FC2ブログ

プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


全記事表示リンク


朗読会

 「安寿と厨子王」の朗読会に参加しました。
 語り手は、ラジオパーソナリティの垣田文子さん。越中家漫欽丹こと落語愛好家の桶屋欽一郎さん宅の座敷に30名以上が集いました。

 思っていた以上に朗読は、聞き手も頭を使うことを実感しました。耳をすますと共に、頭の中も回転させるのです。

 桶屋邸の庭に設(しつら)えられたあずまやで、田村信子さんから参加者にお茶が振る舞われました。 

朗読会

スポンサーサイト



お花と遊ぼう 第2弾

 2011年9月22日(木)、富山プロボノカフェ参加者の植彩屋「うえる」こと石黒亨さんのプロボノ活動の一環で、「こどものその」にて子どもたちとフラワーアレンジメントを試みました。
 今回は、「いただきます」「ごちそうさま」のお話に絡めて、子どもたちと共に命のことを考えました。
 その間、産業・教育カウンセラーの小林潤子さんは、アロマハンドマッサージを提供。子育てママたちのお話し相手になりました。
 「こどものその」の柳理事長にも、2011年5月の試みに続いてご尽力いただきました。

「こどものその」のブログ
http://blog.kodomono.com/?eid=996901
石黒さんのブログ
http://toyama.areablog.jp/blog/1000005815/p10496025c.html

東北AID ~東日本大震災復興チャリティーフェスティバル~

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山駅前のオーバードホールで催された、東日本大震災からの復興を目的とするコンサートに参加しました。

 東日本大震災のあと継続的に被災地入りしているNGOアジア子どもの夢が母体となって、支援団体「東北AID(トーホクエイド)」が結成され、少なくとも今後2年間の支援活動を継続すると表明しています。
 この継続的活動を資金面で支えるため、富山で最高峰のコンサートホールを1日借り切って、チャリティーフェスティバルの開催に至りました。

東北AID(トーホクエイド) ~東日本大震災復興支援チャリティーフェスティバル~
 http://www.kenkoikigai.com/tohokuaid/


東北AID
 会場入り口に掲げられた看板

東北AID
 被災地での支援活動を収めた写真の数々

東北AID
 常願太鼓「海岸組」の演技

東北AID
 読売新聞の取材に応じる川渕映子代表

東北AID
 舞台で「愛のバトン」を熱唱した2人

東北AID
 「ウェイノ」の素晴らしい演奏

はちどりBank@とやま 設立フォーラム

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山駅前で催された、はちどりBank@とやまの設立記念フォーラムに参加しました。
 はちどりBankはいわゆるNPOバンクとして、非営利組織(NPO)や地域密着型の小規模事業に融資をおこなう取り組みです。

 パネリストとして石川県のNPOバンク「ピースバンクいしかわ」の代表 小浦むつみさんと理事の西嶋訓余(ときよ)さんを招き、活動の意義について小規模融資の実態を交えつつ踏み込んだ形の意見交換が実現しました。

はちどりBank
 はちどりBankの向(むかい)早苗代表のあいさつ

はちどりBank
 石川県などの取り組みを踏まえた意見交換

はちどりBank
 真剣な表情で聞き入る参加者

はちどりBank
 マスメディアの取材攻勢

東海道・岡崎

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 名古屋駅でたまたま手に取った小冊子「トコトコ東海道~新・やじきた物語~」に響くものがあって、岡崎宿の街歩きを決意。3時間あまりトコトコ。

 岡崎に事務所を構える知人から歴史や街並みの話を聞いていたので、前から気になっていました。


岡崎
 門柱に横木を渡した冠木門(かぶきもん)

岡崎
 伝馬(てんま)通商店街の街並み

岡崎
 岡崎信用金庫資料館(旧岡崎銀行の本店)

岡崎
 岡崎公園・大手門

岡崎
 岡崎城の天守閣から望む岡崎市街

岡崎
 八丁味噌(宮内庁御用達)

ちゅうぞまのま(あそあそ自然学校)見学会

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県上市(かみいち)町の山あい(浅生地区)にある「あそあそ自然学校」に、空き家を改修した「ちゅうぞまのま」が誕生しました。
 さっそく見学会に行ってきました。ちゅうぞまの名称は屋号に由来するそうです。

 あそあそあ自然学校代表の谷口新一さんを慕う十名ほどが集まり、かまどで炊いた米でおはぎを作り、歓談の場となりました。

 東日本大震災支援や地域活性化に関わる人々が訪れたため、東北AIDのシャツの即売会や、北陸三県ありがとうプロジェクトのありがとう集めも急遽おこなわれました。

 なお後日谷口さんから、“その場と時間の「奇跡」みたいなことを感じる力”を私が備えているね、とのありがたいご指摘をいただきました。


ちゅうぞまのま
 あそあそ自然学校の正門

ちゅうぞまのま
 ちゅうぞまのまを背にケーブルテレビの取材を受ける谷口代表

ちゅうぞまのま
 炊きあがったお米

ちゅうぞまのま
 おはぎとクロモジ茶をいただく

ちゅうぞまのま
 東北AID (・∀・)b デキル!

ちゅうぞまのま
 ケーブルテレビ制作スタッフ かずよさんのありがとう

ありがとう集め

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 富山県上市(かみいち)町の山あい(浅生地区)にある「あそあそ自然学校」に、空き家を改修した「ちゅうぞまのま」が併設されました。
 ちゅうぞまのまの見学会に集まった方々から、ありがとうのメッセージを頂きました。
 これは、北陸三県ありがとうプロジェクトの一環でおこなったものです。


ちゅうぞまのま
 あそあそ自然学校 谷口新一代表のありがとう

ちゅうぞまのま
 三陸・宮古のありがとう企画を参考にしてメッセージ作成中

ちゅうぞまのま
 ケーブルテレビ制作スタッフ かずよさんのありがとう

ちゅうぞまのま
 あそあそ自然学校スタッフ おけらさんのありがとう

ちゅうぞまのま
 あそあそ自然学校スタッフ きんたさんのありがとう

ちゅうぞまのま
 東北AID 吉川さん・デザイナー高さんのありがとう

地域の魅力向上・商品化研修

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 地域の魅力向上・商品化研修に参加しました。これは社団法人日本観光振興協会が「観光関係人材育成事業」の一環で開催したものです。
 http://www.chiikimiryoku.com/kenshu/kenshu-9.html

 鶴田浩一郎さん(NPO法人ハットウ・オンパク設立代表理事)、古田秘馬さん(株式会社umari代表取締役)、田村孝次さん(株式会社エコビジョンブレインズ代表取締役)、脇坂真吏さん(農業コンシェルジュ)という講師陣の本気のリレー講義のあと、富山市岩瀬地区にてフィールドワークを行ないました。
 岩瀬地区は、とやまスタイルの取り組みでも首都圏などとの関わりを深めつつある魅力的なまちです。

 講義の部で、六本木農園などの仕掛け人としても知られる古田さんからは、コンセプトとアイディアの区別が肝要であり、コンセプトがはっきりしないと個別のアイディアが生きない旨の指摘がありました。

コンセプト:プロジェクトの本質・哲学・意味づけ
 … WHY? (なぜ)
アイディア:具体的な企画内容・演出・仕掛け
 … HOW? (どのように)


地域の魅力向上
 講師陣:(左から)古田秘馬・脇坂真吏・田村孝次・鶴田浩一郎

地域の魅力向上
 岩瀬まちづくり株式会社代表の桝田隆一郎氏による案内

地域の魅力向上
 桝田酒造店前にて

2011年9月度 富山プロボノカフェ

 2011年9月6日(火)の夜、株式会社ランプットが新たに提供する「リタ・トヤマ」2階の一室にて行ないました。昨年10月以来利用してきたポエシア・ブランカから会場を移しての、初めてのつどいとなりました。今後もリタ・トヤマで開催の見込みです。

 富山でのプロボノ活動の展開について、意見交換を行ないました。自分彩発見プロジェクトをはじめとするプロボノ案件について、新たな企画の可能性を模索しました。

http://twipla.jp/events/12105

富山プロボノカフェ2011年9月のつどい

リタトヤマ

成川 友仁 News Letter (2011年9月号)

1.参加型研修会 – Workshop –

 8月18日(木)の夜、金沢の近江町市場館内の交流プラザにて、「里山海山とリアルに繋がる」とのテーマで話し合いをもちました。百万石ワールドカフェ研究会主催。金沢近辺の参加者を中心に、能登地区や富山県からもあわせて約50名が集いました。北國新聞(富山新聞)の取材もありました。

ワールドカフェ

 8月25日(木)には、富山県総合福祉会館(サンシップとやま)で、人材育成と組織づくりに関わる研修に参加しました。講師は人と組織と地球のための国際研究所(IIHOE)代表として政策提言など国内外で幅広くご活躍の、川北秀人氏でした。

人材育成

2.体験と体感 – Experience –

 9月2日(金)・3日(土)の2日間、東日本大震災の被災地・三陸の宮古(岩手県)と気仙沼(宮城県)を訪れました。奇しくも防災の日(9月1日)を、盛岡市街で迎えた次第です。
 震災の爪痕が残る市街地やボランティアセンターと共に、活気あふれる市場などを見学し、プロボノ等を通じて私たちに出来ることを考えました。

宮古

宮古

3.研修・催事 – Seminar –

9月9日(金) 地域の魅力向上・商品化研修
9月13日(火) 地域の担い手連携フォーラム@名古屋
9月28日(水) 富山大学コラボフェスタ2011

東日本編・5日目

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 福島から奥羽本線で米沢(山形)に向かった。
 奥羽本線(在来線)は山形新幹線と線路を共用していて、普通列車の運転本数は少ない。

 米沢市街を歩き、3年ぶりとなる上杉神社を訪問した。これで大河ドラマ「天地人」の前後に米沢を訪れたことになる。

 上杉鷹山公の言葉「なせば成る なさねば成らぬ 何事も」を前に、できる思いを強くした。

 映画「スウィングガールズ」の撮影地などを見物したあと、富山への帰途についた。
 米沢と坂町(新潟)を結ぶ米坂線では、白い虹?(太陽光が霧に反射して見えるらしい)に出会う僥倖に恵まれた。


東日本編
 JR福島駅前に鎮座する作曲家・古関裕而(福島市の名誉市民)の銅像

東日本編
 JR米沢駅と上杉謙信の大将旗「毘」「龍」

東日本編
 上杉神社の本殿

東日本編
 米坂線のJR成島駅で線路の向こうに見えた白い虹

東日本編・4日目

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 東北本線を南下し、一ノ関(岩手)から大船渡線で快速列車「スーパードラゴン号」に乗って気仙沼(宮城)入りした。
 気仙沼を訪れるのは、これが初めてである。

 気仙沼駅前の観光案内所で街あるきをしたい旨を伝えたところ、震災前の観光地図を渡され、地図を頼りにかつての表通りを歩いてみることを勧められた。(目印となる店舗などは多くが破壊されている)
 ただし、海岸沿いの地区は壊滅していて食事や買い物のできるところはほとんどない旨、指摘があった。また、ニュースでたびたび火事の様子が中継された鹿折(ししおり)地区に、大型船が乗り上げたままになったいることを伺った。

 市街地を歩いたあと、気仙沼の中心市街地一帯では例外といっていいほどいち早く営業を再開している「お魚いちば」で、海鮮丼をいただいた。

 お魚いちばの店舗では、青いお揃いのポロシャツを目にすることができる。背中には「海と共に生きる」の文字が。
 あれだけの被害を受けて、彼ら彼女らはなお「海と共に生きる」のだ。海鮮丼を食べていて、なんだか涙が出てきた。富山などでも海の幸は豊富だが、そういった本気の宣言を掲げることができるかというと、心もとない。(海以外にも何かと資源に恵まれているので…)
 東日本大震災に関して、行政機関などの掲げる「がんばろう!何々」のメッセージも悪くないが、個々人や民間企業の本気の夢宣言の集積が、地域を一歩ずつ変えていくのかなと思った。

 一ノ関にもどって東北本線を南下、途中仙台に寄り、福島駅前で宿泊した。


東日本編
 JR気仙沼駅

東日本編
 気仙沼市役所

東日本編
 気仙沼市街

東日本編
 三陸の海の幸の販売とお食事処「お魚いちば」

気仙沼(後編)

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 鉄道を乗り継いで宮城県気仙沼市を訪れ、半日かけて市街地を歩いた。


気仙沼
 大船渡線

気仙沼
 鹿折唐桑駅

気仙沼
 鹿折唐桑駅前に乗り上げた船

気仙沼
 鹿折唐桑駅前の一帯

東日本編
 気仙沼市街

気仙沼
 旧百貨店の建物

気仙沼
 気仙沼市観光物産センター

気仙沼
 高台に建つ住宅と教会

気仙沼
 気仙沼漁港

気仙沼
 広島県江田島市から借り受けたカーフェリー

東日本編
 三陸の海の幸の販売とお食事処「お魚いちば」

気仙沼(前編)

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 鉄道を乗り継いで宮城県気仙沼市を訪れ、半日かけて市街地を歩いた。


東日本編
 JR気仙沼駅

気仙沼
 気仙沼駅前の観光案内所

気仙沼
 気仙沼市街

東日本編
 気仙沼市役所

気仙沼
 気仙沼市役所内の掲示

気仙沼
 気仙沼市役所内の掲示

気仙沼
 気仙沼市役所内の掲示

気仙沼
 気仙沼市役所内の「記憶の街」

気仙沼
 気仙沼御会所跡地

東日本編・3日目

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 駅近くにそびえる複合ビルディングの展望台から盛岡市街を眺め、岩手県立図書館などを訪れた後、山田線の快速列車「リアス号」に乗ること2時間、岩手県沿岸部の宮古に到達した。

 宮古駅前の観光案内所で街あるきをしたい旨を伝え、いくつか見どころとなる箇所を教示いただいた。

 やや郊外にある災害ボランティアセンターを訪れ、施設内を見学し、「ありがとう企画」として知られる感謝の言葉を集めた印刷物をいただいた。
 http://blog.goo.ne.jp/miyakovc/e/744efdff3f675415cfcb1ed224611cd8

 9月の時点では、駅前では津波の生々しい爪痕は見られない。しかしながら、港に向かって商店街を歩くにつれ、点灯しない信号機、1階部分を板で覆った建物、ぐにゃりと曲がった鉄の柱などを目にした。
 主要交差点以外の信号機は故障したままのようで、自動車は自主的な判断で右左折などしているが、傍目にも事故が起こるのでは、とひやりとする場面もあった。

 半日かけて、市場・商工会議所・市役所・港などを巡った。
 宮古商工会議所では、宮古市の広報誌を元に制作した写真特集「津波」を手に入れることができた。


東日本編
 JR盛岡駅西口の複合ビルディング

東日本編
 JR宮古駅前で沿岸部・山田方面のバスを待つ人々

東日本編
 災害ボランティアセンターの事務局がある宮古市総合福祉センター

東日本編
 魚菜市場(ぎょさいいちば)

宮古(後編)

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 鉄道を乗り継いで岩手県宮古市を訪れ、半日かけて市街地を歩いた。


宮古
 宮古駅前の総合観光案内所

宮古
 主要交差点以外はいまだ信号機が復旧していない宮古市街

宮古
 魚菜市場(ぎょさいいちば)

宮古
 宮古商工会館

宮古
 宮古市の広報からなる写真特集「津波」

宮古
 宮古市役所

宮古
 岩手銀行宮古支店

宮古
 愛宕(あたご)交差点

宮古
 宮古市魚市場

宮古
 出崎埠頭と漁船の雄姿

宮古
 出崎埠頭から望む日立浜

宮古(前編)

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 鉄道を乗り継いで岩手県宮古市を訪れ、半日かけて市街地を歩いた。


東日本編
 JR宮古駅前で沿岸部・山田方面のバスを待つ人々

宮古
 三陸鉄道・宮古駅

宮古
 閉伊(へい)川

東日本編
 災害ボランティアセンターの事務局がある宮古市総合福祉センター

宮古
 宮古市総合福祉センターとありがとう企画の掲示

宮古
 宮古市災害ボランティアセンターの事務局

宮古
 うずたかく積まれたホワイトボード入りの段ボール箱と模造紙

宮古
 明日へ進もう!!「仲間たちの伝言板」

宮古
 駐車場の一角・コンテナ内に設けられたボランティア休憩室

宮古
 北リアス線・区間運転小本行きの列車

東日本編・2日目

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 奥羽本線を北上し、大館(秋田)経由で弘前(青森)に向かった。

 大館は芸術家が活躍する町興し「0/DATE(ゼロダテ)」で知られ、仕掛け人が富山県氷見市の「ヒミング」に関わりをもっていることもあり、訪れたいまちの一つだった。
 大館の街なかを散策し、駅構内のハチ公神社を参拝し、久々に訪れた弘前で食事をとった。

 花輪線で岩手県に向かい、鹿角や八幡平など沿線の景色を楽しみつつ、夕刻には盛岡入りした。
 東日本大震災後に岩手・宮城・福島の3県を訪れるのはこれが初めてであり、震災関連のポスター・横断幕・メッセージボード・その他の掲示物や出版物を至るところで目にすることになった。


東日本編
 八郎潟の干拓地

東日本編
 JR大館駅前の朝市

東日本編
 JR弘前駅の津軽弁で思いを伝えるご当地弁当「津軽弁」

東日本編
 JR盛岡駅


 | ホーム |