FC2ブログ

プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


全記事表示リンク


舎人公園・見沼代親水公園

 日暮里・舎人(とねり)ライナーに乗って、舎人公園と終点の見沼代(みぬまだい)親水公園へ。舎人公園に一昨年の夏整備された自然観察を見学しました。
 散策に適した見沼代の親水公園は、(親水の名とは裏腹に)水質の都合上か水遊び不可。


舎人公園
 都立舎人公園案内図

舎人公園
 自然観察園の鳥類案内

舎人公園
 しぜんかんさつひろば

見沼代親水公園
 見沼代親水公園

見沼代親水公園
 水の流れ

スポンサーサイト



福井鉄道福武線

 福井鉄道の急行列車に乗って、福井駅前から越前武生まで移動しました。富山ライトレールによく似た車輌で自動車と平行する福井の市街地、鯖江の田園風景、武生の住宅街を走り抜ける1時間弱。
 路面電車好きにはたまらないローカル線の旅になります。


福武線
 越前武生行きの列車

福武線
 車内

福武線
 鉄道友の会のローレル賞

福武線
 市民バス「のろっさ」ちひろ号

福武線
 いわさきちひろの生まれたまち

福武線
 北陸新幹線 ~みんなの力で早期開業~

謎解きメトロ旅(大阪編)

 地下鉄駅前の名所や駅構内の施設を生かした謎解き(いわゆるリアル脱出ゲーム)を体験しました。大阪の地下鉄では初開催とのこと。
 これだけ大阪市営地下鉄(現大阪メトロ)で行ったり来たりしたのも初めてでした。開始からすべての謎を解くまで5時間ほど。
 魅力的なお店が点在する某駅前の通りを歩くのは初めてで、改めて訪問したいと思いました。

富山経済新聞 2019年12月2日
「富山・入善でお化け屋敷型謎解き脱出ゲーム 好評でリバイバル開催」(記事
レイルラボ 2019年12月3日
「大阪メトロ、ナゾトキ街歩きゲーム「謎解きメトロ旅」を初開催」(記事

謎解きメトロ旅

謎解きメトロ旅

謎解きメトロ旅

謎解きメトロ旅

奥の細道の市振

 松尾芭蕉の「奥の細道」に登場する「一つ家に遊女も寝たり萩と月」の句でお馴染みの市振(いちぶり)を訪ねました。旧青海町(新潟県糸魚川市)で富山・新潟の県境に位置します。
 なお駅から歩いて5分ほどの所にある道の駅。公衆便所は車椅子やオスメイトにも対応。一方駅の便所は、今どき汲み取り式(いわゆるボットン便所)。地方の鉄道が置かれた状況をよく表しています。


市振
 市振ジオサイトの看板(えちごトキメキ鉄道市振駅前)

市振
 市振駅周辺拡大図

市振
 市振郵便局

市振
 松尾芭蕉ゆかりの地

市振 市振
 天然記念物の関所榎

市振
 市振関所跡

市振
 伝芭蕉の宿桔梗屋跡

市振
 市振・海道の松

市振
 芭蕉句碑

井の頭恩賜公園

 吉祥寺駅や三鷹駅から徒歩圏内の井の頭恩賜公園を散策しました。緑ゆたかで母子3人たたずむにはもってこいの公園。

東京新聞 2019年6月14日
「水草復活で緑の水面に 井の頭池、3度のかいぼりで水質浄化」(記事
東京新聞 2019年8月22日
「井の頭池 生物の楽園に ツツイトモ6倍 トンボ3倍」(記事


井の頭恩賜公園
 井の頭自然文化園・恩賜公園マップ

井の頭恩賜公園
 園内の紅葉

井の頭恩賜公園
 井の頭池と長椅子

井の頭恩賜公園
 中田喜直生誕90周年記念「ちいさい秋みつけた」の記念碑


 | ホーム |  次のページ»»