FC2ブログ

プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


全記事表示リンク


第149回朝活かみいち

 第149回「朝活かみいち」に参加しました。あさかつ(朝活)は地元密着で活動していらっしゃる方をお招きする早朝の集いです。上市町役場隣の軽食喫茶M's CLOUD(エムズクラウド)にて。
 今朝は自然解説員として戦国時代の山城(やまじろ)の歴史・地理・動植物に詳しい浜田啓二さんから、山城談義を伺いました。

朝活

 ちなみに上市の山城の主は土肥(どい)氏で、源頼朝に仕えた土肥実平(さねひら)の子孫(相模土肥氏と並ぶ越中土肥氏)です。

スポンサーサイト



とやま吃音のつどい

 とやま吃音のつどいに初参加しました。吃音(きつおん)いわゆる「どもり」に関わる問題を扱う富山言友会(げんゆうかい)の主催。サンシップとやま(富山県総合福祉会館)にて。
 金沢大学教授(学校教育学系)で自身が吃音当事者でもある小林宏明さんが「吃音基礎知識と対応」と題して講演し、吃音の当事者や家族の体験談発表もありました。質疑に答える小林教授の説明がたいへん具体的で分かりやすかった。

吃音のつどい

 富山言友会は当事者や支援者(言語聴覚士など)を交えて毎月富山駅前で定例会を開催しています。
 なお私が吃音のつどいに関心をもったのは、先日九州大学の菊池良和医師が書いた本『吃音の世界』(光文社新書)を読んだのがきっかけ。

北日本新聞 2017年9月7日
「吃音の悩み語り合う 「富山言友会」17日発足」(記事
北日本新聞 2019年12月1日
「天地人」(記事

官民データラウンドテーブル

 官・民が連携して各種公開情報の活用を図る研究会に参加しました。富山県情報政策課の主催。
 参加者にはコード・フォー・トヤマシティなどの民間団体や地元の大学からも。富山応援隊や情報支援レスキュー隊(IT DART)の取り組み事例を学びました。

官民データ

官民データ

まちのかたり場(学生起業編)

 NPO法人まちなかライフスタイル研究会(富山市)が主催する街なかトーク「まちのかたり場」に参加しました。室伏昌子理事長が開会あいさつ。

まちのかたり場

 今夜のゲストはLabore代表の中西祐樹さん。
 富山大学の4年生(今春卒業)で、在学中にゲストハウス寄処(よすが)を運営するLabore(ラボレ)株式会社を設立。中西さんのこれまでの活動とLaboreのこれからを伺いました。

まちのかたり場

中日新聞 2019年9月19日富山欄
「学生と社会人 出会える宿を 富大生がゲストハウス運営会社」(記事
朝日新聞 2019年9月27日富山欄
「学生に交流と気づきを 富大生がゲストハウス開業」(記事
中日新聞 2020年3月26日富山欄
「富大生立ち上げバイトマッチングサイト 学生と企業 共に利益」(記事
北日本新聞 2020年3月27日
「求人情報の掲載無料 富山大生・企業家のベンチャー」(記事)(Yahoo!ニュース

第148回朝活かみいち

 第148回「朝活かみいち」に参加しました。あさかつ(朝活)は地元密着で活動していらっしゃる方をお招きする早朝の集いです。上市町役場隣の軽食喫茶M's CLOUD(エムズクラウド)にて。
 今日の講師はガイドツアー事業者「トコトコ」の平野妙子さん。活動は観光ガイドの一種ですが、地域の自然・文化や人々の暮らしの魅力を伝えるエコ・ツーリズムを得意とします。トコトコは富山と上市とを結ぶ電車の揺れる音が由来のひとつとのこと。

北日本新聞 2017年12月28日
「富山県 上市の良さ伝えたい 女性ガイドグループ「トコトコ」結成」(記事)(北陸信越ナビ
観光経済新聞 2020年3月13日
「環境省、「エコツーリズム大賞」に鳥羽エコツーリズム推進協議会」(記事


朝活
 進行役の富樫豊さんと講師の平野妙子さん(右)

朝活
 トコトコの森林セラピー案内と(トコトコのガイドチームが関与した)カミイチ旅メイキングBook


 | ホーム |  次のページ»»