FC2ブログ

プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


全記事表示リンク


クリスマス会

 シングルマザー支援団体「えがおプロジェクト」のクリスマス会に参加しました。

 参加者の母子は支援者とともに、クリスマスケーキやサンドイッチをつくってお祝いしました。

えがおクリスマス会

 余興として、えがおプロジェクト幹事の「まめちゃん」による、クリスマス・クイズが出題されました!

 1問目:「トイザらス」のロゴマーク、みなさん正確に再現できますか?
 2問目:「ドラえもん」を描いてください。
 3問目:富山駅北・環水公園の憩いのお店、「スターバックス」のマークを描いてください。
 4問目:ポエシア・ブランカでお世話になっている、「株式会社ランプット」のマークを描きましょう。

 回答の出来具合いによって、各グループに得点が割り振られました(5点満点)。
 優勝したグループには、おいしいお菓子が振舞われました。

スポンサーサイト



富山プロボノフォーラム 2010

 2010年12月10日(金)の夜、富山プロボノフォーラムを開催しました。

 成川友仁(富山元気プロジェクト)の基調報告、久保大憲さん(株式会社立志コーポレーション・NPO法人日本ボランティア活動推進機構) と小林寛賀さん(コバヤシ総合・がんばれ社長学院 富山アカデミー)と谷口新一さん(あそあそ自然学校・富山国際大学)によるパネルディスカッション、参加者どうしの自己紹介や交流・情報交換を行ないました。

 富山新聞の記事(社会面・全国ニュースと同列)で大きく紹介されました!

http://twipla.jp/events/2731 (パネリストのウェブサイトや富山プロボノフォーラム2010の関連報道などについては左記ページをご参照ください)


【 富山プロボノフォーラム 2010 】

日時 : 2010年12月10日(金) 19:00
 (受け付けは18:30から)
会場 : ポエシア・ブランカ (富山市千石町3-7-2)
 http://www.learnput.com/
主催 : 成川友仁 (中小企業診断士・社会福祉士)
 http://www.jienology.com/
 http://twitter.com/toyamagenki / Facebook
共催 : 富山元気プロジェクト
 http://ameblo.jp/toyamagenki/
開催協力 : 株式会社ランプット
 http://www.learnput.com/

19:00から19:30まで 基調報告

■ 講師 成川友仁 (富山プロボノカフェ世話人)

「本業で地域貢献!富山におけるプロボノ活動の可能性」
 〔配布資料PDF版〕
 http://www.jienology.com/img/probono2010.pdf

19:30から21:00まで パネルディスカッション

■ コーディネーター 成川友仁

■ パネリスト

久保大憲
 株式会社立志コーポレーション代表取締役
 NPO法人日本ボランティア活動推進機構理事
 とやま起業未来塾 学士会会長

小林寛賀(泰範)
 コバヤシ総合代表
 がんばれ社長学院 富山アカデミー世話人

谷口新一
 あそあそ自然学校代表
 富山国際大学 現代社会学部講師

■ ファシリテーター

太田正博 (太田総合経営研究所所長)


 | ホーム |