FC2ブログ

プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


全記事表示リンク


今一生「社会起業家」講演会

 社会起業家に関する催しに参加しました。

 富山県小矢部市在住(職場は金沢市内)の知人が企画したもので、『社会起業家に学べ!』の著者・今一生氏を招いての講演会と懇親会です。

今一生

 社会起業(いわゆる世直しビジネス)というと、環境ビジネス(例:音力発電)や農業ビジネス(例:みやじ豚)や福祉ビジネス(例:フローレンス)が知られています。
 富山では、社会福祉法人フォーレスト八尾会の桑の葉ビジネスが有名でしょう。国の「ソーシャルビジネス55選」にも選出されました。

 3月27日(土) 今一生「社会起業家」講演会・金沢
 3月28日(日) 今一生「社会起業家」講演会・富山
 http://blog.livedoor.jp/fatblooom0827/archives/51488744.html
 金沢会場は金沢市寺町の町家。富山会場は富山市千石町のカフェ。

 関連記事 
『社会貢献』を買う人たち (竹井善昭)
 大学受験を目前に、チャリティにハマる受験生も。
 水面下で拡がる、「高校生の社会貢献ブーム」の実態
 http://diamond.jp/articles/-/7733?page=3

スポンサーサイト



シンタテ大学

 金沢市新竪町で「シンタテ大学」に参加してきました。

 これはタテマチ大学・金沢エコネット・ピースバンク石川設立準備委員会の3つの団体のコラボレーションのもと実現した“石川県民120万人をソーシャルデザイナーにする学校”です。

 大人の学びがテーマですが、中心市街地の小学校(しかも当日は石川県知事選挙の投票所となっている)の体育館を1日借り切る異例の試みで、閉校式では(新竪町小学校の)校長が地域団体とのコラボレーションに対して感謝の言葉を述べる場面もありました。
 そのプロデュース力に、感服いたしました。

 タテマチ大学 学級日誌
 約250人が入学!「シンタテ大学」大成功。

子どもの権利条約フォーラムの実行委員会

 1年半ににわたって実行委員会が準備を進めた「子どもの権利条約フォーラム2009 in とやま」は、民間主催の児童福祉の全国大会であり、私のプロボノ活動の原点ともいえるものです。
 同フォーラムは、2日間で延べ千人を超える来場者で賑わいました。盛会に感謝いたします。

 実行委員会では毎月のように集まって、準備と話し合いを重ねました。(日程・会場 後掲)
 ちなみに実行委員(分科会部会代表)としての私自身の出席状況は、三重フォーラム・ほっとスマイル5周年記念・第3回プレイベント・準備会・第2回実行委員会には不参加。子ども合宿と第5回子ども実行委員会には部分参加。そのほかは全て出席しています。

子どもの権利条約フォーラム

 子どもの権利条約フォーラム 
 2008in三重 2008年11月23日(金) 24日(土) アスト津
 2009in富山 2009年11月14日(土) 15日(日) 富山国際会議場

 プレイベント 
 ほっとスマイル5周年記念 2008年8月30日(土) 富山福祉短期大学
 第1回 2009年2月19日(木) 富山県総合福祉会館
 第2回 2009年6月20日(土) 富山国際大学呉羽キャンパス
 第3回 2009年10月17日(土) 高岡問屋センター

 実行委員会 
 準備会 2008年4月19日(土) 小杉社会福祉会館
 第1回 2008年5月24日(土) 小杉社会福祉会館
 第2回 2008年10月11日(土) 小杉社会福祉会館
 第3回 2009年1月17日(土) 小杉社会福祉会館
 第4回 2009年3月14日(土) 小杉社会福祉会館
 第5回 2009年4月25日(土) 小杉社会福祉会館
 第6回 2009年5月30日(土) 小杉社会福祉会館
 第7回 2009年8月29日(土) 射水市三ヶ公民館
 第8回 2009年10月31日(土) 小杉社会福祉会館
 第9回 2009年12月5日(土) 小杉社会福祉会館
 第10回 2010年3月13日(土) 小杉社会福祉会館

 子ども実行委員会 
 第0回 第1回 2009年6月13日(土) 富山市民プラザ
 第2回 2009年7月11日(土) いきいきKAN
 合宿 2009年8月7日(金) 8日(土) 立山青少年自然の家
 第3回 2009年9月13日(日) 富山市民プラザ
 第4回 2009年10月24日(土) 富山市民プラザ
 第5回 2009年11月8日(日) 富山市民プラザ

 代表者会議 
 第1回 2008年5月1日(金) ほっとスマイル
 第2回 2009年6月4日(木) ほっとスマイル
 第3回 2009年7月2日(木) ほっとスマイル
 第4回 2009年8月2日(日) ほっとスマイル
 第5回 2009年9月3日(木) ほっとスマイル
 第6回 2009年10月1日(木) ほっとスマイル
 第7回 2009年11月8日(日) ほっとスマイル
 第8回 2009年12月20日(日) ほっとスマイル

 分科会部会 
 第1回 2009年5月29日(金) ほっとスマイル
 第2回 2009年7月25日(土) 小杉社会福祉会館
 第3回 2009年8月22日(土) 小杉社会福祉会館

地域の元気・連携フォーラム(津)

 3月11日(木)、津市内にて地域の元気・連携フォーラムが開催されました。東海・北陸コミュニティビジネス推進協議会の主催です。
 http://blog.canpan.info/magti_cb/archive/37

 前々日に大阪市内で催しがあり、大阪からJR紀勢本線に乗って、紀伊半島の海沿いの景色を楽しみました。
 新宮(和歌山県の東南端)で途中下車し、まちあるきを楽しみました。

 フォーラムは、充実の3部構成でした。

 午前中は「事業者と支援者の二人三脚物語」と題して、三重の取り組み事例の紹介。
 昼はランチ交流会で、高校生レストランでお馴染みの三重県立相可(おうか)高校食物調理科・村林新吾先生をお迎えし、「せんぱいの店」の料理と熊野地方特産の「めはりずし」をおいしくいただきました。

 午後は実践者としてのコミュニティビジネスの深掘りです。
 地域連携・事例研究・資金循環・社会的責任のテーマにもとづく発表をきき、四つの分科会に分かれて意見交換しました。
 とりわけ地域連携の分科会で、中部地方としては周縁部にあたる富山・石川からの問題提起が注目を集め、三重部会の発足につながりました。

 なお、三重県のJR津駅前にある複合施設「アスト津」は、子どもの権利条約フォーラム2008の会場です。
 「子どもの権利条約フォーラム2009 in とやま」の実行委員の有志が、三重の視察に訪れています。

富山の薬売りに学ぶ事業スピリット(第2回)

【 富山の薬売りに学ぶ事業スピリット(第2回) 】
~用(よう)の巻~
 一般用医薬品の使用を支える現代の薬売り
 (「企業診断ニュース」2010年3月号掲載)

1.富山の薬売りを取り巻く法制度

(1) 薬事法制と時代の変わり目

 富山の薬売りは、薬事法に規定されるれっきとした医薬品販売業である。薬事法の第25条では、店舗販売業・配置販売業・卸売販売業という3種類の販売業を規定している。富山に限らず置き薬の商法を行なう事業者は、配置販売業の許可を得て事業を行なっている。

 富山藩二代藩主の前田正甫(まさとし)の時代にさかのぼること300年以上の歴史をもつ富山の薬売りであるが、時代の変わり目には制度上存亡の危機に瀕することもあった。

 ひとつは、明治維新で生まれた新政府による売薬規制である。西洋志向の医療・医薬制度の確立を考えていた明治政府にとって、旧来の商法である薬売りは意義を認めがたいものだった。例えば課税の面では、顧客が実際に薬を使った分だけの代金をいただく商法にもかかわらず、使用の有無にかかわらず薬剤ひとつひとつに印紙税を納める制度が長らく行なわれて事業者を苦しめた。

 もうひとつは、第2次世界大戦直後のGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)による占領政策である。戦時立法として成立していた旧薬事法を見直す際に、置き薬を因習的商法として、その法的位置づけについて厚生省(当時)と対立した。要するに、安全性の確保に欠ける配置販売を禁止し、薬は薬剤師のいる店舗のみで販売するべきとの主張である。最終的には置き薬の意義が認められ、1948年に施行された改正薬事法の中で、配置販売業は薬局や薬店と並ぶ薬の販売業として明確に位置づけられることになった。

(2) 2009年の薬事法改正
 ……
(続きは http://www.jienology.com/toyama2.html にて)


 | ホーム |