FC2ブログ

プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


全記事表示リンク


笠取の滝

 笠取(かさどり)の滝を訪ねました。以前遊歩道が整備された「まま子滝」の上流に位置します。上市町(かみいちまち)郊外の釈泉寺(しゃくせんじ)地区の県道46号線から分岐する林道(滝の看板が目印)を進むと、1キロメートルほど先に入口を示す看板が立っています。
 このたび地区住民の尽力により、滝に至る遊歩道が整備されました。笠取は地名(小字)由来ですが、笠が飛ばされるほどの強風が吹いた場所との言い伝えも。

富山新聞 2019年9月17日
「「笠取の滝」新名所に 上市、看板や遊歩道整備」
 http://toyama.hokkoku.co.jp/subpage/TO20190917511.htm


笠取の滝
 まま子滝と笠取の滝(県道脇の看板)

笠取の滝
 笠取の滝入口(林道脇の看板)

笠取の滝
 遊歩道

笠取の滝 笠取の滝
 笠取の滝

笠取の滝 笠取の滝
 滝手前の飛び石と切り株(左)
 林道の駐車場及び車方向転換場所(右)

スポンサーサイト



石川県立図書館

 先日の図書館サミットに館長がいらっしゃっていた、石川県立図書館を訪ねました。

石川県立図書館

 当館は3年後のサミット開催候補地のひとつ。1階の休憩室(ライブラリーサロン)では、明治・大正・昭和の県立図書館史を振り返る「石川県立図書館のあゆみ展」開催中。

石川県立図書館

調布市立図書館

 先日の図書館サミットに館長がいらっしゃっていた、調布市立図書館を訪ねました。京王線調布駅前の文化会館たづくりの中にあります。
 なお調布はNHK朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の舞台になったことで知られ、図書館も書店もゲゲゲゆかりの地元情報が充実。

たづくり たづくり

日刊工業新聞 2013年2月8日
「経営ひと言/調布市立図書館館長の小池信彦さん「利用率は5倍」」(記事
コサイト 2016年8月26日
「「この本読んでみない?」と子どもたちへ(前編)」(記事
コサイト 2016年9月2日
「「この本読んでみない?」と子どもたちへ(後編)」(記事

武蔵野プレイス

 JR中央線の武蔵境駅前にある武蔵野市立ひと・まち・情報創造館「武蔵野プレイス」を見学しました。

武蔵野プレイス

 プレイス前の境南ふれあい広場公園では、さかいマルシェ開催中。

武蔵野プレイス

吉祥寺経済新聞 2011年7月22日
「武蔵境駅前に「武蔵野プレイス」開館-図書館からサウンドスタジオまで」(記事
毎日新聞 2016年9月13日
「晴れ時々OFF 読書の秋、図書館を巡ろう」(記事
吉祥寺経済新聞 2019年7月8日
「武蔵野プレイスでフェスタイベント トーク企画やワークショップなど多彩に」(記事

神奈川県立図書館

 先日の図書館サミットに神奈川県立図書館(横浜館)の方がいらっしゃっていたので、早速JR根岸線の桜木町駅から徒歩県内の図書館を訪ねました。横浜総鎮守にも参拝。
 なお横浜市立図書館にも行きましたが、入口までは百段坂もびっくりの大階段。傍らには富山から携えてきた大きな荷物。エレベーターを使おうとしたら、一般利用者は階段でと守衛に追い払われる始末。


神奈川県立図書館
 案内図

神奈川県立図書館
 神奈川県立図書館・音楽堂

神奈川県立図書館
 横浜総鎮守伊勢山皇大神宮


 | ホーム |  次のページ»»