プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


Twitter (ツイッター)


月別アーカイブ


全記事表示リンク


まちづくりトーク

 上市町役場(企画課)主催で開かれた勉強会の第2弾。前回は徳島県神山町の事業者が講師を務めましたが、今回は東京大学で都市工学(地域計画)を教える近藤早映(さえ)さん(一級建築士・工学博士)が講師です。
 いわゆるクリエイティブタウンを目指す方向性は昨今とみに注目度が高く、その方向性にかなった地域活性化の事例紹介数件の後、今年度の学生(地域計画研究室)の取り組み2件(八戸市での提案・民泊ワークショップの開催)を伺いました。


まちづくりトーク
 主催者あいさつ

まちづくりトーク
 講師の近藤早映博士

まちづくりトーク
 講義の全体像

まちづくりトーク
 クリエイティブタウン構想とは

スポンサーサイト

コワーキングスペースTRIOの写真展

 滑川(なめりかわ)の旧街道沿いの市街地(滑川市常盤町)に、いわゆるコワーキングスペースの「TRIO(トリオ)」が登場。4月の本格稼働を前に、プレオープン企画として岩船理(いわふね・あや)さんの写真展が本日始まりました。
 私が訪ねた折りには岩船女史をはじめ、滑川・上市・魚津の愉快な仲間がTRIOに大集合!


TRIO
 TRIOの外観

TRIO
 TRIOの1階

TRIO
 滑川ヒラメキマガジン

TRIO
 笑顔はじける古野知晴(ちはる)さん

TRIO
 滑川ヒラメキマガジンの愉快な仲間たち

アートマーケット

 アート&デザインの展示即売会として恒例の富山アートマーケット2017、私は2日目午後に会場の富山市民プラザを訪ねました。「かみいち女性のプチ起業塾」の修了生も、お洒落に出店しています。

アートマーケット

 「蹄とおおかみ」のイラストとライブペイントに注目。

アートマーケット

 「カミカラ」のペーパークラフトを購入。

アートマーケット

富山経済新聞 2017年3月17日
「富山で「アートマーケット」 クラフト作家111組が出店」(記事
北日本新聞 2017年3月20日
「県内外110組がオリジナル雑貨 アートマーケット」(記事)(北陸信越ナビ
北日本放送 2017年3月19日
「作家たちの手作り雑貨 展示即売」(動画

法隆寺再現釈迦三尊像展

 高岡駅前で開催された法隆寺《再現》釈迦三尊像展、本日が最終日です。高岡銅器の粋と井波彫刻の粋により実現した、門外不出の国宝の再現を一目見ようと、多くの観客が複合施設ウイングウイング高岡を訪れました。
 この取り組みはまさに、「時代を超えた美の未来への継承」の一助となると確信。

 なお3月25日(土)からは、上市町郊外の弓の里歴史文化館にて企画展「浄土のうつわ~黒川上山墓跡出土蔵骨器の世界~」が始まります。上市町の黒川遺跡群でも将来的には、三次元プリンター(立体印刷機)などの技術が活用できれば夢が広がります。

Toyama Just Now No.796
「初公開! 「国宝 法隆寺金堂 釈迦三尊像」再現像」(記事

朝日新聞 2017年2月16日
「法隆寺「釈迦三尊像」、3Dプリンターで複製 質感再現」(記事
北日本新聞 2017年3月9日
「本物そっくり「クローン仏像」 高岡で初公開」(記事
中日新聞 2017年3月10日富山欄
「法隆寺釈迦三尊像を再現 高岡銅器 井波彫刻 東京芸大」(記事
朝日新聞 2017年3月10日富山欄
「「クローン釈迦三尊像」 高岡で20日まで公開」(記事
富山新聞 2017年3月11日
「再現像、見て触れて 国宝釈迦三尊像、高岡で展示」(記事


釈迦三尊像展
 再現された釈迦三尊像

釈迦三尊像展 釈迦三尊像展
 3Dプリンターで制作した原型(右)

釈迦三尊像展 釈迦三尊像展
 本尊と脇侍の型

伏木気象資料館(旧伏木測候所)

※ 一連の写真は〔Facebookアルバム〕にて掲載中

 1909年(明治42年)当所(富山県高岡市伏木地区)に建てられた旧伏木測候所。当時の外観にリニューアルされたばかりの高岡市伏木気象資料館(旧伏木測候所)を訪ねました。JR氷見線の伏木(ふしき)駅から勝興寺へ至る参道を登ること数分で着きます。
 観測施設としては1998年に無人化されましたが、現在に至るまで当所で気象観測を継続。毎日の天気予報で「伏木」として気温などが伝えられる地点はココですね。
 季節を分かつ「春分の日」にふさわしい見学となりました。

関連記事:気象予報士試験
 http://pronarikawa.blog.fc2.com/blog-entry-2454.html

北日本新聞 2017年3月18日
「伏木気象資料館の望楼完成 シンボル復活」(記事
富山新聞 2017年3月19日
「高岡の旧伏木測候所、塔屋を復元 セレモニーで完成祝う」(記事
北陸中日新聞 2017年3月19日
「旧伏木測候所の塔屋復元 80年ぶり 当時の部材で」(記事
北日本放送 2017年3月18日
「伏木気象資料館リニューアルオープン」(動画


伏木気象資料館
 高岡市伏木気象資料館

伏木気象資料館 伏木気象資料館
 資料館を見学する上市町のマスコット「つるぎくん」(左)と地上気象観測装置(右)

伏木気象資料館
 伏木気象資料館塔屋の復原

伏木気象資料館
 伏木特別地域気象観測所(アメダス)


 | ホーム |  次のページ»»