プロフィール

ProNarikawa

Author:ProNarikawa
北陸・富山の
ソーシャル系 戦略コンサル
中小企業診断士・社会福祉士
 成川友仁 (なりかわ ともひと)

私が (・∀・)b デキル!こと
それは【真】【善】【美】の
三つに集約されます...

【 真の強みの発見 】
‐ 聞き取りに基づく
 事業の実態の
 可視化と言語化
【 公共善の追求 】
‐ 職能を生かした
 地域貢献の促進
【 美意識の共有 】
‐ 見立ての指南

■ 本気の仲間と本物に触れ本質を追求し、実態を直視・直言するのが身上。経営管理・社会福祉・情報通信にまたがる素養と、論理的思考と芸術的直観を兼ね備えているのが強みです。行動と感動を共にしましょう。
■ 講演・執筆・有償コンサルうけたまわります。各種コミュニティ立ち上げや新事業立案の支援・指導実績あり。士業者では上位1%に属するであろう、ブログ・ツイッター・フェイスブック各々の特徴を生かした使い分けと情報発信力に定評あります。新聞雑誌への連載・商業出版に前向きです。
■ 職能を生かした社会貢献活動(プロボノ)への関与・参画についても、個別対応案件となるためご相談ください。

━ ━ ━ ━ ━
(2012年2月1日に当ブログ開設。ただいま3,4年前にさかのぼって記事を積み増し中)


情報とりまとめ (リンク集)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


Twitter (ツイッター)


Instagram (インスタグラム)

Instagram

月別アーカイブ


全記事表示リンク


正信偈に学ぶ

 黒部市宇奈月町(うなづきまち)・富山地方鉄道浦山駅前の白雪山善巧寺(ぜんぎょうじ)にて、第7回「正信偈(しょうしんげ)に学ぶ」を聴講しました。

善巧寺

 講師は本願寺派輔教・行信教校講師(浄土真宗本願寺派)の天岸淨圓(あまぎし・じょうえん)先生です。

善巧寺

 なお、きたる4月22日(日)には善巧寺の境内で、花まつりマルシェが開催されます。

善巧寺

富山経済新聞 2018年4月12日
「黒部「白雪山善巧寺」で花まつりマルシェ 前日はチューリップの花摘みも」
 http://toyama.keizai.biz/headline/686/


スポンサーサイト

気になります!魚津埋没林カフェ

 先日リニューアルしたばかりの魚津埋没林博物館を訪ね、注目のカフェKININALでキウイフルーツケーキとりんごジュースを頂きました。
 今日は昼時に富山湾で蜃気楼が発生。館内のディスプレイ(海の駅蜃気楼のカメラ画像中継)で一部始終を眺めることができました。

北日本新聞 2018年2月28日
「カフェのオリジナルメニュー発表 埋没林博物館で4月オープン」(記事
北日本新聞 2018年4月9日
「来て、にぎわい憩いの場 魚津埋没林博物館、14日リニューアル」(記事)(北陸信越ナビ
北日本新聞 2018年4月14日
「観光拠点 魅力アップ 魚津埋没林博物館リニューアル」(記事)(北陸信越ナビ
富山新聞 2018年4月15日
「魚津埋没林博物館、親しみやすく改装 カフェや遊戯スペース」(記事
北日本新聞 2018年4月19日
「ワニの口のように? 魚津で春型蜃気楼Cランク」(記事)(Yahoo!ニュース


埋没林博物館
 埋没林博物館の入口

埋没林博物館
 キウイフルーツケーキ

埋没林博物館
 魚津埋没林とは

埋没林博物館
 木っずルーム

第94回朝活かみいち

 第94回「朝活かみいち」に参加しました。地元密着で活動していらっしゃる方をお招きする早朝の集いです。上市町役場隣の軽食喫茶M's CLOUD(エムズクラウド)にて。
 今朝は滑川市東福寺野のドッグラン併設カフェ・シュービーンズ(SHU BEANS)の店主として知られる笹尾雅美さんが、「私の知ってる韓国 ~あの記号みたい文字ってどういうこと!?~」と題して、韓国渡航の体験も踏まえつつ話題を提供しました。

朝活

富山市豊田地区のセーフ&環境スマートモデル街区

 富山市の旧豊田小学校跡地で整備が行なわれた、環境配慮型住宅団地の一角に建つ豊田公民館を訪ねました。公民館と地区センター(富山市の出先機関)および市立図書館の豊田分館が、移転前と同じく建物内に同居する形となっています。

豊田公民館

 当該住宅団地は「富山市セーフ&環境スマートモデル街区」なる名称で一連の事業が進められ、民間の資金や知見を活用する官民連携手法(公民連携とも呼ばれるPPP:パブリック・プライベート・パートナーシップの手法)で実現しました。

豊田公民館

新・公民連携最前線 2016年5月13日
「富山市の小学校跡地にゼロエネルギーの街、大和ハウス工業と協定締結」(記事
富山新聞 2017年10月26日
「環境モデル街区完成 富山市旧豊田小跡地で式典」(記事
日本経済新聞 2017年10月30日
「富山市に「ゼロエネ街区」、太陽光+蓄電池+燃料電池」(記事

「食」から学ぶ考古学

 「古代へのとびら2018」と冠する富山県埋蔵文化財センターの企画展として、「食」から学ぶ考古学展が始まりました。

古代へのとびら

 同センターは、富山県立図書館の向かいにあります。図書館脇の八重桜が見ごろを迎えております。

古代へのとびら


 | ホーム |  次のページ»»