プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


Twitter (ツイッター)


Instagram (インスタグラム)

Instagram

月別アーカイブ


全記事表示リンク


SDGs(持続可能な開発目標)の出版記念講演会

 魚津市中央通り商店街のmachi-co(まちこ)にて、生物多様性や環境経営に詳しい藤田香さん(魚津市出身)の出版記念講演会が開かれました。演題は「地域の企業も知っておきたいSDGs」。
 SDGsは持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)を指す国際的な概念で論点は多岐にわたりますが、日経BP社から上梓したご著書『SDGsとESG時代の生物多様性・自然資本経営』にからめて、注目ポイントを分かりやすく講義いただきました。


SDGs
 SDGs推進本部

SDGs
 生物多様性・自然資本を大切にする経営とSDGs

SDGs
 講師の藤田香さんの著書紹介

SDGs
 同級生・越川隆文魚津市議からの謝辞

スポンサーサイト

市姫さんど

 今年最後の市姫(いちひめ)さんど、カミールこと上市町まちなか交流プラザ界隈で催されました。
 年末年始にむけた火災予防の啓発のため、消防自動車もカミール前に出動。上市消防署員や消防団員の方々にご協力いただきました。ありがとうございます。


市姫さんど
 本部テントの投票箱

市姫さんど
 上市町商工会女性部のモクズガニ(藻屑蟹)だんご汁など

市姫さんど
 上市署の消防自動車

過労死等シンポジウム

 厚生労働省主催の過労死等防止対策推進シンポジウム(富山会場)に参加しました。
 関西大学名誉教授・過労死等防止対策推進全国センター代表幹事の森岡孝二さんが、「過労死防止の取り組みの到達点と課題」と題して基調講演しました。

参考:中日新聞 2017年11月17日石川欄
「過労死 人ごとじゃない 全国家族の会、金沢でシンポ」(記事


過労死等シンポジウム 過労死等シンポジウム
 厚生労働大臣政務官・田畑裕明代議士の開会あいさつ

過労死等シンポジウム
 基調講演

過労死等シンポジウム
 講師の森岡孝二さん

過労死等シンポジウム
 過労死防止の課題

越中アートフェスタ

 富山県民会館にて、越中(えっちゅう)アートフェスタを鑑賞しました。当該美の祭典は11月22日(水)まで。
 今日・明日は同館1階で、学生によるアートマーケットも開催され華やかになっております。

アートマーケット

北日本新聞 2017年11月18日
「大賞に池田さん、中山さん 越中アートフェスタ18日開幕」(記事)(北陸信越ナビ
「越中アートフェスタ開幕 思い込めた意欲作ずらり 県民会館」(記事)(北陸信越ナビ
北日本新聞 2017年11月19日
「受賞者さらなる飛躍誓う 越中アートフェスタ」(記事)(gooニュース
中日新聞 2017年11月19日富山欄
「平面と立体 入選344点 越中アートフェスタ」(記事
北日本放送 2017年11月18日
「越中アートフェスタが開幕」(動画
富山テレビ 2017年11月18日
「越中アートフェスタ2017 開幕」(動画

【たてぶん】立山まちなか文化祭

 富山地方鉄道・五百石駅(立山町役場の最寄り)の複合施設「立山町元気交流ステーションみらいぶ」のまちなか文化祭を訪ねました。学校の科目(図工・音楽・体育・家庭科・社会)に見立てて、体験と発見を訴求。11月18日(土)・19日(日)の2日間にわたって開催されます。

富山経済新聞 2017年11月10日
「立山町で「立山まちなか文化祭2017」 清河北斗さんら県内作家による体験教室」(記事
北日本新聞 2017年11月18日
「まちなかの「学校」で文化祭 立山町」(記事)(gooニュース


立山まちなか文化祭
 受け付けの伊東将太さん(上市町のデザイナー)

立山まちなか文化祭
 米っ粉倶楽部株式会社のパン販売

立山まちなか文化祭
 建築家集団AnTのセミナー「まちなかに住むことの意味」


 | ホーム |  次のページ»»