FC2ブログ

プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


全記事表示リンク


プロボノ交流会

 書店街として知られる東京の神保町、その街角に建つ商業施設の神保町テラススクエアにて、「プロボノ」活動をテーマとする座談会が開かれたので参加しました。Social Marketing Japan主催。


プロボノ交流会
 プロボノでキャリアアップできる人、できない人

プロボノ交流会
 主催者代表の玄道(げんどう)さん(左手前)と話題提供者の高村さん(右端)

プロボノ交流会
 NPO法人a-con(NPOコミュニケーション支援機構)に参加

プロボノ交流会
 司会の山内さん(左端)と話題提供者の中野さん・高村さん

プロボノ交流会
 プロボノを始めてみたい人へ

スポンサーサイト



二枚目の名刺 夏フェス2016

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 NPO法人「二枚目の名刺」が主催する夏のフェスティバルに参加しました。東京駅近くの会場が、200名以上の参加者で賑わいました。3回目となる今回も有志による手づくりの催しながら、充実の登壇者と少なからぬ運営スタッフが特徴です。
 この「二枚目の名刺」はいわゆる意識高い系と括られがちな活動かと思いますが、当夏フェスは上から目線の批評・論評に留まる時局講演会等に非ず、まさに実践を通じて時代を先取りする問いかけが終始行われる有意義な集いでした。
 なお基調講演は、「二枚目の名刺」廣優樹代表とは大学時代からの縁という、元ラグビー日本代表主将の廣瀬俊朗さんのお話。

関連記事:二枚目の名刺・夏フェス連動企画「地域と繋がる新しい働き方」
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-2177.html

日本経済新聞 2011年11月14日 PLUS1記事
「【エコノ探偵団】もう1つの名刺持つ人、増えてる?専門生かし社会貢献(井上円佳)」(記事
日経BPネット 2014年7月-2015年11月 コラム
「「二枚目の名刺」を持とう (1)-(16)(荻島央江)」(連載
PARAFT 2016年8月8日
「自分の枠を超える出会い:「二枚目の名刺 夏フェス2016」に行ってきました!(味志佳那子)」(記事


二枚目の名刺
 二枚目の名刺の廣優樹代表(左)と司会の福田友理子さん(右)

二枚目の名刺
 超・二枚目「あなたと創る、二枚目の名刺・夏フェス2016」

二枚目の名刺
 元ラグビー日本代表主将の廣瀬俊朗さん

二枚目の名刺
 日野市地域戦略室の中平さん(右)

二枚目の名刺
 パネルディスカッション「二枚目の名刺のこれから」で進行役を務めるNHKキャスター有馬嘉男さん

二枚目の名刺
 ギャップジャパン株式会社人事部の志水静香さん(左)と女性活用ジャーナリストの中野円佳さん(中)とNPO法人二枚目の名刺代表の廣優樹さん(右)

二枚目の名刺 夏フェス2015

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 NPO法人「二枚目の名刺」の夏の集いに昨年に続いて参加しました。東京駅近くの会場にて。
 いわゆる2枚目の名刺とは、本業で持つ1枚目の名刺のほかに、組織を超えて新しい社会を創ることに取り組む「二枚目な社会人」が持つ名刺を意味するとのこと。
 講演あり、対談あり、プロジェクトの活動紹介や少人数での意見交換あり、と朝から夕方まで(夜の部は懇親会で)夏のフェスティバルにふさわしい充実の1日でした。


二枚目の名刺
 米倉誠一郎さんの基調講演

二枚目の名刺
 トークセッション

二枚目の名刺
 司会進行の廣優樹さん

二枚目の名刺
 2枚目の名刺 未来を変える働き方

二枚目の名刺
 ポスターセッション

二枚目の名刺
 NPO法人BBEDの玉田さとみさんによるプロジェクト紹介

二枚目の名刺 夏フェス2014

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 NPO法人二枚目の名刺(公式ウェブサイト)が総力を挙げて開催した「夏フェス2014」に参加しました。副題は「NPOと社会人が出会う場」です。
 ライフネット生命保険・代表取締役会長兼CEOの出口治明さんの「思考軸の作り方」と題した基調講演が素晴らしく、夏フェスの理念を示唆するにふさわしいものでした。出口会長は縦(時間軸・歴史参照)と横(空間軸・国際比較)の思考軸を確たるものにする三要素として人・本・旅を挙げ、「人」は多くの人物に会うこと、「本」は優れた古典を読むこと、「旅」は各地を訪れて見聞を広めることを意味するところ、二枚目の名刺をもつ活動は多様性(ダイバーシティ)豊かな「人」との出会いに通じるとの指摘をなさいました。
 二枚目の名刺の廣(ひろ)代表をコーディネーターとするパネルディスカッションでは、見た目はチョイワルながらも仕事は素晴らしくできるパネリストが集結し、熱い議論を交わしました。
 各団体が10分程度の持ち時間で活動紹介を行うライトニング・トークや、団体別に分かれての分科会に加えて、昼食の時間帯にはポスター・セッションも提供されました。

関連記事
日本経済新聞 2011年11月12日 PLUS1記事
「【エコノ探偵団】もう1つの名刺持つ人、増えてる?専門生かし社会貢献」
 http://www.nikkei.com/article/DGXDZO36424200R11C11A1W14000/
日経BP BizCOLLEGE 2014年7月・8月
 「二枚目の名刺」を持とう (1) (2) (3)


二枚目の名刺
 二枚目の名刺 夏フェス2014

二枚目の名刺
 二枚目の名刺・共同代表の廣優樹さんの挨拶

二枚目の名刺
 夏フェスの次第

二枚目の名刺
 ライフネット生命・出口治明会長の基調講演「思考軸の作り方」

二枚目の名刺
 CAN-netの代表理事・杉山絢子さん

二枚目の名刺
 パネルディスカッション

二枚目の名刺
 NPO法人クロスフィールズのミッションを説く小沼大地代表理事

二枚目の名刺
 ブリッジフォースマイルの理事長・林恵子さん

二枚目の名刺
 参加者から高い支持を受けたキーパーソン21の代表理事・朝山あつこさん

二枚目の名刺
 夏フェス2014のスタッフ紹介で挨拶する松井孝憲事務局長

二枚目の名刺Common Roomと「マチノコト」

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 社会人が本業以外にも社会活動を行ない2枚の名刺を持っている、そのようなあり方を目指すNPO法人「二枚目の名刺」が主催する定例会コモン・ルーム(Common Room)に初参加しました。二枚目の名刺の廣(ひろ)代表とは、2年ぶりの再会となります。
 中野坂上の会場は、朝8時から参加者に開放され、9時の開演まで朝食会(持ち寄り式)とあいなりました。何となく、(富山の)朝活×プロボノカフェが同時に楽しめる時間帯でした。

 コモン・ルームの第1部では、港区議会議員で各種社会活動を実地で行う横尾俊成さんと、不動産会社に勤める傍ら社会的プロジェクトのプロデュースに努める刈内一博さんが、自身の取り組みと考えを述べ、ウェブ媒体のコミュニティデザイン誌「マチノコト」編集者のモリジュンヤさんが聞き手となって、更に両者の知見を引き出しました。活動では似た者同士集まるのではなく、最も縁遠い人に働きかけるのだ、といった発想がたいへん参考になりました。なお今回のコモン・ルームは、「マチノコト」の公開取材の形をとっているとのこと。
 休憩ののち第2部として、参加者同士で社会的課題と自身の行動につき、ワークショップ形式で意見交換しました。

 ところで一般に議員になると自ずと肩書きが増えて、各種団体の役員など、単独で名刺を持ってもおかしくない役職が増えてゆきます。そのような平面的な増殖に比べて横尾さんのご活動には、立体的な広がりを感じました。いわば正三角形を4つ平面で並べても、任天堂「ゼルダの伝説」のトライフォースのような大きな正三角形ができるだけですが、立体的に組み合わせると、ピラミッドのような三角錐ができます。
 ちなみに横尾さんの主な肩書きは、港区議会議員・NPO法人グリーンバード代表・NPO法人Standby代表・「マチノコト」発行人といったところです。また東京都知事選挙の期間中、せんきょCAMPのお世話もしています。
 世の中には肩書きがたくさんあっても薄っぺらい人がいるというのが自戒を込めた私の実感で、正三角形を敷き詰めた平面は、正面から見るとデカく見えても、横から見ると厚みがないのです。横尾さんや刈内さんのあり方は、それとは一味違います。

関連記事:せんきょCAMP@六本木
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-955.html


二枚目の名刺
 中野坂上サンブライトツインビル

二枚目の名刺
 著書を掲げる横尾俊成さん

二枚目の名刺
 聞き手のモリジュンヤさん(左)と話し手の横尾さん・刈内一博さん(右)


 | ホーム |  次のページ»»