FC2ブログ

プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


全記事表示リンク


富山地方気象台の月例気象説明会

 新型コロナウイルス感染症対策の一環で新年度初の開催となる、富山地方気象台の月例気象説明会に参加しました。
 今日から海水浴場などて運用が始まる津波フラッグの説明、大雨に備える知見の紹介、向こう3か月の気象予想の解説、以上3部構成でした。今年の夏は平年(30年間の平均)より暑くなる見込み。
 なお気象台の庭には植物観測用標本のあじさいの花。

神奈川新聞 2020年5月31日
「〝津波〟注意は「津波フラッグ」で 赤と白、デザイン統一」(記事
インプレスウォッチ 2020年6月24日
「「津波フラッグ」運用開始。海水浴場で旗を振って警報を伝達」(記事
朝日新聞 2020年6月26日富山欄
「カラカラ、暑かった5月 降雨量過去最少」(記事


富山地方気象台
 開会あいさつ

富山地方気象台
 津波フラッグの説明

富山地方気象台
 3か月予報と「熱中症に注意」の気象庁広報物

富山地方気象台
 植物観測用標本あじさい

富山地方気象台
 あじさいの花

スポンサーサイト



富山地方気象台の月例気象説明会

 富山地方気象台の月例気象説明会に参加しました。
 前段の話題は今冬の天候のまとめ(速報版)。後段は今日発表された向こう3か月(3月から5月まで)の予報および暖候期(6月から8月まで)予報の解説。
 最深積雪などが目下、これまで富山で観測された中での最小値となっています。月末にかけてどれだけ降り積もるか注目。

北日本放送 2020年2月25日
「向こう3カ月の予報 気温高く降水量は平年並み」
 http://www.knb.ne.jp/nnn/news16312049.html


富山地方気象台
 開会あいさつ

富山地方気象台
 予報のポイント

富山地方気象台
 気象庁のマスコット「はれるん」

南極観測隊からみた地球の姿

 富山市出身で気象庁東京管区気象台気象防災部次長・国立極地研究所客員准教授の木津暢彦さんが、図書館・美術館などがあるTOYAMAキラリで講演しました。「南極観測隊からみた地球の姿 ~越冬生活を振り返って~」と題して、第59次南極地域観測隊越冬隊長としての知見を大いに語ります。

富山新聞 2020年2月23日
「温暖化でペンギン増予想 富山出身の木津さん 南極観測隊の経験語る」
 http://toyama.hokkoku.co.jp/subpage/T20200223205.htm

木津暢彦

木津暢彦

気象ビジネスフォーラム

 一橋講堂(地下鉄神保町駅の近く)で開催された、気象ビジネスフォーラムに初参加しました。気象観測で得られた各種情報のビジネス活用をさぐります。


気象ビジネスフォーラム 気象ビジネスフォーラム
 気象庁のマスコット「はれるん」

気象ビジネスフォーラム
 開会あいさつ

気象ビジネスフォーラム
 JR東日本のビジネス事例紹介

気象ビジネスフォーラム
 トークセッション(左から木本昌秀・加藤史葉・加藤芳樹)

気象ビジネスフォーラム
 気象業務振興議員連盟の古屋圭司会長(衆議院議員)(左)と活動紹介する岐阜大学の吉野純准教授(気象予報士)

気象ビジネスフォーラム
 気象庁の展示

気象ビジネスフォーラム
 企業の利活用状況

気象ビジネスフォーラム
 関田康雄気象庁長官の閉会あいさつ

富山地方気象台の月例気象説明会

 富山地方気象台の月例気象説明会に参加しました。前段は「春一番」の話題。後段は今日発表された向こう3か月の予報の解説で、今年はまれに見る雪の乏しい北陸の冬になることが見込まれています。

富山テレビ 2020年1月24日
「気象庁「日本海側の降雪量 記録的に少ない」」(動画


富山地方気象台
 開会あいさつ

富山地方気象台
 向こう3か月の平均気温・降水量・降雪量

富山地方気象台
 春一番の天気図と最大瞬間風速

富山地方気象台 富山地方気象台
 気象庁のマスコット「はれるん」も注目! 気象ビジネスフォーラム(2月4日)と木津暢彦さん講演会(2月22日)


 | ホーム |  次のページ»»