FC2ブログ

プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


全記事表示リンク


遊酔亭

 富山市八尾町(やつおまち)にある「遊酔亭」で県内外の仲間が集う催しがありました。
 遊酔亭(ゆうすいてい)は、NPO法人富山・イタズラ村・子ども遊ばせ隊が山里の廃屋を改修してできた子どもたちの遊び場です。

 一部の参加者は前日の夜に遊酔亭入りし、日付けが変わるまで談笑しました。先に寝ると顔に落書きされるので、なかなか寝付けない人がいたりして...

 当日は大学教授や社会起業家による実践的な講義、弁護士によるリスクマネジメントに関する講義などがありました。
 欲をいえば、講師は一方的にしゃべるだけでなく、もっと参加者との双方向のやりとりがあればよかったかなと思います。

 余興として、ちょうど富山市を興行で訪れていた「こまのたけちゃん」による実演がありました。写真は、イタズラ村理事長の頭の上でコマを回しているところです。

遊酔亭

遊酔亭

スポンサーサイト



認知症高齢者見守りネットワーク

 富山市が行なう「認知症高齢者見守りネットワーク講演会」に参加してきました。

 認知症に関するメッセージとして一行詩や作文の優秀作の紹介と朗読、日本老年精神医学会専門医による講演、家族に認知症高齢者をもつ当事者の対談、という3部構成でした。
 時間は約2時間半。参加者は中高年層がほとんどでした。

第3回子どもの実行委員会

 「子どもの権利条約フォーラム2009」に向けて、第3回子どもの実行委員会を行ないました。

 子どもの実行委員から互選によって選ばれたリーダー(正・副の実行委員長および各部会の代表者)が中心になって、話し合いを進めました。
 前半は教室形式の机・椅子の配置で、子どもの実行委員には少々緊張の様子がうかがえました。後半はめいめいグループ別に机を囲む形となり、活発な意見交換も行なわれたようです。

 途中大人が不安になって意見を挟むこともありますが、必ずしも大人の意見が採用されるとは限りません。
 株主総会や取締役会が会社の機関として、そこでの意思決定が会社自体の意思決定活動と認められることと相違して、例えば生徒会は学校の機関ではありません。
 フォーラムの実行委員会はどうでしょうか。大人の実行委員会はもちろん、子どもの実行委員会もひとつの意思決定機関なのだと思います。
 皆でさんざん話し合っても結局最後は先生が用意した答えが採用されるのだ(学校では)…といった不満が子どもたちの間から漏れ聞こえることがありますが、あらかじめ決まった答えを用意しなくてよいのが有志によるフォーラムの強みです。
 子どもたちがもつ力を引き出し、的確な意思決定を行なえるようファシリテーションを行なうのが、大人の役目と考えます。

 子ども実行委員会

 子ども実行委員会

子育て支援とやま賞

 「子育て支援・少子化対策県民フォーラム」という催しが行なわれ、その冒頭で今年度新設された「子育て支援とやま賞」の授与式がありました。
 県内の7団体1個人が、栄えある第1回の受賞者となりました。

 富山県上市町(かみいちまち)浅生(あそ)の谷口新一さんが代表を務める「あそあそ自然学校」が、受賞団体の一つとなっています。

子育て支援とやま賞


 | ホーム |