマトホールディングス株式会社(クロネコヤマト)へは、笹川陽平会長から「市民の皆さんはしっかり見ていましたよ」との言葉と共に表彰状が贈られました。

 東日本大震災の取り組みを捉えた言葉として、田久保さんの「一人一人にひとつひとつの支援の実施」という指摘が印象的でした。


CSR大賞
 日本財団ビル

CSR大賞
 笹川陽平会長の挨拶

CSR大賞
 田久保善彦さんによる講演

CSR大賞
 自社の強みを生かした支援の例

CSR大賞
 自社の強みを生かした支援の例

CSR大賞
 グランプリのヤマトホールディングス(クロネコヤマト)

東京滞在・2日目

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム(1)〕および〔Facebookアルバム(2)〕にて掲載中

 日中は産業展示会をまわり、夜は異業種交流会に参加しました。

 まず、千葉市美浜区の幕張メッセにて、中小企業総合展の会場を中心にまわり、鉄道技術展の会場にも足を運びました。
 次いで、東京都江東区の東京ビッグサイト(東京国際展示場)にて、 国際ロボット展HOSPEX(医療機器・福祉機器の展示会)・インテリアフェスティバルなどを巡回しました。

 夜は東京・恵比寿のカフェパークにて、グリーンドリンクス東京に初参加しました。
 テーマは「これからのLOVE」 。
 greenz.jp編集長のYOSHこと兼松佳宏さんの司会進行のもと、イケダハヤトさん・内沼晋太郎さんから話題提供がなされ、ところどころ挑戦的な問題提起を含む話に、参加者との意見交換もおおいに盛り上がりました。
 http://greenz.jp/2011/12/08/gdtokyoreport201111/


幕張メッセ
 幕張メッセ

幕張メッセ
 エクステリア・ガーデニングのアポア社(中小企業総合展にて)

東京ビッグサイト
 東京ビッグサイト

東京ビッグサイト
 国際ロボット展の受付

東京ビッグサイト
 イージー・エンジニアリング社の利長(としなが)くんロボット

東京ビッグサイト
 東日本大震災での医療支援活動(展示会HOSPEXにて)

東京ビッグサイト
 小さな生活展(インテリアフェスティバルにて)

グリーンドリンクス東京
 グリーンドリンクス東京 司会のYOSH(兼松佳宏)さん

グリーンドリンクス東京

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 東京・恵比寿のカフェパークにて、グリーンドリンクス東京に初参加しました。
 世界各地・日本国内各地で開催されている、環境や持続可能性をテーマに話題提供・意見交換をおこなう気軽な交流会です。お茶やお酒を飲みながら気軽に緑(地球環境など)を語らう、ということでグリーンドリンクスと呼ばれています。

 富山では、2011年2月にグリーンドリンクス富山が発足し、富山県氷見市出身の映画監督 鎌仲ひとみさんなどを招いて盛大な集いが催されています。(翌月東日本大震災・福島原子力発電所の事後が起き「ミツバチの羽音と地球の回転」の鎌仲さんは全国から引っ張りだこに)

FAVO2011年3月 FAVO2011年3月
 FAVO2011年3月号「広げよう、元気の輪!!」より


 さて、グリーンドリンクス東京2011年11月のテーマは「これからのLOVE」 。

 greenz.jp編集長のYOSHこと兼松佳宏さんの軽妙な司会進行のもと、愛妻家のイケダハヤトさん、独自の恋愛観をもつ内沼晋太郎さんから相次いで話題提供がなされました。
 ところどころ挑戦的な問題提起を含む話は、共感や異論を喚起し、参加者との意見交換やその後の交流会もおおいに盛り上がりました。
 http://greenz.jp/2011/12/08/gdtokyoreport201111/


グリーンドリンクス東京
 会場のCAFE PARK

グリーンドリンクス東京
 司会のYOSH(兼松佳宏)さん

グリーンドリンクス東京
 イケダハヤトさんの持論

グリーンドリンクス東京
 歓談の輪とYOSHさん

東京滞在・1日目

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 東京・御茶ノ水界隈で開催された中小企業経営診断シンポジウムに出席し、「日本でいちばん大切にしたい会社」で一躍有名になった未来工業株式会社(岐阜県)の瀧川克弘社長の話を伺いました。

 坂本光司 著
 『日本でいちばん大切にしたい会社2』(あさ出版)
 http://www.asa21.com/tb1/nihonde_itiban_taisetunisitai_kaisya_2.html

 午後時は経営コンサルティングの事例発表などがあり、障害者福祉施設の経営改革や被災地の中小企業の復興支援に関する発表など、興味深い取り組みを伺うことができました。


神田川
 JR御茶ノ水駅・神田川の流れ

神田明神
 神田明神

東京ガーデンパレス
 会場の東京ガーデンパレス

未来工業
 未来工業の瀧川克弘社長

東京滞在6日間の背景

 11月9日(水)の中小企業経営診断シンポジウムにあわせて東京入りし、11月13日(日)の全国ボランティアフェスティバルTOKYO 2日目の分科会に登壇することを軸に据えて日程を組んだ。

 企業経営や新技術に関わる大規模展示会を訪れ、滞在期間中に折よく開催された異業種交流会などに参加した。
 また、週明けには東新橋のあきない総合研究所を久々に訪ね、汐留界隈を散策することができた。

 東京近辺のJRが7日間乗り降り自由になる「首都圏往復フリーきっぷ」を用いたため、移動にかかる追加的な出費が不要となった。

みやげ処 味蔵

 富山県上市(かみいち)町(富山市の東隣の自治体)の郊外にできた土産店「みやげ処 味蔵」を訪れました。

 味蔵(あじくら)は、従来からあった農産物加工研修施設の一角を改修したものです。

味蔵

味蔵


 | ホーム |