FC2ブログ

プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


全記事表示リンク


DV等防止啓発講座

 富山駅近くのサンフォルテ(富山県民共生センター)で仁藤夢乃さんの講演会に参加しました。DV等防止啓発講座の一環で、お題は「関係性の貧困を生きる少女たち ~安心できる居場所と社会を~」。

仁藤夢乃

 1時間半しゃべくりで、北陸講演は初めてとのこと。印象に残った言葉は、具体性を欠く「自分を大切にしなさい」はただの説教、衣食住と関係性を(風俗店などの大人は)支援者に先んじて提供している、必要なのは特別な支援ではなく「当たり前の日常」、子どもにとって大人は環境問題、といった御指摘。
 (子どもに対する)応援だけじゃダメで大人は自分事として具体的に行動するべき、との御指摘はまさにそのとおりで、改めて児童の権利に関する条約の後進国であることを痛感しました。

スポンサーサイト



できることもちよりワークショップ

 魚津市社会福祉協議会が主催する「できることもちより」ワークショップに参加しました。身体や精神の障害、鬱病、ひきこもり、貧困、といった地域で困難を抱える方々の支援を、各々が出来ることを持ち寄って実りあるものにしようとの研修です。


できることもちより
 できることもちよりワークショップ

できることもちより
 開会あいさつ

できることもちより
 開会あいさつ

できることもちより
 参加者が付箋で表現する「出来ること持ち寄り」

できることもちより
 支援の検討

災害時における中間支援組織の12の役割研修

 災害支援の研修会に参加しました。岡山NPOセンター(石原達也代表理事)が事務局を務めるプロジェクトチームの主催。題して、災害時における中間支援組織の12の役割(スタンダード)研修。
 中間支援組織とは、公的機関や各種団体の間を取り持って活動のコーディネートを務める組織(いわゆるNPOのためのNPO)です。

 なお12の役割は、1.情報共有会議、2.支援者のオンラインコミュニティ構築(ニーズ把握とコーディネート)、3.行政制度把握・折衝、4.在宅避難者の把握調査、5.避難所の把握調査、6.ボランティアセンターの把握、7.支援者向け情報発信、8.被災者向け情報発信、9.支援者の拠点コーディネート、10.支援者の資源調達支援(物資など)、11.支援者の資源調達支援(お金など)、12.支援者の資源調達支援(調達方法の提供など)。


中間支援組織
 役割研修と次第と第4回「災害時の連携を考える全国フォーラム」報告書

中間支援組織
 講師の明城(みょうじょう)徹也さん(NPO法人全国災害ボランティア支援団体ネットワーク=JVOAD事務局長)

中間支援組織
 講師の石原達也さん(NPO法人岡山NPOセンター代表理事)

中間支援組織
 被災者支援の全体像

中間支援組織
 質疑に答える小川耕平さん(全国社会福祉協議会 地域福祉部全国ボランティア・市民活動振興センター副部長)と明城徹也さん

財政出前講座

 富山駅前の施設にて、財政出前講座に参加しました。世話人の中村圭勇(けいゆう)さん(富山市役所・写真右)が開会あいさつし、橘清司さん(総務省・写真中央)が趣旨説明。

SIMふくおか

 前段は『自治体の“台所"事情 財政が厳しい"ってどういうこと?』の著書で知られる今村寛さん(福岡市役所の元財政調整課長)が、福岡市を例に地方財政の講義。

SIMふくおか

 後段は自治体シミュレーション「SIMふくおか2030」の体験会。

SIMふくおか

 今村さんが進行役(ファシリテーター)を務め、2030年に向けたまちづくりの将来像を、市区町村の財務政策を軸に描きました。

SIMふくおか

ぎょうせいオンライン 2019年6月28日
「著者に訊く! 今村寛著『自治体の“台所”事情 “財政が厳しい”ってどういうこと?』」(記事

2枚目の名刺Webマガジン 2018年9月29日・30日
「公務員人生を変えた二度の転機と、2枚目の名刺の関係性~福岡市役所・今村寛さん」(前編)(後編
 
福井新聞 2019年9月24日
「厳しい自治体財政運営ゲームで学ぶ 局長になって予算編成、議員で追及」(記事
北日本新聞 2019年10月3日
「血の通った数字/政治部 小林大介」(記事

自主防災訓練

 上市消防署のご協力のもと、地区公民館にて自主防災訓練を行いました。三角巾の使い方、AED(自動体外式除細動器)と心肺蘇生実演、家庭用消火器の注意点を学びました。

自主防災

自主防災


 | ホーム |  次のページ»»