FC2ブログ

プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


全記事表示リンク


原発の実態と放射能のホントのところ

 2011年4月末の祝日の夜、緊急セミナー「テレビでは決してやらない“原発の実態と放射能のホントのところ”」が富山市内で開催されました。

 富山プロボノカフェ参加者であり、県内教育機関に勤める長谷川泰彦さんが、社会教育を通じてプロボノ活動を実践しました。

原発の実態

【 セミナー開催案内 】

 北陸電力は志賀原子力発電所の運転を再開する意思があります。(現在は1号機、2号機ともに停止中)
 福島県でこれだけの大事故があり、終息していない状況であるにもかかわらず、運転再開に向けて巨額の資本を投下し、「安全」の説明に必死になる姿を私たちは報道で見ました。

 ○ 原発に頼らないと電気が足りないから原発は仕方がない。
 ○ 安全策がきちんと取られていれば、原発は問題ない。
 ○ 原発は発電コストが安くて電気代も安くなってるの?
 ○ ちょっとだったら放射能も大丈夫。

 このような認識をお持ちの方はかなり情報不足かもしれません。

 正しい情報を知ること、そのうえで原子力政策について私たち一人一人が意思表示することが極めて重要です。

 『「テレビや新聞の報道には載ってこないホントの情報」や「報道でどこが意図的に過小化されているのか」を情報源も含めてしっかりと認識・共有したい』
 これが今回の目的です。

スポンサーサイト



メディアでの紹介

自社紹介(PDF版)8枚目より

2008年9月5日 北日本新聞
 「県内障害者施設 経営改革工賃アップ 意欲・能力引き出す」

2009年6月14日 北日本新聞
 「こんな学校なら安心 子ども実行委、11月の会議へ意見」

2009年10月8日 富山新聞
 「外観など6項目審査 ベストショップコンテスト」

2010年3月8日 富山新聞
 「月の満ち欠け生活に生かせ 富山元気プロジェクト」

2010年5月26日 富山テレビ
 BBTスーパーニュース 「新しいボランティア“プロボノ”活動とは」

2010年11月8日 中日新聞
 「シングルマザー『一人じゃない』 富山で団体設立総会 情報交換し支え合い」

2010年12月12日 富山新聞
 「専門知識で地域貢献 県内のデザイナー、経営者、診断士ら プロボノ交流組織が発足」

2012年6月17日 朝日新聞
 「社会貢献 ネット発 異業種集う富山プロボノカフェ」


 富山新聞ベストショップ
 【富山新聞】 富山商工会議所主催「ベスト・ショップ・コンテスト2009」審査員を務めた際の審査の様子が大きく紹介された。

 富山テレビプロボノ
 【富山テレビ】 「子どもの権利条約フォーラム」や「富山元気プロジェクト」などの地域活動が注目を集め、ニュース番組中の特集で紹介された。

 富山新聞プロボノ
 【富山新聞】 「富山プロボノカフェ」の代表世話人として、取り組みが紹介された。

協力関係にある企業および各種団体

自社紹介(PDF版)7枚目より

 経営コンサルティング業務に係る直接的な協力関係 

 株式会社越中富山スペシャリストファーム
 株式会社あきない総合研究所
 社団法人中小企業診断協会
 財団法人富山県新世紀産業機構


 活動への参加・参画を通じた専門家人材とのネットワーク形成 

 NPO法人日本ファシリテーション協会
 中部知財コンサルティング研究会
 富山販売士協会
 元気だそうぜ!富山福祉ネットワーク
 富山プロボノカフェ


 越中富山
 【越中富山スペシャリストファーム】
 石橋孝史代表を始めとする企画・コンサルティングの専門家集団との業務提携。

 あきない総研
 【あきない総合研究所】
 吉田雅紀代表を始めとする起業支援専門家との協力。東京・大阪のインキュベーションオフィスの活用。
 
 診断協会
 【中小企業診断協会】
 中小企業診断士の資格をもつ全国各地の人材との連携体制。国のモデル事業など公的案件への参画の機会。

 新世紀産業機構
 【富山県新世紀産業機構】
 中小企業支援マネージャーや産学官連携コーディネーターへの橋渡し。

 ファシリテーション協会
 【日本ファシリテーション協会】
 会議運営や人材育成に通じるファシリテーションの達人とのつながり。

 【中部知財コンサルティング研究会】
 名古屋を中心とする弁理士・技術士・コンサルタントとのつながり。

 【富山販売士協会】
 1級販売士の資格をもつ流通・小売業関係者とのつながり。

 【富山福祉ネットワーク】
 富山県および愛知県の先進的福祉人材とのつながり。

 【富山プロボノカフェ】
 専門知識や技能を備え、社会貢献意欲に富む有志とのつながり。

地域における取り組み

自社紹介(PDF版)6枚目より

2008年1月から2011年6月まで
勉強会&異業種交流会「とやまキトキトBIZ(ビズ)ねっと」 運営委員
 http://blog.livedoor.jp/kitokitobiz/
 毎月開催する大人の勉強会。
 (代表:中小企業診断士 中野英一郎)

2008年5月から2010年3月まで
「子どもの権利条約フォーラム2009」 実行委員・分科会部会代表
 http://npo-palette.org/ncrc2009/
 児童福祉の全国大会。
 (実行委員長:精神科医 明橋大二)

2010年3月から現在まで
「富山元気プロジェクト」 実行委員長
 http://ameblo.jp/toyamagenki/
 中心市街地活性化の取り組み。
 (事務局:富山市中央通りの店舗内)

2010年10月から現在まで
専門知識で地域貢献「富山プロボノカフェ」 代表世話人
 http://www.facebook.com/toyama.probono
 プロボノ活動を考え実践する有志の集まり。


 第3回記念講演会
 【とやまキトキトBIZねっと】
 3周年記念講演会の案内

 夏合宿
 【子どもの権利条約フォーラム】
 大人と子どもの実行委員による夏合宿の様子
 (立山青少年自然の家にて)

 降りてゆく生き方
 【富山元気プロジェクト】
 まちづくり映画「降りてゆく生き方」富山上映会への開催協力

 時間をはずした日
 【富山元気プロジェクト】
 「時間をはずした日の祭り」の様子
 (富山市総曲輪グランドプラザにて)

 プロボノカフェ
 【富山プロボノカフェ】
 月例会の様子

執筆・講演

自社紹介(PDF版)5枚目より

 主な執筆実績 

中小企業診断協会「企業診断ニュース」
2010年1月号
 中小企業診断士の公益活動
~子どもの権利条約フォーラム2009の実行委員として~

中小企業診断協会「企業診断ニュース」
2010年2月号から5月号まで連載
 富山の薬売りに学ぶ事業スピリット

とやまキトキトBIZねっと
『未来を拓くビジネスパーソンの学びの考動力』(共著)


 企業診断ニュース 企業診断ニュース
 株式会社同友館編集の「企業診断ニュース」に記事を連載し編集部の方々にお褒めいただいた
 (同社ウェブサイトでインターネット販売中)

 学びの考動力
 勉強会&異業種交流会「とやまキトキトBIZねっと」の仲間と発行した冊子
 (A5版173ページ:1000円)


 主な講演実績 

富山県商工会連合会 (創業塾 女性コース)
 「創業と情報化」

富山商工会議所 (青年部 資源委員会)
 「売薬とマーケティング」

富山県立大学 (企業経営概論)
 「強みを生かす経営 ~知的資産の視点から~」

富山国際大学 (コミュニティビジネス論)
 「コミュニティビジネス論」

第3回 日中韓ロボット研究者
交流ワークショップ (レセプション)
 "The frontier spirit and the business scheme of Toyama medicine peddlers“
(日本語訳:富山の薬売りの開拓者精神と事業の枠組み)


 企業経営概論
 富山県立大学の「企業経営概論」での講義
 (受講者は学部学生のほか一般社会人にも公開)

 薬売り
 英語での講演
 (参加者は中国・韓国・日本のロボット研究者など)

活動実績と報酬の目安

自社紹介(PDF版)4枚目より

教育・研修
 商工会連合会の創業塾講師
 販売士検定の受検対策および更新講習
 商工会議所の店舗コンテスト審査員

 創業塾
 富山県商工会連合会主催「創業塾」(女性コース)で講師を務める

 ベストショップ
 富山商工会議所主催「ベスト・ショップ・コンテスト2009」で審査員を務める


調査・研究
 地域資源活用に関する調査研究および企画立案
 富山売薬に関する執筆・講演(日本語および英語)

 氷見市 氷見市
 氷見市に学ぶ地域産業振興策報告書(分担調査執筆)


報酬の目安
 経営指導等1時間1万円・1日10万円から、顧問1か月10万円から、講演1分1千円から。
 関与する事業の規模や役務の複雑さなどを参照し、相応の報酬をいただきます。
 公益性の高い活動については考慮いたします。

コンサルティング実績

自社紹介(PDF版)3枚目より

 経営支援 

 事業計画書および企画書の作成
 役職員会議のファシリテーション
 障害者福祉施設の工賃向上コンサルティング
 高齢者福祉施設の運営コンサルティング
 事業承継に係るコンサルティング


 ロードマップ
 心理過程
 某社への企画提案書から


 知的財産・知的資産 

知的財産戦略のコンサルティング
 平成22年度 中部経済産業局 知財戦略支援モデル調査事業 ワーキンググループの専門家を務めた。

知的資産経営報告書の作成
 「中小企業の魅力発信レポート」として知的資産の切り口から富山県・石川県の中小・ベンチャー企業を分析した。


 知的財産 知的財産
 知的財産マネジメント事例集(中部経済産業局)
 ウェブサイトで報告書を公開している

 魅力発信レポート
 中小企業魅力発信レポート(中小企業基盤整備機構)
 ウェブサイトで報告書を公開している

当社の強み

自社紹介(PDF版)2枚目より

 社会性ある事業への参画・支援を通じて貢献 

 ソーシャルビジネスや社会起業と呼ばれる領域に強く、人脈も豊富である。

 一般企業の案件においても、事業の社会性あるいは企業の社会的責任を大切にして、企画を立案することができる。


 緻密な論理と人間性への温かい理解 

 学識および経営管理・情報通信の資格の裏付けのもと、コンサルティングに求められる高度な論理性・戦略性を備える。

 文学・芸術・地域活動などへの理解をあわせ持っている。


 中小企業診断士資格を得てからも総額百万円以上の自己投資 

 信州大学・中小企業大学校
  「軽井沢サマースクール」

 中小企業診断協会東京支部
  「マスターコース 国際会計と財務戦略」

 越中富山スペシャリストファーム
  「ビジネス実践講座」

 L2L(あきない総合研究所)
  「講師研修」

 日本福祉大学・富山市
  「富山市型 社会福祉実習」


 軽井沢サマースクール
 軽井沢サマースクール

 ビジネス実践講座
 ビジネス実践講座

 富山市型実習
 富山市型 社会福祉実習

 プレゼン
 講師研修では五十嵐健講師から直々に熱血指導を受けた
 (五十嵐健:かつて大前研一のアタッカーズ・ビジネススクールで中心的役割を担ったプロ講師であり現在みずからの研修会社の代表を務める)

事業所の概要

自社紹介(PDF版)1枚目より

 会社概要 

【会社名】 有限会社ジエノロジ研究所
【代表】 取締役社長 成川友仁 (社長の1人会社)
【所在地】 930-0313 富山県中新川郡 上市町中江上542-3
【電話番号】 076-473-2460
【ファクシミリ】 076-473-2460
【ウェブサイト】 http://www.jienology.com/
【電子メール】 info#jienology.com
 〔#は@への置き換えが必要です〕
【事業目的】 経営コンサルティング


 事務所
 事務所
 自宅敷地内事務所の内観
 (資料は図書館と同じ「日本十進分類法」で管理)


 成川 友仁 (なりかわ ともひと) 

【肩書き】
 ソーシャル系 戦略コンサルタント / 社会事業コンサルタント
【資格】
 中小企業診断士・社会福祉士・電気通信主任技術者
【学位】
 京都大学 文学研究科修了(言語学・修士)
 日本福祉大学 医療・福祉マネジメント学科 通信教育部卒業
【公的機関の専門家としての行政協力】
 財団法人富山県新世紀産業機構 登録専門家
 財団法人石川県産業創出支援機構 登録専門家
【ソーシャルメディアによる情報発信】
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/ (ブログ)
 http://twitter.com/toyamagenki (ツイッター)
 http://www.facebook.com/pro.narikawa (フェイスブック)


 Twitter
 ツイッターによる日々の情報発信
 (800名以上のフォロワーから注目される)

2011年4月度 富山プロボノカフェ

 2011年4月8日(金)の夜、ポエシア・ブランカにて行ないました。

 初参加の方々を含む13名の有志がつどいました。プロボノ活動に対する思いや体験談など、自己紹介もまじえつつ熱い意見交換を行ないました。参加者の長谷川泰彦さんがコーディネーターを務める新規プロボノ企画が紹介されました。

http://twipla.jp/events/6455

 つどいの冒頭では、富山プロボノフォーラム2010でパネリストを務め、東日本大震災の被災者支援団体「とやま311ネット」の代表を務める久保大憲さんから、近時の取り組みについて 趣旨説明がありました。
 富山プロボノカフェ参加者の あある さんが議事録を作成していますので、ご参照ください。

 デザイナーの由宇さんが、富山プロボノカフェのロゴマークを制作しました。
 富山プロボノカフェ

富山プロボノカフェ2011年4月のつどい

富山プロボノカフェ2011年4月のつどい

おもなプロボノ情報 (書籍・報告書)

〔プロボノ情報一覧〕からの抜粋

ダイヤモンド社 (2010年9月) 米倉誠一郎(監修)・竹井善昭(著)
 『社会貢献でメシを食う。』 ―だから、僕らはプロフェッショナルをめざす―
  http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?isbn=978-4-478-01409-7
  第5章 プロボノという働き方

勁草書房 (2011年4月) 嵯峨生馬(著)
 『プロボノ 新しい社会貢献 新しい働き方』
  http://www.keisoshobo.co.jp/book/b88418.html
  序章 プロボノ人間模様
  第1章 プロボノとは
  第2章 NPOの課題とニーズ
  第3章 プロボノワーカーたちの横顔
  第4章 「成功するプロボノ」の条件
  第5章 「公共善のために」―プロボノの使命
  終章 プロボノ―2020年

――――――――――――――――――――

ボストンコンサルティンググループ (2005年2月)
 より良き社会へのお手伝い―BCGの社会貢献(プロボノ)活動
  http://www.bcg.co.jp/publications/report/index.aspx
  http://www.bcg.co.jp/documents/file25915.pdf

中小企業診断協会 福岡県支部 (2011年2月)
 中心市街地を通じた社会的課題に取り組む「新たな経営体」に関する調査研究
  http://www.j-smeca.jp/contents/001_c_kyokainitsuite/010_c_jigyonaiyou/004_c_nouryokukaihatsujigyo/013_h22_shibu_chosa.html
  http://www.j-smeca.jp/attach/kenkyu/shibu/h22/h_fukuoka.pdf


 | ホーム |